memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

無国籍者: 国に見捨てられた人々は母国を求め、日陰の辺獄に生きている

2011-08-31 00:00:58 | 亜細亜海道
国に拒否され最も基本的な権利さえも否定された人々は辺獄に生きている。このような人は言い換えれば“天と地の間に生きる人々”といえよう(8月23日REUTERS)

世界中でおよそ1500万の人々が無国籍者である。どの国の国民としても認められていない。この惑星で最も人目につかぬ人々である。彼らの窮状について国際的なキャンペーンを行うことを国連は望んでいる。
「この大きな問題の一つは単純で、世界的に大きな問題としてとらえられていないことにある」国連難民事務所UNHCRの無国籍者対策部門の代表のMark Manlyはいう。戸井らえられていないことである。「報道には議論されることが全く少ない。大学などによる調査も少なく、国連でも同じだ。比較的最近でも議論されることがなく我々の知識との大きな乖離が生まれている」とManly氏がロイター基金による人権問題ニュースサービスのAlertNetに語った。無国籍問題は貧困を悪化させている。家族を崩壊させ子供たちの未来を破壊している。また人権を奪われた人々が武器をとれば戦争にまで発展する。こうしたことが発生したのがアイボリーコーストや今後民主共和国である。

38か国が無国籍者の削減条約に署名して今年8月30日には50周年を迎える。.
最も大きな無国籍者のグループはRohingyasである。南アジア系のイスラムの人々はミヤンマー政府に市民権を認められていない。数千人がバングラデシュから東南アジアに散らばっている。「Rohingyasにはこの地球上で国がない」とマレーシアに住むKyaw Myint氏 44歳はいう。「動物だって平和な心を持つ,しかし我々 Rohingyas, には安寧の心がない、それは無国籍だから」その影響は国によって異なる、しかし無国籍の人々は教育えお絶たれ、医療を絶たれ、正式な雇用も得ることができない。彼らは仕事を始めることもできない。車の免許も、銀行口座ももてない。合法的な結婚や家族を尋ねるための旅行もできない。

もちろん投票もできないからこの窮状を改善する政治家を選ぶこと不可能だ。無国籍者であることは「天と地の間に生きている」というだけだとクエートからのベドウイン族のAlenezi氏はいう。「今ここに自分はいるもののいないことになっている」と現在ロンドンンに住むAlenezi( 42歳)は付け加えた。多くのベドウインのようにベドウイン遊牧民の末裔は自由にクエート、サウジアラビア、シリア、ヨルダンなどを渡り歩いて生きてきた。(以下省略)

写真:Rohingya の漁民が難民キャンプのTeknafの近くでボートを引き上げている。ミヤンマー政府はRohingyasの人々の市民権を認めていない。

コメント

余剰小麦200万トンを輸出    ブルガリア

2011-08-31 00:00:05 | 
ブルガリアは2011年度産小麦の余剰少なくとも200万トンを輸出すると国立穀物餌料局のPavel Nikolov次長が発表した(8月24日SNT)

バルカン諸国はすでに57万トンの小麦をポルトガル、ギリシャ、スペインやEU諸国に販売した。Nikolov氏は電話インタビューに答え 農民は今年426万トンの小麦を収穫、昨年の400万トンを超えたという。「今年の収穫は多く品質も良好な天候により昨年よりも良い」「輸出船積量は少なくとも200万トンを超えるであろうと」

またブルガリアはEU向けに26万トンの大麦を輸出。今年の収穫は68.5万トンと昨年の83.3万トンよりは少なかったが。
Bulgaria sold someブルガリアは2010年に159万トンの小麦を輸出している。国内の穀物消費はおよそ200万トンであり、さらなる輸出が可能であるとNikolov 氏はいう。
コメント

ニシン魚卵の販売が増加     英国

2011-08-30 00:07:59 | 
家庭での調理が増えスーパーマーケットの魚コーナーでもっとも安価なニシン魚卵(カズノコ)の販売量が増えている、とスーパーのWaitroseが伝えている(8月22日FUD)

昔風のニシン魚卵の需要がWaitroseでは急増、昨年同期比で39%増加しているという。消費者らは
高品質のこの製品の良さを見出してキロ当たり3.99ポンドの値がついている。この単価はWaitroseスーパーで販売される魚類の中では最安値である。

