¡Si, Yo Hablo Japónes!

某州立大学の近くで日本語、英語、スペイン語の3ヶ国語生活しています。

スペイン風?ギリシャ風?な夕食、、、

2012-01-31 00:30:23 | Weblog
日曜は昨日の夕食は、昼食や買い喰いが多過ぎましてあまりお腹が空きませんでしたのでサクッと呑み夕食にしました。←決していつもの手抜きやこの不況の煽りを受けましての節約ではございません、ちゃんとコンセプトもありましたから...(笑)






そのコンセプトとは「動物性食品を含みませんでお野菜をたくさん」で卵と乳製品のヨーグルトは使いましたが動物性食品やもちろん鶏肉でさえも摂りませません「ラクト・オボ・ヴェジタリアニズム」なお献立ですので・・・まずは、キャベツのたまご焼きです。
この日は丸く焼きましたのでキャベツのトルティージャ(スペイン風オムレツ)です、我が家のトルティージャは具が定番中の定番のジャガ芋と玉葱ですが最近はキャベツが多いです。
我が家はジャガ芋のヴァイタミンCや鉄分が多いですとかの栄養面は評価していますが時には糖質を控えますのにキャベツの代用は最適です、またキャベツでしたらジャガ芋より火の通りが早いですので時間に余裕のありません朝食やお弁当のおかずにも良いですので。



トルティージャと一緒にとても甘くて美味しいスペイン産の赤ピーマンも戴きました。



そして、ちょっと代わりましてギリシャ風サラダです。
この日はフェタチーズがありませんでしたがキューリを中心にレッドオニオンやオリーヴ等をたっぷりのオリーヴオイルとオレガノやワインヴィネガーで和えましたらとても美味しいギリシャ風サラダになりました。



最後に、ほうれん草のヨーグルトサラダです。
もうこちらは中央フロリダに花粉が舞っていますので花粉症予防にヨーグルトは積極的に摂りますように心掛けております、トレジョのピタチップスと共に戴きました。



お晩酌は戴き物のグレープフルーツのソルティードッグです、あまりに口当たりが良いですからゴクゴクと呑み過ぎてしまいますので要注意のカクテルです...(笑)



ですので、我が家のアメリカ人の誰かさんは途中からキューリのソーダを飲み始めました。
フロリダは地元の製造でしてこちらもイートモアで買って来ましたものです、もう1人の誰かさんがちょっとお味見をさせてもらいましたら「あまり炭酸や甘味のキツくありません緑色もしておりませんなぁんだただのメロンソーダ」って感じでした...(笑)
この日も美味しい夕食でした、我が家で「ラクト・オボ・ヴェジタリズム」や減量等は長続きしそうもありませんがせめてアレルギー予防や免疫力アップに動物性食品を控えましてお野菜中心なお献立を心掛けたいと思っています。
↑まずはやはりお酒と甘いものを減らしませんと...(笑)



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=

スペインの赤ピーマン

2012-01-31 00:02:33 | Weblog
スペイン料理に欠かせませんものはムール貝もそうですがやはりオリーヴ、ニンニク、ワイン、サフランにトマトやピーマン等です。
ニンニクとオリーヴオイルが苦手な、またはトマトとピーマンも苦手な人にはあまり向きませんお料理ですとも思いますが・・・我が家ではもちろんそれらは日本の家庭のお醤油やお味噌と同じように不可欠なものです。
で、一昨日の我が家のスペイン系アメリカ人の誰かさんたらイートモアで「やぁ、善くぞ出会えたもんだなぁ!」と感慨深げにはたまた見付け出してくれましたものはスペイン産の赤いピーマンでした。
ちなみに、ピーマンとパピリカやピメントの明確な違いはありませんでその国や地域で呼び方が変りますとのことでしてペッパーだけは辛味のあります唐辛子の類に分けられますそうです。
しかしながら、ベルペッパーにグリーンペッパーやスィートペッパーって辛くありませんペッパー(アメリカで一般的な緑色のジャンボピーマンです)もありましたりまたコショーとも間違え易くて大変に紛らわしいです...(笑)






