memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

マイワシが消えた   カナダ

2013-10-31 00:12:57 | 水産・海洋
マイワシが消えたことで深刻な経済的、環境的影響がカナダ西海岸で起きている(10月15日CANADACOM)

3200万ドルの漁業がどういうわけか今年完全に崩壊した。マイワシ船団は一握りのマイワシをも漁獲できずに母港に戻った。この小さな群れをなす商業対象である魚の消失は食物連鎖に影響しザトウクジラにまで影響を与える。Tofinoを根拠地とする太平洋野生動物基金のJim Darlingがイナタビューにこたえた。夏場にバンクーバー島の西沖ではザトウクジラが数百頭も見られる。然し今年はそれが散発的であった。クジラウオッチ・ビジネスも同様であった。

「ザトウクジラは我々に変化が起きていることを知らせている」と彼はいう。 「海の仕組みは複雑で、その意味することの理解は難しい。一年だけであれば、警告を発する理由はないと思う、しかし興味を持つべき理由は確かにあるのだ」ザトウクジラははるか沖合いで確認にされている、たぶんニシン、コウナゴ、カタクチイワシあるいはオキアミなどを代替として接餌しているのだろう。しかし陸ガン近くでは今年は確認されていない。

ピルチャードという名前でも知られているマイワシには魅力的な歴史がある。マイワシはカナダB.G.州沿岸で1920年代中盤から40年代中盤にかけて漁業を支える主体であっておよそ年間4万トンが水揚げされていた。その後ナゾの消滅の事態がその後何十年も発生した。その初回のものは1992年であった。連邦政府による科学調査目的の操業がバンクーバー島の西側のBarkley Sound 出行われた。マイワシの再出現がザトウクジラに影響を当てあえたのは1995年のことで、クジラウオッチで主役を演じるコククジラにザトウクジラがとって代わった。

Ocean Outfitters 社の主任ガイドでありスキッパーでもあるPeter Schultzeは, ザトウクジラは普段は岸から10kmまで近づくが今年の場合はそれが18~31kmになっている。このため沖だ時間と燃料を要し、ザトウクジラを楽しむ時間が短縮された。
乱獲がB.C州沖のマイワシのいなくなった原因として非難された。しかし、研究者らは舞いわしの好まない海洋環境の変化が原因という。B.C州ではマイワシの商業漁を2002年に開始、2013年の許容漁獲量は25,000トン、それに対し資源推定量は 659,000 トンである。「今年は予想外だった」とバンクーバーのカナダ漁業海洋資源管理者のLisa Mijacikaはいう。マイワシ漁業はカルフォルニアとオレゴンでは行われた。「この魚は回遊魚であり海洋環境に大きく影響される」と。カナダ、米国、メキシコの研究者らはマイワシの動きについて解明すべく12月に会議を持つことになっている」(以下省略)
コメント

ニシン:大西洋-スカンジナビア系群の交渉は合意に至らず

2013-10-31 00:12:04 | 水産・海洋
ファロー諸島、EU,アイスランド、ノルウエー、ロシアなどによる大西洋・スカンジナビア系ニシンの合同管理についての会議が2日間の討議のあと17日に閉幕した(10月18日TFSND)

残念ながらこれら関係国が互いに満足のゆく合意には至らず、2014年の許容量について各国が懸念している。交渉開始と建設的な対話のため、ファロー諸島の代表団は2104年の創業について客観的かつ公平な基準に基づく暫定的分配による合意を提案した。この暫定合意は合同科学作業部会が特定的な資源についての地区的合意文書を作るまでの間の大西洋・スカンジナビアイニシン系群についての割り当ての鍵となるもの。この考えによる合意には至らなかったが、関係国は12月10日に再度会合を持つことを決定した。

しかしながら関係国は2014年の大西洋・スカンジナビア系群のTAC(許容総漁獲量)を418,487とすることを、ICES(海の利用に関する国際審議会)の勧告により合意した。また関係国は合同科学作業グループの設立についても合意した。これは先の沿岸国交渉でファロー諸島が提案したものである。これは1995年から2013年までの間の大西洋・スカンジナビア系群分布や資源の量について報告することが義務付けられている。この合同作業グループの結果が2015年の大西洋・スカンジナビア系群の管理協定の基礎となる。
コメント

地震災害で漁港が破壊された  フィリッピン

2013-10-31 00:11:38 | 亜細亜海道
火曜日には発生した地震によりセブ島の漁港が破壊され少なくとも15人が死亡した恐れがある(10月18日FUD)

このほかにも数十人が負傷し手当てを請けっている。捜索と救助活動は現在も行なわれており被災地に向かう道路も破損しているため、救助隊は努力を続けている。この地震はマグニチュード7.2で本心に続いて2回の余震も発生した。このため漁業活動は停止している。この島の別の地区でも10数人が死亡している。この漁港では緊急事態が宣言された。
コメント

