memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

8000人の漁船員をフィリッピンから雇用  台湾

2012-07-31 08:18:33 | 水産・海洋
台湾では大量のフィリッピン人漁業者の仕事が待っていると昨日当局が発表した(7月18日TFSND)

台湾公認のフィリッピン人材局 PILMATの会長Jackson Ganは台湾8000人の雇用が必要となっているとPhilstar紙に語った。「台湾はフィリッピンに対し漁船団のためにフィリッピン人漁民をされに必要としている」とMr Gan。台湾では漁船員になる人が不足しているためと。これは中国が自国漁船団の増強を図ったことが台湾船に影響している面もあると。

「中国漁船お隻数増強で中国本土の漁民で台湾船の乗組みであったものが減少、これにより台湾漁船ンは人手不足が深刻になっている」とMr Ganは付言。しかしながら台湾ではフィリッピン人漁民の就業の機会があり、政府の支援が求められるという。
フィリッピン人漁民は手続きに必要なパスポート、船員手帳、医療費など国際海事条約のSOLASで求められる書類手続きのためのお金にも事欠いているとMr Ganはいう。また漁船員や海員は就業の前に8~10日間の訓練プログラムに参加する必要がありこの場合に4,000~8,000ペソのコストがかかる。「こうした経費を経済状態からまかなえぬ人が多い」とGen氏はいう。
コメント

中国漁船がスプラトリー諸島に

2012-07-30 08:14:38 | 海事
南シナ海の紛争地帯であるスプラトリー諸島に日曜日、中国漁船が大挙到着したと国営メデイアが報じた(7月17日Chinapost,Taiwan)

中国海南省を木曜日に出港した30隻の船団はYongshu岩礁に到着。中国漁船は日ごろからスプラトリーに来ているが石油埋蔵の可能性が高いとされるこの地帯について中国は歴史的に自国領土であると主張している。しかし今回の船団隻数は過去最大であると伝えている。3000トン級の補給艦や警備艦が漁船保護のために同海域に出動しているとのことでこの船団は今後5~10日間現場で操業を続けるという。

この船団の到着は4日前にスプラトリーで中国フリゲート艦が座礁したが、日曜日に離礁したすぐ後のことである。しかしながらフィリッピン側は座礁は単なる事故によるものであるとして外交的抗議は行っていない。
コメント

座礁当時船橋にはいなかったと: COSTA CONCORDIA船長

2012-07-29 12:01:03 | 海事
船長Francesco Schettinoは常に乗客のことを考えていたが非難されている。Gigio島に座礁した際にはほかの士官が指揮を執っていたと(7月12日SNT)

Costa Concordiaの船長Francesco SchettinoはイタリアのTVに出演、30人以上の犠牲者に対して陳謝した。彼は彼自身が散漫であったことを認めたが事故発生の際は船橋にはいなかったと。「その瞬間、自分は甲板に出て手動操舵に切り替えを命じた。それまでは船の指揮を執っていなかった。指揮は別の士官が行っていた」と発言。最年少の5歳の少女の死亡について問われると、彼は何も答えられず沈黙した、とBBCは伝えている。
Schettino は海難と殺人の罪を認めていない。イタリア裁判所は船長の禁固を解除したが、かれは審判が続いている間はナポリの近くの地元を離れることはできない。
コメント

人力底引き網

2012-07-28 07:26:53 | 水産・海洋
ベルギーの北海沿岸のKnokke-Heistで手で曳くトロールを準備する二人の漁民(7月12日FOXTV10)
コメント

ピラニアとの戦い   中国

2012-07-28 07:22:40 | 亜細亜海道
中国南部の都市で二人が川でピラニアに襲われたことから警報が発せられている。ピラニアを捕獲すれば一尾あたり1,000元(およそ13,000円)
の報奨金が得られるという、魚の生死の状態は問わない(7月12日straitstimes)

