人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

いまどきの新入社員は年功主義を望む

2010-04-20 21:56:21 | 採用

───会社に安定と発展を 社員にいきがいと成長を───


こんばんわ 東京都北区の人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


「実力主義の人事制度は若年層に追い風になるので、頑張って働けよ」

と16年前、大学を卒業したばかりの私に人事担当役員や人事部長に

よく言われましたものでした。


当時は、世の中が成果主義へ移行していく過渡期でした。


成果を認められば、給与も昇進も達せられると思ったものでした。


さて、現代に目を向けると10年4月20日付 日本経済新聞朝刊によると

新入社員1107人からの調査で、

「競争をするよりも平等に上がっていく年功主義の会社」で働きたいという人が

50.4%に達しています。


時代を反映したものと言えばそのとおりですが、少しさみしい気がしますね。


そもそも、平等とは皆、同じように上がっていくものを指すものなのでしょうか?

平等とは、頑張った人には、頑張ったなりの給料がもらえることではないのでしょうか。


時代性もあり、年功主義の会社で働きたい気持ちはよくわかりますが、

平等とは何か、よく考えることも必要だと思います。


追伸

志望動機が「年功主義の会社だから」といったとき、面接官はどんな顔を

するのでしょうか。

■貴重なコメントお待ちしております

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright© 2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 成果給は評価の設計も運用も... | トップ | 裁判員制度における就業規則... »
最近の画像もっと見る

採用」カテゴリの最新記事