memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

アイスランドのネフロス漁業は研究枠に限定

2019-02-22 00:09:23 | 水産・海洋

 

Icelandic Marine Research Instituteは、2019年までにわずか235トンのネフロス(欧州アカザエビ、Nephros)割り当て量を推奨した。これは、資源の状態と分布を監視するのに十分な量である。

研究所はまた、若齢を保護するためにJökulldjúp地域とLónsdjúp地域ではネフロス漁業を行わないことを推奨しているが、Breiðamerkurdjúp、HornafjarðardjúpおよびLónsdjúp地域の特定の地域でも白身魚のトロールを禁止することを推奨している。 Nephrops資源への圧力を最小にするため。

ネフロスの穴の密度は、ICESがアドバイスを提供しているすべてのネフロスの根拠の中で最も低いものとして測定されている。一方、近年、サンプリングによって、添加の不足があることを示している。 (Feb.01-FF)

コメント

SFPはイカのサプライチェーンの世界規模の持続可能性の改善に貢献

2019-02-21 00:14:17 | 水産・海洋

 

SFP:Sustainable Fisheries Partnershipは、世界的なイカ漁業の持続可能性の急速な向上のために、世界規模のイカサプライチェーンの円卓会議で行われた作業を評価している。

SFPによれば、世界的に生産されているすべてのイカのほぼ5分の1は、現在、持続可能または持続可能性に向かって改善されていると分類されています。 SFPがイカ生産の1%未満が持続可能または改善していると推定した1年前とはまったく対照的。

SFPは、そのTarget75イニシアチブの一環として、イカをはじめとする多くの漁業の持続可能性を監視してきた。現在、SFPアナリストは、イカ生産の18%が現在適格であり、サプライチェーンラウンドテーブル(SR)を急速な改善と評価していると言っている。

それだけでなく、新しい漁業改善プロジェクト(FIP)に近づいているイカの量も大幅に増加した。
「加えて、世界全体で19%増、合計37%増の新たな漁業改善プロジェクトをいくつか確立する作業が進められています」とSFPは述べている。

SFPはまた、南太平洋のジャンボトビイカの持続可能な管理委員会を評価している。これは、ペルーのジャンボトビイングイカ漁業を地域の漁業管理レベルで改善したもの。 他の利害関係者には、新しいFIPを促進したChina Blue Sustainability Instituteがある。 昨年末、東シナ海と黄海のイカでFIPを発表したNGO、Ocean Outcomes。(Jan.30-SfS)

コメント

ロシア漁船団の新世代の第1船の完成が近づいた

2019-02-20 08:15:36 | 水産・海洋

 

ペトロパブロフスク - カムチャツカにあるレーニン集団農場のための全長50.60メートル、幅12メートルのLeninets が完成しつつある。ロシアの造船所でロシアの漁船団のために建造されている近代漁船の最初の船である。

Leninetsが建造されたカリーニングラードのYantar造船所によると、200人の労働力が現在、配達のために新しい船を準備するために働いている。

これは約20年間に国内の造船所でロシアのオペレーターのために建造された最初のロシアの漁船であると報告されている。 Leninetsと姉妹船KommandorとUdarnikの注文はYantarとの間で行われ、そのトリオはノルウェーの会社SkipskompetanseによるSK-3101Rデザインである。

3隻の船は2200kWの主機関で、RSW能力を持っていまる。 これらは底魚と遠洋トロールの漁具、およびまき網での操業が可能である。(Jan.30-FF)

コメント

Lerøy Seafood Groupの火災により、1人の男性が行方不明になり、260万尾サケのスモルトが死滅

2019-02-18 00:21:58 | 水産・海洋

1月27日にノルウェーのフィンマルクのLaksefjordにあるLerøySeafood Groupのスモルト施設で火災が発生し、260万頭のサケのスモルトが死滅、1人の従業員が行方不明になった。

まだ行方不明の従業員は、施設の作業チームの一員であり、他の作業チームと一緒に施設から出てこなかった。 同社の発表によると、スモルトのサイズは50〜60グラムで、4月に移送が決まっていた。