ちょっと話題が逸れましたが、スペインで多食されています辛くありません赤ピーマンはこちらアメリカではなかなか本場のスペイン産には出逢えませんので我が家は普段に水煮の缶詰めや瓶詰めを代用しています。
日本でしたら筍もそうですが筍は春先にしか生のものが出回りませんのでそれ以外でしたらやはり水煮を利用しますのと良く似ています、もちろん赤いピーマンも筍も生で新鮮ですほうがお味も香りもそして食感も断然に良いですのは当然のことですが。



珍しく出逢えましたスペインの赤ピーマンは期待を裏切りませんでそれはそれは甘くて美味しく糖度の高いトマトをフルーツトマトと呼びますのでしたらこちらはまるでフルーツ赤ピーマンです、アメリカの赤いピーマンのようにあまり肉厚過ぎませんのもパリパリと食感を更に軽く良くしていますと思われますので我が家の実はあまりお野菜好きではありません誰かさんですが「細切りやドレッシングを掛けたりマリネにもしないで」と昨日の夕食時にザク切りそのままをいとも美味しそうに食べておりました。←はたまた通振っておりましたがとてもご満悦な様子でした...(笑)

もし見掛けますことがありましたら決して高価でもありませんので是非にともお試し下さいな。。。



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=
コメント (2)

ルーベンサンドウィッチ

2012-01-30 03:00:03 | Weblog
土曜日の昨日はいつもの週末のプチ買い出しの他にも用事がありましたがわざわざ滞在先に出戻りませんで1度に全ての用事を終わらせたくて新しく我が家のお気に入りとなりましたイートモアプロデュース!のデリコーナーで昼食のルーベンサンドウィッチも求めました、そのイートモアではグリルドサンドウィッチやエンパナーダ(お惣菜パン)等の温かいものもありましたので。






ルーベンサンドはアメリカで人気のNYスタイルのサンドウィッチですからファミレスやサンドウィッチも扱っていますようなコーヒーショップの大抵にあります焼きサンド(?トーストサンド?)のような温かいサンドウィッチで我が家のお気に入りでもあります、日本にも進出していますアメリカのサブマリンサンドウィッチのファーストにはありません
我が家でしてもたまに作っていますようなクラブサンドと同じく真っ当なアメリカのサンドウィッチですとも思います。



レタスやトマト等の生野菜の代わりにザワークラウトが挟んでありますので作りました後に生野菜の水分が沁み出て来ますこともありませんので我が家のアメリカ人の誰かさんのお弁当にも作ったりもしています。
で、この日は他のお店や用事へ移動の車中で戴きました。



そうそう、イートモアではコーヒーは売っていませんでしたのでお向かいのマックでコーヒーだけを買いました...(笑)



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=

イートモアプロデュース!

2012-01-30 00:30:00 | Weblog
昨日の土曜日はいつもの週末のプチ買い出しでオーランドー近郊にありますイートモアプロデュースに行きました、実は先週末に偶然に見付けました我が家の新しいお気に入りの新鮮な青果を中心にワインやデリ(お惣菜)等もあります食料品専門店です。
一昨日の天ぷらにしましたアスパラガスや日本の品種に近いサツマ芋や椎茸等もそのお店で求めました、日曜日に求めまして5日後の金曜日にお料理しましても新鮮そのものでした。←もし田舎町のウォルマートとか質の低いグロッサーで求めていましたら5日後には冷蔵庫保存でしてもアスパラガスの穂先や椎茸は溶け始めましてお芋にもカビが生え始めたりしますので...(笑)






昨日はまず我が家の誰かさんが殆ど地元産と言えますタンパはプラントスィティーのイチゴの2パックをお買い上げでした、アメリカのイチゴの1パックは約500g入りで1パイントになりますがこの日はその1パイント分の緑色のバスケットには入っていませんでした。



で、他のお店に行ったりもしましたのでプチ買い出し後に滞在先に戻りましてまずは冷食を冷凍庫に入れましたりお肉や冷蔵品等も冷蔵庫に仕分け入れていましたら青果類が後回しになってしまいました。
青果類は基本的には常温保存可能ですからそのビニール袋入りのイチゴをキッチンのカウンターにちょっとの間だけ置いていましたら我が家のタンパ出身の誰かさんったらまるで真夏の炎天下に放置しましたみたいに「せっかくの新鮮イチゴがぁぁぁ~腐っちゃう」っとおバカ丸出し大慌てでビニール袋の口を開けて空気を通していました...(爆)



