ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

カメラのキタムラ大泉店 閉店

2017年03月26日 | 地域・一般

1999年4月24日から2017年3月12日
約18年の営業期間でした。

開店のときは当時鳴り物入りだった新発売のAPSカメラを買いました。
今のデジタルカメラとフィルムカメラの過渡期に位置したAPSカメラ。
開店の日に歓迎ご祝儀のつもりで購入。富士のEPiON3000=写真。

以来、カメラのキタムラ大泉店はずいぶん利用しました。最近はもっぱら七五三、お宮参りの記念写真でした。
このたびカメラのキタムラは全国店舗の15%、100店以上を閉鎖したといいます。総務省からのスマホ0円販売規制、デジカメ不振、写真プリントなどの減少で市場が冷え込んでいたようです。大泉店もその一つだったのでしょうか。
お店の看板は旧国道354(県道142号)の分かりやすい道案内の標識にもなっていました。

なんとも寂しいですね。

 

きょうの曲は先日亡くなったチャック・ベリーを偲んで、彼のヒット曲「ジョニー・B・グッド」を女性バンドSad Sam Blues jam のヴァージョンで。森の奥に住む田舎の青年ジョニー・B・グッド君。読み書きは苦手だけれどギターの腕は抜群さ、ベルをかき鳴らすように弾く。母さんは、お前はいつか立派な演奏家になるだろう・・と。ジョニー・B・グッド君とは若い日のチャック・ベリーのことで「B」はベリーのことかと今になって気付かされました。黙祷。

 

ベスト・オブ・チャック・ベリー
 
ユニバーサル ミュージック

Sad Sam Blues Jam Johnnie B Goode

コメント (1)

ヤマト&アマゾンの値上げに賛成

2017年03月08日 | 経済
最近アマゾンで149円の品を買いました。送料は込み、つまり配送代は無料。
品物は翌日、クロネコDM便で届きました。
これで利益が出るのだろうかと心配してしまいましたが、「ヤマト運輸、巨額の未払い残業代」のニュースを聞きその謎が解けました。

ヤマトが検討している見直し策に、大口法人客への運賃割引の縮小が挙がっている。大口法人とはアマゾンなどのこと。アマゾンは日通、佐川、そしてヤマトと運送会社を替えてきている。以前ヤマトが一般のメール便を止めたとき変だなと感じた。その頃から大口にシフトしたのかな・・その無理な請負がとうとう業績を圧迫するところまできたわけだ。

労働組合の出番だ、ガンバレ!

ヤマトの労働組合が今年の春闘で荷物量の抑制を要求に加えたことはとても良い。宅配市場のリーディングカンパニーが従業員の勤務体系の見直し、業界全体の労働環境向上に先鞭をつけるべきとき。ヤマトの労使が良い知恵を出し合って改善を。
消費者も便利さや安さばかりを求めず流通部門で働く仲間たちのことも思いやろう。アマゾンは送料無料でなくてもいい。ヤマトとともに適正な値上げを図ろう。配達速度も競うことはない。翌日でなく翌々日に届いても一向にかまない。私などは10年前、アマゾンを知るまでは町の本屋さんに新刊を注文し2週間くらいは平気で待ったものです。

ここはヤマトの労働組合にがんばってほしい。もちろんアマゾン労組も。

ヤマトもアマゾンももっと価格は上がっていい。配達の速度は今でも十分すぎる。それよりそこで働く人たちが過労死にならないように健康面、労働基準法の順守に留意していただきたい。

スローなブギにしてくれ!
 
 
【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔

 

スローなブギにしてくれ(I want you) 南佳孝

コメント

新陰流剣聖 上泉伊勢守信綱

2017年03月05日 | 地域・一般
生きたくとも生きられなかったものが大勢いた
おぬしは何をしているのだ!
大義に向かってなぜ進まんのだ!




仕えていた長野氏の箕輪城が落ち、自害をするかどうか迷っていた上泉伊勢守信綱に天の声が・・
「生きたくとも生きられなかったものが大勢いた」これは今を生きる者、誰しも心にしなければならないこと。だからこそ迷わず大義に向かって進むのだ。
BS朝日(3月3日)で放映されたスペシャル時代劇「新陰流 上泉伊勢守信綱」をみました。(村上弘明主演)
ユニークな上州生まれの剣豪だ。
もし「上毛かるた」に入っていれば知名度もあったと思いますが、名前が長いのも覚えにくい。上泉伊勢守信綱(かみいずみいせのかみ のぶつな)。
群馬馬県前橋市上泉町の生まれ。(1508-1577年)柳生・新陰流の創始者。江戸時代の剣客で有名な荒木又右衛門も新陰流だった。。
2009年9月26日のここ「ポポロの広場」でも上泉伊勢守顕彰会の宮川勉氏の大泉町での講演会の模様をまとめています。

>講演中に竹刀より柔軟な革袋に包まれた「袋竹刀」を手に
>講師の宮川氏(当時上毛新聞太田支社長)とお手を合わせることができました。
>私は中学時代、剣道部で竹刀は少々なじみがあります。
>宮川氏の指示の通り面とコテを狙って二回、袋竹刀で向かった。
>面、コテとも双方見事に外された。
>コテを打つより早く、氏の“剣先”が当方の右コテを射った。
>お見事!

