人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

程よい指導について

2010-10-28 23:13:48 | 人事考課



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


マラソンランナーが増加しています。

お付き合いさせていただいている方にも、ランナーは少なくありません。


私も1年前まで走っていました。

東京マラソンにも応募したくらいです。



ところが、走りすぎで持病の腰痛を悪化させてしまいました。

もともとこの腰痛対策としてマラソンを始めたのですが、

走りすぎで腰痛が悪化し、ドクターストップとなった次第です。



ある経営者に聞くと、マラソンをやりだして、肩こりや腰痛が治った、

という話を度々聞きます。

おそらく、「程よい加減」でマラソンを続けているのでしょう。



この「程よい加減」が大切だと痛感します。

つい、もっと走りたい、もっとやらなければ、もっと、もっと、と思うのですが

ほどほどが丁度よいのでしょう。



ところで、ストレスについて本などを読むと、人間として

生活をするうえでストレスはあったほうが良いようです。

全くストレスがないと、それはそれで身体にとって不都合のようです。

ストレスのかけすぎはもちろん良くありませんが、

「程よいストレス」は身体にとっては歓迎すべきことのようです。



さて、仕事はどうでしょうか。

育成に指導は欠かせません。

人の成長過程で、指導は大切です。「程よい指導」は不可欠でしょう。

ところが、上述まで見てきたように「過度な指導」は禁物なのかもしれません。



熱血漢が過度な指導を部下に行うと、

私の腰のように悲鳴をあげ、ドクターストップにつながる場合もあります。



どこまでが「程よい指導」なのか、研究する余地がありそうです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 残業手当が払われていない!? | トップ | 情報漏洩、秘密保持について »
最近の画像もっと見る

人事考課」カテゴリの最新記事