このニシン魚卵は軽く味付けし、小麦粉をまぶしたうえでフライにする、それをトーストの上に載せて食べるのが最良である。Waitrose社の魚担当バイヤーのJeremy Langley 氏はニシン魚卵の需要の高まりは栄養があって価値のあるものを見つけようという大胆な消費者の行動によるものという。「ニシン卵の販売は今年になって急速に増加した。価値ある製品と認められたことによる」と同氏はいう。「以前からも店で扱われていた単価的に最安値の商品がいまふたたび人気を博している」 「ニシン卵はほかの魚製品に比べて決して引けをとるものではない。フライにしてバタートーストで食せば非常に美味である」

およそ150グラムのニシン卵が一人分である。この価値ある商品はWaitroseの扱う一度見捨てられた商品が増加していることと同様である。Fish Fightと題した有名シェフ Hugh Fearnley-Whittingstallによるキャンペーンで、5大商品と呼ばれるマダラ、ハドック、サーモン、エビ、マグロ以外のあまり知られていない種類の魚を消費者が選択する助けとなっている。英国のスーパーマーケットでのサバの売り上げは1月以来倍増している。またCornishのスケソウについては207%と増加した。
コメント

水産物輸出業者は価格問題に直面  ベトナム

2011-08-30 00:06:57 | 水産・海洋
ベトナム水産物輸出業者は欧州および米国の輸入業者による価格引き下げの要求や契約完了について懸念している。アナリストは欧州と米国の経済危機により年末にはさらに悪化することを予測している(8月23日TFSND)

需要が減退し、価格を押し上げていた在庫が欧州向けの魚価格を8月の2週目までにキロ当たりで0.02~0.03ドル引き下げた。平均輸出価格は6月のキロ当たり3.3~3.4ドルから7月以降現在では2.8~2.9ドルと下落した。平均輸出価格はキロ当たり3ドルとなっている。

事実、輸出価格の下降は予想されていた。輸入者側は原材料の価格低下に気が付いており、年初から20%低下した国内価格から価格引き下げを求めている。しかしながら価格の低下がベトナム輸出業者の最大の頭痛ではない。最大の懸念は多くの輸入業者が契約を終了させていることであり、ほかに出荷の延期もある。「欧州の輸入者の中には8月の第2週までに魚の輸入契約解除を通告してきている会社もある。このことは支払い余力がないことをしえしていると思う」と魚輸出会社の社長のDong Thap氏はいう。

ダナンの水産物会社の役員Thien Tran Linh氏は最近の状況は2008年の危機の時に似ているという。債務危機が欧州や米国の商業銀行の資金を圧迫。これにより輸入市場はその輸入を縮小した。一方消費者市場での販売は非常に緩やかで消費者はベルトを引き締めている。「我々はふたつの問題に直面している。輸出市場の減退とコストの上昇だ」Linh氏はいう。

一方、ロシア政府は国内市場で水産物の価格の安定化を図ろうとしている、これには輸入の減少という厳しい条件を伴っている。2011年の第1四半期にはロシアの水産物輸入は32%下降した。アナリストは新政策がベトナムの魚類輸出に大きな影響を与えるとみている。現在、ベトナムの10社がロシアへの5000トンの輸出許可を得ている。輸入業者の中には支払い不能な会社がある。いかなる価格でもベトナムの会社は輸出には注意すべきと。

コメント

南千島のサンマ漁がはじまる ロシア

2011-08-29 05:57:40 | 水産・海洋
この3年間生産量が連続して下降していたことで漁業部門の協調が求められている。関係者による会合が連邦漁業局の次長Vasily Sokolovと持たれた(8月25日ロシア漁業者新聞)

"Fishing Gazette"の報じたところでは現在までのサンマ漁獲は2680トン。千島列島から15カイリの範囲で8隻の漁船が活動、漁獲物は色丹島の加工設備に運ばれている。さらに8隻が50浬以内で操業し、船上加工を行っている。一日当たりの漁獲は80~100トンである。
数日前には同海域にウラジオストックからの漁業調査船"Vladimir Safonov “が到着。科学者らはTINRO漁業海域でサンマの状況を探査する。こうした調査は中部および北部千島列島でも行われる。調査船からの情報はすべての漁船の船長に伝えられる。この漁業に関する管理は検査官によって行われる。操業状況、漁獲、水揚げ港などが管理される。

