memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

われわれが食べていない魚 (3)

2013-11-30 00:03:15 | 
「一部の魚は偉大な名前を持っている」とMoonenはいう。他の魚はそうではでない。その一例を挙げれば、多くの人はPatagonian toothfish(メロ)と呼ばれる魚を食することは躊躇する。しかしこれと同じ魚が抜け目のない魚商人にによりなウォン間変えたことで米国でセンセーションを巻き起こした。「多くの人が違った名前をつけるべきというが、自分はそうは思わない」とWhitesideはアブラツノサメについていう。さらに、彼はcatfishというのは良くない。無償サンプルをビールとともに提供した結果、20週以上で混乱を招くと確認した。彼はいったん人々が食べてみれば名前は問題ではなくなったと。

最初の一口に至るには、その魚の味を保守する誰かがいる。特定のレストラン、HerronがいうにはニューヨークのLe Bernardin には食事をする人にシェフがメニューに載せたもののなんでもがある。Herronはいくつかのレストランに供給しており、詩習いできるシェフらとの対話で何か違ったものを試そうとしている。数少ない施設とはいえ彼はときおり商売で問題にぶつかることがある。人々の好みが何であるか知っているためそうしたところはお気に入りからいつだsつしたくないのだ。
Rick Moonenは新しい魚を試そうというシェフの一人である。また彼の提言をバックアップするだけの威信もある。 彼は彼のラスベガスのレストランでは”黒いサンゴ礁”からきた生き物は扱おうとはしないが、主流から逸脱したものでも十分売り切ることが出来るという。

何か新しいものを人々に食べさせる鍵は追い討ち商法だと彼は言う。わずかな顧客はメニューを見ると即座にPetrale soleにはまるという。しかしその上には蟹肉を散らす。そして売り切るという。シェフのPeter Hoffmanにとっては,ニューヨークのレストランおシーンで見られる地元産のものしか食べない有名人は、全ての魚の恐怖にまで坂なおぼることになる。 またこれになんとしても魚介類を見たいという欲望がある。人々は鶏肉のようなフィレーを好む、そこで彼は、彼の好きなタイのような小魚を喜んで試すという。小魚の骨から肉をとりだすようなことは漁師には価値がない。しかし人々は魚を丸ごと買おうとはしない。しかしこれは残念なことだとHoffmanはいう。魚を丸ごと調理することのほうが実はもっとも簡単だからだ。(以下省略)

写真はアンコウMonkfish
Calling it "the poor man's lobster" may not be the best marketing technique, but the meaty white flesh of the monkfish's tail (the only part that's edible) is often compared to that of the crustacean.
コメント

香港マカオフェリーの事故  

2013-11-30 00:02:22 | 海事
この事故は香港~マカオのジェットフェリーで発生した(11月29日appledaily.hk)

Jet 本船Jupiterが28日早朝, Hei Ling Chau で何らかの物体に接触、船は激しく揺れた。およそ80人が負傷資、うち4人が重傷で病院に搬送された。
コメント

魚を船外へ投棄   オーストラリア

2013-11-30 00:01:58 | 水産・海洋
数トンのPink Ling(ピンクリング/キングクリップ)が投棄された。しかし珍重される魚は現在供給不足で豪州漁業管理局(AFMA)はこれら資源の回復に取り組んでいる(11月14日MAGNET.AU)

南岸のトロール船やはえ縄漁船は9月26日の時点で投棄される魚は毎日50kgという。Imlayのスキッパーで業界代表であるe John Jarvisは魚を投棄することにし激怒している。 「何故魚を投棄するのか?死んでいるのだから持ち帰ればよい」という。「自分はやつを知っているこの様をビデオにとり国内メデイアに持ち込みたい」と。