「それは大火であった。 その際には、3人から4人が働いていた」と警察の部長Svien Erik Jacobsenは、ノルウェーの地方紙iFinnmarkに語った。
iFinnmarkによると、警察は行方不明の従業員が死亡したと想定している。
「その男が見つからないので、私たちは彼が中に残ったことを恐れています」とEinarIngilæ、近くの自治体の保安官はいう。

現場は遠隔地であり、気温が低いため、火災との闘いが難しくなった。 消防隊員は、午前7時40分に火災の通知を受けたが、午前9時まで到着しなかったため、到着したときには気温が0度をはるかに下回る状態の中で戦わなければならなかった。

体かであったために、SeaKing ヘリコプターと同様に、消火のために複数の沿岸警備隊の船が配備された。火災の原因はまだわかっておらずLerøySeafood Groupは調査調査中。(Jan.28-SfS)

コメント

中国の遠洋漁船旗艦Kaichuangは収益性を回復させるが、補助金が切られる

2019-02-18 00:21:02 | 水産・海洋

中国有数の遠洋漁業会社の1つが2018年の最初の3四半期の純利益の予想を上回る492パーセントの増加を確認した。

Shanghai Kaichuang Marine International Co. Ltd.は前年同期比11.3%増の14.2億元(2億920万米ドル、1億8,440万ユーロ)売り上げとなった。 同社は2018年の上半期の11%の増収と347%の増益を見込んで1億2,250万人民元(1810万ドル、1,590万ユーロ)と予測していた。

それでも、Kaichuangの水平線には雲がある。カイチュアンは、2017年に遠洋水域での漁業活動に対して8530万人民元(1260万ドル、1110万ユーロ)の補助金を受けている。 中国政府は、2019年から、将来の補助金を2014年の40%の水準に引き下げると発表した。

それは、同社の高付加価値ビジネスへの多様化を説明するかもしれない。 国営企業は最近、非公開の株式発行で599百万人民元(8,820万米ドル、7,780万ユーロ)を調達したが、これは潜在的に事業基盤拡大のための動きを継続するために利用できると、Guotai Junan Securities。(Jan.25-SfS)

 

 

コメント

タラの量が減る一方で、レロイのサケの収穫量は増加

2019-02-17 11:17:39 | 水産・海洋

 

Lerøy Seafood Group (LSG)は、昨年の第4四半期に49,415トンのサーモンとマスの中抜き重量(GWT)を収穫した。これは2017年同期と比較して7,135トンの増加。

ノルウェーの水産物会社の最新の取引最新情報によると、LerøyAurora(14,421 MT)、LerøyMidt(18,808 MT)、LerøySjøtroll(16,186 MT)の3か所でより多くの量が収穫された。これらの予備的な結果は、LSGの2018年通年のサケの収穫が2017年の157,767トンから162,039トンに達したことを意味する。

LSGの野生漁獲量セグメントの中で、前四半期のHavfiskの総漁獲量は11,515トンであったが、2018年第4四半期の12,343トンであった。2014年第4四半期の収穫量の6,534トンはタラで、前年の8,511トンから減少した。(Jan.24-SfS)

 

 

コメント

政府機関停止にもかかわらずスケソウダラ「A」シーズンが1月21日始まった

2019-02-16 04:34:04 | 水産・海洋

 

今年のTACは2018年の136.4万トンに対し、139万9000万トンである。太平洋のタラの減少は、北太平洋評議会の200万トンの上限の下でより多くのスケソウの水揚げを可能にした。そして、北に移動してダッチハーバーを拠点とするはえ縄漁船に問題を引き起こしたタラとは異なり、ポロック漁業は今年は普通のようである。

Unalaska市長のFrank Keltyは、地元のNMFS事務所は閉鎖されているが、ジュノー事務所には2人の魚管理者がいるとKUCBに語った。

「2人が1月1日から始まったすべての固定装備と1月20日から始まったすべてのトロール船の分野を追跡できるようになるのだろうかか...」(Jan.25-SNFC)

コメント

Jan Mayenのマダラのミステリーを解明  ノルウエー

2019-02-15 00:14:54 | 水産・海洋

 

昨年、ノルウェーのはえ縄漁船がJan Mayen周辺で漁獲したマダラを満載して寄港した。これだけのマタラがどうして出現したのかという疑問が生まれた。

現在、ノルウェー海洋研究所HavforskningsinstituttetはJanMayenからのタラの分析を完了しており、問題の魚はバレンツ海とアイスランド水域からのタラの混合であると結論付けている。

