memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

手作りボートで海に出た釣り人が救助された  イングランド

2015-04-30 00:02:49 | 海事

9英国ポンドの手つくりのボートの釣り人2人がオールが壊れて救助された(4月7日BBC)

この2人はいずれも20代、ESSEXの沖合い200mのところで2.5m長さのボートが壊れたのは月曜日のこと。ClactonRNLIライフボート協会によればこのボートは保温材が材料で、衣類のハンガーと接着剤で作られたもの。

このうちの一人によれば、トラブルに見まわれるまでは”順調な漁が出来た”という。27歳の自営業のJaywick在住の男によれば、救助されるまでにマダラ3尾とカニをいくつか獲ったと言う。 「ボートは水漏れしなかった」といい「また挑戦する」という。彼らが負傷することは無かったが、安全勧告を受けたあと、ボートは破壊された。救助に当たったJoff Struttによればこの2人は毎週末にこのボートで釣りをしていたが、Jaywick 近くで天候急変により事故となったものという。「このボートは洋梨のような形をしていた」とMr Strutt はいう。このボートは2日間で作ったもので8枚の板で構成され「これまでに見たことのないもの」と彼は付言。

「彼らは発見されてラッキーだった、そうでなければ悪い事態も発生したろう」Mr Strutt はまともな装備のボートを利用することが不可欠だと。ふたりともライフジャケットはつけておらず、うち一人は泳ぎも出来なかったという。

コメント

マイワシおよびカタクチイワシ漁業に18億ドルを投資  チリ

2015-04-30 00:01:57 | 水産・海洋

チリー政府は中南部Marco地区のマイワシおよびカタクチイワシ資源の科学調査のために18億ドル以上を投じることを計画している(4月16日TFSND)

この計画は漁業調査基金FIPを通じてなされるもので、最近の報告でチリーの漁業資源が乱獲や崩壊の状態にあることが報じられたことによるものである。Biobio地区の漁業養殖局長のLilian Troncosoは「経済的見地と科学的インフラによるマイワシ途カタクチイワシの調査を行い、最良の情報を今後の意思決定に活かすためのもの」と発言した。多くのプロジェクトの中で、水中超音波探査をカタクチイワシとマイワシ資源について行い、カタクチイワシとマイワシの保護区域の識別を行う。

Ms Troncoso はマイワシ漁業ではバイオマスの顕著な減少が見られ、漁獲は小型のものになっていると。このためこの調査により管理対策の設定や漁ギュの持続性の保護のための制限を行うというもの。

 

コメント

捕らわれた漁船を奪還した  イタリア海軍

2015-04-29 00:17:10 | 海事

MILAN発:イタリア海軍は金曜日、シシリア漁船に乗り込み主導権を奪還したと発表。この漁船はリビアの沖合いで武装集団に捕らわれいたもの(4月17日AFP)

この作戦は 難民救助義務の一環として軍人により実行された。声明文ではイタリア軍部がどのようにして武装した男らに遭遇したのかは明らかにしていないが、シシリーの組合は7人オ乗組員が港に戻る途中であったという。海軍はこの漁船は武装した一味に捕らわれた、明らかにリビア治安部隊の一員であるとし、その一味がリビアの港Misrata の北西50海里までタグボートででてきたものという。漁業組合は近くにいた他の漁船がこの漁船拘束を港湾局に知らせてきたという。この漁船の乗組員らはエビの操業をしていた。イタリア人3人、イタリアに居住するチュニジア人4人が乗組んでいた。また発砲があったものかどうかは不明で、負傷者の報告は無いと漁業コンソーシアムの報道担当Francesco Mezzapelleが発表した。

コンソーシアムは2005年にリビアが国際協定に反して自国領海を70海里と設定して以降こうしたイタリア漁船の拿捕事件が10数件以上起きているという。あるイタリア漁船は2012年い拿捕されリビアのベンガジに拘束されたが乗組員らはひと月後に解放されたとMezzapelleはいう。リビアでの内乱は2011年以降激しさを増したが、それも独裁者Moammar Gadhafiが殺されたことで終了。反Gadhafiの反乱グループはその武器を所持し、民兵の数が増えている。

 

コメント

業界が北方大西洋マダラの資源回復計画    

2015-04-29 00:16:38 | 水産・海洋

ニューファウンドランド、ラブラドル、カナダの水産加工業界が漁業改善計画(FIP)を北方マダラについて立案、かつては世界で最大規模であった漁業だが1992年の資源破綻以降は禁漁になっている(4月17日SFS)

