memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

魚資源が回復  米国

2013-03-31 11:51:12 | 水産・海洋

魚資源の枯渇していたものの3分の2が回復した。これにはアンコウ、ホタテなどが含まれていると本日の報告が伝えた(3月13日USATODAY)

44件の魚資源のうち27件、64%相当が回復、1996年に連邦政府が乱獲からの保護の目的で回復計画目標を定めたものであるが、環境団体の天然資源防衛審議会NRDCの分析によるものである。このような規制の更新が今年行われる予定である。議員の超党派グループが規制緩和を提案している。
「我々は世界でもっとも強力な漁業システムを有している」とNRDCの上席弁護士は言う。多くの外国漁業は減退していると。彼の報告書では米国の遊魚旅行は増加、27種の資源回復による価値は年間5.85億ドルになるという。

「我々はこの分水嶺にいまある」とSewellは発言。Magnuson-Stevens 漁業保護管理法の再認可について言及。この法律は1990年代のニュー印グランドの象徴的な底魚、マダラ、ハドック、カレイなどが破綻の危機に直面した際に適用されたものである。然し、釣り人らは法律は硬直している、10年間のタイムテーブルにより資源は一定のレベルに達していると抗議している。「漁業者たちは過度の管理措置にたいし不満を感じている」とニュージャージーの議員. Frank Palloneがワシントンでの会議で発言、彼の法案は漁業回復の期間を延長するもの。ニューヨーク州の上院議員Chuck Schumeも同様の法案を上院に提出した。規則を緩和するために”徐々にエスカレートする ”ものであるとSwellが発言。それは魚資源の再構築において米国の立場を弱体化けさせる可能性もあると。

NRDC報告は44sの資源を解析うち21はニューイングランドのもので、そのうちの12は回復ないしは顕著な成果を示している。この中には赤魚、米国ヒラメ、エイ、ジョージバンクのハドック、アンコう、レッドヘイク、ホタテ、シルバーヘイク、等々が含まれていると大西洋岸の中部では6種の資源が回復している。また太平洋岸も同様であり回復しているという。(以下省略)
コメント

漁獲物記録の不正で船主に罰金  英国

2013-03-31 11:50:39 | 水産・海洋
North Tynesideの治安判事裁判所が3月12日漁船船主に£4,497.50英国7ポンドの罰金支払いを命じた。TAC規定よりも小さな魚を違法水揚げしたことによるもの(3月15日FUD)

この漁船はRebecca (LH11)でAlan Blackieが所有船長でもある。ホワイテイングに関するEU規定の漁獲報告を正しく行わなかったことと小さなホワイテイングを漁獲したことによるもの。Blythroutine港のMMOの検査で発見された。
コメント

シラスウナギの価格高騰が予想される  米国

2013-03-31 11:49:55 | 水産・海洋
PORTLAND発: 昨年シラスウナギの漁期にはポンド当たり価格が2000ドルという高値で始まった。今年もまたこの金曜日に始まる漁期には高値が期待される(3月17日Kennebec Journal)

漁獲が始まるまでは価格は未定だが、扱い業者の一部には高値予想には疑問もでている。「たくさん獲れれば、価格は下がる。少なければ値は上がる」とDelaware Valley Fish Co 社のMitchell Feigenbaumはいう。この会社はポートランドのシラスを買い中国に輸出している。「世界的な品であり需要は十分にある」という。
漁業者の得る値段は一年を通じて変動する、日本でのウナギの不足や欧州での輸出規制により2年前から価格は急騰した。昨年は予期せぬレベルに到達。それがすべて達成されれば3800万ドルとなり、平均単価は漁師にとってポンドあたり2,000ドルであった。これは2012年の米国のロブスターに続く第2位の価値を占めるものである。メイン州の海岸に沿った河川で州政府は漁業者に413件の漁業許可を与えている。目の細かい網で川を上るシラスを捕獲、それはおよそ10週間で、5月31日には終了する。

WoolwichのTim LaRochelleはシラス採取とその買い付けを行っている。彼の二人の仲間は車に待機しシーズン前の準備をしている。車の中で眠り、シーズン中はクルマの中にとどまるのだという。彼がシラス採取を初めて行ったのは1990年代の中ごろで価格はポンドあたり30ドルであった。漁師らは一人当たり平均で一日2ポンドのシラスを捕獲する。