コメント

サメの捕獲を開始   沿海州漁民

2011-08-29 00:00:56 | 水産・海洋
沿海州南部地区はサメ漁に沸いている。8月23日熟練の漁師らが2隻のまき網漁船と1隻の底引き網漁船で日本海に出漁、すでに2人を襲った人喰いサメの捕獲を行っている。(8月24日NOVOSTI)

専門家は人を怪我させたサメは2種類でホオジロサメとマコサメであるとみているがこれらが地元水域に出没する。素人もサメ捕獲のため海事当局に雇われて漁師に加わっている。Kasan地区では釣りえさ(疑似針?)の棚が空になるほどという。そのわけは当局がサメ1尾に10万ルーブルを支払うという噂があるため。ロシア海洋漁業研究所VINROの商業魚種担当のチーフOleg Bulatovは地元行政の後援により一部漁師はトローリング漁法でサメを捕獲しようとしているという。漁船は両舷から竿をだしそれに針と肉や魚などの餌を垂らす。船は時速5キロほどで進む。

Bulatov 氏はサメ捕獲のチャンスは少ないとみるがその理由は沿海州南部のサメは少ないからだ。これまで3~4尾のサメが目撃されたがそれ以上はいないとみる。またサメは用心深く吊り上げることは簡単ではないという。「大きな網のトロール漁法による方がよいだろう」 「サメの漁獲はマグロ釣りとは異なる。サメは高速遊泳するので捕獲には拘束のボートが必要。また適正な寸法の釣り針や金属性の釣り縄が必要だが沿海州の釣具屋には見当たらない」仮に地元漁師がサメをとらえたとしたら、それは混獲によるだろう。ロシアにはサメ肉の需要はない。だからサメ漁獲の技術もない。

「この点が米国と異なる。米国人は大西洋沿岸でサメを漁獲してきた。またカリブ海の島やキューバ、コスタリカなどにはサメ釣りの経験者が多い」とBulatov氏はいう。外国人からサメ釣りを習った方が良いのだがそれには時間がかかると。「沿海州の気温は日々低下しているyそれにともないサメも離れてゆくだろう」「したがって緊急事態省が遊泳禁止策をとることが肝要だ」 「次のシーズンに備えて海外のサメハンターとコンタクトすべきだ」と。

コメント

ミサイル不調に関する矛盾した情報   ロシア

2011-08-28 23:57:47 | 海事
ロシア最新の潜水艦がBulavaミサイルの試射目的の白海における航海から造船所に戻った。憶測が広がっている(8月21日BarentsObserver)

1992年に建造されたロシア初の戦略ミサイル潜水艦Borei 級の “Yury Dolgoruky”は静かに白海を航海し週末に母港である Severodvinsk の Sevmashに帰港した。この潜水艦は土曜日に白海でミサイル発射を行うという重要な任務に就いていたもの。

Interfaxは 日曜日午後、Sevamash海軍造船所の関係者からミサイル発射は潜水艦のエネルギー系の不調のために行われなかったという発言を引用している。また別のロシアメデイアの報道はミサイルが順調に働かず発射できなかったと日曜日午後報じている。

RIA Novosti は匿名の国防省関係者の発言として「われわれはミサイルが運用できることを確信している。しかし国家治安の重要性にかんがみ、もう一度すべての品質確認を行うことにした」と。このレポートは同じ国防省が以前“Yury Dolgoruky”が8月遅くにミサイル試射を行うと発表したことから考えてもうやむやであり疑わしい。BarentsObserverはこの春の報道で夏場のBulavaミサイルの発射成功はもう桑の名誉にかかわる。軍関係者のみならず政治家たちもこのミサイルのハイテクの度合いを誇り米国のミサイル防衛を突き破ることができると発言していた。

過去6年間で15回のBulavaミサイルの発射が行われたがそのうち7回のみが成功と伝えられている。
コメント

震災後の漁港はまだ問題が

2011-08-28 00:01:57 | 東北地震津浪災害 3.11
ひと目見たところでは日本の気仙沼漁港は3月の津波被害から回復したように見える。人口7万人の港にはある朝には6隻ほどの漁船がいて部分的に復旧した港ではカツオの水揚げが行われていた(8月24日WNYC)