最新の指標は資源オバイオマスが顕著に改善されていることが認められている。またその他の年齢組成などについても良好な兆候が見られているとASP水産物加工業者協会が発表。この団体はMSC認証団体の顧客でもあり、このメンバーにはAtlantic Cold Seafoods, Barry Group, Beothic Fish Procesors, Breakwater Fisheries, Grand Bank Seafoods, Green Seafoods, Happy Adventure Sea Products, Independent Fish Harvesters, Labrador Fishermen’s Union Shrimp Co., Notre Dame Seafoods, Ocean Choice International, Quin-Sea Fisheries, Quinland Brothers, St. Anthony Seafoods および Woodman’s Sea Products等が含まれている。

このFIP計画はASPとGroundfish Enterprise Allocation Council (GEAC)や国家および地方行政とともに進められているものでこれには, Acadian Fish Processors, Caramer, Charlesville Fisheries, Clearwater Fine Foods, Harbour Grace Shrimp Co., Icewater Seafoods, Inshore Fisheries, James Mood Fisheries, Ka’Le Bay Seafoods, Lameque Offshore Fishing, Marro Management, Mersey Seafoods, Monica Rae Fisheries, Nordic Fishing Co., Nova’s Finest, Ocean Choice International, Pecherie Chevarie, Premium SeafoodsおよびScotia Quotaなどが含まれている。

「持続性のある漁業パートナーシップはこの業界が主導するFIP計画を支援し、このタイムリーで重要な計画の実行をASPやGEACっともに推し進める」とSFPのCEOであるJim Cannonが発言している。

 

コメント

漁船Oleg Naydenovが沈没した  ラスパルマス・スペイン

2015-04-28 00:22:17 | 海事

ロシア船籍漁船Oleg NaydenovがPunta Maspalomas の沖合い15海里で現地時間22:45に水深2400mの海底に沈没した。本船は4月13日に火災を発生したもの(4月15日SNT)

タグボートPunta Salinasが沈没現場にとどまっているが 今のところ油濁は見られないという。サルベージチームは必要な場合に備えて汚染防止対策を整えている。カナリア諸島時間午前07:30には航空機Sasemar 305を準備、また油濁対策のためMiguel de Cervantesも待機している。本船は長さ56m、機関出力10,300 馬力で高度な機能を備え、油濁の吸入ポンプ、ブーム、スキマーや汚れた油の貯蔵設備も有している。

コメント

国内漁業は崩壊の状態   チリー

2015-04-28 00:21:49 | 避風塘 (雑想雑事滞留地)

チリーの国内漁業8種が破綻状態にあることを宣言した。さらに別の8つも乱獲状態にあると新たな報告がある(4月13日TFSND)

報告書'Current Status of Major Chilean Fisheries' (チリー主要漁業の現状)によれば8つの漁業が枯渇、さらに8つが乱獲状態にあり、別の22は最大限オ漁獲状態にあるという。この生物学的参照点 (PBR) が保護の状況や漁業資源状態を示すのに用いられたのは初めてのこと。

Coquimbo およびLos Lagos地区のヘイク漁業は微妙な状態にあり、資源が拾うまたは崩壊の状態にあるとしている。この漁業はチリーの最も象徴的なものでValparaiso, Maule や Biobíoの漁業者らにとっては非常に重要なものである。

2年前までは許容漁獲量は40,000トンとされていたが、2015年は科学技術審議会の勧告では42.5%減の23,000トンとされている。 ヘイクとともに中部南部地区のノアンチョビー、サワラ、golden eel, キンメダイ、タイなどについてもこれら全てが崩壊あるいは資源披露の状態にあるという。「この結果は将来資源のために我々が重要な挑戦を必要としていることを示している。資源回復のために適切な管理のための科学的基準を尊重する必要があり、将来の持続性を確保する必要がある」とSubpescaはいう。

 

コメント

サケのためにウミウを殺す計画を告発   米国

2015-04-27 14:58:28 | 水産・海洋

PORTLAND, Ore.発: 保護主義者グループはコロンビア川河口付近で1万羽以上のときの殺害計画について告発を行った(4月20日AP/ bellinghamherald )

ポートランド、オーデユボン協会のBob Salingerはサケの稚魚数百万尾の食害の防止のため鳥を殺害することは実際の脅威から流用されたもので、水力発電ダムは産卵場に登る親サケや稚魚の海への危機を阻害していると。訴訟はポートランドの地方裁判所に提出され、米国陸軍工兵隊、米国魚類野性生物局を対象にしている。

