人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

アルコール検知器による酒気帯び確認は延期へ/内閣府令

2022-08-12 07:23:33 | 賃金:基本給



こんにちは。 社会保険労務士法人workupです。

以前のブログでご案内していました2022年4月からスタートした
いわゆるアルコールチェックの義務化ですが、
10月からはアルコール検知器を用いた確認が
求められる予定となっていました。
しかし、アルコール検知器の供給状況等を踏まえ、
当分の間、その義務化に係る規定を適用しないこととする
内閣府令案が示されました。

その内容は以下のとおりとなっています。

・道路交通法施行規則の一部を改正する
内閣府令(令和3年内閣府令第68号)の
 施行により、安全運転管理者に対し、
令和4年4月1日から目視等により
 運転者の酒気帯びの有無について確認を
行うこと等が義務付けられ、
 同年10月1日からアルコール検知器を用いて
当該確認を行うこと等が
 義務付けられることとなる(府令第9条の10)。

・安全運転管理者が当該義務を履行するためには、
 アルコール検知器を用意する必要があるところ、
 最近のアルコール検知器の供給状況等を踏まえ、
 当分の間、アルコール検知器の使用義務化に係る規定を
 適用しないこととする(新府令附則第6項関係)。

現場からはその負担の大きさから不満の声が多く聞かれた
このアルコール検知器による酒気帯び確認ですが、
まず2022年10月の義務化は見送られることになるようです。

お盆明けには正式な対応が示されるようですので、
注目していきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
社会保険労務士法人workup

株式会社workup人事コンサルティング
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 健康経営 中小企業向け認定... | トップ |  令和3年労働争議統計調査の... »
最新の画像もっと見る

賃金:基本給」カテゴリの最新記事