空腹のままで眠る:インドを含め25カ国では

2013-10-30 00:02:01 | 
1990年以降はそうした人々の数は減ってはいるものの、世界中では8.7億人が飢餓状態にある。(10月28日REDIFF)

そうした国々を見てみると:
Burundiブルンジ:2013年世界飢餓指数38.8、2005年のそれは39.5ポイントで、全体としての飢餓順位は世界第1位。ブルンジ経済は農業に頼っていて、その2010年のGDPは31.5億ドル。
Eritreaエリトリア:2013年世界飢餓指数35.0、2005年のそれは39.3ポイントで、全体としての飢餓順位は世界第2位。エリトリアは鉱物資源に富んだ国であるが2012年のGDPは31億ドル。
こういった数値が続いている。

この指数は国際食料政策研究所International Food Policy Research Instituteによって発表されている。写真はインド・デリーのSikh 寺院で食べ物を待つ少年。
コメント

漁獲枠に達し、イカ漁期は終了    米国カルフォルニア州

2013-10-30 00:00:59 | 水産・海洋
カルフォルニア魚類野生生物局は漁獲枠の118,000トンに達したと推定した。今年は漁獲枠が2005年い設定されて以降もっとも早い終了となる。過去数年間は11月前に終漁することはなかった(10月18日VCSTAR)

イカ漁業は南カルフォルニアでは秋から冬にかけてが最盛期であるが今年は状況が変わった。「ことしは夏場の早い時期から現れた」と魚類野生生物局の研究者Briana Bradyはいう。イカ業界は今年は州当局と手を携えて日々の漁獲を追跡したとBullentonにあるカルフォルニア鮮魚生産者協会のDiane Pleschner-Steeleはいう。法の定めにより、加工業者らはつきに2回数量の報告を求められる。しかし今年の場合は、毎日合計数量を報告より正確な把握に努めたと彼女は言う。

予測値ではイカの水揚げは火曜日時点でおよそ109,000トンに達したと見られていた。 漁獲規制は乱獲防止が目的である。この週末の閉鎖により産卵の阻害が抑制される。イカはカkルフォルニアの漁業にとってはもっとも重要なものとなっている。昨年はダンジネスクラブが1位でありイカが2位であった。2011年はイカが第1位でその金額は6900万ドル出会ったg今年はそれを上回るものとPleschner-Steeleは期待している。
コメント

福島県南部沖で漁の試験操業始まる

2013-10-30 00:00:08 | 東北地震津浪災害 3.11
東京電力福島第一原発事故の影響で操業自粛が続いていた福島県南部沖で18日、漁場や魚種を限定して漁を行う試験操業が始まった。(10月18日読売)

試験操業は同県北部沖で昨年6月に始まったが、同県南部沖では初めて。
この日未明、同県いわき市内の4港から、同市漁協と小名浜機船底曳網漁協に所属する漁船13隻が出漁。久之浜漁港には午前9時半過ぎ、約50キロ沖合での底びき網漁を終えた7隻が次々と帰港し、水揚げで港は活気に包まれた。水揚げした魚介類は放射性物質検査を行って出荷される。

スルメイカ約20キロ、ミズダコ約20キロ、メヒカリを水揚げした「三誠丸」(17・8トン)の船長・北郷輝夫さん(62)は「台風の後であまりとれなかったが、2年7か月ぶりにようやく第一歩を踏み出すことができた」とホッとした表情を浮かべた。同市漁協の矢吹正一組合長(76)は「汚染水問題などのハードルはあるが、根気よく試験操業を続け、消費者の理解を求めていきたい」と話した。

コメント

米国籍の海賊警備会社の船舶を拘束   インド

2013-10-29 00:03:50 | 海事
武器携行輸送に関する許可文書を作成していなかったことが原因で警備会社所属の35人が船体とともに拿捕された。インド沿岸警備隊に拿捕されたもの。最近では多くの商船が海賊対策として武装要員を乗せているのが実態である(10月13日theguardian)

沿岸警備隊司令Anand Kumarはこの船は金曜日に停船を命じられ、インド南部の港 Tuticorinに乗組員10人と武装警備要員25名が拘束されている。必要書類が整うまではこの状態が続く。本船の乗組員と警備要員は英国人、エストニア人、インド人、ウクライナ人などで構成されているとKumar司令は言う。インドの南端はアジアと欧州を結ぶ通商航路に近い。多くの商船が武装要員を載せ海賊対策を行っている。スリランカに近いインドのTuticorinは武装警備員が乗船する港となっている。

「現時点では文書を待っている状態」とKumarはREUTER通信に語った。「われわれはrw文書が有効であるか点検せねばならないが、彼らはインド水域に入るに当たり武器を携行していることの申告をしていなかった」シエラレオネ船籍の”Seaman Guard Ohio”はヴァージニア州の海事警備会社AdvanFortの所有で、海賊対策をもっぱら行っている。AdvanFort 社と米国領事館は今のところ何のコメントも出していない。