そして、直ぐ様に着替えと手洗いと嗽を済ませますとキッチンにすっ飛んで来ましてイチゴを洗い始めました。←やってもらえますともちろん楽でありがたいですが...(笑)



しかもとても丁寧なお仕事です、もう1人の誰かさんでしたらザブザブッと洗いましてヘタも取りましただけで保存容器に入れますがそのタンパ出身はイチゴ命の誰かさんでしたら1粒ずつペーパータオルに取りまして水分をキチンと除きましてから保存容器に移します。
これで鮮度の持ちは大分と違いまして風味も水っぽく損なわれませんのでイチゴ扱いのエキスパートでもあります、もしイチゴソムリエ(?)の資格がありましたら御託並べ筆記と実技の試験は共に満点で一発合格は間違いありませんと思います...(爆)



またそのお店にはグルメ食品もありますのでスペイン産のオリーヴも目敏く見付けましてお買い上げでした。



イチゴの他にもオリーヴを語らせましたらかなりウルサイ熱いです...(爆)



いえ、その誰かさんったら決して変人や卑しん坊ではありませんで本当に美味しいものを嗅ぎ分けますのに長けています。
キャッシャー脇に立て掛けてありましたフランスパンも即座にお買い上げでした、もう1人の誰かさんはその横でお会計を済ませましても終ぞや気が付きませんでしたのに・・・



持ち帰りまして袋から出して見ましたらアメリカではまず見掛けますことのありませんマトモなフランスパンでしたのでまたまたビックリでした。



しかも1本がたったの1.99ドル(\150ちょっと)です、ポールの本場フランスパンイタリアングルメストアーの本場チャバッタでしたらその2倍のお値段ですので。
もちろん原材料は小麦粉とお塩とお水にイーストだけです、多少の添加物はありましても市販のメーカ品や一般的なグロッサーのベーカリーのパンよりはずっとずっと少ないです。



ちょっと均一ではありませんがクープ(切れ込み)はちゃんとのフランスパン特有の開き具合でエッジ(そのクープのめくれ上がりました縁)の立ち具合もです、画像はありませんが今朝にカフェオレと一緒に軽く温め直しまして戴きましたらアメリカの似非フランスパンとは全く違いまして少なくともレストランや日本の大手メーカーのフランスパンのレベルで美味しかったです。←もちろんリピ必至です...(笑)



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=

天ぷら

2012-01-29 01:09:09 | Weblog
昨日の金曜日は夜から今日の土曜日に掛けましてマイアミで用事がありました我が家ですが今週は(月)~(金)とお仕事でしたから今回のマイアミ行きは中止しましたので夕食はゆっくりと好きなものが戴けました、久し振りに天ぷらを楽しみました。






なるべく揚げ物は避けたいのですがアメリカでしては珍しく素晴らしい材料が揃いましたので迷いますこともありませんで天ぷらにしました、まずはアスパラガスです。



いくらフロリダでしてもアスパラガスはいささか時期外れのようですのでペルー或いはコスタリカ辺り産と思われますがこ~んなに太くて立派です。



そして、殆ど日本の品種に近いサツマ芋です。
品名はアジアンスィートポテトとなっていまして我が家がたまに求めていますキューバの甘いお芋のボニアートとも異なりますが日本のサツマ芋に良く似ていましてホクホクしていましてとても美味しくてアメリカのオレンジ色をしています水っぽくてベチャベチャなスィートポテトとは全くの別物です、これらだけでしても天ぷらを作りまして戴きたくなりましたので。



他には今時分でしたら一般的なグロッサーでしても大概は扱っています椎茸です、我が家の天ぷらは天ぷら屋さんのようにカラッと軽くは揚げられませんでいかにも家庭的な揚げ具合(決して油っぽくベタッともしておりませんがモッチャリとしています、笑)ですが片栗粉やベーキングパウダー等には頼りませんご都合主義ではありません昔ながらの揚げ方です。