過去誰もが価格が高騰すると思っていなかったが、昨年は漁業者一人当たり一日1万~2万ドルを稼いだという。彼はアジアでの蒲焼嗜好を感謝している。「誰かが言ったが彼らはハンバーガーのようにウナギを食うらしい」と彼は言う。昨年はシラスは非常に価値が出た。取り締まり当局はシラス採取で300件の呼び出しと98件の警告を違反者に行ったという。そのほとんどが無許可操業であったという(以下省略)
コメント

漁業禁止区画を設定   ペルー

2013-03-30 00:04:00 | 水産・海洋
ペルーは掠奪された世界的に重要な漁業資源の崩壊の危機を阻止すべく商業漁の規制区画を設定したと同政府が報じた(3月13日REUTERS)

政府はペルー沿岸に沿って漁業規制を行うことで浅場で再生産するアンチョビー(カタクチイワシ)の未来世代を確保しようとしている。大型漁船は北部では海岸から10海里以内に入れない、また南部ではそれは6海里である。生産大臣Gladys Trivenoは政府の罰則をかわすために不要な漁獲を捨てたりする困った行為があり、それがアンチョビー資源枯渇の原因として大きいという。また他の魚種も無差別に漁獲されている実態と彼女は言う。

昨年同大臣はアンチョビーの漁獲枠を、11月から2月漁期の漁獲枠を過去数十年で最低まで削減。これは科学者らが1年間で資源が40%減少したことを発見したことによるものであった。ペルーのアンチョビー漁獲は粉砕されタンパク質豊富なフィッシュミールとして中国の養豚や欧州の魚類養殖向けに輸出されている。ペルーは世界最大のフィッシュミール輸出国であり世界の供給の3分の一を占めている。カタクチイワシは栄養塩に富んだフンボルト海流の冷水を好む。それはチリーからペルーにかけて流れ、世界の漁獲の第5位を占めている。Triveno 大臣は新しい政策でアンチョビー漁獲は昨年の漁獲370万トンを下回るもので、2011年に対しては28%の削減であるという。

オメガ3やオメガ6脂肪酸やたんぱく質をふくむアンチョビーの国内消費を増進するため、新しい政策は小型や中型船を許可し、そこでゃ大型船が操業できないし国内の食市場には流通できないようにした。「我々はアンチョビーを直接人間の食とすることを主張している」とTriveno大臣は言う。しかし批判がある。環境論者やペルーフィッシュミール産業の代表者らは、小規模漁業の規制は少なくアンチョビーを輸出向け企業に高値で売ることになるので法律の目的にそぐわないのではと。(以下省略)

コメント

違法操業に対抗した漁民の政治的な動き   西アフリカ

2013-03-30 00:03:13 | 水産・海洋
西アフリカ水域は海洋資源に富んでいる。地元民は歴史的にこうした資源に仕事の上でまた食糧確保の面でたよってきた。(3月6日)

セネガルでは魚がもっとも需要なタンパク源であり、ひとりあたりの年間消費量は61ポンドである。しかしながら乱獲は今日の西アフリカの最大の脅威のひっつとなっている。この地方は合法及び非合法な破壊的漁業の問題をかかえている。その多くは外国の漁船である。こうした漁船は地元よりも豊かな経済力を持つEU,ロシア、中国、韓国、台湾、ベリーズなどからのものである。. 彼らは西アフリカ沿岸の集落を伝統的な漁場を略奪することで生活を危機にさらしている。時には現地の地方政府が共犯であることもあある。

しかし今や西アフリカの小規模漁業者らはグリーンピースのような団体の支援を受けて彼ら自身で動き始めた。生得権の略奪に対抗するためである。2011年にはカボベルデ。モーリタニア、セネガルの代表者らがEUを訪問、彼らの漁船が自分たちの生計にたいしてどんなことを行っているかの情報を政治的リーダーと交換した。そのゴールは?欧州居打つ漁業政策の改定である。 欧州漁船は世界中で操業しているが、その中にはこの西アフリカが含まれている。

セネガルでは2012年の大統領選挙が小規模漁業者にとっては彼らの声を聞いてもらう機会であった。投票の一週間前には将来の当局者らがまずはじめに持続性のある漁業政策を取るよう訴える6,000人が行動した。またセネガル専管水域で操業する29隻の外国船の活動の停止を求めた。このキャンペーンは成功した。新しい政府の最初の決定は旧政府が与えていた この29隻の漁業許可を取り消すことであった。その3カ月後にはすべてのセネガルの漁村で漁獲が増加した。