Jan Mayen水域で延縄船 Loranが獲った漁獲物のサンプルを調べ、6つの異なる位置で捕獲された魚についてDNAと耳石の分析を行った。

「86尾の魚のうち、82尾は65cm以上で9歳以上で、これはバレンツ海とアイスランドのタラが混在していた」と研究者のBjarte Bogstadは述べた。

これは、過去にタラの漁獲が最小限であった地域で漁師が新しいタラ資源を発見したかどうかについて尋ねられた質問に答えている。。
「2つの分析方法の間には良好な相関関係があり、そして遺伝子分析はバレンツ海タラのより大きな割合を検出した」と彼は言った。

今年、HavforskningsinstituttはJan Mayenゾーンで限定されたタラ調査を実施することを計画していますが、この地域のほとんどはタラには深すぎる。(Jan.25-FF)

コメント

Boulogneでの新船建造第2波

2019-02-15 00:13:28 | 水産・海洋

Scopale, Boulogne-sur-Merを拠点とする4番目の新しい漁船が港に迎え入れられた。。 SébastienとGuillaume Leprêtreのために建造さられた新しいMercatorは、22メートルのトロール船/まき網トであり、1991年に建造されたトロール船よりもエンジン出力が大幅に少なくなっているが、より柔軟で乗務員にとってより良いコンディション。

Scopale、Rose de Cascia、LaTrinité、Marmouset 3のシリーズのこれまでの3つの新造船のように、新しいMercatorはオランダのPadmosヤードで、DieppeのManche Industrie Marineで建造された。

同じデザインで建造される5隻目の船、Manureva,今年後半にÉtaplesの漁師Emmanuel Pochet と Maxime Faitに引き渡される予定。

これらの19.20メートルのトロール船/フライシューターは、シーズンや対象種によってまき網、沖合トロール、底魚トロールでの操業可能で、交換したトロール船よりも燃料費が大幅に安く、漁業が成功することを証明している。 ブローニュ艦隊の重要な種は、漁獲枠のないレッドマレット、イカ、サバ、ニシン、ホワイテングなどのクォータ種である。

Scopaleは、これらの新しい漁船への転換を管理する会社として、Boulogneに2015年に設立された。 Scopaleの役割は、漁業を去ることを望んでいる人々の免許と船舶を取得し、これらの古い漁船を処分し、投資を希望する船長との合弁事業に向けて免許を保持すること。 これにより、Boulogneの免許と水揚げを維持しながら、より新しくより効率的な能力で艦隊を更新する機会を提供する。(Jan.27-FF)

コメント

南大西洋共同漁業調査を再開  アルゼンチンと英国

2019-02-14 00:07:41 | 水産・海洋

 

調査船は、最近発注されスペインから納入されるBIP Victor Angelescu,で最新のもの。サブPatagonicイカ資源の添加加入を評価するために調査されるべき区域は100から400m等深線の南緯45と51度の間。 

来年2月1日14年後のアルゼンチンとイギリスは再び南大西洋でIllexイカの科学的評価クルーズに参加するであろう。

アルゼンチンの国立漁業研究開発協会であるINIDEPからの発表によると、クルーズは1990年11月28日の共同宣言で設立された南大西洋水産科学小委員会の枠組みの中で行われるであろう。

サブPatagonicイカ資源の加入を評価するために調査されるべき区域は100mから400m等深線で南緯45と51度の間。 調査船は、最近発注されスペインから納入されるBIP Victor Angelescu。

科学的巡航は、INIDEPの頭足類漁業プログラムのメンバーであるBeatriz Elenaを主任科学者として行われ、約36日間続くと推定されている。 14人のアルゼンチンの科学者と専門家以外の発表によると、2人のイギリス/フォークランドの科学者がクルーズに含まれるであろう。

科学的巡航の主な目的は、Illex argentinusの分布と夏の集中地域を確認し、サブパタゴニック種からバイオマスと新規加入の数を推定し、さらにイカの生物学的サンプル(サイズ、体重、性別、性的発達)を推定すること。 (胃内容物)を調べて研究対象種の個体群構造を把握すること。