中国江西省の柳州政府は南米原産の外来魚種の捕獲を人々に求めている。今週初めに柳江でボートを漕いでいた2人がピラニアに襲われたと人民日報が報じている。市中を貫流する川での網による捕獲は禁止されているが本件にあっては例外とされた。熟練の漁師5人による捕獲努力が月曜日以降行われていると柳州当局のWei Yongwen が語った。また別に40人お漁民がこの活動に参加しており、釣りの餌を豚肉としているという。
コメント

お知らせ

2012-07-27 00:04:48 | 避風塘 (雑想雑事滞留地)
今後3日間ほどブログにアクセスできないことがあるかもしれません。
出先の状況によるものですが、極力トライしてみます。
7月末には回復可能です。
コメント

国際的なイカ釣り漁船の把握に新しい手法を導入  アルゼンチン

2012-07-27 00:03:37 | 水産・海洋
アルゼンチン国家漁業調査開発研究所INDEPは衛星によるイカ釣り漁船の夜間映像を把握する手法を開発したと発表(7月12日MP)

この夜間映像はイカ釣り漁船の夜間の隻数把握を行う。研究所はDMSP-OLSにアクセスし夜間画像を把握する。研究者らはイカ釣り漁船の隻数やその大きさなどEEZの外側でも把握する。漁船の装備している強烈なランプによる光をOLS赤外線センサーで把握、これにより識別が可能となる。得られた情報の検証は、アルゼンチンの船から衛星測位データを使用して行われる。

INDEPの報告によれば「この調査の結果はデータベースとして保存される。これにより船の燈火による光の特性や現象が把握できる。この調査に参加している研究者によると結果は満足のゆくものという。「衛星測位されていない外国イカ釣り漁船についてもこの手法により漁船群の識別と隻数の把握が可能になる」という。たとえば2月26日にはこの海域には87隻の漁船が存在した。
コメント

50人以上の難民が地中海で死亡

2012-07-27 00:02:07 | 海事
イタリアに向かっていた難民がその途中で50人以上が死亡したと生存者の一人が語った(7月11日Guardian)

しかし彼の報告数は国連難民部局UNHCRやNGOのそれとは異なるという。国連筋は船が地中海を漂流中に一人ずつ死んでいったものであるという。チュニジアのUNHCRの報道担当Rocco NuriはAbbasと名乗る生存者が, 月曜日燃料タンクにしがみついているところを船とともに発見した。その後彼はZarzisの病院に搬送された。この25歳のエリトリア人はUNHCRに対し船には彼のほかに54人が乗船していたと語った。この人々の多くはエリトリア人とソマリア人で、15日前にリビアのトリポリを出発したという。「彼らは食糧や水の積み込みを許されなかった」とNuri.

「彼らはイタリア沿岸にほぼ到着していたが風により押し戻された」という。「Abbasは脱水と飢餓によりひとりずつ死んでいったと話した」と。Nuriはしかりとした膨張式のボートが機関故障をしたのか燃料が尽きたものかは判らないという。状態の良い時ボートは6時間航海できたという。しかしNGOの Boats4Peopleは彼とは異なった見解を持っている。「26時間航海した後、ボートがトラブルを発生した。Abbasのみがボートに残っていた。エンジンが海に落ち損傷」 「Abbasはその後14日間漂流、その間に他の船を目撃している」(以下省略)
コメント

Hilsaが獲れず漁師はいらいら

2012-07-26 11:51:19 | 水産・海洋
ヒルサhilsaの漁期だが漁獲は芳しくなく漁師と業者のイライラが募っている(7月16日thadailystar)

漁師の家族らは操業コストすらカバーできないことから厳しい生活を余儀なくされている。Patuakhaliと Barguna地区からのおよそ1,000隻の漁船が様々な河川で解禁以降漁を行っているが、漁獲は期待をはるかに下回っている状況。バングラデシュでは5月から10月がhilsaの漁期とされている。