エビに玉葱と人参のかき揚げです、本来でしたら主役のエビですがコストコのエビを使いましたら既に背に切り込みがありまして蝶々のように開いてしまいましてあまり見栄えが良くありませんので後側に置きました...(笑)
手前のかき揚げは、天ぷら衣が少し余ってしまいましてもそのまま捨ててしまいたくありませんでしたから速攻で玉葱と人参を千切りにしましてかき揚げにしましたのでたったの2つしか出来ませんでしたがとても甘くしかも玉葱もパリパリとしてとても美味しく我が家のアメリカ人の誰かさんに「どうして2つしか作らなかったの?次はもっと作って」と言われてしまいました。
でしても、玉葱と人参だけのかき揚げを大量に作りましたらきっと「へぇ~、これも天ぷらなの?お店で食べたこと無いけど」って選り好みを言われますに決まってます。←またはエビとかアスパラガスばっか選って食べますと思います...(爆)



もちろん我が家製の天つゆとおろし生姜を天盛りしましたたっぷり大根おろしの他は何と!日本から送られて来ていましたお抹茶塩も用意しました、アメリカ人の誰かさんったら「エビとアスパラガスや椎茸は天つゆよりもお抹茶塩のほうが良く合うね」と通振りましてナマイキを申しておりました...(笑)



ご飯とお豆腐とワカメに青葱のおみお付けにお摘み兼お箸休めのキムチです、アメリカのジャパレスのブロッコリーにマッシュルームやスィートポテト等のなんちゃって天ぷらとは比べ物にはなりません程にそれはそれは美味しい天ぷらでした。



この日のお晩酌は珍しくソルティードッグです、アメリカ人の誰かさんがまた職場仲間から戴いて来ました新鮮で無農薬の自家栽培のグレープフルーツとウォッカでソルティードッグを作ってくれましてゆ~ったり花金のこの日は特にとても美味しい夕食でした。

今日もオマケがあります・・・



昨日は曇り時々雨なこちら中央フロリダでしたが我が家の日本から来ました誰かさんがお仕事の前に下水溝に流れ込みます雨水を見まして気が付きました、もう黄色い花粉が飛散し始めていますので花粉症の人はこれから大変な季節のようです。



我が家には幸いですにもアレルギー症状のあります家族おりませんがいつ何時に発症しますかは分かりませんから甘いものや動物性食品を避けましたお魚やお野菜をバランス良く摂りますようにまたヨーグルトも花粉症の予防や症状の緩和に効果的ですそうですので積極的に摂りまして気を付けたいと思います、アルコールも減らせますと良いのですが・・・



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=
コメント (1)

牛挽肉団子のすき煮風

2012-01-28 00:08:28 | Weblog
昨日の木曜日は今週も金曜日のあと1日だけと思いましたらとても気持ちが軽くなりまして夕食もサクッと作れました、半年程前にお料理サイトで見付けまして作ってみました牛肉そぼろの白滝炒り煮は和食なのですが敢えてそぼろにします挽肉は豚や鶏ではありませんで牛を使いますことによりまして「すき焼き」のような風味になりましてとても美味しいですから牛挽肉を肉団子にしましてすき煮にしてみました。
もちろん、肉団子は既製品ではありません。←我が家ではトレジョやイケアで信用の置けますミートボールを求めたりもしていますがやはりお弁当やもう1品が欲しい時等の緊急時用ですので...(笑) 






お鍋の底に牛挽肉団子にお豆腐と白滝をまず入れましてその上に干し椎茸を載せましたらさらに白菜の芯部とお葱を層になりますように重ねて煮ました。



白菜は小さ目でしたが1/2株を使いましたのでまずは一旦、蓋をしまして煮始めまして嵩が減りましたらまた白菜を追加しまして煮ました。
牛挽肉団子と白滝は接触させませんように間にお豆腐を置きましたのでふっくらと煮えました、また牛挽肉団子は牛挽肉料理のお約束のナツメグの代わりにおろし生姜の搾り汁で風味を付けていますので特有の挽肉臭さも消えていました。



干し椎茸の戻し汁をお出汁に使いましてお醤油と日本酒にみりんやお砂糖で煮ましたら白菜の水分で汁ダク状態になりました、もちろんお水は一切加えていませんのですき焼きのように甘っ辛く濃厚に煮上がりました。



お箸休めはキューリの即席辛子醤油漬けです、メインのおかずが甘辛味ですのでほんの少しお酢を使いましてさっぱりな漬け上がりにしましたらお晩酌のお摘みにとっても良く合いました。