漁業のスキャンダルを見つけ出し、白日にさらすことも地元の海洋生物の保護や漁民の生活にとって重要である。西アフリカの漁業で統治能力の欠如が海洋資源のロスの増大を生んだ。
コメント

南シナ海のパトロールを開始   中国

2013-03-30 00:01:15 | 海事
GUANGZHOU発:

中国漁業当局は南シナ海における定期漁業パトロールを開始したと日曜日発表、これは中国漁民のv権利と安全を守るためであると(3月10日新華社)

日曜日(10日)までに3000人の要員をい載せた中型及び大型監視船が漁業かいい域での任務に就くために出航したと中国農業部傘下の南シナ海行政当局の先任係官Liu Guimaoが発表したもの。中国漁業監視船は Huangyan Islands黄岩島, Meiji Reef明治礁, Nansha Islands南沙諸島, Xisha Islands 西沙諸島、and the Beibu Gulf北部湾での警備につくという。この活動は数週間継続する見込みだが、はっきりとした期間については述べていない。
コメント

韓国延坪島はいま

2013-03-29 09:20:52 | 海事
緊張は高まっている。韓国大統領朴槿恵は政府にたいし国民の安全を確保するよう、とくに延坪島の住民の安全をと呼びかけた。Yeonpyeong Island延坪島は2010年北朝鮮の砲撃を受けた(3月11日ArirangNews)

現況をArirang News のSo Ji-yoonがつたえている。最新の島からの情報では、緊張感はあるものの月曜日住民の日常生活がおこなわれている。島の周辺水域はワタリガニが豊富である。多くの漁民が朝早くからカニ篭を仕掛けるために働いている。島の学校の活動も平常どおりである。とはいえ、いかなる緊急事態にも対応できるよう高度警戒がなされている。
住民はニュースを常にチェックしている。市役所は避難所13箇所を開設し必要物資を運んだ。日没後の島は静寂の中、住民らは急いで帰宅している。砲弾発射の音がすれば彼らは避難所に向かうよう指示されている。

コメント

海兵隊員のインド人殺害事件裁判を阻止  イタリア

2013-03-29 09:19:07 | 海事
インド漁民を殺害したことで告訴されているイタリア海兵隊員2人は裁判に出廷のためにインドに戻ることは無い、とイタリア外務大臣が発言(3月11日BBC)

ローマ(イタリア政府)はデリー(インド政府)が国際法に反して海兵隊員をインドデ裁判にかけようとしていると発言。インド最高裁判所は 海兵隊員Massimilian LatorreとSalvatore Gironeのクリスマス休暇と投票のための帰国を許可していた。 海兵隊員の逮捕はインドとイタリアの外交もんだいに発展した。 イタリアの外務大臣は月曜日にその決定をインド側に通告した。

インドは本件に関し外交的に解決しようというイタリアの提案に呼応していない。国連海洋法条約にかかわる2国間の公式的な紛争であると、ロイター通信は伝えた。インドは今のところ公式発言はしていない。しかしこれはインドにおいては信頼にたいする重大な違反行為と見られるであろうとBBCローマのAlan Johnstonはつたえている。イタリア海兵隊員は海賊と見誤って昨年2月にインド魚身をを市に至らしめたものである。当時海兵隊員はイタリアの原油タンカーの護衛活動をインド南西沖でおこなっていた。イタリア側は インド漁船が積極的に行動し、イタリアのMV Enrica Lexieからの警告射撃を無視した。

イタリアはその国民である海兵隊員をイタリア国内で裁きたいとしているが、それはインドの法律が及ばない国際水域で発生した事件であるためとしている。然しインド側は漁民のSelestian Valentineと Ajesh Pinkyは武装していなかったという。海兵隊員らは保釈され裁判を待っている状況であった。

コメント

保護団体はサメの貿易規制に投票

2013-03-29 09:17:54 | 水産・海洋
国際野生生物会議で保護主義者らはフカヒレに用いられているサメの種の保護について交易を規制することに投票した(3月11日businessnewsnet)

