memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

海賊に襲われた恐怖の漁民が帰還    ニャチャン・ベトナム (1)

2014-12-31 07:59:38 | 海事

7人の漁民が中部ベトナムの母港に、疲れきり、獲物もなく土曜日に帰還、、彼らは海賊により悲惨な試練を受けた(12月17日TNN)

Khanh Hoa省ニャチャンのHon Ro 港に戻るや船長の Phan Quoc Hung, 35歳は, 即座に当局に出頭、12月2日に外国人海賊の攻撃を受け盗難にあったことを報告した。Hungによれば、11月10日、マグロ漁のためにKhanh Hoa省の沖合いにあるTruong Sa 諸島 (Spratly islands) に出漁した。彼らは地元の船と船団を組んだが魚は魚h多くは獲れなかった。結局、船団グループとともに帰港せずに、島の周りを回ることにした。島周りで操業中に彼らの船は何の印も無い船に突っ込まれた。銃を振り回し、武装した男らがボートに乗り込んできてHungと乗組員を彼らのボートに載せた。そして冷蔵の船倉からまきあげた。 

その後彼と乗り組みは自分の船に戻った。ところが彼らはすべての漁獲物、燃料、装備品はドガ盗まれたことを知った。乗組員によればおよそ1.2トンのマグロと其の他の魚種250kg、イ干したイカ170kg、燃料油2,500リットル、バッテリー3基、GPS,電動ポンプ3台、携帯電話6台に漁業装備を合わせてVND470 million (US$22,000).の被害であった。

 

コメント

”生きている化石”への熱い思い

2014-12-31 07:58:35 | 亜細亜海道

中国のチョウザメは1.4億年前からのもの、しかし経済発展によりこの非常に稀な種も消滅しようとしている(12月9日China Daily)

これから30年も経つとこの種の保護や調査は難しくなるのではとWei Qiweiは心配を隠せない。この古代の魚は次ぎの10年に消滅するのではないかと。過去2年間に研究者らは揚子江での産卵活動の証拠を発見することが出来なかった。これは1980年代に調査を開始して以来始めてのことであると中国漁業科学院のWei氏はいう。「屋制御が自然産卵できない場合、現在生き残っているものが最後のものとなる」とWei.

科学院の記録によれば、2003年以前メスのチョウザメは10月遅くから11月遅くにかけて産卵、しかし2003年から2012年にかけては産卵がそれぞれ日とつきずれたという。魚の観察を研究者らは続けるものの湖北省宜昌近くの揚子江で魚の卵を発見することは少ない。ここは三峡ダムのあるところである。「推定では川には現在100尾程度しかいない。1980年初頭には2,000尾もいたのに」とWeiはいう。

中国のチョウザメは世界最古の生物である。ダイノザウルスのいた1.4億年前まで遡る。その長い系譜にもかかわらず、魚は長く生き残ることが出来ないとWeiはいう。彼はこれは中国の急速な経済発展の代価だといい、とくに揚子江にかかかるダムやk橋梁の急増が原因という。産卵に適正な水温は15.3 C and 20.2 Cであるが、三峡ダムに貯められた温かい水が揚子江に流入する。平均水温が上昇し産卵に影響を与えたとWeiはいう。

「三峡ダムやそのほかに河川に作られた構造物が産卵に影響するとう。水温が上昇し下流が影響を受ける」と彼はいう。中国チョウザメ研究所の次長Gao Yongもまた世界的な温暖化が影響しているという。

水利プロジェクトは1993年い開始された。これには高さ185mのダム、5層からなる船の閘門、26箇所の水力発電所、6箇所の地下発電所などが2012年までに完成した。川の水位は上昇し、2003年に海面から88mから135mであったものが2010年には175mとなった。Wei によればダム建設により産卵場所が減少した。「宜昌のGezhouba葛洲壩ダムの建設によりに産卵場所は僅か1箇所になった」という。

コメント

タンガニーカ湖のフェリー沈没で死者多数  コンゴ民主共和国

2014-12-31 07:58:03 | 海事

金曜日のタンガニーカ湖でのフェリーの沈没で少なくとも129遺体が回収された。この地方では過積載による事故が頻繁に起きている(12月15日BBC/ ALLAFRICA)

国内運輸大臣Laurent Sumba Kahozi は生存者の捜索は続いているという。救助要員らは日曜日に石油缶などにしがみついていたという。通信員によればこうした事故はしばしば発生しているという。

