memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

漁に出るのに船は要らない   ベトナム

2012-12-31 00:04:44 | 亜細亜海道
漁師はぴんと張ったロープを伝いTra Vinh省の海上の小屋にたどり着く。これは海中に立てた杭の上の小屋で、漁師はそれを家と呼ぶが、たどり着くには垂直に近いロープの上を歩かねばならない(12月9日TNN)

これはベトナム南部のTra Vinh省のこと。男の仕事は張られている眼下の網を見守り,漁獲を集める船がやってきたら網を引き揚げることだ。その網具はロープに結ばれ海底には錨が入っている。だからその名前はベトナム語で“hang day” (海底へのロープ とこの仕事では呼ばれ、メコン地帯では一般的なものだ。この省のDuyen Hai 地区にはこの “hang day”が岸辺から20 kmも先にある。この仕掛けは2平方キロの中に12基ある。漁師等は彼らの小屋をハノイの一本柱のパゴダ(仏塔)にたとえる。

それぞれの小屋はおよそ6平方米で、海面から15mたかさにあり板張りの床で3人が寝る広さがある。小屋には枕、薪ストーブ、鍋、どんぶり、があり石油ランプを夜間に使用する。食料は船で運ばれてくる、しかし彼らの娯楽は携帯ラジオだけである。陸地に脚をつけるのは一月のうちの数日に過ぎず、潮が低いときに限られる。この仕掛けの漁師のHaiは少なくとも10日間は連続してここにとどまらねばならないという。3人で一組でこのロープと杭でできた仕掛けの仕事をする。これが12基ある。彼らの仕事は網を引き揚げ、ボートに魚を渡し網をきれいにしたあと網を海に戻す

「でもこの仕事の稼ぎはよい。一日あたりひとり70万ドン、月に1400万ドン(672米ドルになる」と彼はいう。しかし危険に比べればそう大金ではないという。網の点検に降りた漁師が海中で網やロープに絡まり戻ってこないことがある。だから漁師等はそうした事故に備えてナイフを常時携帯しているもののそれでは不十分だ。また小屋が海中に落下することもある。

この“day”漁法のためには海上で暮らさないもののもっと困難な仕事の仕事が必要だ。魚がいる場所を見付け、そこに杭を立てるのだ。彼らはほとんどボートの上で生活する。漁期の開始(デルタ地帯の洪水は秋だ)にあたり彼らは沖に出て魚群を探し場所を選定する。それぞれの杭は海底に50~70センチ埋められているが、それを維持するためにワイヤーの針立てが必要だ。その技は家族ごとに伝承され、ベテランが教える。

杭たて作業者のBui Van Cuongはボートあたり4人が乗り4本の杭を一日でたてることが出来るが,波の荒い日には2本となる。「すべてを設置するには半月はかかる」という。くいとワイヤーの費用は3億ドン($14,400)だから Cuongは新しい杭を立てるより古い壊れたものを補修したほうがよいというが、補修はなかなか大変だ。「我われは魚を追ってくいと網を仕掛ける。だから機動性が求められる」危険な仕事にかかわらず、猟師たちは辞めようとはしない。

小屋が壊れて負傷しTeo Emは数ヶ月ベッドですごした。でもまたボートに戻りたいと「海が恋しいという」Dong Hai集落ではCuongを含め多くの家族がこの仕事を3世代続けている。かれは15歳のときに父につれられ海に出た、だから二人の息子もそうするという。「時にはこの仕事をやる気がしないこともあるが、これはしなければならない仕事で運命だ」と。
コメント

イワシの水揚げ   ペルーの漁民

2012-12-31 00:03:43 | 水産・海洋
Marvin Vegaがペルー語でとよばれる船からアンチョビー(カタクチワシ)を陸揚げしている。ペルーのカヤオ港のこと。このペルー最大で最も古い港がオランダの巨大船社により2,3年のうちに拡大される。多くの漁民はこの港の近代化が彼らの生活に影響を与えるんのではないかと心配している(12月29日AP)
コメント

