湘南徒然草

湘南に生まれ、育ち、この土地を愛し、家庭を持ち、子育てに追われ、重税に耐える一人の男の呟き。

国際情報共産主義

2020-11-30 18:42:02 | Weblog
アメリカでは、大手メディアが同じ原稿を読んでいます
何者かが与えた原稿を、そのまま読んでいるのです
言論の自由が、まったく無いのです・・・共産主義です

これが本当にアメリカ?
にわかには、信じがたいことでした
もちろん、アメリカ大統領選挙の報道についてです

日本の状況は、その下請けみたいな感じです
おこぼれの情報を、拾い集めて
大事なことには触れず、許される範囲で、似たり寄ったりの報道をしています
共産主義の衛星国みたいです

情報産業は、革命が成立し、共産主義が実現したようです
スマホも、世界的に、企画が統一されてきました
私達には、選択の余地が少なくなっています
世界は、情報産業を握る者達の計画した方向に進み始めているのかもしれません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コロナ騒ぎは人為的なパニック

2020-11-29 17:34:45 | Weblog
あいかわらず
コロナのバカ騒ぎが続いています
これは、はっきり言っときますけど「政治的陰謀」です

コロナが人工的に作られたウイルスであることは確かでしょう
誰が何の目的のために?
私は当初、中国が生物兵器として開発したものと考えていました
それが、武漢ウイルス研究所のずさんな管理のために
外部に漏出してしまった・・・と
おそらく、北京政府も、そう考えてパニックに陥ったのでしょう

しかし、真相は、さらに深いところにありそうです
このウイルスはアメリカで作られ
研究補助金付きで、中国人研究者に渡されたという説があるのです
これが、北京政府が

「アメリカによってばら撒かれた」

と主張した根拠だったのです

世界政治の闇は、私などの想像を超えています
何者かが、何かの目的のために、このウイルスをばら撒いたのです

どの程度の毒性があるのか
犯人たちが知っていたかどうか
その目的が、犯人達の思惑通りにいったのかどうか
当方としては、考える手がかりさえありません
ただ一つ、はっきりしていることは
国際的なパニックを作りたかったということです

こんなことを中国自身が企画するわけはありません
おそらく、アメリカ側にいる何者かによる陰謀でしょう
その者達は、中国を世界から敵視させたい意図があったわけです
だからと言って、これを単純に、米国内の反中勢力の陰謀とは言えません
自分の身にも、危険が降りかかるからです

これが精緻に考えられた陰謀だとすると
実は、毒性がさほど強くないことも、事前に分かっていたはずです
そう考えれば、現状が説明できます
さほど危険がないのに、メディアを使って、危険性を煽る
昨今のメディアの体たらくを見れば
メディアが、闇の勢力に利用されているのは明らかです

ということは・・・
現在、バイデン米国大統領候補を応援しているメディアの黒幕が
同時に、コロナウイルス騒ぎの黒幕である可能性が高いということになります
おそらく、そうでしょう
バイデンが勝てば、コロナ騒ぎは嘘のように消えるはずです
コロナ騒ぎは、人為的パニックなのです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディアを支配する闇の権力

2020-11-28 17:28:00 | Weblog
私が完全にはまっているアメリカ大統領選挙
日本の大手メディアでは、一切触れられていませんが
もめにもめているわけです

すでにバイデンの当選は確定しているというのが、彼らの解釈のようです
実際、菅首相は、バイデンの当確が出てすぐ、お祝いの電話をしています
私は、いくらなんでも早すぎるとは思いましたが
外交的には、これでいいという人もいます
こちらは素人ですから、何が何だか分かりません
日本の選挙であれば、当確が出てから覆ることは滅多にありませんから
これでいいのかもしれませんが・・・

実際は、各地で選挙不正を告発する提訴がなされているわけです
それらが、次から次に却下されていましすから
トランプは証拠もなく、無駄な抵抗をしているのだというわけです
しかし、1000通を超える宣誓供述書があるとも言われ
担当している弁護士も、ジュリアーニ元ニューヨーク市長やシドニー・パウエル女史
いずれも一流の人物であり弁護士です
いい加減な訴訟をする人々ではありません
まして、パウエルさんは、トランプ陣営からは報酬は得ていません
陣営とは別に、選挙不正を告発する行動をしているのです

こういう事態の推移を、一切伝えないのが日本のメディアです
多分、アメリカの大手メディアもそうなのでしょう
日本のメディアは、それに倣っているだけということなのでしょう

そんなことでいいのでしょうか?
私は不気味でなりません
こんな不正を、トランプのでっち上げと、本気で考えているのでしょうか?
真夜中に、開票マシンの能力を超える数量の得票が
突然バイデンに入るなんてことを、本当に信じているのでしょうか?