業界団体グループの南東トロール漁協会(SETFIA) は食卓で人気のある魚の資源調査に独自に取り組むべきとしている。このことは水曜日AFMAが発表した。AFMA漁業マネジャーの Dr Nick Rayns はCISOの2012年の魚資源アセスメントによりリングが危機的に低い水準にあることが確かめられたという。「産卵資源の状態は有るべき姿より少なく、不健全な状態」という。魚投棄が漁業者や魚好きにとっては受け入れがたいことを理解する一方、DR.Raynsはより多くのリングが残るよう漁業者等はこの種の卵殻を避けるべきという。

「投棄魚の比率が増えて数トンレベルとなっている。依然は9月のそれは1トンであった」と。「しかし、ピンクリングの全死亡率は規制が課せられる前よりは低下している」と彼は言う。彼は漁業者にとっては漁期半ばに漁獲規制の基でそう牛することは難しいことという。「ここで漁業界が非難されるべきではない。彼らは漁獲枠やTACに固執しているが、環境を制御することは出来ず、時には漁獲が低下する」という。「しかし業界は若年魚がたくさんいるという」SETFIAのCEOのSimon Boagは彼とそのメンバーらは健全な漁業のためにAFMAに従って操業しているという(以下省略)
コメント

クジラの骨を「発掘」…館山

2013-11-29 06:56:53 | 水産・海洋
館山市富士見の沖ノ島の浜辺に2010年1月に打ち上げられ、近くに埋められたザトウクジラ(メス、体長9.6メートル)の骨が27日、重機を使って掘り出された。今後、標本として組み立てられ、沖縄県の名護博物館で全身骨格として展示される予定。

ザトウクジラはヒゲクジラの仲間で、ハワイや沖縄、小笠原などの海を中心に回遊しており、房総半島付近に姿を見せるのは珍しい。10年の漂着後、館山市は展示を検討したが、予算やスペースの関係などで実現しなかった。今年になって名護博物館が国立科学博物館を通して館山市に譲渡を打診し、展示されることになった。(2013年11月28日 読売新聞)
コメント

北海のマダラをメニューに載せてはいけない  海洋保護協会

2013-11-29 06:55:09 | 水産・海洋
資源が回復基調という証拠があっても消費者のメニューにマダラを載せてはいけないとの主張がなされている(11月13日BBC)

海洋保護協会(MCS)は海洋利用国際審議会のデータによればマダラの資源は持続可能な状況よりもやや上にあるという。MCSの漁業担当官 Bernadette Clarke は「我々の助言は北海マダラのに変わる代替を求めるものだ」と発言。ところがこの発言でスコットランド業界のリーダーらは怒っている。MCSの報道担当は「漁業者や管理者の努力により北海のマダラは回復の途上にある」という。

「保護補償スキームCCSは洋上操業可能日の追加の形で保護対策にあたる漁業者に報償を与えている。より効果的な長期管理計画でこの語漁業の回復が図れるだろう」と発言している。しかし彼女は「我々が行っている獲って食べるよりもより持続可能なマダラ漁業がありうる」という。スコットランド白身魚生産者協会のMike Parkは「漁業者の努力が評価され認識される時期にある」という。Mr Parkは「MSCの助言はきわめて落胆させるものである」と。

またスコットランドの漁業大臣Richard Lochheadは「全てのスコットランドのマダラは国際的に合意された範囲の中で漁獲されている。これは極めて近い将来に最大持続漁獲量MSYへ移行することを目的にしたものだ。だから、このためには資源回復が毀損されてはならない」と。
コメント

難民(庇護希望者)を救助  インドネシア

2013-11-29 06:54:06 | 海事
インドネシアの救助隊が難民50人を救助しジャワ島に水曜日戻った。彼らのボートは豪州に向け出港した後すぐに破損したもの(11月14日AFP/SURIA)

このボートはBanten 州のManuk 沖合3海里でエンジン故障を起こしたものであるとインドネシア捜索救助局が発表した。5人の子供を含む9人が先ず地元漁民により救助されたと同局の報道担当Mochamad HernantoがAFPに語った。残る39人はインドネシアに救助されジャワに戻ることを当初は拒んだ。しかしボートが夕方には曳航され岸に近づくと彼らは上陸することを納得したものという。