資源枯渇のなか、ウナギ漁師は儲けを狙う  カナダ

2012-12-31 00:01:42 | 水産・海洋
New Brunswick の漁業者は世界的なウナギ不足の中、この魚の値段が急上昇し儲けを期待している。しかし生物学者は儲かる漁業とするためにはさらに調査が必要だという(12月13日CBCNEWS)

地元レストランのメニューではウナギは一般的でない。ウナギはアジアや欧州で美味として非常に求められるものである。New Brunswickの漁業大臣Michael Olscampは前例の無いウナギの輸出金額の上昇が見られるという。「てもとの統計では2009年が200万ドル、2011年は1560万ドルで、エキサイテイングなことだ」と彼は言う。

Moncton大学の生物学者Alyre Chiassonはウナギ不足が価格を押し上げている。特に市場に出せるサイズに成長できる若いウナギがそうだ」 「歴史的に見ると、われわれの地元ではシラスと呼ばれる幼魚はキロ当たり800~900ドルだ。しかし日本ではこれが3,000~4,000ドルになる」という。St. Louis de Kent で漁をしているFrance Vautourはウナギの成魚の値段も上がっているという。この夏場、買い付け人ポンド当たり4.25度得うを提示した。この値段はロブスターよりも割がよい。「今年の5月、ウナギが脅威にさらされている懸念が生まれた。脅威とは資源枯渇のことだ」と。海でのウナギの資源はあまり知られていないとChiassonはいい調査が必要という。
コメント

自由に往来したい陸と海  ガザ (2)

2012-12-30 00:06:41 | 海事
ガザの農業副大臣のIbrahim Al Qedraは緩衝地帯での5000ヘクタールの規制緩和は,人道援助を減らすだろうとIRINに語った。

「我々は国境地帯まで行く必要がある。緩衝地帯の規制を緩和し人々が自分の土地に戻ること、自由に農作業ができることがわれわれの食糧確保には必要なのだ」歴史的にこの地区はオリーブ、ラン、レモン、季節もののトマト、キュウリ、タマネギなどを国内市場に送る主産地であった。国連の人道問題調整局OCHAは停戦が発表された後ただちに進展を確認している。「過去数日間、農民は土地に近づくことが許可された、彼らの機器や車両を持ち込むこともガザ周囲のフェンスから100mまで」しかし停戦合意による国境近くの規制は依然漠然としたままである。

「我々はいまだエジプトから土地にアクセスするためのはっきりとした情報を得ていない。人々反自発的に彼らの土地に戻ったが、我われはこの地域についての合意内容について、最近の間接的な交渉結果の仕組みについて依然討議している」とALQedra. 「我われは人々に対しそこに行くときは注意を呼びかけている」と彼はいう。

状況は漁民も同様である。2006年以降イスラエル海軍はMohammed Abu Riala32歳のような漁民に距岸3海里までしか操業の許可を与えなかった。今度の停戦によりそれが6海里までに拡大されたと伝えられた。「基本的にはよいニュースだ。6海里まで拡大の事を聞いた我われは直ちに船を出した。しかし我われはイスラエルの兵士が拡声器で「戻れ、戻れ」の命令や頭上には警告射撃がなされ、ボートにも弾がきた。彼の仲間の漁師の何人かは逮捕されイスラエルの港のAshdodに連行された。

「6海里では十分でない。泥質の海底のためそこは3海里以内状況と同じで魚のサイズや量については大差が無いのだ」とRialaがIRINに語った。イスラエル国防軍IDFは彼らは海事境界の防護の仕事を単に行なっているだけであるという。 「指定された領域から逸脱した船は海軍の手順規則により扱われる」とIDFの報道担当はIRINの逮捕に関する質問にそう応えた。Oxfamはイスラエル政府は直ちに陸や海の緩衝地帯での軍事力の執行をやめるべきという。「現在のハマスとイスラエル政府との交渉は前例の無い機会である。ガザの人々は停戦以上のものを求めている。彼らには物資の封鎖の停止を求めている」