おそらく、そうではないでしょう
皆、バイデンがインチキをしたことは知っているのです
知っていながら、それを表明できないのです
何かを恐れているのです
メディアを支配する闇の権力にひれ伏しているのです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捨てられたジャーナリズムの良心

2020-11-27 18:33:59 | Weblog
アメリカ大統領選挙の動向が、いよいよ分からなくなりました
トランプ陣営というより、反バイデン陣営
あるいは、選挙不正摘発グループともいうべき人々の動きが急なのです
その一方の中心にいるのがシドニー・パウエル弁護士です
トランプ陣営とは別に行動しています
使命感にかられた強い意志を持つ女性という印象です

情報が錯綜しているので
私が、これ以上のことを書いても責任が持てません
私が注意を喚起したいのは
これほどの事態の進展を日本の大手メディアが一切伝えないことです

異常です
日本には言論の自由が無いことが証明されました

日本のメディアが
アメリカの主要メディアに支配されていることは明らかです
アメリカの主要メディアもまた、何者かに支配されているわけです
つまり、日米とも、主要メディアには言論の自由が無いのです

主要メディアの情報のみに頼る人々は
メディアを支配する巨大な力に情報をコントロールされているわけです
日米をまたぐ巨大な洗脳装置が存在していることになります
メディア関係者は、それを承知で居直っているのですから
彼らはすでに魂を闇の権力に売り渡した人々です
ジャーナリズムの良心は捨てられました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリミキのフェアで立木義浩さんと

2020-11-26 16:56:28 | Weblog
昨日、パリミキさんのご招待で
宝飾・メガネフェアに行きました
場所は横浜ベイシェラトンホテルです

駅前ですけど、妻と三男と一緒にクルマで行きました
途中の渋滞には参りました
コロナ騒ぎで公共交通機関を避ける人が多くなり
今はクルマが増えていますね

妻は三度目くらいなんですけど、私は初めてです
高価な宝石や革製品を勧められるので
自分から参加したいとは思いません
妻は、出掛ける機会が少ないので
こういうのも、たまにはいいと思っています

私が今回参加を決めたのは
写真家の立木義浩さんに撮影してもらえると聞いたからです
私より年下の人は、立木氏のことを知らない人が多いのが意外です
私が若い時は、日本のトップの写真家でした
立木氏に撮影してもらえるなんて、光栄なことです
おそらく、一生の間に、二度とないチャンスだと考え、参加することにしたのです

立木氏は、思いのほか気さくな人でした
私が

「立木さんに撮影してもらうのだから、自分でデザインした服を着てきました」

と、言うと

私の服を見て、興味深そうに

「どこで売ってるの?」

と訊ねられました

三男、妻、私、そして私と妻

4件の写真を撮ってくれました
さらに、希望すると、家族と一緒に記念写真を撮らせてくれました
なぜか、立木氏は、途中から、私の妻の肩に手をかけています
サービス精神だとはわかりますが
さすが、女優さん達と浮名を流してきた人です

ベイシェラトンの眺めを堪能しながら、3人でランチを食べました
会場に戻ると、似顔絵を描いてくれるコーナーもあり
1枚お願いしました
けっこう忙しかったですが、楽しい一日でした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似顔絵を描いてもら

2020-11-25 18:32:59 | Weblog
iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立木義浩さんと

2020-11-25 13:49:43 | Weblog
iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迫り来る日本及び東アジアの危機

2020-11-24 14:17:16 | Weblog
日本のメディア報道を見ていると
アメリカ大統領はバイデンさんに決まりで
トランプさんが無駄な抵抗をしているといった感じしか受けません

本当に、そうでしょうか?
ならば、なぜ、あの首都ワシントンを埋め尽くした
トランプ支持デモを放映しないのでしょうか?

一説には50万人とも言われていますが、NHKは1万人以上と報道しました
確かに、50万人は1万人以上ですから、算数の問題としては正解です
しかし報道としては、フェイクニュースに近いですね
正確な数が分からないのは当然なのですから
せめて映像を映すことをすべきでした

さらに、アメリカですら
トランプ批判が、異なるメディアで同じ文言が使われている
・・・と指摘されている問題です

日本の報道機関は、元々、どんな記事も、各社横並びであり
何者かが提供するニュースの垂れ流しです
そして、今回のアメリカ大統領選挙の情報も、そんなところです
情報発信源はどちらですか?

私は、このところYouTube専門ですので
とてもバイデンが勝ったなどとは思えませんし、認めたくありません
これほどの選挙不正のニュースが
すべて、根拠の無いでっち上げだとでも言うのでしょうか?
私には、とても、そんな風には思えません
高い信憑性があると考えています

まだ予断を許せませんが
私は、バイデンが大統領になったとして
真の勝者はトランプであると考えるでしょう
情報を調べれば調べるほど、バイデン周辺にはろくなことがありません
まるで犯罪者集団です

台湾は勿論、香港民主派、ベトナム、フィリピン、オーストラリア・・・
いずこも、バイデン大統領就任を望んでいないでしょう
しかし、アメリカを敵に回すわけにはいきませんから
どの国も、表向きは静観を決め込んでいます