ライフジャケットは、多くの乗客は泳ぐことが出来ない。カタンガ州当局者は過積載と強風がMV Mutambalaの沈没原因であるという。この犠牲者のなかには女性や子どもも含まれている。当初の報告では死者数は26人であった。生存者は232人でそのほとんどが男性という。

コメント

ギリシャの客船火災、5人死亡 伊首相、救出終了を発表

2014-12-30 00:02:36 | 海事

 ギリシャ西部コルフ島沖のアドリア海で28日に火災を起こしたフェリー「ノーマン・アトランティック」(2万6904トン、乗客・乗員478人)から、5人の遺体が搬出された(12月29日朝日新聞)

レンツイ伊首相は29日午後、記者会見で「残っていた乗客をすべて救出した」と発表した。ギリシャ・イタリア両国の軍や沿岸警備隊が、荒天の中で救出活動を続けた。

 救命ボートで脱出した人のほか、多くがヘリコプターで、近くに停泊する船に運ばれた。船を接舷しての移送も試みられたが、海が荒れているため見送られた。

 船内の火災は、出火から約16時間後の28日夜におおむね鎮火したという。船には船長と船員、イタリア兵らが残っている。 船は操船が難しい状況で、当面は消火作業と救出活動を最優先し、その後イタリアかアルバニアの港に引航する方針だという。

 ギリシャのプロトテマ紙(電子版)などは、事故船が12月19日の海運当局による査察で、防火扉の不備、救命胴衣や非常灯などの不足、避難計画の不備を指摘されていた、と伝えた。当局は船会社に対し、15日以内に改善するよう求めていたという。救出された乗客の多くが「警報が鳴らなかった」などと訴えている。ただ、造船会社側はAP通信に対して「不備があった防火扉は160個のうちの一つで、延焼部分よりも上の階だ」と説明している。

 

コメント

巨大な魚バーブBarbが獲れ、売った    メコンデルタ

2014-12-30 00:02:11 | 亜細亜海道

メコンデルタ、Vinh Long 省で絶滅危惧種の128kgの巨大なBarbが獲れた、業者にVND200 million (US$9,400)で売られた(12月8日TNN)

VnExpressへのビデオ投稿をみると、その計量には7人が必要だった。この魚の置かれている状況にもかかわらず、誰も罰せられることはなかった。この魚はシャム(タイ)の巨大コイとして知られcyprinid科の魚では世界最大である。この魚の来遊はメコンデルタのMae KlongかインドシナのChao Phraya 川にしかない。しかし乱獲と棲家を失ったことで絶滅に瀕している。

コメント

ニューヨーク市の水辺にさらにザトウクジラがやってきた (2)

2014-12-30 00:01:38 | 水産・海洋

なぜ、ザトウクジラが50フィート長さで重さは40トンにもなるのか、どうしてNYの沿岸に来るのかは判ってはいない。ここには以前は捕鯨によって破壊されるまではザトウクジラや其の他の種がたくさんいた場所である。Rosenbaumはザトウクジラの再出現はその数が増えたというより単に棲家を移動したからではないかという。彼らの好物であるメンヘデン(ニシン科の魚)がふんだんにいることから、遠い海から彼らをひきつけたのではないかという。

また水が綺麗なこともあげられる。 「環境倫理観の改善によることが考えられるな」とRosenbaum はいう。「我々は綺麗な空気や水の法律を有する。海洋哺乳類保護法MMPAとそれに関連した州法がある。 これらとの関係性を確かめることは困難だが自然環境の変化が行動の変化をもたらしたのであろう」と。Sieswerda は様々な要因の役割について賛成する。「すべては水が綺麗になったことから始まる」と彼は言いハドソン川の改善を挙げる。

何が原因であろうとも、世界のザトウクジラの資源量は増加している。クジラを計数することは難しいが国際捕鯨委員会IWCの最新の推定では世界全体の資源数は150,000頭であるという。Aこのうちの 11,600頭が北大西洋のものでこれにはNYCの New York Bightのものも含まれる。保護法が通過するまでにそこには数百頭が集まるのではないか。

ニューヨーク市民らは鯨が自由の女神と戯れることは望まない。時折のゆくえを失った子供は除き、鯨は港の外にいて欲しい。Rockway半島の先のゲートから先のN.J.のSandyHookなどにいて欲しい。Rosenbaumはクジラの数が増えれば ニューヨークの頻繁な航路の障害になることを心配する。また沖合いに設置する風力発電についても配慮が欲しいという。

コメント

農場から市場へ

2014-12-30 00:01:03 | 亜細亜海道

野菜を卸売市場に運ぶニューデリーのインド人労働者 (12月15日SFGATE)