Char Miazanの漁師Habib Miaは卸売人からの借金50,000タカの支払いを心配している。漁師らはMominpur, Kalaiya, Nimdi, Galachipa, Kalapara, Mouduvi, Char Montaz, Kalapara, Mohipur 、 Pathorghataなどの水揚げ場で待機状態にある。 「我々は12人の漁師とともに沖合に出て12日間後の金曜日に帰港した。しかし漁獲は3 maunds のヒルサだけで販売額は40,000タカ、これに対し出漁のコストは10万タカ必要だ。昨年同期は30~35 maundsの魚を人黄海で漁獲できていた。と漁師の Abul Kalam Azad, 45歳は語った。

Mohipur地区の漁師Monirul Islam, 45歳はこうした不漁は過去25年間見たことがないという。hilsa,は海面上昇による餌不足でその棲家を変えてしまったのか。 卸売人のNimai Chandraは天候が良いので今年こそはと期待していたが、今はイラついているという。「自分の経験では海が荒れているとヒルサは大量に獲れる。昨年は毎日200maundsのヒルサが自分の店に届いた。しかし今年は25~30しかないという。
Barguna漁船船主協会の会長Abdul Mannanによれば今月初めに30隻の漁船が出漁したが2隻が空船で帰港したという。

コメント

三亜港から南沙諸島へ出漁   中国

2012-07-26 11:50:23 | 亜細亜海道
昨日、漁船が三亜から南沙諸島へ向けした(7月12日上海日報)
地元漁業会社、協同組合、個人漁業者による遠洋への出漁が三亜で昨日行われた。30隻の漁船は南沙諸島で20日間の操業を行う。
コメント

南氷洋沖アミ操業が好成績    ノルウエー

2012-07-26 11:49:40 | 水産・海洋
Olympic Seafood AS 社は同社の漁船 ‘Juvel’が南氷洋における沖アミ操業を成功裏に終了した、効率品質共に過去最高と発表した(7月9日MP)

今後24カ月間に十分に足る原料を漁獲した。乗組員と本船は完ぺきな操業を行い、r Olympic Seafood社として過去最高の効率を記録このため南氷洋における操業期間も短縮できた。これは単に時間の短縮のみではなくエネルギーの節約にもつながった。同社のセールス担当役員Even T. Remøyは「乗組員は素晴らしい仕事をした。われわれは2航海とも満載であった。この間の漁模様は最適であり、すべてが計画通りに行われた。
シーズン開始当初はJuvelとその乗組員は 科学調査に貢献した。本船は南極海海洋生物保護委員会CCAMLRに協力しSouth Orkney島周辺で3週間の調査を行った。英国、中国、ノルウエーの科学者が参加、本船Juvelは科学者らが求める場所に向かった。科学調査の目的は特定海域での超音波探査とオキアミの標本を得ることであった。この航海で得られた科学的データは今後数か月から数年をかけてオキアミのバイオマスと食物連鎖の関係についてさらに明瞭な解析が行われることになる。(以下省略)
コメント

タイ王国海軍がベトナム漁船2隻を阻止

2012-07-25 00:00:47 | 亜細亜海道
タイ海軍がSattahip近くのタイ水域で操業していたベトナム漁船2隻を阻止、しかしほかにも5隻が現場にいた模様である(7月6日Pattayamail)

Rayong漁業協会からの苦情に対応して海軍第一管区司令部はKoh Chiangの南70浬に偵察機を派遣、これが6月27日のこと。パイロットは7隻のベトナム漁船がれぞれが20~30浬離れて操業しているのを発見した。海軍はこれら漁船阻止のためにHTMS Su Pairinを現場に派遣。
パトロール艇が現場到着した時点では会場には2隻が残っていた。うち一隻は舷側に繋がれていて大波により沈没しかけた模様。8人のベトナム人は負傷せずに救助された。海軍はこれらベトナム漁民、漁船とその装備をSattahipに連行し尋問をお行った。残った漁船の魚倉には薬にするためのウミヘビがいっぱい詰まったバケツを発見。全員が強制送還されることになった。副司令官のChumpol Wongwaekhinはタイ領海内で ベトナム漁船が操業しているという苦情を最近多く受けているという。しかしその多くは逃げおおせているという。
コメント

