今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ピラニア3D 7

2011-08-30 22:02:38 | ノーヒットノーラン
ひゃっほ~い!
3DとCGをちゃんと使って作ったサイテー映画。ストーリーは昔、夜中の2時くらいにやってたようなB級パニックそのもの。出てきた瞬間に、コイツら喰われるなってわかっちゃう。でもこの映画のいいのは、アバターの数十倍、3Dを有効に活用してるところ。大画面から飛び出すのはそう、男子全ての憧れ!パニックものを見終わってこんなに気持ちいいのは初めてだ。欲を言えば、パニックシーンをもうちょい削って、人魚のほうを長く楽しみたかった。男子専用バカ映画です。
コメント

神様のカルテ 6

2011-08-29 22:05:09 | ノーヒットノーラン
もったいない。
珍しく原作を読んでから見に行った作品。だからだろうけど、アラが目立った。一番あかんかったのはキャラ描写が雑すぎたこと。原作ではちゃんと説明されている部分がほとんどカット。あれじゃ最先端にはいないけど、大事なことを守っているキャラがほとんどただの気持ち悪い変人になってしまう。いい原作だけに詰め込みたいのはわかるけど、切るところを間違えてるわ。
もちろんスタッフもキャストも原作は読みこむんだろうけど、観客はそうじゃない。それができないなら、年齢だけじゃなく、原作読んだかチェックしてかもらわなあかん。
コメント

カンフーパンダ2  6

2011-08-29 21:19:07 | ノーヒットノーラン
いたわ、2匹目!
コンプレックス乗り越え系ストーリーとして、カンフー=中国=パンダという安直な図式でできた企画なんだろうけど、そのシンプルさが子供たちにウケて、作られた2作目。1でヒーローになったパンダの出生の秘密を探していく話だけど、安直な設定のツジツマ合わせがカンペキ。子供たちが喜ぶ戦闘シーンもお手の物。家族みんなで楽しむには最高の1本になっていると思う。ただ、映画館をでると、息子たちに蹴られまくるので要注意。
コメント

はやぶさ 7

2011-08-25 21:50:54 | ノーヒットノーラン
普通ちゃうからなあ。
去年、惑星イトカワからかけらを持ち帰ったはやぶさとそれに関わった人たちの事実ベースの話。見ていて感じたのは宇宙に対しての人間のちっぽけさと情熱を持てる仕事のカッコよさ。特に後者が今夜の自分には染みた。それぞれの立場で反発もあるけど、同じ目的に向かって頑張れるのがチーム。今の職場の目標にどうしても馴染めんのやなぁ。
コメント

うさぎドロップ 6

2011-08-22 21:31:23 | ノーヒットノーラン
子供って。
松山ケンイチが芦田マナちゃんを預かることになる子育てコメディ。父性に目覚めるマツケンの気持ちも、そんな甘くないと叱る母親の気持ちもわかるのはオヤジになったからなのか。昨日息子たちを連れてキャンプに行き、死ぬほど疲れたが、一方で1分でも早く帰ってヤツらの寝顔を見たい。独身で見てたらどんな感想だったんだろう?
コメント

こちら葛飾区亀有公園前派出所t he movie 5

2011-08-18 23:07:26 | ノーヒットノーラン
やっぱり寅さんは偉大だった。
松竹とジャニーズの大人たちが、寅さん・浜ちゃんの後釜を作ろうとして失敗した1本。
たしかに両津勘吉というのは40代以前のたいがいの男子が知っているキャラクターで、
寅さん同様、女好きだが不器用。目の付け所は悪くなかったと思う。でも香取慎吾じゃキツイ。
設定では両津は35歳だそうだが、どう見ても40代の「おっさん」。それを「慎吾ちゃん」と
呼ばれる男が無理に「わし」とか言って演じているのが痛々しい。周りのキャラクターもそれ以上で
ただのコスプレ大会になっている。今回の話も松竹お得意の下町人情ものとしては悪くないストーリーだけど
それぞれのキャラが邪魔して、観客がちっとも素直に入れない。パロディとか、年始の「かくし芸大会」の
スペシャルドラマとしてなら、上出来なんだけどね。
コメント

ヒーロー!4

2011-08-16 22:54:09 | ノーヒットノーラン
ムラムラしすぎや!
「キックアス」の意外なスマッシュヒットの影響で買い付けられたであろう、素人アメコミヒーローもの。今回ヒーローになるのは信心深いけど不細工で、悪党に奥さんを寝盗られた不運なおっちゃん。そこをフォローし、やがて相棒になるのはコミックショップでバイトするオタク女子。ここまでの設定はほぼ満点だけど、あとが良くない。リアルっちゃリアルな鈍器での撲殺、ユーモアのかけらもない血しぶき撒き散らし。ヒーローものだから多少の突っ込みしろは目をつぶるけど、こりゃやりすぎだわ。一般人が仮面で普段と違う自分になり、悪人退治という免罪符を得て、ムチャクチャしたい!という暴力的欲求を満たす。その気持ちはわからんでもないけど、あれを喜んで見てるとしたら、相当たまってんなあ!アメリカ人。
コメント   トラックバック (1)

一枚のハガキ 5

2011-08-15 21:47:06 | ノーヒットノーラン
金本?ひよっこだねぇ。
御年99歳、世界最高齢の「現役」映像作家、新藤兼人監督の一応、引退作品だ。太平洋戦争を伝聞や本から映画化した作品はこの時期よく見るが、終戦は33歳、もちろん兵隊に行った人のホンモノの話だから力がある。クジ運がよくて生き残ったトヨエツは監督自身、ラストでたわわに実った麦は今の映画界を表現されているんだろうか?面白さとかそういう軸ではない、スーパーベテランの力を感じた。それにしても「ごめん。父」には笑った。
コメント

この愛のために撃て 6

2011-08-13 00:19:46 | ノーヒットノーラン
間違っちゃ、いないねんけど。
珍しいフランスのアクションもの。主人公は普通の看護士のおっちゃん。たまたま担当した患者が悪党だったことで、出産間近の嫁を誘拐され、彼女を取り戻したい一心で犯罪の中に巻き込まれていく話だ。多少つじつまが合わないところはあるけど、そこを気にしなけりゃ、テンポよくて、コンパクトにしっかり作ってあるクライムものだ。嫁を取り戻すために、男が火事場のクソ力を出すのがこの映画のポイントなんやけど、タイトルみたいにカッコいいことにはならないんだよなぁ。
コメント

おじいさんと草原の小学校 7

2011-08-09 22:02:02 | ノーヒットノーラン
タイトルに偽りありだけど。
牧歌的なタイトルに惹かれてチャラいデートとかで行かないように。PG12、実話をベースにした骨太な1本だ。簡単にいうと、植民地時代の貧困や抵抗運動のために教育を受けられなかったけど84歳で学校に通おうとしたおじいさんと、それを受け入れ、守った先生の話。背景にある悲しい歴史と、それに負けることなく前を見ている姿に心動かされる。この話が輝いているのは信念の物語だからだ。社会のため、生活のため、商売のため、大人の世界には打算が溢れている。そんな中で周りの嫉妬や妨害にめげず、信念をつかぬき通すことの困難さとカッコよさ。特殊な才能やビックリするほどの幸運の持ち主じゃなくても、人を動かす人生が送れる、自分が貫きたい信念は何か?考えさせられた。
コメント

黄色い星の子供たち 7

2011-08-08 21:37:43 | ノーