ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

ブレーキの効かない時代に

2015年05月14日 | 政治

きょうは重要な法案が閣議決定されました。
緊急を要する「拉致問題」の解決には、ポーズだけで一向に進めようとしてない政権ですが、こちら戦争参加法案の方は何ともびっくりするほど素早い! 力を入れるところを完全に間違えているのではないでしょうか。

公明党がブレーキ役になるかと少しは期待していましたが、自民党が運転するサイドカーの助手席でチョコンとただ乗っているだけ。良く見るとサイド席にはブレーキは付いていませんでした(笑)

「自衛隊」と「平和憲法」、こちらもアクセルとブレーキの関係です。矛盾するような相反する2つが、うまくバランスを取って戦後70年、戦争の加害者にも被害者にもならずにやってきました。ところがそれが大きく転換されることになります。「平和憲法」のブレーキが、次第に効かなくなります。ついにバランスの崩れる時代を迎えました。


<安保関連法案>閣議決定 安保政策の歴史的転換

 政府は14日、首相官邸で臨時閣議を開き、自衛隊活動の拡大を図る安全保障関連法案を決定した。集団的自衛権の行使を可能にし、憲法9条に基づく専守防衛を根幹としてきた安全保障政策の歴史的な転換に道を開く内容だ。米軍への後方支援など、自衛隊の海外活動も飛躍的に拡大される。15日に国会に提出し、政権は夏までの成立を目指す。安倍晋三首相は記者会見し「厳格な歯止めを掛けた」と強調したが、民主党など野党は反発を強めており、激しい国会論戦になるのは必至だ。(毎日新聞)

今夜のオールディズは、Walk Right In (まっすぐ歩こう)1963年ヒット

Walk Right In - The Rooftop Singers

コメント (1)

がんばれ!中小シャープ

2015年05月11日 | 経済

シャープも業績が怪しくなってきました。新聞記事でも「経営再建中の」の言葉が固有名詞の前に付くようになってきている。

資本金1218億円を1億円に減らして、あえて「中小企業」化して累積損失に充てるという。なんとも見事な覚悟だと思います。まだ禿げタカ外資を含む金融支援にはなっていない。借入れ先は、みずほと三菱東京UFJの2銀行だ。

資本金を減資して赤字の穴埋めにするという奇策は、これまで聞いたことがありません。しかしこれは面白い捨て身の策です。税法上、中小企業扱いされることで何かと保護される面がでてきそう。
かつて松下、三洋、シャープといえば関西家電の御三家。すでにその一角が崩れましたが、シャープには三洋電機の轍を踏まずにがんばり抜いてほしい。

がんばれ、シャープ!!

【写真】わが家のシャープ製品、1ビットMD/CDシステム

シャープ 太陽光発電CM 吉永小百合

コメント

旧陸軍桶川飛行学校を知る

2015年05月09日 | 地域・一般

ドキュメンタリー映画(2012年DVD作品)『熊谷陸軍飛行学校桶川分教場』を観ました。

昭和10年(1935年)に開校した熊谷陸軍飛行学校(現在の航空自衛隊熊谷基地)は有名ですが、その分校の桶川分教場(桶川飛行学校)存在はよく知りませんでした。昭和12年(1937年)6月埼玉県北足立郡川田谷村に学校開設。写真は訓練風景。現在も守衛所、車庫、営庭、本部兵舎、弾薬庫などが残されている。

戦時中、陸軍の飛行場、飛行学校は日本全国に、なんと100以上あったとも。昭和20年(1945年)2月の閉校までに卒業した飛行学生は約1,600名。昭和20年2月以降は特攻隊の訓練基地となり陸軍初の練習機による特攻、第79振武特別攻撃隊12名が鹿児島の知覧基地に向け出発した・・。

優秀な学徒から特攻に

DVDを見ながら昔、工場見学した後に懇談した来客の紳士の話を思い出しました・・。
「私は戦争中、学徒動員(早稲田大学)で御社(東京三洋電機)の前身、中島飛行機(小泉製作所)で勤労奉仕をしていました。私の本当の志望は、ここ(小泉)ではなく熊谷の飛行学校に入りたかったのです。同期生で熊谷飛行学校に入学したものがいて、とても羨ましかった。彼は私よりも成績は良く運動神経にも長けていた模範生だった。しかしその彼は特攻隊となり帰らぬ人となってしまった。彼よりもすべてに劣っていた私は小泉製作所に配属になったことで生き残ったのです・・」はるか遠くを見つめるようにして応接室の椅子に深くもたれ力なく語ってくださった。

さらに特攻隊要員の選抜は、命中率を考え操縦技術の優れているものから順に指名されたのだ、とも説明された。

もしかしたら知覧基地に向けて出発した振武特攻隊の一人がその方のご学友だったのかもしれません。古い記憶がなんとなく結びつきました・・。

 