Kumarによれば本船は金曜日夜に拘束された。インド当局が一時間以内に文書を提出するように求めたのに、24時間経過しても船長がその提示を行わなかったことが拘束の「理由であると。 (以下省略)
コメント

北朝鮮漁船を救助し帰還させた    韓国

2013-10-29 00:02:27 | 海事
Seoul発:韓国政府は勧告水域で漂流していた4人の北朝鮮漁民と彼らの漁船を帰還させたと軍部が発表した。これは北朝鮮に拿捕されていた韓国漁民6人が帰還してから2日後のことであった(10月27日AFP)

この漁船は土曜日韓国の東岸で機関の不調によりトラブルを起こしていたものを韓国海軍が発見したものであると当局者が発表した。また当該漁船員と船体は日曜日海上の国境線で北朝鮮に引き渡された。金曜日には緊張を緩和する動きがあった。北朝鮮が拿捕していた韓国漁民6人を厳重に監視された陸の国境を通じて送還してきた。この金曜日の6人のような国境通過はきわめて稀である。

この6人は現在治安当局の取調べを受けていて、当局は彼らの身元や北に拿捕された経緯などについてはいまだ発表していない。北朝鮮は2010年2月、違法に入国した韓国人4人を拘束したと発表している。この4人が今回の含まれているものと見らる。この措置は融和的なジェスチャーともとらえられる。2月に北が3度目の核実験を行って以降高まっていた。しかしその後ケソン工業団地の再開に合意している。

コメント

自分は犯罪者として扱われた   英国

2013-10-29 00:02:06 | 海事
コーニッシュの漁船船長が、フランス海軍が彼の船に乗り込んできてまるで犯罪者のように扱われたという。彼が合法的に操業していたにもかかわらず、海軍は彼の貴重な漁獲物を押収したり破壊したという(10月17日westermorningnews/thisis cornwall)

彼Mark Powellは漁船Golden Fleeceの釈放のために10,000ユーロの補償金を積むことを余儀なくされた。また罰金として彼の漁獲2,000ユーロ相当を破棄することを余儀なくされたという。

Pinrynの44歳の漁師である彼は怪我に加えて侮辱を受けたが政府の漁業監視機構であるMMOの介入が失敗したからであると付け加えた。「まともに平手打ちされた」とPowellはいう。彼はその父親Clintonの足跡を追って漁師になった。

「自分はすべて規則書に従った。自分はフランス水域にははいっていない。なのに船に乗り込まれ、犯罪者のように扱われ、憲兵に連行された」 「船の釈放のため、補償金10,000ユーロの支払いを余儀なくされたが、素の金を手に出来るかどうかはわからない」 「またほかに罰金として829ユーロを支払い、さらに2000ユーロの価値のある漁獲物も、燃油も失った。この金があれば自分お船は3週間活動できる。しかしMMOは何もしてくれなかった。彼らは自分たちのような小規模の漁業者の家庭には興味はないのだ」(以下省略)
コメント

アルゼンチンはるか沖合の怪光の正体を解明  米国NASA

2013-10-28 00:02:21 | 水産・海洋
アルゼンチンの沖合で不思議な光の形成が見られる。それは宇宙からも視認できる。アルゼンチンの沿岸から数百海里の沖合のこと(10月25日theBlaze)

これは一体何なのか?この画像についてはNASAが2012年12月に公表している。そして今、NASA頭脳が解明に取り組んだ。別の画像では日によってそのケイタイが変化することが認められる。この光はエイリアンや軍事演習、あるいはオイルリグのものではない。海の生物Illex argentinus(アルゼンチンイカ)が沖合に生息している, このためイカ釣り漁船が夜間強力な光をイカを集めるために点灯しているのだ。

アルゼンチン沖では昨年36万トンのイレックス・イカが漁獲されている。これには多数の漁船が参加している。実際この海域は地球上で第2位のイカの漁場とされている。イカ釣り集魚灯の光の反射がこうした光の群れを形成していたのだ。謎は解けた。
コメント

ドーハの魚市場

2013-10-28 00:01:39 | 水産・海洋
ここはは本当の意味での市場ではない。でも港の岸壁には漁師がやってきて、獲れたての魚を売っている(10月16日TE)
コメント

政府機関閉鎖でカニ漁も影響あり  米国

2013-10-28 00:00:48 | 水産・海洋
今日漁期が開始するダッチハーバーのおよそ80隻のタラバガニ漁船が港に停泊を余儀なくされている。これは政府機関であるNFMSの閉鎖により漁業許可証が得られないため(10月15日Seafoodcom)

