人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

社員とのコミュニケーションの場 改善委員会

2010-08-10 21:18:37 | 労働法

───会社に安定と発展を 社員にいきがいと成長を───


こんばんわ 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。

お盆休みがはじまります。

私が子供のころの夏休み帳には、気温35度と書いた記憶がありません。

せいぜい31度が2回くらいあったかどうか、と覚えています。

今年の暑さは異常です。熱中症には注意しましょう。



さて、今日はある方から伺った話を書きます。


改善委員会を設け、社長と従業員のコミュニケーションを円滑

にしている会社があります。


改善委員会とは、ずいぶん仰々しい名前ですが「飲み会」です。

2カ月に1度、実施しているそうです。


たとえば入社したばかり社員の状況、社員はどのような内容で困っているのか、

皆の意見を確認しながら、意見交換会をしているそうです。


社長は聞き役に徹しているそうです。

すると、案の定、労働時間の問題や賃金の問題、将来の問題、

会社の方針について等、社員の口からポロポロと出てくるそうです。


焦点は、徐々に今後の会社づくりをどうしていくのか、

労働環境をどう整備していくのかに話は移っていくようです。


意見交換後は、就業規則の変更や今後のテーマとして活用していくそうです。



改善委員会は、社長と社員のコミュニケーションの場です。

就業規則を一方的に会社側で作るのではなく、皆の意見を確認しながら作っていく。


コミュニケーションがとれているので、

労働問題が発生したら、社員の皆さんの協力をもって対処していく。


改善委員会によりこのような社員との良好な関係が自然と生まれることと思います。

意義あるものと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 時代にあった就業規則とは | トップ | 就業規則を守ってもらうためには »
最近の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事