バイデン大統領が実現したら、アジアは大変なことになるでしょう
中国は力任せに国家エゴをごり押しし
台湾や尖閣諸島は危機を迎えるでしょう

紛争に発展しても、アメリカは傍観者を決め込み
中国に分け前を与えた後、和解に持ち込み、両者に恩を売るでしょう
日露戦争の時と同じですが、今回は日本は大ダメージを受けるでしょう
あくまで、自力で闘う覚悟と準備を急がねば!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカは私の想像以上に恐ろしい国でした

2020-11-23 18:29:05 | Weblog
アメリカ大統領選挙の行方はどうなるのでしょう?
さすがに日本のメディアも
少しづつ、バイデン批判めいたものを掲載し始めたようです
アメリカのメディアも
バイデンの扱いが微妙に変化してきているらしいですね

ただ、トランプの逆転は、簡単にはいかないでしょう
トランプサイドの主張が正しいとしても
この不正選挙は、アメリカ民主党と大手メディア
さらに、CIAまでを巻き込んだ大掛かりなものだからです
言わば、アメリカのエスタブリッシュメント自体がトランプの敵なのです
その行く着く先は、元大統領のオバマやクリントン夫妻の糾弾です
そして、彼らを犯罪者として逮捕しなければなりません
こんなことが、現実に可能でしょうか?

知れば知るほど、恐ろしくなるのがアメリカ政治です
CIAは選挙投票不正システムを作り、これを他国の選挙操作に使い
あろうことか、自国の選挙操作にも使おうとしたらしいのです
これはオバマ政権以来の民主党とCIAの関係から出てきたものでしょう
オバマは、CIAを使い、毎週、楽しみながら暗殺をしていたというのです
毎週火曜日、顔写真を並べながら、こいつとこいつと指定し
CIAに暗殺命令を出していたとのことです

ちなみに、核軍縮を訴えてノーベル平和賞を受賞したオバマは
その後、新型核兵器開発のために巨額の予算を投じた大統領でした
アフガニスタン等では、無人機を使い、現地住民の殺害を続けました
アメリカは、ずっと紛争を続けていたのです
これがノーベル平和賞の偽善性です

オバマもクリントンも、中国から援助を受けていました
彼らが政権の座にあった時、日本の国益は大いに削がれました
そして、中国の国益は大幅に伸長しました
いい例が、東シナ海と南シナ海です
島嶼部は中国の支配下になり、日本の尖閣諸島も脅かされました
ベトナム、フィリピン、台湾の国益と安全が脅かされています

アメリカ民主党は、金のためなら何でもする
人の命を何とも思わない恐ろしい人々の政党なのです
選挙違反など、なんとも思いません
実際、クリントン夫妻の周辺でも、不審死した人は多く
さらに、ヒラリー・クリントンの疑惑を解明しようとしたジャーナリストは
何人も、不審死を遂げているのです

不正選挙を糺すための弁護団から脱落者が多いのですが
これは、内部に対立があるのではなく
バイデン支持勢力からの脅迫が凄まじいからなのです
不正選挙告発のための宣誓供述書を書いた多くの人々にも共通します
皆、執拗な脅迫や嫌がらせを受けているのです

さらに、明らかになったことは
トランプの姿勢を批判する複数の大手メディアが
同一の原稿を読んでいるというのです
出所はCIAだとといいますから
国を挙げての違法選挙とメディア支配があることになります
民主主義も何もあったものではありません
ここまで露骨に、平然と不正行為ができるのは独裁国家だけです
アメリカという国は、ここまで恐ろしい国なのです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情報が溢れる環境を、より良く生き抜くために

2020-11-22 17:56:45 | Weblog
世の中は、何が正しいのか
考えても結論は出ませんですし
色々情報を集めても、一方の言い分を聞けば、それが正しいと思え
もう一方の主張に耳を傾ければ、もっともだと共感する
そんなことが、よくあります

自分が苦境に立たされた時
実際のところ、多くの人は助けてはくれず
傍観者を決め込むか、多数派の意見に流されて、離れていきます

私は、友情なるものを、あまり、あてにしません
原則、自分一人で闘う覚悟を決めます
もちろん、味方になってくれる人には感謝しますし
どんな時にも、信じてくれる人はいます
心の清らかな人や、優れた頭脳の持ち主です

苦しい時に離れなかった人が
本当に信用できる人であることは確かです
それは、友情だけの問題ではありません
美しい心や優れた頭脳の持ち主でもあるという意味でもあります

良い友を持つことは人生の幸せです
ただし、それが簡単でないことも確かです
美しい心の持ち主と友達になるためには
こちらも美しい心を持たなければならないでしょう
優れた頭脳の持ち主と付き合うためには
こちらも、それ相応の頭脳を持つ必要があるでしょう

心の清らかな人は、直観で真偽を見破るし
優れた頭脳の持ち主は
自分の頭で考え、知的分析による判断ができます

情報環境の発達により
情報収集は容易になりました
人生をより良く生きるためには、それだけでは足りません
真実を知り、正しい判断を得るためには、良き友を持つことが大切です
心を清め、正しい思考力判断力を身に着けるように
日頃から、心したいと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加