豪州の移民担当大臣Scott Morrison は一部の人は海中に入ったというが、結果として全員無事であったと。Morrison はこの救助に豪州は関っていないと。こうした難民は非合法な船舶でインドネシアを経由して豪州に到達するがこのことは両国間で問題となっている。これまでに安全でないボロ舟による船旅で何人もが犠牲となっている。Tony Abbottによる保守政権は豪州にたどりついた場合も、ボートが安全であればインドネシアに送り返すことをこの9月に決定している。しかしキャンベラの軍主導のOperation Sovereign Borders はのことに懸念を示している。

先週には豪州がインドネシアの捜索急難海域でトラブルを起こしたjボートの難民60人を救助したがインドネシア側がその帰還を拒否している。
コメント

われわれが食べていない魚 (2)

2013-11-28 08:54:05 | 
マダラは17世紀以降、米国人に好まれてきた魚だ。初期の移住者らはこの魚を大西洋で見つけあたかもイワシの缶詰のようにしっかりと続けてきた。ニューファウンドランドの植民地時代の漁民らは単に篭を水中に入れそれが新鮮な漁獲で一杯になった。米国とカナダ沿岸では大型の工船トロール漁船が出現する1950年代までは毎年25万トンが漁獲された。

それから半世紀、マダラはその種があまりにも人気がですぎてポスターにもなるようになった。我々はそのマイルドでバラケやすいこの白身魚を1990年代中盤まで食べ続けた。その資源状態は商業漁獲が破綻するまでになった。もちろん今のところ資源は生き残ってはいる、しかしかろうじての状況にある。ちょうど今年、メイン湾での漁獲量は80%削減されたがその操業が許可された。この漁獲に頼っている漁民らは業界への障害を察知し非難の声を上げている。規制当局はこれがマダラ業界に対する最後の希望だと順次呼びかけている。行政としてのNOAAは削減が1月に発表されたときに「まさに真夜中、さらに暗くなるなかでそこにマダラはいるのだろうか」と説明している。

同時に、メイン湾ではドラマが演じられている、ハドックは動じないで泳ぎ続けている。マイルドでバラケやすいこの白身魚はマダラと同じ海に生息しているがこの資源はより豊富である。Lobster Placeはそれぞれのフィレーを並べておいている。自分が訪れたときポンドあたり価格は同じであった。違いがあるといえばその名前である。またひとつの魚種が乱獲されたということである。マダラは市場でもっとも人気がありハドックのほうはHerron の経験では売りにくい魚だという。

「ニューヨークはマダラの市場だ」というのが彼のひとつの説明だ。Lobster Placeは別のマイルドで身が崩れやすい白身魚を扱おうとはしないが、それはマダラやハドックよりもふんだんにある。.大西洋アブラツノザメは米国東岸で漁獲される。この資源は近年開発された。2008年には北東及び中部大西洋漁業管理審議会が連邦水域での漁獲を規制、この魚いついては800万ポンド(およそ3600トン)を漁獲枠とした。2012年までにこの種が補充されその数は2000万ポンドとなり業界はMSC協会の持続性証明書を入手した。ことしは漁獲枠は2倍以上となり4000万ポンドとなる。「これは地元の漁獲であり、この魚は持続可能なレベルで漁獲されている」というのが大西洋アブラツノザメ業界の弁護士Johnny Whitesideが自分に言った言葉である。

大西洋アブラツノザメは欧州ではより人気がある。英国ではこの揚げ物がマダラの変わりにフィシュアンドチップスとして供されている。漁獲年のうちの5ヶ月間が経ってももわずかに25%が獲られただけで、つまりこの魚はふんだんにいる。あなたが米国内に居住しこの魚を試したいなら、そしてマサチューセッツのニューベッドフォードにいるならそこでは2,3軒の加工業者がこの魚を扱っている。しかhしそれを買うことは出来ない。すべての大西洋での漁獲は海外に輸出される。それは「米国がアブラツノザメの市場ではないからだ。
コメント