とはいえ、一隻あたり一日およそ1,000どるの経費がかかる。この状況があと1,2週間続けば打撃を受けることになる。業界の多くは7~10日間の遅れを見込んでいる。また日本市場も脅威を受けることになる。ふたたび米国産のカニが市場を失うことになれば、ロシアのカニが高値による利益を得る。市ジョイを

タラバガニ漁の遅延は政府の閉鎖の影響の中の一つである。規模の大小を問わず、経費節減による波及効果は何千にも及ぶ。一例を挙げればBering Ciscoでは10月のはじめの2週間に毎年回遊調査を行うがそれも停止された。
コメント

ウミガメ密漁のベトナム人を逮捕   フィリッピン

2013-10-27 00:13:32 | 亜細亜海道
PUERTO PRINCESA発: 保護動物であるウミガメをフィリッピン水域で捕獲していたベトナム人漁師13人を逮捕したと警察当局が月曜日発表(10月21日The Peninsula)

これら漁師らはフィリッピン西部のパラワン島で金曜日に逮捕されたもの。当局は外国人による絶滅危惧種や保護対象動物の密漁が大きな問題になっているという。「捜索によって、外国漁船が数量未確認の死んだウミガメを積んでいるのが発見された」とパラワン警察本部のBenigno Caabayが当局発表を引用して発言。この13人は
裁判まで警察に拘留されると。

ウミガメはフィリッピンの法律で捕獲禁止とされ、これに違反した場合は12年までの懲役を課すことが可能である。この数年、フィリッピン警察はしばしば外国人を逮捕、中国人であることが多いが、彼らはパラワン水域でウミガメを捕獲あるいは買い付けを行っている。昨年11月にはベトナム人が同じ海域で逮捕され、海軍が100頭以上のウミガメを海に逃がした。中国人と見られる漁師らはこの際逃走している。

また中国漁民12人がこの4月には、保護区域の岩礁に座礁したが、この船からは死んだ数百頭のセンザンコウとその他の動物が発見されている。この事件の裁判はいまだ開かれていない。ウミガメはアジアの多くの国では伝統薬として利用されたり、美味として食べられたりしている。

コメント

カンボジアからの密輸   ベトナム

2013-10-27 00:12:41 | 亜細亜海道
煙草やそのほかの品物のカンボジアからの密輸品がベトナム南西部に流れ込んでいるがなかなか手が込んでいて法網の先を行くため、これとの戦いは困難であるという(10月14日VNN)

ホーチミン市・市場監視局のDuong Cong Khanh は密輸業者らは違法な煙草をLong An省に持ち込むために国境である水路でボートを利用しているという。彼らの騾馬役(荷受)となるのはほとんどが若者バイクを利用して品物をホーチミン市に運び込んでいる。カンボジャから密輸品をもたらす業者らはTay Ninh省に先ず運び入れ、彼らは手口を変え、公衆バスから旅行者の利用するバスやタクシーに切り替えを行うと当局者らはいう。

Long Anhの国境地帯では密輸はもっぱら夜間に行われ、逮捕を逃れるため少量しか運ばないという。また、密輸人らはThai NinhのMoc Bai 国境ゲートを利用するが様座真名s手口を使うという。彼らは密輸取り締まる当局の動きを細かく観察し、最良の時間帯に行動するという。クーチー地区市場監視支局チームのNguyen Van Monは彼のチームや関係のある Long An や Tay Ninhの関係局はカンボジャからホーチミン市に運ばれる大量の煙草やアルコール類を押収したという。

ホーチミン市市場市場監視局長のPhan Hoan Kiem、はノーチミン市, Long An, やTay Ninh との相互協力により早々と成果を挙げたが、人員不足、複雑な地形、密輸人たちの巧妙な手口により、密輸との戦いは困難を極めるという。
コメント

違法デイーゼル油で船員が逮捕された   タイ

2013-10-27 00:12:05 | 海事
Krabi's Muang地方の沖合いで10kLの海賊版のデイーゼル燃油を扱ったかどで男3人を逮捕したと月曜日、税関当局が発表した(10月14日Bangkok News)

Krabi's Muang地区の同局捜査部門長であCharoen Chamniklangは州の海軍第3部隊が,日曜日夕刻白い船体色の漁船が違法なデイーゼル油50樽を運んでいるところを急襲した。 船体及びその燃料油価格にしておよそ60万バーツ相当が押収された。当局は本船船長のSamrit Thongsaiとその部下2人を逮捕した。彼らは船上にあった燃料うを没収、ボートは証拠となった。船長のSamritはブラックマーケットで油を買いつけ地元漁民にリットルあたり20バーツで売りつけることのためい雇われたと白状した。彼らはプーケット税関に送致されbaht a litre. The group was sent to Phuket Customs House to face... 燃料密輸で告発される。警察は彼らの背後を探っている。

コメント