代表者らは3年ごとに行われる絶滅危惧種に関する国際会議でoceanic whitetipヨゴレザメ、, hammerheadシュモクザメ、porbeagle sharksニシネズミザメを貿易規制リストに加えることを提案した。20種類以上のサメが絶滅の危機にあるとされまた100種以上が資源が脆弱化ないしは脅威にさらされているという。マンタエイやサメはバハマ、フィージー、モルデブなどで利益を生むものとして観光産業にとって貴重である。

ブラジル、米国、エジプトはこれらの種の規制を提案していた。無記名投票で行われた採決ではヨゴレザメについての提案は賛成92表、反対42、棄権8票で採決された。またシュモクザメも賛成91、反対39で採決された。ニシネズミザメはそれぞれ、93-39-8で採決された。米国の国際サメ擁護団体のSonja Fordhamは票決に喜び「これらは貿易流通が多く、脅威にさらされているサメについて緊急な保護が必要である。持続性の無い交易がその資源、生態系、家計、エコツーリズムに影響する」と発言。

国際野生生物愛護協会のRebecca Regneryは,提案の適用は「 商業目的の攻撃からいくつかの種を守るための唯一の方法である」と。また支持者らは乱獲と漁業者らによる別の魚種を狙った操業の際の混獲で種の数が現書しているという。日本と中国はこの提案についての反対者である。彼らはサメ資源尾管理は地区漁業委員会の手にゆだねるべきであると主張した。ヨゴレザメとシュモクザメの漁獲はフカヒレ需要によるものであり、ニシネズミザメは欧州でのサメ肉需要による。

非営利団体のPEWグループは香港がフカヒレの世界最大市場であり、世界の83ヶ国からの輸出量は2011年で10,300トンという。(以下省略)

コメント

日本の水産物との情事: 北京

2013-03-28 11:14:44 | 
北京発:
反日感情と政府による節約キャンペーンも北京の日本式のサシミやスシレスレストランのアピールをへこますまでには至っていない。(3月8日SFS)

北京にある何十軒もの日本式レストランに行けばその成長が著しいことがわかる。その多くは自ら日本から食材を輸入し、日本人シェフを雇用している。

近隣諸国に向けた中国人の憎悪の程度は今月北京でなの通ったブタ料理店Bainian Luzhu(百年滷煮)がその窓に日本人、フィリッピン人、ベトナム人、それに犬店に入るべからずの張り紙をしたことでも知られる手。これら諸国はいずれも北京(中国政府)が領海紛争をしている相手である。ところが裕福な中国人らは日本式の海鮮料理があり、料理人も日本から呼び寄せたレストランに現れる。日本の料理人のアピールはGozou Roppu(五臓六腑)店の経営でも明らかである。この店は北京の朝陽區亮馬橋の大使館街にありVIP向けサシミの盛り合わせは4人前で1200元(18000円)である。

この店の材料は日本から輸入したもので、サシミがクロマグロ480元、ヒラメ198元日本産のウニは108元などである。2013年経営は順調とマネジャーはいい彼は日本人料理人とレストランの使う食材について言及する。カウンターに立って顧客と会話しながら顧客の多くは北京の日本人駐在員らであると、この店のオーナーでマネジャーのコバヤシ・ジン氏は語った。顧客は特に焼きカニアシ(日本から輸入)で価格は135元、蒲焼ウナギは128元。顧客らはサンマ(48元)イカサシ(32元)も好むと彼は言う。コバヤシの店から徒歩10分のところにある、地元中国人が経営する江戸前寿司も賑わっている。サシミ盛り合わせが4人前で400元、日本から輸入した魚の煮物が800元など。スタッフはこの店のオーナーは東京で調理と経営について8年間学んだという。「我々は日本から魚を輸入している」とマネジャー、メニュウにはとく上のマグロ、ミドリハタ、カジキ、マダイなどが並んでいた。

サシミやスシのチエーン展開が中国の首都で拡大している。飛行機では東京は広東、アモイといった国内の伝統的な水産物供給地よりも近距離にある。この取材中に”江戸前”の何人かの顧客は”日本で訓練を受けた”という宣伝に惹かれたのだという。日本からの輸入物としては江戸前はヒラメの丸物やカンパチなども輸入、アワビ、ハマグリ、ホタテなどは国内産で大連からのものという。