違法漁獲のサケやマスの使用でしてホテルとレストラン経営者を処罰 英国

2013-11-28 08:53:41 | 水産・海洋
環境局は漁期以外に河川の魚を密漁、販売、買取したものは告訴されると警告した(11月11日BBC)

漁期は10月31日に終了、再開は来春である。担当大臣Phil Gawne は密漁とそれに関連した取引は摘発されると発言。さらに「いかなる形での密漁もこうした貴重な魚の産卵を阻害する。卵の数が減ればManixのサケマスの次世代に影響を与える」と。これはマン島での出来事。政府の報道官はいかなる疑わしい行為についても漁業局や警察に連絡して欲しいと。
コメント

アイスランド漁船船長がはじめてF&Cを食べた   英国

2013-11-28 08:53:09 | 
漁船船長でありながらF&C(フィッシュアンドチップス)をいまだ食べたことがないアイスランドの船長が自分の獲った魚をレストランで食べた(11月12日Advertizer) 

Rammi Icelandic Fish 社の船長Sigthor KjartanssonがスコットランドのHelmsleyを訪問、供給網について勉強した。彼の訪問期間中に数々の受賞をしているフィッシュアンドチップスを、船長の獲った魚をShane White総料理長が調理、ランチの客が並ぶ前にそれを味わった。

Kjartansson船長の訪問はちょうどチップスによる慈善活動に参加していたこのレストランの活動と偶然重なった。この慈善活動は漁業者ミッションの募金のためのもので、この活動は現役および陸に上がった漁民や家族のを支援を目的とするものである。この店のオーナーTony Websterは「彼ははじめての試みに喜んでいた。また我々は彼のはじめての試みに本当の英国料理の味を提供できたことを我々は喜んでいる」と。

コメント

われわれが食べていない魚 (1)

2013-11-27 00:04:29 | 

海にはたくさん旨い魚がいるのに、どうしてサケやマダラばかりに執着するのだろうか(11月11日SALOON)

われわれがいまだ見ていない魚、様々な色や多くの鰭を持つ魚など、どのくらいいるのかは想像がつかない。Lobster Placeなどニューヨークの中心の賑わうChelsea市場からはじめるのが良いだろう。そこの店のショーケースには触ればたちまち反応するウニ、 脂の乗ったジューシーなHawaiian Wahoo(オキサワラ)大きなアマダイのガラスのような目が消費者の興味を引いている。他にもお勧めの魚はあってそれらにはラベルがついていない。だから理解するためには海洋生物学の学位が必要だ。

小さなイカやタコ、それにホッキガイ、さらに特別な漁獲のフィレーなどがあって末端販売価格はポンドあたり25ドルまで。何か夕食ののために役立てようとする”一般家庭のシェフ”にとっては脅威かもしれない。ここは国際的だ。Chelsea市場は 観光客、上級の美食家、NYフードのファンなどの珍しい魚を探す人々を引きつけていて、ほかではなかなかありそうにない。

そのほかのお勧めとして異なるものがある。ポンドにより表示されている魚のフィレーがスーパーマーケット値段のものよりまずくて調理がしにくいという理由はない。Lobster Placeの役員 Davis Herronはサケ、マグロ、マダラ、オヒョウなあどのフィレーが依然この市場の大きな売れ筋であるという。偶然ではなくほとんどの絶滅危惧種が米国人の食の主体であるという。我々が乱獲について語るとき、我々は消費者や市場がとらえているここの魚種を参考にする。多くの場合他のおぷしょんを排除している。我々は出来うる限り魚介類のよさを賞賛する。こうした我々の熱意による選択は実際は快いものではない。

「魚介類に対する恐れもある」と有名な海鮮シェフのRick Moonenはいう。彼は早くから持続性のある漁業の提唱者でもある。「いくつかの理由か人々は神経質になっている」と。魚は複雑で、高価かつ煮すぎてしまうこともある。魚には小骨や鋭い骨があり不注意でむせてしまうこともある。魚には匂いがある。我々の固執する種が限られるのも例外ではない。 but at least they’re familiar.依然われわれはオプションの幅を広げることを拒否することによって、彼らの存在を食からはずしている。
コメント

