社会保険労務士法人workup ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

外国人雇用の事業所 過去最多に / 厚労省

2023-02-10 23:51:29 | その他



こんにちは。 社会保険労務士法人workupです。

厚生労働省が令和4年10月末現在の外国人雇用に関する届出状況

を公表いたしました。

こちらによると外国人を雇用している事業所数が約30万事業所に上り、

届出が義務化された平成19年以降で最多を更新し、雇用している外国人数も

最多を記録しています。

外国人を雇用する事業所数は29万8790事業所で、前年比1万3710事業所増加。

対前年増加率は4.8%となり、前年の6.7%からは1.9ポイント減少しました。

外国人労働者数は、182万2725人で、前年に比べて9万5504人(5.5%)

増加しており、国籍別ではベトナムが全体の25.4%を占め、次いで中国21.2%、

フィリピン11.3%と続きます。

在留資格別では、永住者など「身分に基づくもの」が32.7%で最も多く、

「専門的・技術的分野」が26.3%、「技能実習」が18.8%となっています。

労働者の実数では、専門的・技術的分野が前年比21.7%増加した一方、

技能実習は2.4%減少しています。

 外国人雇用状況の届出制度は、すべての事業主に、外国人の雇入れ・離職時に、

氏名、在留資格、在留期間などを確認し、厚生労働大臣(ハローワーク)へ届け出る

ことを義務付けています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
社会保険労務士法人workup

株式会社workup人事コンサルティング
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 代理人欄を削除 申請書が変... | トップ | 育児介護休業法見直しへ検討... »
最新の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事