この訴状はダムの運用を変更することを検討するすることに失敗し、単にウミウを殺すことのみに集中していると。当局はいまだコメントはしていない。

 

コメント

漕艇場の場所で死魚が数千尾   リオデジャネイロ

2015-04-27 00:07:22 | 水産・海洋

来るオリンピックの際にボートとカヌー競技が行われるリオデジャネイロの現場で先週死魚が浮かび上がった(4月18日ChinaPost)

主催者にとって頭の痛い問題はヨット競技の参加者に対する健康上の問題であるが、湾内の水に死んだ魚が大量に浮かび上がったことで、同じ事態は依然芋発生している。この原因はいまだ定かではなく、環境問題なのか漁師が価値の無い魚を棄てたものなのか不明。しかし、リオの水路には常にゴミや汚水に覆われている。

住民はこのところ死んだ魚による悪臭の発生がRodrigo de Freitas Lagoonで起きていると報告、これは死んだ何トンものシルバーシャドによるもので、同じ魚が RioのGuanabara湾でも問題となっている。 地元のボート競技者のFelipe Xavierは「ここにきて練習をしたいのだが、この死んだ魚に悩まされる。強烈な悪臭とともに、大量の魚にボートの進行を邪魔される」と。

環境当局はこの魚シャドは温度に敏感な魚で、温度変化で死ぬという。漕艇競技のBotafogo クラブのコーチのAlexandre FernandezはAFP通信痛いしこの減少を心配することは無い。自然現象で、汚染のためではないという。

コメント

資源減少で西岸のイワシ漁業を閉鎖の見込みが強い  米国

2015-04-27 00:06:22 | 水産・海洋

米国西岸の漁業管理者らは今年、数の減少からマイワシ漁業を閉鎖する見込みが強い。これは盛んな漁業により以前崩壊したことや市場で他の魚種がそのザを奪うことの懸念に対応したものである(4月6日China Post)

退職した漁師らはマイワシを獲ることはできない。しかし彼らは太平洋漁業管理理事会がそれを懸念してマイワシ漁獲量をゼロに設定したり、そのほかのサバ、カタクチイワシ、イカなどマイワシとともに群泳するその他の漁業の閉鎖が無いことを期待している。

マイワシは米国西海岸で第1次世界大戦から第2次世界大戦まで栄えた漁業である。カルフォルニアのMontereyには缶詰工場が立ち並び、その様はJohn Steinbeckの1945年の小説の“Cannery Row.” の背景となった。漁業は1940年代に崩壊したがこの小説の人気によって、Cannery Row(缶詰通り)は観光客の目指すところとなり、レストランやホテルが缶詰工場に変わって立ち並ぶようになった。

漁業は1990年代に復活、これは漁業がオレゴンやワシントン沖合いで行われるようになったことによる。今日では西海岸で100隻の漁船がマイワシ漁獲の許可を得ている。これは最盛期の半分に当たる。メキシコで水揚げされブリテシュコロンビアに運ばれたものはアジア、欧州などに輸出されるが、一部は缶詰にされ残りは餌として使われる。西岸の水揚げは1991年の140万ドルが2012年には210万ドルとなったが、再び減少し始めた。

コメント

タンカー爆発で4人が死亡    インドネシア

2015-04-27 00:05:48 | 海事

インドネシアの北スマトラ島のBelawannのWaruna Nusa Sentana (WNS)造船所で修理中の石油タンカーが4月14日2日爆発した(4月15日SNT)

造船所の作業員 3人が即死、1人は重傷のやけどで病院に搬送されたがその後なくなった。船体の損害の規模や爆発の原因は明らかになっていない。

コメント

3,000尾の稀少魚種が人工増殖され揚子江に放流された   中国

2015-04-26 00:00:36 | 水産・海洋

研究者らが人工増殖した3,000尾の、稀少な恐竜時代から生きながらえているの中国チョウザメChinese sturgeonsを消滅の機器から救うために国内最長河川の揚子江に放流した(4月12日Xinhua)

中国チョウザメ研究所のスタッフらは2011年に生まれた体長およそ80cmの魚500尾と2013年生まれの体長40cmのチョウザメ2,500尾を放流したもの。これらの魚を追跡するために高度な方法が施されたと研究所次長のGao Yong氏が発言, 今回の放流は57回目に当たる。

中国チョウザメは”ぽ”水に棲むパンダ”とも呼ばれ国家保護生物のひとつになっている。各種の河川プロジェクト、船舶通行、汚染などによって葛洲壩,湖北省に産卵のために回遊する中国チョウザメの数は1982年1,000尾であったものが、今や50尾にまで減少していると専門家は推定している。