ガザの農民も漁民も 停戦後についてはいぜん不確実である。「われわれwが求めていることは出漁し自由に操業すること、海上で攻撃、逮捕、殺害などの命に対する今日いなく」とガザ操業漁業者協会長のNizar Ayyashはいう。「ガザには漁業を収入源とする人々が5万人いる。どうやって、6海里の幅で38海里の海岸線長さの中で収入を確実にすることができるのか」とAyyash。2000年以前は漁民は20海里に近いところまで出漁できて年間4,000トンの水揚げをした。いまや魚価右派1,200トンにすぎない。
つまるところ、11月の8日間紛争による 死者はパレスチナ158人、イスラエ6人破壊あるいは著しく損壊した家屋は378軒、イスラエル側では80であった。
コメント

漁船員ら漁船の状況について問題を発言 ナミビア

2012-12-30 00:06:02 | 水産・海洋
漁業権所有者はその漁獲を行なう外国漁船上での船員の扱いについて責任を持つべきだ(12月11日NAMIBIAN)

ナミビア貿易連盟会議TUCNAの会長Paulus Hangoは漁業権所有者らはナミビアの法律を無視しているとして非難されてしかるべきだ。Hangoは中国が所有する漁船上での労働環境は伝えられたところではぞっとするものであり、漁船員の売った円に対応した。 他の船では当たり前の安全訓練は行なわれず、清掃は出航の際にたった1回だけだったと以前工船に乗り組んでいたものはいう。

また船員の雇用は斡旋会社を通じたものでこれは違法であるとPaulusはいう。「漁業権を得たものは船員の雇用に関し所管官庁と約束があるが、雇用は一時的なものだ」と彼は言う「漁業権所有者には議員もいるが彼らは現状の変更を望まない」とHango。漁船 MV Leaderには54人のナミビア人と80人の中国人、インドネシア人10人が乗船している。 彼らの食べ物はお粥、鶏、ブタの間接だけで、それも一日に2食しかないという。

この漁船はシンガポール株式に登録されている中国漁業集団のもので、彼らの会社は世界中の主要漁場で活動している。ナミビア水域で漁労を行なう中国の会社は法外な漁業権代をその所有者に支払っているので人件費の節約で其れをカバーしようとしている。これを知る人は中国漁業は漁権所有者に2400万ナミビアドルを支払いしているが、別の運航者は同じ漁獲枠に1600万ナミビアドルしか払っていない。この2400万ナミビアドルはHedyグループを含む5社のJVに支払われている。

Hefdyグループの代表Betty Aluteniは昨日ナミビア紙に役員会を開き質問に対する回答を用意するという。中国漁業グループの持ち株会社であるパシフィックアンデスの役員Kent Yehは, 「こうした疑惑についてはまったく驚いている」このようなことは知らないと。彼によれば当該漁船は今年の初めからナミビア水域で操業を始めた。しかし9月には操業が終了。ナミビアの乗組員は9月以降からの乗船だという。彼はこうした労働条件いついてさらに情報を得たいという。この船はアジを漁獲しているが、漁獲の歩合金を船員らに支払っていないとして非難されている。他の外国船は地元の漁業権保有者にかわって操業を行っている。
コメント

ベンガル湾でバングラデシュ船員を救助  ベトナム商船

2012-12-30 00:02:10 | 海事
12月5日バングラデシュからシンガポールに向かっていたベトナムの貨物船NOSCO VICTORYがバングラデシュ近くのベンガル湾で漂流していたバングラデシュ船員9人を救助した(12月6日SGGP)

Nayouの船員と乗客でマレーシアに向かう途中に沈没したもの。本船は引き続き残る生存者を捜索している。船主との連絡が取れない場合は本船はこれら救助された人を乗せてシンガポールに向かう。
コメント

