人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

扶養控除等異動申告書への個人番号記載に関して

2015-12-04 23:59:34 | その他



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


平成27年10月28日に国税庁より

扶養控除等異動申告書への個人番号記載に

関して変更が発表されました。


平成28年の扶養控除等異動申告書には、

法令上、個人番号の記載が義務付けられています。

ただし、扶養控除等異動申告書に

「個人番号については給与支払者に

提供済みの個人番号と相違ない」

と記載し、給与支払者は、

既に提供を受けている従業員等の個人番号を確認し、

確認した旨を扶養控除等申告書に

表示すればよいとされました。



国税庁HP「源泉所得税関係に関するFAQ」

Q1-9?扶養控除等申告書の個人番号欄に

「給与支払者に提供済みの個人番号と相違ない」旨

の記載をすることで、個人番号の記載に代えることはできますか。


(答)
平成28年1月以後に提出する扶養控除等申告書には、

従業員本人、控除対象配偶者及び控除対象扶養親族等

の個人番号を記載する必要がありますので、

その記載内容が前年以前と異動がない場合であっても、

原則、その記載を省略することはできません。


しかしながら、給与支払者と従業員との間での合意に基づき、

従業員が扶養控除等申告書の余白に「個人番号については

給与支払者に提供済みの個人番号と相違ない」旨を

記載した上で、給与支払者において、既に提供を

受けている従業員等の個人番号を確認し、確認した旨を

扶養控除等申告書に表示するのであれば、扶養控除等申告書の

提出時に従業員等の個人番号の記載をしなくても差し支えありません。
なお、給与支払者において保有している個人番号と個人番号

の記載が省略された者に係る個人番号については、

適切かつ容易に紐付けられるよう管理しておく必要があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 上昇傾向にある初任給(賃金... | トップ |  平成27年の1人あたりの平均... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事