ご飯です、この日はお茶碗やお皿の代わりにボウルを使いまして・・・



お丼風にもしまして戴きました、キューリの即席辛子醤油漬け風も牛挽肉団子すき煮風のどちらも白飯にバッチリですから。
我が家のアメリカ人の誰かさんのアイディアです、お晩酌は気を良くしました←その誰かさんが作ってくれましたウィスキーサワーでこの日もとても美味しい夕食でした。



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=

水曜日でしたので・・・

2012-01-27 00:07:17 | Weblog
昨日は当たり前ですが水曜日でした、魔の水曜日と迄は申しませんが昨日のお仕事もいつも通りの1時間早始まりでほんの少しだけ定時より延びまして終わりました。
お仕事時間の不定は特別な場合を除きましたら1週間のうちたった1日の水曜日のみですので特に我が家のアメリカ人の誰かさんのRDOもありませんバッチリ(月)~(金)お仕事の週でしたらもう気楽に構えますことにしました、お仕事の前に温め直しますだけで戴けますおかずを作りましてご飯も直ぐに炊けますように浸水させましたり或いはもう宅配ピザとかマックもアリで・・・いえ、いや、やっぱり宅配ピザやファーストまたはファミレスも嫌ですからせめてサンドウィッチや麺類だけの夕食に甘んじましょうと、昨日の夕食はちゃちゃっとカルボナーラにしました...(笑)






パンチェッタはありませんでしたのでサンドウィチ用の薄切りハムを使いました、ハム入りでしたら以前に作りましたスペイン風なカルボナーラを思い出しまして玉葱も入れまして同じように作りました。
パセリを入れますのを忘れてしまいましたがパスタは去年の暮に求めましたフェットゥッチーネがありましたので使いましたらモチッとムチッと濃厚な卵ソースにも良く合いましてとても美味しく出来ました、カルボナーラのフェットゥッチーネだけでしたら栄養のバランスが良くありませんのでサッと湯がきましたブロッコリーを付け合わせにしました。
実はフェットゥッチーネが茹で上がります1分前に小房分けにしましたブロッコリーも投入しまして一緒に茹で揚げましたので超簡単に同時に付け合せも作れちゃいました、そしてキューバパンのガーリックトーストを添えました。



サラダもレタスとほうれん草にレッドオニオンだけを市販のイタリアンドレッシングで戴きましたがさっぱりとしていまして美味しかったです、お晩酌は白ワインでこの日も簡単ですながらも美味しい夕食でした。←ちょっと貧相です食卓にも思えますがサクッとゆる目ですのがストレスや疲れも感じませんでかえって美味しさもUPです...(笑)

って、本日はこれだけですのでオマケの小ネタですが・・・(画像は特にありません、悪しからずです。)

先日に珍しく某レシピサイトを見ていましたら「◯◯とチクワの煮物」のレセピがありましたが「◯◯とチワワの煮物」と読み間違えてしまいましてギョッとしてしまいました、そんなお料理はありえませんのに...(笑)
ちなみに、ハバナ(キューバの首都)にバハマ(特にキューバとバハマは隣接国ですので間違え易いです)やバナナも頻繁に読み間違えてます...(爆)



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=

豚カツと千キャベツ、、、

2012-01-26 00:06:16 | Weblog
火曜日は昨日の夕食に豚カツを作りました、本来でしたら揚げ物はなるべく避けたいのですが一昨日にお茄子の揚げ浸しを作りましたから揚げ油が残っていましてたった1度しか使いません揚げ油を捨ててしまいすのに気が引けまして再利用しました。