コメント

Simスマホ、ZenFone2 は注目

2015年05月07日 | IT関連

CMの片棒を担ぐようですが、今月16日発売予定のZenFone2は注目です。私が今、使っているZenfone5は昨秋に発売されたもの。それから約半年で魅力的な後継機種が出てくることに!
すでに、当広場でも触れましたがZenfone5の完成度は高く優秀な製品であることは認めます。ただ、ただ一点バッテリーの消耗が激しい、これだけが難点です。そのため私は予備用にモバイルバッテリーを別に買うことになってしまいました。

Zenfone5の弱点はメーカーにも報告されていたのでしょう。今度発売されるZenFone2のバッテリー容量は3000mAh(Zenfone5は2110mAh)。3000mAhあれば1日~2日は楽に持つでしょう。CPU、メモリー、カメラの画素数も向上しています。

もしこれから格安SIMフリーを利用したスマホの購入をご検討でしたらZenFone2はおススメできる製品です。

SIMカードもBIGLOBEを例にとればこの半年ほどで1Gから3Gまでアップ。普通に使うのでしたら不自由を感じない通信環境になってきました。すごい進化ですね。

ZenFone2に変更したくなりましたが予備バッテリーも用意してしまったことなので、しばらくは、こまめに充電しながら生活することにします。

 

ZenFone2実機レビュー! メモリ4GB&インテルCPU搭載のSIMフリー端末

コメント (2)

こどもの日には子供ばんど

2015年05月05日 | 愛しのオールディーズ

きょうは「こどもの日」。

今日この日は「子供ばんど」の曲をたっぷり聴きましょう。

私の心の支えともなっている“テーマソング(座右の唄)”の『カウントダウン』。追い詰められピンチの時によく口ずさんで自分を励ましました。歌詞がいいですよ。この曲をカセットテープに入れ、リストラの脅威に負けずに最後のその時まで皆でガンバロー、と職場の課員の皆さんに配ったのを思い出します。1990年初頭だったか??

うじきつよしの絞り出すような苦しい声に、大人社会に対して体当たりするように反抗するこども心を感じます。

...

いつでも筋書き通りにうまく行く わけじゃない本音で
ぶち当たってみればとんでもない肩すかし~

白けて眺めているのが大人だという国で~
まわりと同じじゃなければ先がないと脅されて~

諦めることも 一つの力、一つの勇気だと~♪

 

COUNTDOWN / 子供ばんど

コメント

驚異的な電池持ちのテスター

2015年05月04日 | IT関連

きょうは電子腕時計の電池が切れたため交換前に残量を測るためにテスターを取り出した。するとテスターの方も表示が出ない、こちらも電池切れだ。

このテスターは1980年代から使用していますが、一度も電池交換をした記憶がない。てっきりバッテリーレスの製品かと思っていました。初めて裏ぶたを開けるとボタン電池が2個使われているではないか。ひんぱんに使うものではないものの電池の耐久力にも驚いた。ちなみに使われていたのはMADE IN JAPANのFDK(富士通)製のLR-44だった。

このテスターは会社の先輩で当時、空調事業部専門企画員だった I さんからいただいたもの=写真。デジタル表示で手帳タイプ、HIOKI文字。日置電機製、型番3217、今では廃版商品。

地味な存在ではありますが電池残量や導通(Ω)の測定に時々取り出して使っていました。余生をもうひと頑張りしましょう!テスター君。


きょうの一曲はテスターの話でしたので、もじって『テルスター』(笑)


テルスター Telstar '65 【Resize-HQ】 TheVentures

コメント

原発を忘れない太田メーデー

2015年05月01日 | 原発震災・原発問題

きょうは五月晴れ。労働者の祭典にふさわしい好天気でした。
86回太田地区メーデーの主張のひとつが「核兵器・原発のない平和な未来」。
プラカードにも「反原発、格差是正」の文字がありました。

経産省が、まことしやかに原発のコストが一番安いなどと、とんでもない発表をする中でいま、原発のことをまじめに話題にすることが難しい雰囲気になっています。私の周辺でも感じることですが福島では一層それが顕著で反原発を訴えることが大変になっていると高校生平和大使の本田歩さん(福島高専生)が3月の県民集会で報告しています=動画

故郷はお金で買えない

福島にいて感じることを全国に伝えたい。モンスターともいえる原発。故郷はお金で買えません。そのお金で買えない故郷を売って原発を使っていた。原発は事故を含めれば一番コストは高い。電力会社にとっては一番もうかるのが原発。良心をなくした御用学者の発言に疑問を投げかけなければなりませんと一高校生の目で思うことを素直に発しています。

原発問題をスルー(無視)しないで向き合いつづける太田地区メーデー。その姿勢は高く評価できます。良い祭典でした。

本田 歩さん(福島市での「2015原発のない福島を!」集会) Ayumi Honda 

コメント (2)