湘南徒然草

湘南に生まれ、育ち、この土地を愛し、家庭を持ち、子育てに追われ、重税に耐える一人の男の呟き。

愛知県警の闇ー血塗られた国技4

2007-09-30 17:43:07 | Weblog
時津風部屋のリンチ殺人事件の詳細が
新聞を通じて、もれ伝わってきます

愛知県警が新聞にリークしているわけで、私は信用しません
全身傷だらけの遺体を視て、事件性無しとしたのが愛知県警です
愛知県警は殺人事件隠蔽を謀ったわけです

時津風部屋と愛知県警の共犯関係は明らかです
ところが、そのことを問題にするマスコミは皆無です
ここに、この事件のもっとも恐ろしい部分があります

マスコミは警察に弱いのです、なぜでしょう?
日々新聞紙面を賑わせ、テレビニュースをうめる事件報道
そのほとんどすべてを警察情報に頼るからです
そして今や、マスコミは警察に対し完全な隷属状態となったのです
良心も正義も、言論の自由への意志までも亡くしたのです

この事件は、少年の死後、新聞報道されています
私はリンチ殺人事件であると直観し、続報を待ちました
しかし続報はありませんでした、愛知県警は動かなかったのです
私は、事件は闇に葬られたと感じました

もし遺族の要請による新潟大学の行政解剖が無ければ
殺人者達は何食わぬ顔で土俵に上がり続け
彼らに皇族の方々が拍手や微笑を送るという・・・
・・・悪夢のような事態が続いたのです

愛知県警と日本相撲協会は
時津風親方こと山本順一にすべての責任を負わせ
弟子達、とりわけ幕内力士は無傷で守ろうという意向のようです

どうやら、時津風部屋廃業を見越して
時津風部屋の幕内力士のスカウトを画策する親方衆がいるようです

愛知県警と日本相撲協会の、あうんの呼吸を感じます

コメント (2)

殺人者!北の海の居直りー血塗られた国技3

2007-09-29 15:06:25 | Weblog
時津風部屋の集団リンチ殺人事件は
どういう終幕をむかえるのでしょう

文部科学省からは異例の注意と指導がなされたようです

しかし殺人の当事者である山本順一(年寄り時津風)は
身柄を拘束されるでもなく
相変わらず親方と呼ばれ
相撲界での地位も安泰のようです

もちろん、このままで済むわけはなく
日本相撲協会も独自の調査を行うそうですから
何らかの”処分”は下されるのでしょうが
それは17才の少年を死に至らしめたことのためではなく
相撲界に不利益をもたらしたことの罪を問われるわけです

とにかく理事長の北の海が、渡海文部科学相にまで

「お手を煩わせて申し訳ない」

などと、事件をもみ消すのに失敗したことばかり反省していて
人の命を奪ったことに対する反省が全然無いのです

27日に設置した「力士の指導に関する検討委員会」に
外部有識者を入れるべきだと、松浪副大臣が求めると

「・・・相撲界に理解のある人を選ぶ」

などと応じる始末です

理事長自ら、相撲界を変える意志が無いことを表明し
事件もみ消しに協力してくれそうな人物なら
検討委員会に加えていいと言っているわけです
おそらく、愛知県警本部長あたりが適任だと考えているのでしょう

今回の事件を除き、1985年以降
現役力士の死亡例は16件あるそうです

平成15年には、北の海部屋で、15才の少年が死亡しています!
コメント

ヤクザと警察の癒着ー血塗られた国技2

2007-09-28 19:57:13 | Weblog
時津風親方こと山本順一は
今月27日、両国国技館で行われた日本相撲協会の理事会で
各理事に対し、次のように謝罪しました

「お騒がせして申し訳ありません」

殺人事件が世間に知られてしまったことを謝ったわけです

山本順一にとって
相撲界の一員であることは
17才の少年の命よりも、はるかに重要なことなのです

山本(年寄り時津風)は、自分が上手く殺人事件をもみ消すことができれば
長年生計を立ててきた相撲界に迷惑をかけることはなかったと
心から反省しているのです

日本相撲協会は、山本順一がすでに弟子への暴行を認めているにもかかわらず
時津風親方として、国技館の理事会への出席を認めました
別に査問をするのが目的で出席させたわけではないようです

日本相撲協会理事長の北の海は

「警察にお任せするのが一番・・・」

「捜査結果が出たら、きちんとしたい」

と語っています

全身に暴行の跡のある遺体を
事件性無しと判断した愛知県警のことです
必ずや!日本相撲協会を満足させる捜査結果が出ることでしょう

今回の事件を、暴力団と県警の癒着事件と考えると、問題点がはっきりします

日本相撲協会を暴力団と考えればいいのです
名古屋場所という興行を張る日本相撲協会というヤクザが
地元愛知県警と癒着して、殺人事件隠蔽をした・・・という構造です

日本相撲協会は、17才の少年の死に対し、謝罪の言葉すらありません

対世間的には、警察の指示には従うということですから
ヤクザと同じなのです
コメント

血塗られた国技

2007-09-27 18:32:31 | Weblog
もし我が子が、頭をビール瓶でたたかれ
身体に直接タバコの火を押し付けられ
顔中腫上がるほど殴られ、倒れたのを、そのまままにされ
死んでしまったとしたら
貴方はどう思われますか?