Illexイカのほかに、科学的な巡航はまた調査された区域の海洋の診断を詳述するために魚類の魚種、生物学的サンプルおよび環境パラメータ(温度、塩分、クロロフィル)の分布と相対的な豊度を含む。 それらの組成を決定するためのサンプリング。

したがって、研究は、その他の種のMacruronus magellanicus、オーストラリアのタラ(Salilota australis)、普通のメルルーサ(Merluccius hubbsi)、ナマズ(Dissostichus eleginoides)、オーストラリアのメルルーサ(Merluccius australis)、nototenia(Patagonotothen ramsayisalis)、pink cuskeel (Genypterus blacodes)を含む。(Jan.26-MP)

コメント

RAS技術の世界的なショーケース

2019-02-14 00:05:06 | 水産・海洋



循環水養殖システム(RAS)の一流の専門家が、今年5月にワシントンDCに集まり、国際会議と展示会を開催する予定である。
RAStech 2019イベントでは、最新のRAS研究、技術開発、ベストプラクティス、および実装を提供するように設計された教育セッションが開催される。

このショーは、米国のフロリダ州マイアミからメイン州まで、RAS技術への世界的な関心と投資の増大を背景に行われている。

講演者には、Nordic Aqua Farmsの顧問であり、世界的に有名なRASの専門家であるIvar Warrer-Hansenが含まれます。 デンマークのRASの先駆者であるBillundのBjarne Hald Olsen。 イスラエルのRASイノベーター、AquaMaofのAndrew Preston、 ZeiglerのCraig BrowdyそれにSteve Summerfelt.である。

イベント主催者のVirginia Techの養殖研究および普及プログラムの講演者および准教授でもあるDavid Kuhnは、次のように述べている。 'RASテクノロジーの現ユーザーあるいはRASプロジェクトの実施を検討している人にとって この市場では、このイベントはあなたにとって非常に重要なもの。

「私たちは、養殖業界のさまざまな団体と協力して、教育セッションを発展させ、参加者のために質の高い教育会議を開催し続けるようにしている」

RAStechは、以前は国際水産養殖国際会議で、Hatchery InternationalとRAStech誌の出版社であるAnnex Business MediaとVirginia Techが共同で開催している。 Oxygen SolutionsとVeolia Water Technologiesがプラチナスポンサーである。(Jan.25-FUD)

 

コメント

ゴーストギア、フカヒレ、絶滅危惧種を標準レビューに含めた MSC

2019-02-13 00:03:55 | 水産・海洋

海洋管理協議会(MSC)の評議員会は、その漁業標準審査の次の段階で検討される16のトピックのリストを確認した。

標準レビューに含まれるトピックに加えて、MSC理事会は、より迅速な一般の意見交換のためのトピックを承認しました。 これらには、2019年3月上旬のMSCのスコープ要件の一部としてのフカヒレ漁業に関する協議が含まれ、2020年初頭に終了する。英国議会はMSCの独立調査検討を要求する。

完全な標準レビューリストには、多数の利害関係者から寄せられたフィードバックが組み込まれており、ゴーストギア、低栄養種、フカヒレ、絶滅危惧種保護(ETP)種に対するMSCの要件の検討が含まれている。 また、小規模、イカ、カニ、タコの漁業へのMSCプログラムのアクセシビリティに関するトピックも取り上げている。

MSCの最高経営責任者(CEO)であるRupert Howesは、次のように述べている。「MSC漁業標準レビューの次の段階は、レビューで合意されたすべてのトピックの詳細な分析です」

「来年にかけて、MSCは関係者と協力して彼らの専門知識と経験を活かして、この規格に対する潜在的な更新を特定する。 これは利害関係者が規格の将来の展開を知らせる機会。 私たちは、これらの分野に関する知識や興味を持っている人なら誰でも連絡をとることを推奨します。」

 このレビューで特定されたトピックは、2013年の最後のレビューの終わり以降に収集されたもの。これらのトピックは、ターゲット専門家による協議のために今後持ち出され、関係者が規格の開発に参加できるようになる。(以下省.略) (Jan.24-UCN)