FOGL社が3D探査を北部海域で開始する   フォークランド

2013-11-27 00:03:49 | 水産・海洋
フォークランド石油ガス会社FOGLが金曜日,北部の許可海域で3D音波探査を開始すると発表(11月9日MP)

この石油ガス探査開発会社はフォークランド諸島海盆で白亜紀中期の地層に対しPGS Ramform Titanによる探査を始めたと発表した。 この探査にはおよそ4ヶ月を要するがNoble Energy Incがこれを行う。FOGL社によれば2013年初期にはふたつの3D探査が完了、現在その解析を行っているという。この予備調査で有望なことを見出しているという。

このふたつの調査結果は2104年1月には完了し、2014年第一四半期にその解析結果が明らかになるという。FOGL社の株価は金曜日0.9%下落し29.25ペンスとなった。同社のCEであるTim Bushellは, この調査は2014年広範囲行われる掘削のための最終調査であるという。「この調査の完了により我々は10万平方キロ以上の高品質の3Dデータを得ることが出来る。それは北海の40海区分に相当する」と。
コメント

奇妙な魚が釣れた    ボルネオ

2013-11-27 00:03:13 | 亜細亜海道
釣り人が正体不明の魚を釣ったのは日曜日のこと。この魚は大きな頭部に、背中と腹側に鋭い棘をもっている(11月6日BorneoPost)

魚の大きさはおよそ30cmで口の近くに牙のようなスパイクをもっている。この魚を釣ったのはTaman Ceria, Permyjaya,のSapar Mansor, 43歳でTudan chikanuno海で釣ったという。「こんな魚を見たのは人生初の体験。家にもちかえり好めずらい魚を妻に見せた」と彼は語っている。Saparによれば彼は友人とともにミリ河から海に出たという。朝の5時に釣りをはじめ沢山の魚を釣ったという。ミリから相当離れた海上で釣り始めおよそ一時間後にこの珍しい魚を釣ったという。

「亭主が釣ってきた魚にはびっくりした」と彼の妻Siti Kadariah, 35歳(写真)は言う。「この魚を見て子供たちはその独特の形にびっくりしていた」と。子供たちはその姿を見て甲冑魚だといったという。彼Sitiはこの魚を乾して家で保存するという。「これは紙からの贈り物だ、家族で大事にする」と。
コメント

魚の油のとりすぎは健康に悪い

2013-11-27 00:02:35 | 
これまで何年もの間医者や栄養学者らは人々にもっと魚を食べることを勧めてきた。特にそれは心臓の健康のためであった(11月8日FUD)

ところが新たな報告は、オメガ3脂肪酸(魚の脂に含まれる)の過剰摂取は意図しない健康への悪影響を与えるという。オレゴン州立大学健康人間科学カレッジの教授は「それは数年前には明らかに出来なかったもの。われわれは高レベルのオメガ3脂肪酸の消費がマイナスの影響を与えることを見出している。その理由は消費する過剰な量の危険にさらされるかもしれない人の受ける影響とと知識の有効なバイオマーカーを欠いているからである。現状ではその上限値を確定することは不可能である」ミシガン州立大学のJenifer Fentonとその共同研究者による研究結果からは、マウスによる動物実験で大量のオメガ3脂肪酸の摂取が 大腸炎と免疫性の改質を引き起こすことが認められたという報告がある。この研究結果は2010年のガン研究誌で発表されている。
コメント

香港でよい魚はもう手にはいらない (2)

2013-11-26 00:07:59 | 
かつては香港人らはより金を払うことが出来た。「いまでは海の上で中国船が香港漁民の船に寄ってきてより高値で買い取ろうとする」と彼はいう。Chengは海での仕事のあと卸売りを始めた。彼は冷凍や冷蔵魚介類を扱うがそれらは魚市場機構が規制している。しかし活魚の取引は灰色の領域にある。「だから、商売上の観点から見れば、香港の漁師は幸せだ。彼らは高い燃料を使って香港まで戻り政府の指示に従って魚を売るための時間の無駄をする必要がない」と。