中国が輸入する日本の水産物は、中国メデイアが過去2年間福島原発事故による汚染を報じたあとでもかなり残っている。USDAのデータによれば中国への軟体動物のゆにゅうでは日本が第一位で3,100トンを2012年の10ヶ月間で輸入している。同じ期間に冷凍魚の輸入先として日本は第4位で55,691トン。日本からのサケの輸入は6,648トンなどとなっているが、2009年の44,200トンよりは減少した。

北京政府は尖閣諸島問題で日本を批判している。緊張は先ごろの日本首相選挙後に高まった。一方選挙などない中国政府は国内問題での国民の不満をそらすためにつねに反日感情をあおっている。しかし、莫大な中日貿易関係と日本からの投資にたいする期待は大きい。

コメント

6隻が押し流された  パナマ

2013-03-28 11:14:00 | 海事
悪天候のために、国家民間防衛システム(SINAPROC)も2人の乗組員を救助できなかった。船が流されたColon市でのこと(3月5日SNT)

地元当局は 座礁した船舶からの油漏れから人々を守るべく当該地区のFirst Streetにロープを張った。これまでのところ6隻が岸部に流された。場所はColonのFirst StreetからJuventud Park にかけての一帯。SINAPROCと赤十字社は5人の船員を救助した。

Colon州の知事Pedro RiosはColon東岸および西岸が寒冷前線による厳しい嵐による風と5mの高浪で河川氾濫も起きたという。知事は海岸に近づかないよう家屋にとどまるよう人々に求めている。
コメント

水産物の安全性調査でブラジル代表団がベトナムを訪問

2013-03-28 11:13:24 | 亜細亜海道
ブラジル農業家畜食品供給省および漁業養殖省の検査官らが訪問したもの(3月10日TTN/INFOVN)

代表団は訪越中に国家農業林業漁業品質保証局の地区カンリセンター、水産物加工工場、エビと魚の養殖場などを訪問する。Hai Vuong Ltd Company, Khanh Hoa Canned Food, Hung Vuong JSC, Mekong Delta Food Factory, Southern Fishery Industries Ltd Company および Nam Viet JSC などで検査を行う予定であると。代表団はベトナム水産物でリスクに直面している品々についても調査を行う。
検査官らは最終日に調査結果をホーチミン市で発表する予定である。また代表団の代表によればMAPAは2ヶ月以内に詳細な結果を報告するという。VASEPによればブラジルはベトナムの水産物の輸出先として有望な相手のひとつで昨年は7900万ドルを輸出している。
コメント

欧州に激怒、英国漁業者の嘆きの終焉は (2)

2013-03-27 07:57:25 | 水産・海洋
漁師らは気候変動が大きな要因であるという。地球規模の温暖化が魚の生息地を北方へと移動させている。Yorkshireの沖合いでも魚資源が消失している。漁船は朝方に戻ってくるが網は空のままだ。時折魚の群れが突然現れる。その結果大量の漁獲と歓喜が起こる。しかしEUが漁獲枠を蹴りこんできた。EUの罰則回避のために船長らにたいし余剰漁獲の投棄を強いることになった。漁業からは稼ぐことが出来ず、多くの漁民は石油やガスのパイプラインの保安お仕事に就くようになった。皮肉なことにすべてをEUのせいだと非難するがEUからの求職者を集める結果となった。

「石油は魚よりも金になる」と33歳のラトビア出身の船長Sergei Bartulans,はいう。彼はMaggie Mという名の以前は7トロール船であった船で北海の石油掘削調査の支援を行っている。「以前彼らはこれと同じような船で漁に出た。然し今は自分と同じようになった。漁業は死んだ」EUは単にスケープゴートかもしれない。しかし一部の漁業者らは、これはたぶん数十年に及ぶ野放図乱獲、気候変動、その他の理由が非難されるべきという。

「5年から7年程前にはここには28隻の漁船がいた。それがいまやたった2隻だ」とJoe Storr58歳はいう。彼の家系は何是代にも渡って漁業を営んできた。彼は最近白身魚をあきらめ帳尻を合わせるためにエビやカニを獲っている。

Whitby の港にもどれば、海から戻った漁師に挨拶するようにEU旗の金色の星をあしらったた金属製の古い箱がある。これは毎日の漁獲の記録を詳細につけた航海日誌を改修するためのもので、EU規則に従い海事当局が集めるためのものである。たくさんのおあざけりが見られる。「自分は欧州人じゃない。自分は英国人だ」とLocker船長は港に船を向けながらいう。彼は塩飽着の一枚の紙を見せてくれた。彼の月別漁獲枠の走り書きである。アンコウ400kg、マダラ1.25トン、ハドック2トンなどとある。一頭のアザラシが彼のに船の航跡と戯れている、彼の漁獲のおこぼれを狙っているようだ。