お茄子を素揚げしましたので紫の色素が揚げ油に移ってしまいましたのでしょうか?この日の豚カツはとても濃ゆい揚げ色になってしまいましたが(笑)、この日はいつもの豚カツとはちょっと違えています。
いつもでしたら、豚カツやご飯は一緒のお皿には載せませんで豚カツにお約束です筈のキャベツの千切りも我が家では添えませんがこの日は豚カツとご飯そしてキャベツの千切りを一緒に載せました。←無理にオサレを意識しましてワンプレートにしましたのでもありません...(笑)
実は・・・我が家のアメリカ人の誰かさんはスローは大好物ですのにキャベツの千切りは全くのアウトです、豚カツやらメインのお肉料理のお飾りですどころか底上げや嵩増しと思っていますのでしょうか?嫌悪しておりました。
以前に1度や2度は「今日のキャベツは新鮮でシャキッとしてとっても美味しいから」ですとか「(誰かさんは豚カツはもちろんエビフライやカキフライにも使えます豚カツソースが大好きですので)キャベツに豚カツソースの組み合わせってバッチグー(とうの死語ですが、笑)ですよ」等と薦めてみましたが「ドライだから(Dry, ?パサ付いてます?)」と一向に受け入れてはくれませんでした。
お好み焼きも苦手ですのでキャベツとソース(豚カツにお好み焼きやら中濃ソースの類)の組み合わせが☓ですと諦めておりましたが去年の暮にキャベツ入りの卵焼きを作りましたらとても気に入りまして殆どお1人でペロリと平らげてしまいましたのでキャベツとソースの組み合わせの問題ではありませんことに気が付きました。
で、画像ではちょっと見難いのですがこの日は熱々の炊き立てご飯と揚げ立て豚カツの間に千キャベツを挟みますように置いてみました。
って、ことは千キャベツはご飯と豚カツの熱でしんなりしちゃいますってことです。
千キャベツの苦手な誰かさんったらいつものように豚カツにたっぷりの豚カツソースを回し掛けまして食べ始めましてしなっとなりました千キャベツにも豚カツソースが流れ着きまして浸っちゃっています、を一緒に今迄に何ごともありませんでしたかのように平然と、いえ、「美味しいっ!」とむしろウレシソウにムシャムシャと食べていました。



ちなみに、この日はキャベツと一緒にトマトも載せましたのでサラダは作りませんでお箸休めはキューリとワカメに食用菊のお酢の物を作りました。



おみお付けはお豆腐とほうれん草です、お晩酌はアメリカ人の誰かさんがビールでもう1人の誰かさんは赤ワインでこの日も美味しい夕食でした。

最後に・・・



千キャベツがアウトでした誰かさんのお皿です、キレイではありませんので小さく貼り付けましたが昨日は千キャベツもちゃんと完食が出来ました。Good job, Yeah~!



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=

焼き塩鯖

2012-01-25 00:50:15 | Weblog
ここのところ色々と忙しくておりましたから殆どマトモに夕食を作っていませんでした我が家ですが昨日は月曜日の夕食はほんの少しですがマトモに作れましたように思います(笑)、昨日は塩鯖を焼きましたりお茄子の揚げ浸し等を作りました。






もう1ヶ月以上前になりますが久し振りのお留守番夕食に2枚卸しにされました鯖を購入しましたら塩鯖でしたからそのまま冷凍して置きましたのがまだありましたので解凍しまして焼きました、我が家で大抵は2枚卸しの鯖に塩をしまして「鯖の塩焼き」にしますが塩鯖は鯖の塩蔵品ですので水分はやや少なく身が〆まりまして生と干物の中間位な感じです。
こんがりと焼きましてたっぷりの大根おろしとレモン汁で戴きました、風味を加えますのにほんの少しだけお醤油を垂らしましたら更に美味しかったです。
塩鯖のお料理方法は殆ど知りませんが焼きますだけでしてもとても美味しいですのでまた買ってみたいと思います、もちろん我が家のアメリカ人の誰かさんも焼き塩鯖を喜んで食べますので笑。←塩鯖や〆め鯖に鯖缶の何でもござれです...(笑)



そして、お茄子とオクラの揚げ浸しです。
お茄子もオクラも夏野菜ですがこちらフロリダでしたら1年中に入手が可能ですのでたまに良いものがありますと求めています、この日は浸しますお出汁醤油に鷹の爪を使いましてちょっとピリ辛な仕上がりと針生姜も天盛りにしていますがこちらもアメリカ人の誰かさんの好物であります。



おみお付けはお豆腐と珍しくエノキ茸に青葱です、エノキ茸は日系やアジア系の食料品店でて99セント(\77)程のお手頃値段で売られています。
それに、キムチとお晩酌はビールでこの日もとても美味しい夕食でした。



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=
コメント (4)