漁民35人を救助、262人依然ゆくえ不明  フィリッピン

2012-12-30 00:01:30 | 亜細亜海道
マニラ発:フィリッピン当局は漁民35人を救助、261人のゆくえ不明者の捜索を続けている。台風来週以来一

週間が経過したが南部フィリッピンでの死者数は数百人に及んでいる(12月12日AP)
地方軍の広報担当Severino David大尉は水曜日、インドネシア政府が漁民創作活動にさかすべく船舶を派遣したと。ゆくえ不明者らはミンダナオ島からセレベス島方向に流されたのではないかと。インドネシアはフィリッピンの捜索機がインドネシア領空に入ることを許可している。フィリピン沿岸警備隊は10月にはダバオ・オリエンタル州の120海里沖合いでマグロ猟師を発見したことがあると。
台風Bophaの最大風速は210kmで漁師が岸に戻ることは明らかに不可能と。この嵐では740人が死亡した。
コメント

安全な朝食を    中国

2012-12-29 00:04:59 | 
ビジネス街、地下鉄、バス乗り場などに近い北京市西城区の90のレストラン40のコンビニエンスストアが大衆が安全に朝食をとることができる試験的プログラムを始めるとBeijing Timesが報じた(11月27日SCMP)

市政府は食料のコストの一部に補助金を出すとともに、調理場とデリバリーセンター2箇所の建設も支援する。時間的な計画は明示されていないが、朝食を扱う店が少ないという苦情や、食の安全に関する不安の声を受けてのものである。
コメント

自由に往来したい陸と海  ガザ (1)

2012-12-29 00:01:52 | 海事
ボートを押しだして Mohammed Abu Rialaは遠くの海に出たい。 Jaber Abu Rjaila はガザの停戦協定を聞いて自分の土地に急いで戻った。過去十年間で初めてのことである(12月11日IRIN)

「われわれは何世代にもわたって農民だった。それが自分の人生だし、自由に仕事ができるようになってうれしい」と彼はIRINに語った。「このときを長い間待っていた」
彼の農地はアクセス不可能地区にあり、イスラエルの作った壁の近くの緩衝地帯にある。しかし最近の停戦協定により海軍と国境付近の管理は緩和された。

Oxfamによればイスラエルによる5年間にわたる封鎖により「ガザの農業と漁業は荒廃した」ガザのビジネスのおよそ60%が閉鎖されたと今月発行の新しいブリーフィングペーパーは述べている。イスラエルのガザ封鎖は治安維持上の理由である。

Abu Rjailaはトマト、パセリ、ズッキ-ニなどを販売目的で育てたいという。目的は彼の14人の家族を食べさせるためである。しかし彼はまだ明らかではないことも知っている。イスラエルの兵士は拡声器で国境から10m離れるよう呼びかけてくる。また彼は依然「乱射、突然のイスラエルの侵入、予期もしない砲撃におびえている」という。

Abu Rjailaの家はKhan Younis 東部の国境から450mのところだ、そこに彼は7ヘクタールのガザでもっとも肥沃な土地を持っている。停戦が行なわれた11月21日以降イスラエルの砲撃は終わり、イスラエルのロケット砲もなくなった。数百人のパレスチナ人がその地区の家や土地に戻ってきた。ガザの当局者によればイスラエルは旅行や経済的制約を緩和することに合意した。しかし戻ってきた農民らはたちまち「消えうせろ、もどれ」などイスラエルの命令に脅かされている、時には警告銃撃もある。パレスチナの医療筋によれば停戦合意後もイスラエルの銃撃で一人が死亡2日間で20人が負傷したという。農民を含むグループが土地を訪ねフェンスに近づきすぎたからという。
(続く)
コメント

戦いは終わり、金曜日にはレストランにカニがくる  サンフランシスコ

2012-12-29 00:01:09 | 
一週間続いたダンジネスクラブの金額に関する論争が今日終わり、数十隻のカニ漁船がふたたび出漁する準備を行なっていると業界の広報担当は言う(12月11日Baycitynews)

サンフランシスコ、Bodega湾、Half Moon湾のカニ漁船は12月5日以降つながれていた。水揚げ地のブローカーらはこのカニ(ダンジネス)をポンドあたり3ドル以下とすることを求めていたとサンフランシスコかに漁船船主協会長の Larry Collinsはいう。Collinsによれば漁師とブローカーの間午後には決着がついたのでカニ漁船は鮮カニの操業に戻り、新鮮なカニが湾岸のレストランで食べられるようになる。「われわれはポンド3ドルを要求していた」とCollins.