コメント

ギリシャ沖でフェリー火災 466人搭乗、救出難航

2014-12-29 00:03:57 | 海事

メディアなどによると29日午前5時半(日本時間午後0時半)ごろ、ギリシャ西部コルフ島沖のアドリア海で、フェリー「ノーマン・アトランティック」(2万6904トン、乗客411人、乗員55人)が火災を起こした。同国とイタリアの沿岸警備隊が午前10時(同午後5時)ごろまでに約150人を救出したが、作業は荒天のため難航しているという。

 事故船はイタリア船籍。ギリシャのパトラからイタリアのアンコーナに向かっていた。(12月28日朝日新聞)

コメント

新種のマスが見つかった   トルコ

2014-12-29 00:03:24 | 水産・海洋

Recep Tayyip Erdoan大学漁業部門の研究者らが新種を発見した(12月15日TFSND)

この新種は Salmo kottelati( 写真はProf. Dr. Davut Turanによる),でサケ科に属しこの科にはサケ、マス、チャー、グレイリングや淡水魚類が含まれる。 サケ科の魚は200種類以上ありその肉質などから経済的価値が高い。このSALMOTHE属はマルマラ海、黒海、エーゲ海、地中海に流入する河川に生息しているが、この属はトルコには12種類いる。

この新種は他の属と異なることが発見されたのは側線に沿ったパーマークが少なく、口の裂け目と上顎がおおきいいことによる。サケ科の魚は一般に山岳地帯の湖、河川の上流に生息するが、一部の種類にあっては長期間海に棲み、産卵のために河川に回帰する。この回遊する生活史をアナドロマスと呼ぶ。サケ科の魚は小型の甲殻類、水棲昆虫、小魚を捕食する。

トルコのこの属の多様性を理解するために全国200箇所以上から2004~2014年に標本が集められた。(以下省略)

コメント

手製の木造ボートでケイマン諸島にたどり着いた  キューバ難民

2014-12-29 00:02:39 | 海事

26人が乗った手製の木造ボートが、米国へ向けての脱出を試みたが、悪天候に阻まれ、ケイマン諸島にたどり着いた彼らは一時的な難皆使いを許可された(12月14日REUTERS)

女性4人男性22人のほとんどがCamaguey州の南東部の沿岸都市Santa Cruz Del Sur 彼のもので、彼らは4日間海上にいた。ケイマン当局は、通常の規則を無視し、天候が回復するまでの滞在を許可した。この乗船者の1人で大工のLaudmir Hernandezは7日間でこのボートを作り上げ、それに級至近なk米国製の車の4気筒エンジン Pierce-Arrow を取り付けたという。彼は経済的なチャンスが無く、キューバからホンジュラスまでの400海里 (644-km) の航海を試みたという。

キューバ人らは共産主義政権のキューバを脱出し、中央アメリカを目指すものが増えている。そののち長旅をして米国にたどり着こうとする。米国の"wet foot, dry foot policy,"により米国にたどり着けたキューバ難民は滞在を許可されるが、海に阻まれれば戻ることになる。

ケイマン当局はこのグループの上陸と公共の海浜の小屋CABANAでの沐浴を許可、浜で寝ることとや地元の全流反人々から食料を得ることを許可した。難民らは通常、帰還を条件に上陸許可される。米国当局によれば、昨年はビザ無しキューバ難民16,000人が到着しており、これは過去数十年で最大の記録という。キューバ当局は米国の政策を難民に命の危険をおかすことを勧めるものと批判している。

32人尾キューバ人グループの場合は機関故障により、夏場のカリブ海に食料や水も無しに3週間漂流した。うち15人が生き延びメキシコの漁民に救助されている。

コメント

青森沖沈没:外国人乗組員3人死亡

2014-12-28 00:02:11 | 海事

 25日午後11時15分ごろ、青森県鰺ケ沢町の北西約18キロの沖合で、カンボジア船籍の貨物船「ミンクァン」(1915トン)が浸水したと船舶代理店を通じて青森海上保安部に通報があった(12月26日毎日新聞)

船は26日午前6時5分ごろに沈没した。バングラデシュ人の船長ら外国人男性の乗組員10人全員を同海保が救助したが、中国人2人とミャンマー人1人の死亡が確認された。

 同海保によると、乗組員は中国人7人、バングラデシュ人2人、ミャンマー人1人。25日午後11時5分ごろに右舷から浸水し始め、しばらく自力航行を続けたが、船体の傾きが止まらず、沈没したという。船は廃品を積んで北海道の函館港を出港、韓国・光陽に向かっていた。青森地方気象台によると当時、雪と強風で視界が悪かった。