パネットーネのサヴァラン風

2012-01-24 04:14:00 | Weblog
いやいや、昨日はせっかくの日曜日でしたのに我が家の誰かさんったら午後の3時から夜中の12時過ぎ迄もフットボールの中継を視続けていましたのにはほとほと参りました...(笑)
スペイン系ではありますがもう典型的なヤンキー(良い意味でアメリカ人一般を指します、アメリカンッ子?笑)ですからアメリカで特にメイジャーな球技でありますフットボール、バスケ、ゴルフそして野球に目がありませんのでシーズンに入りますとTVに齧り付きでしてあわや家庭不和も起こし兼ねません程の熱狂振りです。
それこそ「週末だからどこかへ行きたい、連れてって!」と家族の誰かがゴネ出しますと普段はとてもケチですのに100ドル札をピラッと放おりまして「お買い物でもしてくれば?コレで好きなもん買ってイイから」なんて言い出します始末です。←毎回でしたらゴネ出します人はいませんでしょうけれど...(笑)
ご飯もビールにピザやらチキンウィングとかチリまたはホットドッグだけでしても大喜びしてます、アメリカ人家庭にしましては珍しく普段にまず作りません我が家ですので余計に嬉しいのでしょう...(笑)
で、昨日も3時からビールを呑み始めまして夕食はピザやらピーナッツ等で済ませてしまいましたが・・・






甘い物は別腹、いえ、デザートはちゃんと戴きます。
昨日は何と!クリスマス菓子のパネットーネを戴きますのをすっかり忘れておりましたのでフットボールに夢中の誰かさんは試合観戦の合間にそのパネットーネで超旨、激旨なデザートを作ってくれました。



去年は掌サイズの小さな可愛いパネットーネをイタリア系のグルメストアーで求めていました、1つだけ求めましたがお1人様でしょうか?頭位の大きなものを求めます時もありますがチョコレート入りのもありまして厳密にはお菓子パンの類でそのままではもちろんフレンチトーストにしましてもとても美味しいです。



1つを2つに切り分けましたパネットーネはそれぞれサッとオーヴンで温め直しまして(軽く温めますことによりまして冷たくパサ付いていましたのがふっくらしっとりします)我が家のお気に入りですハーゲンのヴァニラ・アイスにイチゴとビングチェリーを添えます、そしてお粉砂糖でお化粧します。



横に寝かしましたほうが戴きや易くて見栄えもしますでしょうか?...(笑)
さて、こちらからが重要なポイントです。
冒頭の画像にもありますようにパネットーネにた~っぷりのマルサーラをしとらせまして戴きますとそれはそれはと~っても美味しいのです、まるでサヴァランのようです。

そして、もう1つです。



アメリカのクリスマス時期に出回りますフルーツケーキも戴き忘れておりました、こちらは英国式の伝統的なドライフルーツがふんだんなずっしりフルーツケーキに良く似ておりますがこちらアメリカ南部風のフルーツケーキです。
英国式と同じようにドライフルーツがふんだんでずっしりなのですが更にしっとりムチッと口中にまとわり付きますような濃厚さはまるで羊羹のようですので大きく切り分けませんで薄切りにしまして戴きます、また冷やして戴きますと特に美味しいです。



あまりメイジャーな製菓会社ではありませんでフルーツケーキ以外にも製品がありましてもクリスマス時期以外に見掛けますことはまずありません、ジョージアのひっそりとしました小さな町のクラークストンに会社がありまして町工場のような施設で製造されています。←滞在していますフロリダと自宅のありますジョージアを行き来します途中にあります...(笑)
クリスマス時期になりますと州内はもちろん隣接州のフロリダでしても出回ります、日持ちもしますので我が家は毎年のクリスマス時期に求めましたり戴いたりしますこともあります。
こちら、クラクストンベーカリーのフルーツケーキのウェブサイトもありますが現在は不具合が生じていますようですが・・・

ちなみに、フットボールに夢中の誰かさんに相応しい今日の昼食は”フットボールご飯の残り物ピザ弁当”です。



最後に、昨日の試合結果ですがAFCはニューイングランド・ペイトリオッツとNFCはニューヨーク・ジャイアンツが来月は2月5日にインディアナーポリスで開かれますスーパーボウルへと駒を進めました。←ハーフタイムショーのマドンナ様のパフォーマンスと共にとても楽しみです!



クリックをどうぞ! 
(共に別窓で開くようにしてあります)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 href=