魚は真水のシャワーの下コンベアーに載せられ運ばれ氷水をはった魚タンクに向かう。水揚げの入札にあたるイワブチ・ミツオ氏は港は改善された、しかしそれを稼働させるインフラや魚加工会社、製氷会社などがいまだ瓦礫の中にあると。イワブチ氏の二つの加工場も被災した。魚の加工はできず、冷凍や梱包もできない。港の機能は以前の水揚げの10分の一ほどである。「工場が健在であった時にはカツオを切り付け冷凍したのちにタイに輸出していた」とイワブチ氏。彼は黄色のブーツを履いてその日の水揚げを検品している。「今は何もできず、カツオを鮮魚のまま出荷するだけだ」という。

今のところ、地元行政は津波被災地帯での再建工事を誰にも許可していない。イワブチ氏はその理由は明らかに不安だからだという。「地盤が沈下している」 「水が流れてきてどこも洪水状態になる」という。

<地震の後の生活は日々の洪水>
3月11日のマグニチュード9の地震は日本の東北の沿岸の形を変えた。気仙沼の海岸線はいまや以前のものから平均で2.5フィート(75センチ)沈下したと地元当局は語る。このため市の重要な産業用地では一日2回の高潮の影響を受ける。その影響は超現実的である。引き潮の時間には港と市内の商業地は乾燥している。しかし潮が高くなると港から海水があふれ通りに浸入、建物のあった空地に流れ込む。

政府は再建計画を描こうとしている。しかしイワブチ氏はすでに彼の100人の従業員のうち80人を解雇している。彼は漁業関連産業は貴重な時間を失いつあるという。「どこまで自分が我慢できるか疑問だ」とかれは残念そうにいう。「自分お資金がいつまで続くか」 

港には9隻の漁船が震災の後ペンキを塗り直し出港できる状態にある。しかしほとんどは数か月動くことがない。それら漁船の一隻を所有するササキ・ヒロユキさんは彼らのマグロを扱ってくれる工場なしに漁に出ても仕方ないという。ツナミ以前でも漁業は魚価の低迷と雇用の高齢化に悩んでいた。気仙沼の再建が遅れれば、多くの高齢者がリタイアしその代替えとなる雇用はなくなると佐々木氏はいう。「自分はそうなってほしくはない」酷暑の中で頭にタオルをまいた彼はいう「そうなることは恐ろしい。若者が勉強し航海士や機関士の資格を取ってほしい」

<再建の不確実性>
市長のスガワラ・シゲル氏は沿岸の沈下がこの市の最大問題という。それが厳しい問題を提起している。「いかに地盤をかさ上げするのかがまず第一という。「第2に、沿岸からどの程度までの距離に住むことができるか?工場をどこに立てればよいのか?などが問題だ」政府はここ2~3か月のうちに意思決定するというが、スガワラ市長は再建には数年がかかるものとみている。地元の商業者はすでに仕事を始めているという。

ミヤガワ・ヒロミツ氏は港のそばで食品店を営んでいた。ここではすべてが津波により消し飛んだ。今彼はバナナ、パイナップル、ブドウなどを壁が吹き飛び天井のなくなった元薬屋のところで商っている。「政府の対応は本当に遅すぎる」とミヤガワ氏はいう。汚れた前掛けを付けた彼は商品の値段を携帯電話で伝えていた。「行政は市の主要産業に集中し港の周りの地盤のかさ上げを3フィートはすべきだそれもできるだけ早く。もしそうなれば自分としてはもっと良いところに店を移したい」と。ミヤガワ氏の店は土台だけが残った壊れた建物にある。彼は再建の遅れが気仙沼の将来を不確実にしているという。人々はjどうやって再出発できるのか、どうなり何が起こるのかわからない。
コメント

2隻目のフリゲート艦を受け取り    ベトナム

2011-08-28 00:00:04 | 海事

ベトナムはロシア製誘導ミサイル搭載フリゲート艦の2隻目を8月22日受け取ったと地元メデイアが報じた。中国との海事緊張の高まりの中で海軍の火力を増強するもの(8月22日AFP)

