ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

災害時、むずかしい「避難」判断

2019年10月17日 | Weblog
台風19号、千曲川・阿武隈川流域雨量は100年に1度と想定される(防災科学技術研・分析)。
避難4200人長期化の恐れ・・きびしい報道がつづいています。

ガールズトークならずジジイズトークなどから得た情報です。

わが町も警戒レベル4(避難指示)=写真・参照=が発せられたことで、実際に避難指定場所に行かれた人もいた。私も今回ばかりは緊急情報に驚き一時、真剣に避難を考えた。しかし豪風雨の中、無理して集合場所に行くことがベターなのか迷った。自宅を離れるよりぎりぎりまで自宅に居て防災策を練ることが必要なのではないか・・などなど。時間は迫る、一刻も早く決めないと・・。

昨日の朝日新聞「声」欄に「避難時期に悩んだ」という群馬の62歳の読者の投稿がありました。「悩んだのは避難するタイミングだ」とし「23キロ離れた親戚の家に向かうことを決断した」「私の避難のタイミングは正しかったのだろうか。翌日、避難所の中学校はすぐにいっぱいになったと聞いた」とあります。

私とは状況こそ違いますが悩みは同じ。早めに、より安全な遠方に移動するという策を採る、それはそれでもっともだと思います。

事後からは何とでも言えますが、その時に置かれた状況・条件下でどの方法を選択するのかは非常にむずかしい。結果として、いくつかの正解が明らかになったとしても、その時点では悩むことしきりでしょう、どれを選んでも何とも言えません。

町内に停電した地域もあったと知りました。面積の狭い町ではありますが、それでも地域個々にかなりの相違がありました。ネットが発達しこれだけ情報が密になったようでいても一律にすべてを満たす方針・対応策を求めることは酷であることも知りました。

安全神話は信じない。自分で情報を集め、考え、決断する、それしかないようです。

佐野市秋山川、栃木工業高校
コメント

台風にどう対処するか

2019年10月14日 | Weblog
台風19号で被災された方々、お見舞い申し上げます。

気象庁は台風上陸3日前から、50年に一度の雨量が予想される「大雨特別警報」を発令し「記録的な台風で生命を守るように」と激しい予告を発していた。気象庁は十分役割を果たしていたと思います。

受け手の私たち、少なくとも私は、ちょっと油断をしていました。
しかし、12日の夕刻あたりから風雨は激しくなり、町内の有線放送の注意喚起やケータイ、スマホには緊急警報が頻繁に入る。一時はすっかり私も避難仕度に入りました。
ただ冷静に考え直し「避難」した方が果たして良いのだろうか。さてそのタイミングはいつか、指定された場所に集まるべきか・・・いろいろ考えると頭の中が矛盾でいっぱいになりました。

「あわててるんじゃねーよ!!」とチコちゃんの声が聞こえて来そうでした(笑)

幸い当家は被害はありませんでしたが311原発震災以来のドキッ&ハットを感じました。311の時は停電と放射能被曝が加わっていましたので混乱振りでは今回以上ではありましたが。

結局、安全神話は信じない。自分の身は自分で守る、しかないようですね。


【写真】栃木県佐野市を流れる秋山川の橋が流失(大木豊さん撮影)
コメント

「ポポロ通信舎」改称して1年

2019年06月25日 | Weblog

「ポポロの広場」を「ポポロ通信舎」と改題してきょうで1年です。

「ポポロの広場」で検索しても直ぐにヒットしないということで変更しました。「ポポロ通信舎」に改めたことで同類・類似のブログとのバッテングはなくスッキリ当舎にたどり着けるようになったとのお声をいただいております。

この1年でSEO(検索エンジン最適化)で商用等のサイトと競合することは避けることができました。テンプレートの小型犬のデザインも当面このまま継続させていただきます。

当ブログは2006年6月スタートです。今月から14年目に入りました。 gooブログは、現在の登録総数、287万3千余。その中で「ポポロ通信舎」は最近のデータで常時6千~9千位にランクイン。全体の0.02%の集団に位置しています。

昨年同月比較で、毎日のご来訪者さんは平均1~2割増えています。 コメントは少ないブログですが、閲覧の方の人数が多いということは励みになります。ただ閲覧数字の変動には、あまり気を取られないようにしています。

世の中からの情報は毎日洪水のように受け取っています。否が応でも。中にはフェイクなニュースも多いだけにせめて当方からも何か反応しなければと思っています。 ささやかな「牧場」からの発信ではありますが、今後ともどうぞよろしくご来場のほどお願いいたします。

 

 

【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔

 

ダイヤモンズの『リトル・ダーリン』、おーまいダーリン♪ 62年も前の作品。。

 

little darlin' - the original diamonds (1957)

コメント

川崎登戸殺傷事件

2019年05月30日 | Weblog

川崎殺傷、新品の包丁で襲撃か 空き箱押収、購入先や時期捜査 (gooニュース)

 

小学児童ら19人が突然殺傷された事件、恐ろしく痛ましく無念でなりません。

私は先月久々に私用で登戸駅から小田急線を利用しました。事件はその付近で発生したもよう。明大生田校舎は旧陸軍登戸研究所の跡地。なにかと「登戸」の地名にはなじみがあります。

これを機会に警察官を大幅に増やし巡回を強化したらどうかという意見が聞かれます。それだけで果たして抑止力が発揮されるでしょうか。 51歳の犯人岩崎隆一容疑者は10年以上引きこもり状態だったという。丁度、目を通したばかりの『文藝春秋6月号に「中高年ひきこもり100万人の現実」(筑波大・斎藤環教授)の記事を思い浮かべました。社会参加できなかった「若者」の居場所が家の中か路上か。個人主義の欧米よりも儒教文化と家族主義の残るアジアの国にその現象がみられる。「hikikomori」の用語は日本発。2030年にはひきこもり長寿社会になる、などと予測しています。

就職氷河期、さらに不安定な雇用形態などの不運な社会環境、その状態の本質は形を変えて今も続いている。孤独感を持つ人たちと社会とのかかわり方に視点を置き解決を図るアプローチが求められていると思います。

警官増強より強力防護服開発を

物理的な防御策を考えるなら警官増強よりも、軽量の鎧(よろい)のような防護服の開発が有効な気がします。

今回の凶器は2本の刃渡り30センチの柳刃包丁だった。もしこれが銃社会だったら被害はさらに拡大したことでしょう。銃の規制はできている日本でも包丁の規制はむずかしい・・。

 


コメント

トランプ米大統領が来日

2019年05月24日 | Weblog

明日、マスコミ各紙がお得意の「令和初」の見出しで大騒ぎにするのかな。

トランプさん、今度は羽田空港からですか? 軍服姿でさっそうと横田基地からの方が似合ってますけど。

それにしても今年2月にドイツのメンケル首相が見えた時とはずいぶんな違い。 国賓でなかったからとはいえ政府、マスコミの取り上げ方がまったく異なる。

メンケルさんが来日した時も、もっと注目して良かったのではないでしょうか。 ドイツとは何かと共通点が多いわけですからね。メンケルさんになんだか失礼だったような気がしています。

国民でメンケルさんが来日したのを覚えている人、一体どれほどいるでしょうか。。

 

 

 

ドイツのバンド「ネーナ」の「ロックバルーンは99」(ドイツ語 99 Luftballons) 。東西冷戦のむなしさを歌った反戦ソング。ヒットした頃は「ベルリンの壁」崩壊前の時代でした♪

 

Nena 【99 Luftballons Live】

コメント

老人の知恵もネットに負ける?

2019年05月09日 | Weblog

老人が死ぬということは図書館が一つ無くなると同じ」というアフリカのことわざがあると何かで読んだことがあります。

先日、知人宅におじゃましましたら彼の孫(小4の男の子)が、ちょうど学校から帰ったようで、聞くともなく宿題の話をしているのを耳にしてしまいました。どうやら課題は社会科の調べ物のようです。 「こんなのネットで調べればすぐわかるんだけどな」と男の子の声・・・

ああ、これでは爺さんの出番はないな。今や小学生もネット検索ですべて解決なのかと思いました・・。老人の存在も軽くなりましたね、ご同輩(涙)

 

 

懐かしいオバマ大統領も交えてたSweet Home Chicago。 二番目に歌ってミックジャガーにつないだ黒人女性歌手、気になっていました。Shemekia Copeland(シェメキア コープランド)です。パワフルで良いですね♪

 

 

【Sweet Home Chicago】

コメント

内閣が制定した「令和」

2019年05月02日 | Weblog

元号とは
年につける称号のことで日本だけに残っている。世界初は中国の紀元前二世紀に定めた「建元」とされる。

誰が決めるのか? 
戦前までは天皇が最終決定者だった。1979年に成立した元号法では、内閣が決めることになった。

選定にあたっては「天翔(てんしょう)」が最有力であったという。イニシャルのTが大正と重なる、画数が多いなどの慎重意見があったが首相は一番のお気に入り案だった。やがて万葉集研究の第一人者、中西進氏の「令和」案をみて首相が「待ったかいがあった」と喜んだ・・。

以上、読売新聞5月1日からの抜粋です。

平成最終日の4月30日から5月1日にかけて、おしみなく号外を連発した新聞を始めとするマスメディアのフィバーぶりには恐るべきパワーを感じさせられます。これに便乗しての「令和初売り」の商戦も加速。まるで今年は再びお正月がやってきたような世の中の浮かれようですな。