コメント

インド漁民を拘束後釈放      スリランカ

2014-12-28 00:01:42 | 亜細亜海道

Rameswaram発:スリランカ海軍がTamil Naduからのインド人漁民27人を国際海事境界線を超え自国水域に侵入したとして水曜日夜に拘束した(12月11日Colombo News)

漁民らは警告の後朝になって釈放されたとPTIが報じている。 インド漁業当局によればThanjavur地区のJagadapattinamの漁民13人が3隻の漁船とRameswaramからの14人の漁民と漁船3隻とともに拘束されたという。漁業局の次長Sekarはスリランカ海軍が漁網を傷つけたという。Nagapattinam, Tiruvarur, Karaikal, Thanjavur および Pudukottai の漁民らはこの事件をうけて抗議のために本日から操業を無期限ボイコットするという。

コメント

ガザ漁民が負傷   エジプト側の銃撃で

2014-12-28 00:01:12 | 海事

GAZA CITY (Ma'an)発:土曜日、エジプトの監視海域でパレスチナ人漁民1人が銃撃を受けて負傷したと当局が発表 した(12月12日MAANNEWS)


ガザ漁民連盟長であるNizar Ayyashはエジプト側がパレスチナ漁民Ali al-Bardawilを銃撃したものであると。al-BardawilはRafahのAbu Youssef al-Najjar 病院に運ばれ彼は手と腹部の手当てを受けたという。

コメント

漏油と戦う  (2)

2014-12-28 00:00:34 | 海事

また昨日には、海運大臣 Shajahan Khanが BBC Banglaに対してロンドン根拠のチームが浄化を支援するためにやってくると話している。詳細は不明なるも、同大臣はそのチームは本日中に首都ダッカに到着し政府当局者らと打ち合わせするという。一方環境林業省はShela皮で毎日15地点でミズノサンプル採取を行うという。

油が広がったのは火曜日朝のこと、358KLのボイラー用の燃油を積んだSouthern Star-7が8人の乗組員とともにMonglaの近くで午前5時に沈没した。本船が後ろから貨物船に衝突され転覆したものであるが、乗組みの7人は岸に泳ぎ着いた。

この事故でタンカーの6区画のうち4区画が破損したとタンカーのサルベージ後当局が発表。400リットルだけが無傷の区画の中に残っているとHarun & Co社のマネジャーGiasuddinが語った。質問に対してGiasuddin はすべての必要書類は当局の査問員貝に手渡したという。

この事故を受けてPashurおよび Shelaに居住する漁民ら数百人が彼らの生計の心配をしている。 「自分は漁に出られずに生計の心配をしている。だから油を回収してPadma Oil 社に売りに行く」とJaymunirgol の漁師漁Md Mostakimは昨日語っている。死んだカニを見せてくれたが明らかに油の事故で死んだものであった。当局は地元民に対し油を回収し油会社の代理店に売ることを勧めている。

 

コメント

ロシアから4隻の極海支援用タグボートを購入   アルゼンチン

2014-12-27 00:21:46 | 海事

アルゼンチン国防省は4隻のロシア製多目的極海タグボート、NEFTEGAZ級を購入する契約に調印した。総船価は800万ドルを超える(12月13日MP)

当局の発表によれば、これらのタグの到着は2015年中盤になる見込みで、退役したタグと入れ替えられるがこれまでのものよりも安全かつ近代的、経済的運航が可能であるという。多目的タグは <script type="text/javascript"></script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"></script> 'Supply'クラスとしても知られ、南極海の補給業務に有効である。南大西洋での海難捜索救助業務も仕事に含まれ、チリーとともに南極海での人道的活動f、科学調査、其の他活動を行う。ロシアが利用していた船齢20年船はオイルリグや石油産業の補給に用いられている。この Neftegaz級タグはサルベージや曳航も可能である。これらのタグはロシアではIce L 1級に登録されていて、北極海の夏場に活動できるとされている。

アルゼンチンが所有する同じような船舶はすでに船齢が50年を超え、またアルゼンチンは南極海での旗艦である砕氷船Almirante Irizarを2007年の火災で失っている。今回のタグボートは排水量1,393トン、長さ81.37m、幅15.98m、喫水5mである。2基のSulzer dieselエンジンの出力は7.200 BHPで10トンの油圧クレーンを 備えている。燃料の補給無しに40日間12ノットで活動ができる。

 

コメント