このGepard級のフリゲート艦について専門家はベトナムで最新の戦艦と評しているが同国南部のカムラン港に到着した。1隻目は3月にすでに到着と国営新聞のTuoi Tre が伝えている。「これにより海軍行動に変化をもたらす」とオーストラリア根拠のアナリストCarl Thayer氏はいう。「この種の艦はベトナムの筋肉を付与する」

これらフリゲート艦の発注は海軍力の向上のために数年前にハノイ政府が行ったものであるがさらにロシア製潜水艦6隻と海外製の洋上警戒機も購入している。北京とハノイは長年にわたるパラセルおよびスプラトリー諸島に関する領海紛争を続けている。この地域は石油やガスの埋蔵が豊富とされ商業船舶の航行の要所でもある。

両国の関係において今年の5月にはベトナムは自国の経済水域内で中国の海洋調査船がベトナム側の石油探査船の探査ケーブルを切断したと非難。またベトナム漁民は近年漁獲物や漁船装備の没収が中国側によって多く行われていると伝えている。Thayer 氏はヘリ搭載可能なフリゲートは中国の民間が運航する軽装武器の調査船よりも強力な武力により漁民保護にあたることができると。
この地域に関連するその他の諸国も中国の活動が南シナ海で活発になっていることを非難。フィリッピン、マレーシア、ブルネイ、台湾もスプラトリー諸島について領有を主張している。

コメント

逃げた養殖サケが天然魚に影響    AQUANOR

2011-08-27 10:08:38 | 水産・海洋

逃げた養殖サーモンが天然のサケに遺伝子的な影響をノルウエーの沿岸全域で影響を与えていることが初めて科学的に確認された(8月18日AQUANOR/FSTND)

21河川のサーモンのうち少なくとも6河川の天然サーモンが影響を受けていることが判明した。天然のサーモンの遺伝子的変異が認められたのはVosso, Opo, Lone, Vestre Jakobselv, Figgjo, Berbyelvaの河川である。研究者らは天然魚と逃げ出した魚が同じ産卵場所にいたためとみている。これら21河川では様々な数量の逃避魚が確認されている。15河川の天然魚には遺伝子的変化は見られなかった。大量の逃避魚のあったEtneelva とNamsen川では影響は見られなかった。これらの河川には大量の強健な天然サーモンがいる。

今回の調査は逃避魚についての初めてのもの。遺伝子変異については過去30年間のデータが使用されている。
コメント

アマゾン河には双子の水脈がある

2011-08-27 09:40:49 | 水産・海洋
ブラジルの科学者がアマゾン河の地下深く水脈がある兆候を発見したという(8月26日MP)

ブラジル国立地球物理観測所のValiya Hamzaは地表から4,000メートルの深さに長さ6,000KMの地下河川があることを示唆した。この発見はブラジル国営石油会社が1970年代から80年代にかけて、炭化水素の調査のために掘削した油井のうち現在不使用の241か所の温度の解析による。Hamza氏によれば温度情報によってアマゾン河の下の水の動きを把握することができたという。地下水脈の輪郭はアマゾン河と同じように毎秒3,000立方米の水量であると。

アマゾン川の流れのわずか3%がペルーのジャングル由来であり大西洋に注ぐ。この流れは世界最長の6,900㎞である。Hamza氏は温度情報により13,100フィートの深さの水の動きを科学者らにあたえたという。科学者らはこの地下水脈にHmaza河の名称をこの地で40年間にわたり研究に従事したインド人科学者Valiya Mannathal Hamzaにちなみ命名することに賛同した。

コメント

日本向け水産物輸出が増加    韓国

2011-08-27 06:53:31 | 東北地震津浪災害 3.11
放射能の恐れがないとして韓国水産物の日本向け輸出が増加しているという(8月17日WFT)

日本向けの韓国食品輸出が増加傾向を示している。放射能の恐れと供給混乱から海外者に転換した結果か。韓国国際貿易協会KITAによればスイカ、マグロ、麺類などの船積が38%増加、アジア近隣諸国向けの金額は今年初めから第2四半期で6.04億ドルになったと。韓国産海産物の増加は米国や欧州市場においても同じという。