コメント

Delaware川で貨物船が座礁   米国

2015-04-26 00:00:04 | 海事

Riverton 近くのDelaware川で貨物船が火曜日に座礁したと沿岸警備隊が発表した(4月15日SNT)

32,000トン積みのパナマ船籍のバラ積み貨物船The Nord Explorerが川を南下中の午前4時に座礁したが、その3時間後に脱出できたと沿岸警備隊が報じた。沿岸警備隊はヴァージニア州Norfolkに向かっていた船が何故座礁したのか調査中である灯。負傷者は無く船体にも損傷は無いと当局はいう。

この船の座礁はBurlington郡では今月2度目の座礁である。4月1日別の船舶のリベリア船籍のgia Iriniが推進力を失って座礁したが、離礁している。

コメント

違法漁船を拘束した  マレーシア政府

2015-04-25 00:47:46 | 海事

豪州農業大臣を補佐する政務官の国会議員Richard Colbeckはマレーシア当局がIUU漁船のVIKINGを拘束した行為を歓迎した(4月8日TFSND)

 Colbeck議員はマレーシアがIUU漁船に対して強い行動をとったことを支持し、現在行われている調査にも協力することを表明した。「この漁船は南極海で長い間IUU操業を続けており、、この漁船の活動により利益を得ているとColbeck議員が発言。「この船の船長は拘束を逃れるためにナイジェリア船籍であると主張していた。豪州はマレーシアと協力してこのことの反証に努め、この船の所有していた書類に不正があることを解明したという。

Colbeck議員は豪州は国際警察を含む国際的なパートナーと緊密に連携し、東南アジア食区とともにIUU漁船との戦いのための地区行動計画を継続するという。

「先月には豪州が入港が予測されていたIUU漁船Kunlunを拘束したことは喜ばしいことである」と彼は発言。「今回のVikingの拿捕は国際協力による違法操業漁船摘発の賜物である」(以下省略)

コメント

高温にさいなまれる市民  サイゴン

2015-04-25 00:47:14 | 亜細亜海道

ホーチミン市の気温は日々に急速に上昇、最高気温は4月8,9日には36- 37 ℃になるという(4月6西SGGP)

高温は幼児にとっては危険であり、病気が蔓延するリスクもある。市健康局は何人かの水疱瘡や手足口病が急速に増えていると報じている。一方国内北部および中部の各省の現在は低温が続き、加えて寒冷前線が今後やってくると気象センターが昨日予報を出している。している。

寒冷前線の影響により北部および中部地方は降水、雷、サイクロン、霙と強風が一部では発生するという。トンキン湾、東海北部領海水域およびパラセル諸島は北西の風6- 8階級であるとの予報。国家気象予報センターは低気圧Maysakが北緯16.9度東経121.4度のルソン島近くにありその後消滅するという。 

コメント

信じられない : 海賊操業の漁船沈没を船長が喜ぶとは  グリーンピース (1)

2015-04-24 00:47:51 | 海事

船がコイに沈められたと見られるとグリーンピースの活動家はいう(4月7日stuffconz)”奇妙で超現的な体験”という。シーシェパード号の乗組員は密漁船から40人オ人々を救助した。この船はおよそ4ヶ月間をかけて南極海からインド洋、大西洋と、彼らが追跡していたものである。

シーシェパード豪州の本船運航担当役員のCaptain Peter HeammarstedtはFairFaxメデイアに対しシーセパードの船Bob Barkerから連絡しナイジェリア船籍のThunderは現在水深3800mの海底にあると伝えた。ThunderのBarker の姉妹船Sam Simonにライフラフトで曳航され、彼らは食料、水、医療などをギニア湾のSao Tome到着までに受けた。そこで彼らは地元の法執行機関に引き渡される。

「信じられないくらいに奇妙なのはThunderの船長が、自分の船が実際に沈んだときに拍手と完成をあげたことだ。この異常な行動と更なる証拠から彼は故意に自分を沈めたのではないか」とPeter Heammarstedt船長はいう。

「我々はライフラフトの乗組員をその際に受け入れた。Thnderが完全に沈没したとき船長は非常に陽気な気分でいたことを目撃している。Thunderは複数の船名を使用し、異なる国籍を使っていたと国際警察機構はいい、数千万ドルの価値のあるホワイトゴールドと呼ばれる、メロ(toothfish)を密漁。シーシェパード豪州は昨年12月以来追跡していた。

 

コメント