社会保険労務士法人workup ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

都市部で前年度比増 都道府県別料率を決定/協会けんぽ

2023-02-24 23:16:01 | その他



こんにちは。 社会保険労務士法人workupです。


全国健康保険協会(協会けんぽ)は

令和5年度の都道府県別の保険料率を決定しました。

東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪などの都市部が

前年度比増となる一方、北海道、東北6県、四国4県、福岡を除く九州6県などは

前年度比減となっています。

協会けんぽの都道府県別の料率は、

都道府県ごとの2年度前の1人当たり医療費の実績などをもとに決めています。

今年度の料率は令和2年度の医療費の実績が反映されており、

当時は新型コロナウイルス感染拡大による「受診控え」があった影響で、

都市部を中心に料率が低くなっていました。

3年度は受診控えが減り、都市部の医療費が上昇したとみられています。


令和5年度の協会けんぽの健康保険料率及び介護保険料率は、

本年3月分(4月納付分)からの適用となりますので、ご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
社会保険労務士法人workup

株式会社workup人事コンサルティング
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 氷河期世代募集で暫定措置延... | トップ | 雇用調整助成金のコロナ特例... »
最新の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事