漁師らにとってより便利なことは、彼らは岸に戻り水揚げをし又海に戻る代わりに網を引き続けることが出来る。利便性のほかに、多くの香港人らは金持ちの本土の消費者に対抗する力を持ってはいない。「香港人はそれに甘んじなければならない、いまや彼らは本土中国人に比べて貧しいのだから」と輸入業者は言う。これにはLaiも賛同する「我々は資本主義社会に生きている、供給と需要により動かされている。その両方を持っているふりをすることは出来ない。60年代、70年代香港は機会のある土地であった。実際人々はうまくいっていて「フカヒレで飯を食おうか」と言ったものだ。もちろん最良の魚介類を得ているのは本土人だけではない、これにはホタテ採取業者もいる。「香港漁船では潜ってと取った大きなホタテがある。しかし、香港が手に入れられるのは2番目のサイズで常に日本の漁船が大型を手に入れる」と輸入業者は言う。

いかなる場合でも、魚介類の由来の概念には欠陥があるという不備があり。取引の際の仕掛けに使われる。仮に日本のものと記された魚は日本船から市場にもたらされたもので、日本水域で獲れたたものではない。海上での取引はどの国でも当たり前になった。しかし地元の弁護士Lawrence Lau はそれは香港水域では危険をはらんでいるという。

香港水域で海洋生物を海の人々が自分たちの消費のために買うことは問題ではない」とLauはいう。「しかし買った魚を利益のために販売すると移民局の商業許可を必要とする。こういった中国の海員は香港でビジネスをしていることになるからだ、ただ通航しているだけではないからだ。ここでは租税徴収のための目的で商業登録を求められる」仮に漁民が香港水域以外の漁獲を販売した場合も法的問題を招くことになる。

「法律は香港で得た家畜を香港水域以外に運ぶことは輸出法にかかわる。税関に対する生還に対する書類が必要でその実行が求められる。また魚介類の場合、港を出る前に衛生検査が必要である」と。しかしながら、中国の習近平国家主席は本土での公務員による過剰で華美な食習慣に言及。習による汚職追放は香港での奢侈な販売によって凹まされている。それは値の張る、ステイタス食品である和牛ビーフ、フカヒレ、アワビなどである。こうしたことが地元の魚介類店の利益に繋がっている「魔界、そうだ、その変化を感じている」と輸入業者は言う。「何でも素晴らしい食べ物がある。市場には何でもある」と。

Lai はそうまではいわないが、中央政府の緊縮策がかなり消費を凹ませていることは認めるという」世界中の乱獲の結果としての魚資源の減少は珍味の選択が出来ないことを問題としなくなるであろう。「発展している国の繁栄社会は真偽確認のために鏡を見るべきである」とLaiはいう。「我々は歴史上の誰よりも消費し、環境にダメージを与えまた天然資源を使い尽くしている」FAOによれば香港は2009年に500,403 の水産物を消費した。これは一人当たりにすれば71.6kgであり、世界平均18.4kgの3.9倍に相当し、本土のひとりあたり消費の2倍に相当する。
コメント

船と岸壁にはさまれて船長が死亡した   英国

2013-11-26 00:06:43 | 海事
英国漁船Horizon II FR24のスキッパーJames ReidはTynemouthのRNLIに救助され救急治療を受けたが病院で死亡した(11月10日BBC)

RNLIの報道担当によれば彼は一時的に水中に没していたという。 Mr ReidはRoyal岸壁に深夜に落水したもの。海事事故調査局が事故原因を調査中である。Tynemouth RNLI の救命艇基地の報道担当Adrian Donは「RNLIの乗組員が岸壁と漁船との間を捜索した結果、彼を発見した」と。
コメント