しかし何かお正月やクリスマスとは違う・・。気がつきました!それはこの祝典をイメージするBGM、音楽がないことです。お正月には箏曲や詩吟、能などの伝統旋律が流れていますが・・。


新天皇陛下の即位と新元号を祝して、せめても東京六大学応援歌メドレーを♪

 

 

東京六大学応援歌メドレー

コメント

「平成」がゆく

2019年04月29日 | Weblog

「平成」がゆく。経済が停滞し、天災・人災が多発した時代。政権交代の好機を活かせず、政治の劣化が進んだ。最も一新すべきは政権のはずが、居座るためには何でもあり、次々と目先を変える、安倍流である。5月から新年号。グローバル化の時代、霞が関もビジネス現場も西暦で統一がホンネ。「戦争のない時代」を平成で終わらせてはなるまい。万葉の衣で隠す鎧(よろい)かな (週刊新社会4/30「羅針盤」より抜粋)

なかなかの時代を睨(にら)んだ的確なコラムです。 「万葉の衣で隠す鎧(よろい)かな」の文末の川柳は見事。新元号は万葉集からの平和なイメージをと強調して見せてはいるものの安保法制はすでに成立し、いつでも参戦スタンバイ。国内防衛産業を犠牲にしてまでも米国製の鎧(兵器)を言い値で爆買い、まこと危ういご時勢です。

世の中、元号が変わるだけでこんなに大騒ぎになるとは思いませんでしたね。これによって政権の支持率が上昇したというのですから本当に皆さま、おめでとうございます。

いざ、出合え!出合え!れいわ新選組

 

 

【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔

 

今宵は水沢ベンチャーズのメドレーでしめていただきましょう♪

 

アパッチ、十番街の殺人、ウォークドントラン'64、ブラックサンドビーチ、ルージュの伝言/水沢ベンチャーズ 1

コメント

明日最期と思って生きること

2019年04月26日 | Weblog

 来る日も来る日もこれが人生の最後の日と思って生きることにしよう。そうすればいずれ必ず間違いなくその通りになる日が来るだろう」(アップル創始者スティーブ・ジョブズ)。ただ 死を思うことは大切だが思い過ぎないようにすることだとも。

明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」(インド独立の父。マハートマ・ガンジー)

(『どんな病気でも後悔しない死に方』角川新書 大津秀一著 参照)

ジョブズもガンジーの言葉も『葉隠』(はがくれ)と相通じるものを見ました。佐賀・鍋島藩の山本常朝が武士道心得としたもの、それには

朝毎に懈怠(けたい)なく死して置くべし

洋の東西を問わず、真には共通したものを感じます。

朝起き、「本日、いのちを失くすかもしれない」との覚悟で仕事に向かう。 生きるということは厳しいですね。そして有難いことです。それだけに、いかに今日を生きるか、それある限り真理の求道者でありたいつづけたいものです。

 

【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔 


 

「最後の遊び」 Sinon(シノン)

コメント

スズメも少子化

2019年04月04日 | Weblog

かつて文鳥が好きで手乗りをいくつも育てました。 そのせいか、文鳥に似たスズメには愛着を感じます。

毎朝、わが家の門に集まって来るスズメたち=写真

スズメの数も減っているようですね。30~40年前は親スズメが3~5羽の子スズメを連れていたのに、今では1~2羽の一人っ子政策なみ。

少子化の要因は巣をつくる場所が減ってしまったからのようだ。気密性の高い家が増え、雑草が生えている土地が減り舗装化がますます進んでいる。得られるエサも少なくなった。総じて子育ての環境がきびしくなっているのかな。

スズメは農業に害を与える鳥として駆除・捕獲が認めらていますが、一方で有益な面もあります。稲の害虫や雑草の種子を食べてくれるのです。

タカはスズメを食べる。 カラスはスズメのヒナを食べる。 スズメはシジュウカラなどの小鳥の巣を奪う 。スズメは昆虫を食べる。昆虫は植物を食べる・・

自然は残酷ではありますが、それぞれで回りまわって生命体が保たれているのですね・・


参考にした図書:『スズメの謎』(三上修著 誠文堂新光社) 
 

  

 

Jason Gray - Sparrows (Lyric Video)独立した若スズメは群れをつくって行動

コメント

忖度(そんたく)元号は回避

2019年04月01日 | Weblog

新元号「令和」に6割以上が「いいと思う」--Yahoo!ニュース意識調査

 

新しい元号が決まりましたね。

「安」入りの“忖度(そんたく)元号”にならなくてよかった! TBSラジオ・デイ・キャッチ川柳で「安っぽい 忖度(そんたく)するな 考案者」と詠んだ川柳子の方もきっとご納得いただけていることでしょう。