サンフランシスコの魚ブローカーAlioto-Lazio Fish 社のAngel Cincottaはその合意について確認し、新鮮なカニがスーパーマーケットやレストランで金曜日には並ぶと。Collinsやその他の漁師たちは水曜日朝の出漁に向けて準備に入るという。
コメント

フンボルトイカが浜にが打ちあげられた   米国

2012-12-29 00:00:04 | 水産・海洋

数百のフンボルトイカ Humboldt squidが浜辺に打ちあげられた、海洋生物学者らが原因究明にあたっている(12月11日RedOebit)

観察者の一部は高潮がこのイカの大量自殺死をもたらした原因ではないかという。このイカの保護についてはカルフォルニア沿岸ではあまり関心が無いがその理由はこのイカは大量に再生産されるからという。sタンフォード大学ホプキンス海洋ステーションの卒業生Hanna Rosen は 一部の目撃者が一部のイカを海に戻そうとしたとサンフランシスコCBSに語った。「あまり浜辺では見られない」とRosen。「イカは何が起こっているのか判らなかったのでは」

スタフォードの科学者らはこれらのイカは主に若年のものだった、成長するとフンボルトイカは長さ6フィート、体重100kgにまでなるという。以下はたぶんMonterey湾で生まれたもので、外洋に向かって泳げなかったのではという。この日曜日の現象は過去6週間で3度目のことでサンタクルスからパシッフィクコブで起こっている。海洋生物学者らはイカの胃内容物を調べ、方向を失わせる原因となたものが無いか調べている。フンボルトイカはここ数年Monterey湾では見られなかったものでこのたびの事象には疑問がある。(以下省略)
コメント

アラビア海の危険性を移動させたい  インド

2012-12-28 00:05:05 | 海事
ニューデリー発:インド漁民が外国船に砲火を浴びたことから、インドはIMO国際海事機構にインド漁民の操業域から危険度の高いリスクを排除することを要請した(12月11日INDOLINK)

「インドはIMOの海事治安委員会に東経65度以西のリスクの高さを排除することを要請した」と国防大臣Jitendra SinghがLok Sabhaに語った。
Singh大臣はソマリアか海賊の攻撃を避けるために外国船がインド西海岸に接近して航行している。インド漁民の利用している海域に入ることは罪であると。これに関しIMOが宣言している危険域は東経78度以西であるという。このことに関しインドは国連をはじめ関係機関に非常に積極的に提起していると。インド沿岸警備隊は定期的な警戒活動と航空監視を得がんで行なっている

IMB国際海事局とその他の関連部門は商船にたいし小型漁船オイル海域通航に注意を払うようアドバイスを行なっている。「航行警報‘NAVAREA’はインドの 水路部によって発表されており、漁船の活動域での商船の航行は把握されていると。また沿岸警備隊は漁村で安全確保のための見張り対策を十分行なうよう指導していると。
少なくともアラビア海ではことしイタリアの海兵による漁民誤射をふくめ2事案が報告されている。
コメント

2013年のスケソウダラTACは4%増加  

2012-12-28 00:04:12 | 水産・海洋
北太平洋漁業管理審議会NPFMCは2013年のTACを決定、アラスカ漁業者等は米リング海で4%増加となった。(12月10日SS)

審議会は2012年のTAC120万トンから3.92%増加した124.7万トンと決定した。2012年の実際の漁獲は120.5万トンであった。審議会はアラスカ湾の数値についても2013年の勧告値として発表。審議会によれば2012年尾TACは、トンで、2013年は4.4%増加した110,272トンを勧告した。
コメント

