人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

メンタル不全社員 56.7%

2011-08-03 23:02:52 | 労働法



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。



独立行政法人労働政策研究・研修機構は

メンタルヘルスに関する調査(5,250事業所が回答)

の結果をまとめました。(2011.7発表)



その調査によると職場の人間関係などにより

メンタルヘルスに問題を抱える社員がいる事業所が、

全体の56.7%であることがわかりました。



グラフを見ると社員数に関わらず、概ね5割前後、

不調者を火抱えていることが伺えます。

ただ、1000人を超える規模の会社では約7割に

達しています。




産業別でみると、医療・福祉で

76.6%ともっともメンタル不調者

のいる割合が高く、次いで情報通信業

の73.9%、製造業が67.9%

となっています。



メンタル不調者が発生することが

珍しいことでもなんでもありません。

起こりうることです。



就業規則には、メンタル不調者に対する

休職、復職の基準等が記載してあるかどうか

確認をする必要があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« お客様の求めているものが分... | トップ | 精神疾患を加え5大疾病へ »
最近の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事