EUは地域社会の窮状を把握しているという。漁獲枠方式を改善すべく新しい概念のMSY最大維持漁獲量を提案してきた。それは年次漁獲枠を複数年の計画に置き換えることで資源を保護し、漁業者らにより金になる機会を与えようというものである。「魚資源を維持可能なレベルにまで引き戻し、改定された政策により漁業部門の繁栄ををはかり、助成金着けの状態を終わらせる」とEU漁業コミッショナーMaria Damanakiの報道担当は言う。

当局者らは数十年の乱獲によりEU船団の収益は40%削減された。数年間の小康状態で資源の回復が見られるだろうという。またEUはもし資源が長期間にわたる韓国に沿い持続性を考慮して漁獲されたなら資源はおよそ70%回復するだろう。漁獲は17%増加し、漁民の収入は24%増加、それは年間18億ユーロに相当するという。しかしLockerのような男は事業はかろうじて利益を上げているという。「それは現実的でない。過去2年間すべての政府とEUのやってきたことは削減、削減、漁獲枠削減だけだった」と。

いま彼の心配は息子が漁業でキャリアを積もうとしていることだという。ここに未来は無いとLockerはいう「息子は漁に出たいという。私が彼を殺していたかもしれない。正直なところ。彼はそれが好きだ」といいながら彼は船橋の窓から息子を見やった。「自分みは小さな孫がいる。2歳だ。もし彼が釣竿がほしいといったら、彼を竿で打つ」と。

コメント

漁船火災で9人が死亡  韓国

2013-03-27 07:56:54 | 海事
SEOUL発: 韓国の群山の沖合いで漁船火災が発生、9人我死亡し一人がゆくえ不明となったと韓国の連合通信が土曜日に報じた(3月9日新華社)

警察の発表によれば20トンの漁船で午前5:20に出火、現場は群山の西方24kmの韓国南西かいい域である。20人の乗組員のうち11人は海に飛び込んだ。10人が救助されたが警察はゆくえ不明の一人を捜索している。当局はまだ事故の把握には至っていない。
コメント

漁業と女性

2013-03-27 07:56:20 | 水産・海洋
FAOの収集したデータによると、女性が国際的に小規模漁業や漁業において重要な役割を担っている。それは漁獲した後の扱い、加工、市場での販売などにおいてである(3月8日WFT)

例えば西アフリカでは80%の水産物が女性によって扱われている。インドでの調査では水産加工において60%が若い女性である。またベトナムでは養殖作業において80%を占めている。欧州では10万人の女性が漁業部門に雇用されているという統計がある。とはいえその貢献の度合いを把握することはj難しい。統計はパートタイムやフルタイムで家族経営に法的認識や関連する社会的利益なしでかかわっている女性らを見落としている。

我々は現在EU漁業の社会経済的データを収集しているが、これにより漁業における女性の貢献がさらに明らかになる。これによって労働条件の理解が進みその改善アドについてよりよい背策をとることができるようになる。漁業における女性の役割の理解は雇用の拡大やその成長のために重要である。漁業の家計収入が厳しい状況にある場合、女性が家族を養うためにさまざまな故ことに取り組まねばならない。このことが漁業部門での革新をもたらすことにもなる。自分は女性たちがその能力を十分発揮できるような道具立てを与えられるよう努力している。

すでに、欧州漁業基金のもとで、EUはフィンランドでの魚の表皮を皮革として染めつける女性への支援を行っている。同様にスペインではエボシガイ(フジツボ)を7採取する会社を27設立した。これによりエボシガイの新しい製品と市場化が期待できる。それは天然のエボシガイや海草とエボシガイのパテなどを缶詰にしたものなどで現在は国中のグルメ品販売店で扱われている。
我々はこうしたプロジェクトの動機付けを欧州共通漁業政策とともに進め直接女性に対するファンドの供給を行っている。

AKTEAは単純かつ簡潔に「それぞれの漁船の背後には、女性、家族、集落がある」という。よって女性への支援は必然的に家族や集落の支援に繋がるという。
コメント