Lotte Chilsung Beverage社の日本向けの飲料の輸出は倍増、3月の震災と津波による原発危機により58%増加。ソウルのMirae Asset Securities社の幹部Sean Hwang氏によれば日本の原発事故が韓国の食品製造業や車産業にとって利益をもたらしているという。
日本の災害により輸入が増加、4月5月の貿易収支は赤字となっている。Hwang氏は日本の電力の制約が韓国の輸出にとって少なくとも9月までは助けになるという。日本の需要は第2四半期の韓国の輸出成長鈍化の援けとなった。船積は年初からの3か月間で1.8%増加、また今週の中央銀行レポートでは3.3%増加という。工業生産は年初以来6月までに6.4%増加したと政府発表にある。
コメント

西岸の魚の放射能影響を調査   カナダ

2011-08-27 00:06:08 | 東北地震津浪災害 3.11
カナダの食品検査官はブリテッシュ・コロンビア川に遡上するサケの日本の原発事故による放射能影響を調査している(8月19日Canadian Press)

カナダ食品検査局はその金曜日の声明文のなかで何も問題はないと予測している。日本から輸入した乳製品についても検査はすでに完了し何の危険なレベルの放射能も検出されなかったからだと。「それでもなお、この国内海外市場において重要な物資についての慎重な再確認が必要である。ブリテッシュ・コロンビアで漁獲されたサケについて消費しても問題がないかどうかの検査を行う」と同局はいう。同局によればこの検査は今月いっぱいと9月まで続けられるという。また検査はサケの入手に合わせて時折行うという。

同局は地震と津波により原発の冷却機能が停止メルトダウンを起した3月にはサケ漁は本格的ではないと認識。その災害から2か月後米国環境保護局は降雨、飲料水、牛乳についての検査を行っている。米国当局は非常にわずかな放射性ヨウ素がカルフオルニア、コロラド、コネチカット、マサチューセッツで検出されたと報じている。しかしshk極めて低いレベルで人体に危害を与えるものではないと。6月に日本政府はメルトダウンにより2度放射線が放出されたと発表。チェルノブイリ事故の際の5分の一程度と発表した。

また6月には日本水産庁が北海道沖で捕獲されたミンククジラ17頭の検査結果について発表、放射性セシウムのレベルは許容基準値のおよそ20分の一であったと。ブリテッシュ・コロンビア地区刺し網業者協会副会長のBob McKameyは検査結果で有害な放射能は検出されないであろうと。「我々の魚は世界市場に販売されるので、漁業者はみんな関心がある」と。
コメント

酔った船長が座礁の原因      ラトビア

2011-08-27 00:05:26 | 海事
ケイ酸ナトリウムを積んだ貨物船ALVAがSczecinからGothenburgに向け航海中の8月17日Landskronaの北で座礁した(8月17日SNT)

事故の発生は午前4時のこと、63歳のラトビア人船長はその後逮捕された。本船はHven島を通航の際変針を誤ったもの。スエーデン沿岸警備隊はKBV003で本船に急行乗船、船橋でアルコールの匂いを感じたため船長に対しアルコール検知を行ったところ船長は飲酒を認めた。また船長は陸上で血液のサンプル採取を行われた。3人のダイバーが本船の損傷調査を開始。スエーデン当局が許可すれば、船主と保険会社がサルベージ計画を準備する。この船には6人が乗り組み、この現場Øre Soundでの座礁は今年3隻目である。
コメント

世界を食べさせる  AQUANOR

2011-08-26 07:00:44 | 水産・海洋
世界はもっと魚を必要としている…これはAQUANOR 2011年のメッセージの鍵である(8月18日TFSND)

NOR-FISHING財団の会長Liv Holmefjordは「水産物は世界に知られたノルウエーの産物の一つである」と発言。AQUANORは世界460地区からの出展者や参加者を歓迎する。同氏はAQUANORは養殖業界で最も重要な催事であり、出展者のみでなく参加者のためのものである。「アイデアや考えを交換する場所である」 「養殖業はノルウエーでは歴史の浅い産業で、その発展はおとぎ話のようにこの40年間で変化してきた」 「我々の将来についてさまざまな議論がある。生産のピークに到達したのか、あるいはこのまま成長を続けられるのか?などである」
「AQUANOR2011がこうした議論の場となり、環境に与える影響を最少にし養殖業の持続性の援けになることを望む」
コメント