何でもありの今の強引な権勢だけに、いち早く忖度の動きを嗅ぎ取り反対の波を起こしたことは今回の「決定」に良識なブレーキが作用する結果となり安堵しました。

それにしても時間的余裕は十分あったわけですから1月1日か、年度初め(4月1日)からの新元号の実施にすれば、使用上も明快でわかりやすかったのに、といまさらながら思います。 なんせオリンピックも真夏の酷暑の最中に実施を予定するということですから、何事もどこを向いて決めていらっしゃるのか私にはさっぱり理解できないことばかりでございます。

 

 

【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔

コメント (2)

安っぽい新元号はいやよ

2019年03月28日 | Weblog

TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」今月末で終了です。昨日の「デイ・キャッチ 近藤勝重あなたの一句が日本を変える!時事川柳」は最終回にふさわしく秀作ぞろいでした。この番組のリスナーの意識レベルは高いですね。

昨日はファイナル特集で7作品が入選。

・埋めるほど 溝は深まる辺野古かな

・人望がなくて ドンマイ 議員バッジ

・寄り添っています 賛成する人に (常套句「寄り添います」言葉の真意)

っぽい 忖度(そんたく)するな 考案者 (安=首相の苗字)

・そんたくと 玉虫 日本に学んだか

・赤土(あかつち)で埋めてしまおう 民(たみ)の声

・悔(く)いだけが残る 辺野古とわが川柳


新元号の発表が間近です。総理の安倍さんの「安」の字を入れるのではないかとの噂がもっぱら流れています。ゴマすりでない考案者の方の良識を信じたい。「安」の字自体にはもともと何の抵抗もありません。これまでの元号でも安の字はしばしば登場していました。ただ今のご時世で安倍さんを連想させるような字だけは避けていただきたいものです。

 沖縄の県民の気持ちには寄り添わないで平気で赤土で辺野古を埋めてしまう強権政治の安倍自民。「平成おじさん」の小渕恵三さんの役を、今度は菅さんが行うのかと思うと想像するだけで萎えてしまいます。「強きを助け弱きを挫(くじ)く」安倍さん、菅さんには、いずれにしても新しい元号が似合うとは思えないのです。

「世界は日の出を待っている」ような爽やかな元号を頼みますよ♪

 

【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔

 

Les Paul and Mary Ford - 【世界は日の出を待っている】The World Is Waiting For The Sunrise

コメント

むかしに比べて・・

2019年03月26日 | Weblog

むかしに比べて・・

皆が学校に行くようになった(高学歴化)

皆が化粧をするようになった(女子高生も男性も)

皆が髪を染めるようになった(パンクロッカーが多数派に)

皆が名カメラマンになった(スマホの多機能性で)

皆が記者になった(SNSで意見発信)

皆が無線通信士になった(どこでもスマホで発信応答)

皆が長生きするようになった・・

一人ひとりが自分の所有する車を運転して外出。

一人ひとりが自分用の携帯電話機を持って外出。

貴重だったバナナやお正月のおせち料理のようなご馳走が日常的に。

思えば激変した過程に驚くばかりです・・。

 

 

 【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔

1993年生まれのRei、いかにも現代的なミュージシャンですね♪

Rei "New Days" (Official Music Video)

コメント (2)

一夜にして10万人が犠牲

2019年03月10日 | Weblog

今宵は東京大空襲から74年。
1945年3月10日。東京の下町が襲われた。

米軍機(B29)300機による無差別攻撃、落下された焼夷弾1700トン。
犠牲者の数、なんと10万人

もう完全に勝負アッタでした。

それから8月の終戦までまだまだ無益な戦いはつづく。
後手後手の為政者の下で人びとの命が軽んじられていました。

なんとも言葉になりません。合掌。

 

 

Solitaire(ソリテア)はフランス語で「孤独」。無情な夜に。

Solitaire(ソリテア) / ONCEMORES(カーペンターズ・トリビュート)

コメント

【平成30年7月豪雨】罹災お見舞い

2018年07月09日 | Weblog

罹災された地域の方々に心からお見舞い申し上げます。

首相の外遊取りやめは当然のことだ。それにしてもまたもや欧州中東に向け外遊を計画していたとはあきれた。訪問すべき先は「隣国」だろう。

まずは被災地の救命救助が緊急優先!!
得意の「ございます」「しっかり」言葉通りに「しっかり」災害対策に傾注してほしい。

浸水した車のエンジンをかけると火災の恐れもあるという(JAFが注意喚起)。
車が逆さまになったり、プカプカ浮いて流されていくさまは東日本大震災を思い出します。「火事場泥棒」や「空き巣狙い」も確認されている。ニンゲンの醜い本性もむき出しになり困ったものだ。

一刻も早い被災地の復旧をお祈りいたします。

 

防人の詩 ナターシャ・グジー / Sakimori no Uta by Nataliya Gudziy

コメント