上泉伊勢守の剣法、新陰流は、型にこだわらない「活人剣」。活人剣(かつつじんけん)とは人を殺めるのでなく生かす剣の道。なかなか人道的な奥の深い魅力的な剣の作法です。
せめて群馬県民には、この独特な剣術「新陰流」と「上泉信綱」の名前だけでも知って
おいていただきたいものです。


上泉信綱 (人物文庫)
永岡 慶之助
学陽書房

このアイテムの詳細を見る

新陰流を創った男!上泉伊勢守とは!?



 
 
コメント

知らなかった宗派でちがう焼香回数

2017年03月03日 | Weblog
同じ仏教でも各宗派によって、お焼香のかたちが異なるのですね。

曹洞宗:2回(1回目は額の位置に上げて2回目は上げずにそのまま)
天台宗:3回目安(特に回数の定めなし)
真言宗:3回
臨済宗:回数の定めなし
日蓮宗:3回
日蓮正宗:3回
浄土宗:3回目安(特に回数の定めなし)
浄土真宗:西本願寺派:1回(額の位置まで上げず)
     東本願寺・大谷派:2回(額の位置に上げず)

わたしは、これまで親の焼香のスタイルをマネていました。
なんと上記の定めに合っていませんでした。
自分の宗派が何かも正確に知らない人けっこういます。特に若い人たちはなおさらでしょう
。神経質になることはないでしょう。ただこうした定めがあることは知っておいてよいことと思います。


【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔
 
♪きょうの一曲はムッシュかまやつの『どうにかなるさ
かまやつひろし氏、亡くなりました。彼の奥さまも数日前に他界されていたという 合掌。
『どうにかなるさ』は、職場の親睦バス旅行の車中でマイクが回ってきたとき歌った記憶があります。カラオケはないアカペラの時代でした・・。
 
 
ムッシュかまやつ - どうにかなるさ
コメント

「民主政治」は犠牲にできない

2017年03月01日 | 経済
 
きょうから三月、弥生ですね。
書店で手にしたPR紙「パブリッシャーズ・レビュー」の1面に目が留まりました。
柴山桂太氏(京大准教授)の書評的なエッセイで「グローバリゼーションへの反動」。そこにはトルコ人の経済学者(ハーバート大教授)のダニ・ロドリック=写真=の著『グローバリゼーション・パラドクス』(白水社)が紹介されていた。


言葉一つひとつはむずかしいようですが、要するに「市場」と「民主政治」の調和の追求でしょうか? やはりむずかしそうですね(笑)

グローバリゼーションによって何かが失われている。
ダニ・ロドリックは世界経済を「政治的トリレンマ」の考えで見る。政治的トリレンマとは(1)グローバリゼーション(2)国家主権(3)民主政治、の三つを同時に達成することはできないとする。二つを選べばどれか一つを制限しなくてはならないのが宿命。
例えば国家主権と民主政治を選ぶなら、グローバリゼーションを諦めることになる。欧州の反EU派の台頭、アメリカのトランプ氏の勝利、いずれも背景にあるのは民主政治の機能不全で、これは政治的トリレンマの事例ともいえるのではないかと・・

民主政治に必要不可欠な拮抗力

柴山桂太氏は、民主政治に「拮抗力」の運動再燃を注目しているかのようにも。拮抗力(countervailing power)は1930年代ニューディール期、農民・中小商工者、労働者の組織的な対抗運動として、当時の経済全体に平準化(民主化)を推し進めたパワーとしてJ・K・ガルブレイスが論じた概念です。この辺の着眼点にはとても好感がもてる。ダニ・ロドリック氏も民主政治を犠牲にはできないという気持ちからの理論展開を感じ取れます。
月の始め、気持ちの良いレビューに出会いました。
 
 
きょうのSad Sam Blues Jamの一曲は、ブルースっぽいラブソング♪  
 
 
 
 
 

Sad Sam Blues Jam – "Come By Me Baby"

コメント