奴隷労働の4人が帰還 カンボジャ

2012-07-25 00:00:22 | 海事
南アフリカ沖の漁船で奴隷労働を強いられていたカンボジャ人男性4人が、昨日プノンペン国際空港で家族と面会した。彼らは試練から脱出できた(7月4日PPP)

そのうちの一人Kha Mara, 29歳は,彼らは日本で働けるものと信じていたが何か月にもわたり肉体的精神的虐待を受け続けていたと語った。「我々は休息や給料もなく労働を強制され、暴風の中でも働かされた」と語る。「働くことを拒否すれば、殴られた」という。この4人はKampong Cham州出身で、彼らをとらえていた台湾人は彼らが満足に働かず、「のろまだ」とみていたと Kha Maraはいう。

彼等が救助されたのは南アフリカに入港した際に家族に電話したことによる。彼らの家族は地元の法務教育センターCLECに訴え、これにより外務省、CLEC、南ア政府当局、国際移住機関が彼らの解放に動いたことによる。Nov Chon, 49歳は彼の25歳の息子Seng Sokhaとの再会を空港の到着ゲートで喜んだ。「息子は、彼が約束されていた月給200ドルを得ることもなく19か月洋上で働いていた」とChonはいう。また会社はこの金のうち50ドルを得我々に送金すると約束していたが、一度もそれはなかった」という。

水曜日外務省が発表したこの会社の名前はGiant Ocean International Fishery Co社であるが、CLECの事業担当Huy Pich Sovannは会社は消えていてその追跡はできないという。帰還者らは故郷に戻ったと健康診断を受けるとSovannはいう。
コメント

MSC Flaminiaの消火活動

2012-07-24 10:00:57 | 海事
昨日午後MSC Flaminia(コンテナ船)に対する消火活動が再開された(7月20日SNT)

連続した冷却活動によりさらなる延焼は回避される見込みである。 船橋部、機関室、船尾部および船首部は2回目の爆発の影響を受けていない。サルベージ船の船長によれば船殻は無傷であるという。貨物の損傷と消火水により本船はおよそ10度傾斜している。2隻目のタグボートANGLIAN SOVEREIGNは今晩、3隻目は土曜日の正午には現場に到着の見込みである。サルベージの専門家らは縄梯子で本船に上り消火システムを再稼働させることを計画している。消火活動には1週間以上かかるものと見ており、その後本船は修理のため欧州に曳航されることになる。

コメント

中国船はいない  Benham Rise、フィリッピン

2012-07-24 10:00:38 | 水産・海洋
マニラ発:フィリッピン大統領府はBenham海山に中国船と台湾船がみられたという報告を否定した。この場所は太平洋の海底の隆起でありフィリッピン領海とされている(7月5日ABS-CBS)

「Benhamに中国の密漁船はいない。また台湾船の活動も認められない」と大統領府報道官のEdwin Lacierdaが発表した。 「我々はそこでクロマグロ操業を認められた唯一の国である。大平洋地域管理規定がある」と付言した。Laciedaは外国漁船が操業することを阻止するためにこの場所に永久的な構造物を建設する計画はないと発言。国連海洋法(UNCLOS)はBenham Riseあるいは Benham Plateauとして知られる場所をフィリッピンの領有と規定している。Benham Riseの広さは1300万ヘクタールの広さがあり鉱物資源やガスが未開発であるが豊富にあるとみられている。この場所はAurora州の沖合で南シナ海の紛争島嶼とはフィリッピン本土をはさんで反対側にある。またここはフィリッピンの大陸棚に含まれEEZ200浬の内側にある。
コメント