悪魔と深く青い海の狭間の漁民   ベトナム (3)

2012-12-27 00:05:58 | 海事
インドは月曜日に東シナ海での石油探査の権益を守るために海軍艦艇を派遣する用意があると宣言。このことは紛争海域における新たな緊張の種であるとロイター通信が報じた。

PetroVietnamの探査船が11月30日トンキン湾の外側で活動中にケーブを切断された。その南方のNam Con Son 海盆の探査が行なわれており、インド国営石油天然ガス探査会社ONGCがベトナムガス田の開発権益を有しているとロイターはいう。

「そこに必要性があり、たとえばわが国の権益が関与しているONGCのような場合には我々は現場に行く必要があり、その準備をしている」とインド海軍主席提督のD.K Joshi 画発言している。インドは航海、オープンなシーレーンでの通信の自由、資源開発の正当な利益を有している。インドは東および東南アジア(韓国、中国、日本、台湾とASEAN)と交易しておりその規模はいまや欧州や米国より大きい。
「インド洋が中国の成長と安全保障に重要であると同様に、南シナ海はインドの経済と軍事的治安に重要である」とアジア太平洋センターでの安全保障に関する研究会議でアジアの安全保障アナリストのMohan Malikが述べている。「米国海軍とともにインド海軍の存在は中国がまじめに行動し、隣国の小さな国々を支援することになるであろう」しかしインドが当該海域に係わり合いを持つことはベトナム東海の軍事化に反対する懐疑主義者らの反発を生むであろう」

インド海軍の南シナ海派遣は最も役に立たない行為だ」とシンガポールのRajaratnam国際問題専門学校の海事専門家 Sam Batemanはいう。「そうした関与は米国、日本、インドによる中国の封じ込めであるとして油を注ぐことにしかならない」

米国大統領バラク・オバマは昨年遅くに「経済的に弾力性のあるアジア太平洋地区に転向する」と発言、米国は領海紛争で中立の立場を維持すると。しかし米国のこのアジア転向の政治的防衛上の政策はすでに2大超大国間の緊張を増加しているという批判がある。中国は米国の台頭の動きを見守っている。
Batemanは南シナ海におけるインドの「海事および経済的利益」は通信の海上交通路を構成する。しかし彼は比較的戦略的重要性の少ないインドの交易について疑問を呈している。インドはベトナム沖合いの石油とガス田に経済的利益を持っている。 Batemanは海軍力による石油探査保護や開発活動はこれまでに事例が無く、非常に対立的なものとなるだろう」という。

一方ベトナム漁民のLUUは次の漁に出るのが待ち遠しい、今度は2月になるだろうという。彼の家族にとっては次の航海が不安にさいなまれるだけのものではない。彼の娘Mai Thi Hueの夫も航海に加わるからだ。「漁業だけが稼ぎの源だ,でも父と夫が海みにまた出かけることはとても心配だ」と彼女は言う。 (完)
コメント

時化で貨物船の曳航困難   韓国東沖合い   

2012-12-27 00:05:22 | 海事

VLADIVOSTOK発:故障した貨物船Samargaを曳航しているタグボートLazuritが時化のために難航している,本船は韓国の東海港に向かっていっるもの(12月26日ItarTass)

Samargaは日本海で2日前にウラジオストックから韓国に向かう途中で緊急事態におちいったもの。貨物船の主機関と補機関が原因不明の停止となった。このため船には駆動源がない。本船は東に向けて漂流、タグボートLazuriは近くに待機天候の回復を待って曳航を解していた。夜になると嵐により甲板上の装備が奪われた。本船は30度傾斜。本船乗組員の負傷はないとウラジオストック港長のAlexander Kuvshinov が Itar-Tassに語った。

カンボジャ船籍のSamargaはプノンペンが母港、長さは117m、積載トン数7,130トン、乗組員はすべてロシア人である。船はウラジオストックから200海里、東海から120海里にあるという。
コメント