これが時津風部屋の時津風親方と弟子達が
17才の少年にした行為です

さらに悪質なことに、彼らは証拠隠滅を図り
遺体を家族に見せずに火葬にしようと企てました
勿論、暴行の件は一切話さず、警察の追求後、はじめて認めたのです

もし彼らの思惑通り火葬にされていたら
この事件は永遠に闇に葬られ
時津風親方は角界の名士として、世間を渡っていったことでしょう

当初愛知県警はこの事件を調べようともしませんでした
遺族からの要請による新潟大学の行政解剖の結果
やっと重い腰をあげたのです

恐ろしい話ではありませんか!

割れた額、腫上がった顔、無数のあざ
足にはタバコを押し付けたような複数の跡
遺体を見た遺族は言葉を失ったそうです

警察の検視は何をやっていたのでしょう?

この少年は厳しい稽古で死んだのではありません
稽古後の酒席で親方からビール瓶で頭を殴られ
その後、調理場で時津風部屋の弟子達による集団暴行で殺されたのです

相撲界に腰の引けたマスコミは
厳しい稽古が原因であるような、悪質な嘘をばら撒いています

はっきり言おう、これは集団による暴行殺人です
コメント (3)

明日は出勤

2007-09-26 23:02:03 | Weblog
風邪が少し良くなりました。明日は事務所に出る予定です。
コメント

農林水産省への集中攻撃

2007-09-25 11:31:04 | Weblog
農林水産省関連の不祥事が相次いでいます
一般国民は農林水産省はとんでもない官庁だと思うでしょう

しかし驚くことではありません
官庁なんてものは、どこもいっしょで、似たようなものです
農水省だけがガードが甘いのか
特別攻撃されているのか、どちらかの理由により
スキャンダルが表面化しているのです

私の勘ぐるところ、これはアメリカの陰謀ではないか、と思うのです

牛肉輸入問題以来、アメリカは日本の農水省には腹を立てています
なんらかの報復と揺さぶりをかけたいはずです
それが、安倍内閣発足直後から始まった歴代農水大臣への攻撃です
そして農水省そのものへの攻撃がはじまるのです

アメリカの手下となって働くのは、例によって
日本の役人とマスコミです
やがて狂牛病の疑いのある米国産牛肉の輸入が始まるでしょう
いや、もう始まっているのかもしれません

コメント

今日も、お休み

2007-09-24 21:49:41 | Weblog
風邪は治りません。今度は喉が痛くなりました。私の体は弱くなる一方です。安倍首相の辞任の理由も健康問題が大きいようです。私は同情を禁じえません。体調が悪いと本当に気力が萎える
コメント

偏頭痛

2007-09-23 21:24:54 | Weblog
風邪をひきました。偏頭痛が治りません。何かの拍子に鋭い痛みが左側の頭部にはしります。家でぶらぶらしているのですが、ちっとも治りません。
コメント

イワシの群れ

2007-09-22 14:31:12 | Weblog
日本の官僚機構は強固に日本人を支配しています
普通の日本人は官僚機構の奴隷のようなものです
そうした事実は巧妙に隠され
人々は政治家を批判し、ますます官僚機構の強化に手を貸しています

これは日本人が愚かな民であることを示す現象ではありますが
本当は、日本人が愚かであるだけではなく
マスコミが官僚機構に全面的に支配されているため
国民に真実が伝わらないことが、主たる原因になっているのです

官僚機構の背後にはアメリカがいます
彼らは官僚機構とマスコミを支配することにより
日本を間接占領しています

日本は戦後、アメリカに占領されて、国家を解体されてしまいました
国防力は奪われ、保持してはいけないとされました
国民の財産も奪われました

地主は土地を奪われ、財閥は解体されました
職を奪われた人々もいます
占領軍の意に沿わぬ人々は公職を追放され
あるいは、公職に就くことを禁止されました

独立した個人、自分の意見を持つ人物を絶滅させたのです
日本人は何かの組織に属さなければ生きていけないようにしたのです

この結果、日本人全体が、集団で右往左往する
スズメやイワシの群れのごとくなってしまいました

福田康夫なんて政治家は、国民にはまったく人気がなくて
何をやりたい人なのか、どんな信念の持ち主なのか、さっぱり分かりません
ところがいまや、自民党議員の大半は彼を支持し
マスコミもそれが当然であるかのような報道をしています

どうやら国会議員とマスコミが、真っ先にイワシの群れとなりました
これでは、選挙に行くのも、新聞を読むのも
魚屋の店頭でイワシを選ぶようなものだということです

どれを選んでも同じなんだな、これが・・・
コメント

何が悪かったのか

2007-09-21 18:37:45 | Weblog
久しぶりに事務所に出て
少しだけ仕事を片付けました
余裕がある時はいいのですが
心に余裕の無い時は、本当に辛いです
体調の不調が不気味です、私を不安にし、ノイローゼにします

安倍首相の辞任表明以来、私が考えることは
政治家にならなくてよかったということです

私のみるところ、安倍首相は、もっとも私心の無い政治家でした
日本のために、我が身を犠牲にしてがんばっていました
しかしマスコミは、本来の政治とは無関係なところで
首相を叩き続けました

日本の国益がどれほど削がれたことでしょう

確かに、安倍首相の辞任はかっこ悪かったです
もっと別の辞任の仕方もあったのではないでしょうか
しかし、それと彼の業績の評価は別です
いったい、彼の何が悪かったのでしょう

彼の信念の強さと、状況に対応することの下手なところは
彼を叩く者達には、まことに攻撃しやすい獲物だったでしょう

しかし、あらためて問います

安倍首相のどこが悪かったのでしょうか?

コメント