今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

デビルズダブル 5

2012-01-17 18:30:07 | ノーヒットノーラン
北にもいるんやろか?
サダム・フセインの息子ウダイの影武者だった男の実話に基づく物語。見てたら昔、友達とした議論を思い出した。議題は人間は突き詰めると性善説か性悪説か?性悪が服を来て歩いているようなウダイに無理やり影武者に仕立てられた男。多少の制限はあるにせよ、開き直ればやりたい放題!人間性さえ棄てればメチャメチャ楽しい生活を送れたはず。でも彼は悩み続けてとった道は…。宇宙旅行や魔法物語でもなく、常識では考えられない世界がリアルにあった。その疑似体験をさせてもらったわ。
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« タイニイ・ウクレレ 7 | トップ | ヒミズ 6 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
欲望は最大の悪説 (馬場です。)
2012-01-20 17:08:14
結局人の欲望は際限がなく、本来持っている欲望より膨らみすぎると、やがて破滅するということだと思います。

仏教の教えは、歴史的に理に敵ってるなと最近思います。

コメントを投稿

ノーヒットノーラン」カテゴリの最新記事

トラックバック

『デビルズ・ダブル ある影武者の物語』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
見どころはなんといっても、ドミニク・クーパーがウダイとラティフを一人二役で演じていることである。2人を見比べているだけで退屈しないし、2人が同じ画面に登場しても、全く白けた感じにならない。素晴らしいと思う。フセイン政権は2003年に崩壊したが、隣国でも最高権...