人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

年次有給休暇の平均取得率56.6%で過去最高/就労条件総合調査

2021-11-12 23:57:35 | 労働法



こんばんは。 社会保険労務士法人workupです。

年次有給休暇の平均取得率56.6%で過去最高/就労条件総合調査

 厚生労働省は9日、2021年「就労条件総合調査」結果を公表しました。

20年1年間の年次有給休暇の平均取得率は56.6%(前年56.3%)で

過去最高。平均取得日数は10.1日(同10.1日)。

取得率を産業別にみると、「電気・ガス・熱供給・水道業」が

73.3%と最も高く、「宿泊業、飲食サービス業」が45.0%と最も低いです。

計画的付与制度がある企業割合は46.2%(同43.2%)。

計画的付与日数階級別にみると

「5~6日」が69.1%(同 66.6%)と最も高くなりました。

■令和3年「就労条件総合調査」の結果を公表します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
社会保険労務士法人workup
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 公益事業に関する争議行為の... | トップ | 同一労働同一賃金の対応状況... »
最新の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事