人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

裁判員制度における就業規則上のポイント

2010-04-21 22:30:43 | 労働法

───会社に安定と発展を 社員にいきがいと成長を───


こんばんわ 東京都北区の人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


この4月には労基法、6月には育児介護休業法の改正がありますので

就業規則改定が急務となっております。


一方、昨年5月から裁判員制度が始まり、実務対応としての就業規則は整い

始めたところだと思います。


裁判員制度の対する実務ポイントとしては、次の2点が重要だと考えます。

1.従業員が「裁判員候補者名簿」への登録および「裁判員候補者」に選任の
  通知を受けたときの会社側への連絡はどうするか

2.裁判所へ出頭するときは有給とするか無休とするか、または日当の差額を支給するか


裁判員制度、残業、育児・介護休業、転ばぬ先の杖として就業規則を見直してみましょう。



■貴重なコメントお待ちしております

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright© 2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« いまどきの新入社員は年功主... | トップ | わが社のマナー憲章について »
最近の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事