コメント

アイスランド漁業局が非難の的に

2019-02-12 00:02:09 | 水産・海洋

ICELANDの漁業管理局は、投棄魚の監視の有効性が欠如しているため、同国の国家監査局によって批判されている。

それは進歩をマークすることになったときに明確でない目標を持って、弱く、混乱しているとして総局を評した。報告書は、沿岸警備隊との協力を強化することを勧告しており、漁獲量を効果的に監視するためのさらなる技術的選択肢を模索するために、より多くのオブザーバーを漁船に乗せるよう求めた。(Jan.25-FUD)

コメント

シーフードブームがオスロのオファーを促進

2019-02-12 00:01:19 | 水産・海洋

シーフードブームがオスロのオファーを促進

ノルウェーの水産物とエネルギーの強みにより、EURONEXTによるオスロ証券取引所への7億2,900万ドルのオファーが、パリ、ブリュッセル、アムステルダムを含む他の多くのヨーロッパの都市ですでに証券取引所を運営していることを部分的に促しました。

オスロにはまた、大規模なサーモン養殖会社のほとんどを含む独自の専用のシーフード指数もあり、この1年間で見事に好調に推移している。 ユーロネクストは、すでにオスロ証券取引所に小規模の持ち株を持っているが、これは敵対的な入札ではないと強調した。(Jan.25-FUD)

コメント

貿易考察:ノルウエー冷凍サバ輸出は数量減でも金額では最高記録

2019-02-11 11:16:34 | 水産・海洋

International Trade Centerからの最新の貿易データによると、2018年の平均単価について。 1キログラムあたり16 NOK、または1トン当たり1,780ドルで、これは2017年より23%高かった。
これはスカンジナビアの国からの供給の低下に続いた。 輸出量は2017年比27%減の237,240トンとなった。

昨年、日本はノルウェー最大の輸出市場として中国を追い越した。 日本の冷凍サバは62,260トン(2%増)、中国は41,401トン(41%減)だった。2018年、中国、日本、韓国はノルウェーのサバ輸出量の55%を量で、そして57%を価値で占めていた。

 

東アジアの3つがトップ3の地位を支配しているが、ノルウェーのトップ10の最大市場は過去10年間でめったに同じではありませんでした。 2014年のナイジェリアへの輸出は52,000トンを超えた。.

2018年には、トップ10市場の中で、数量は中国(-41%)、韓国(-32%)、オランダ(-37%)、トルコ(-37%)、台湾(-47%)に最も落ち込んだ。 販売数量は、タイ(52%)とベトナム(25%)に最も増加した。2018年の日本の単価は1トン当たり1,908ドルで、中国より1トン当たり125ドル高かった。(Jan.23-UCN)

<<<ノルウエー冷凍サバ輸出、2018年1~12月>>>

Market

Volume

Change y-o-y

Value

Change y-o-y

Unit value

Change y-o-y

Source: International Trade Center data, compiled by UCN. HS code 030354

© 2019 UCN

Japan

62,260

2%

118.8

29%

1,908

27%

China

41,401

-41%

73.8

-26%

1,783

26%

S Korea

25,645

-32%

46.8

-18%

1,824

21%

Netherlands

17,143

-37%

31.2

-14%

1,820

36%

Vietnam

15,735

25%

26.1

42%

1,661

14%

Turkey

13,909

-37%

20.7

-26%

1,490

17%

Thailand

10,484

52%

18.8

66%

1,798

9%

US

5,786

7%

11.7

9%

2,027

1%

Taipei, Chinese

4,644

-47%

9.5

-31%

2,047

31%

Poland

4,506

0%

6.6

12%

1,454

12%

Lithuania

4,193

-8%

6.9

7%

1,644

17%

Romania

3,840

-18%

5.8

-5%

1,512

16%

Belarus

3,625

-52%

5.9

-47%

1,620

9%

Indonesia

3,566

-12%

5.6

3%

1,583

17%

Ghana

2,214

-52%

3.2

-44%

1,436

17%

Ukraine

2,005

-37%

3.2

-26%

1,593

16%

Latvia

1,945

-1%

2.9

15%

1,498

15%

Israel

1,701

18%

3.6

16%

2,091

-2%

Kazakhstan

1,573

-34%

2.8

-25%

1,794

14%

Egypt

1,466

-72%

2.0

-70%

1,362

10%

Others

9,599

-64%

16.2

-56%

N/A

N/A

Total

237,240

-27%

422.2

-9%

1,780

23%

コメント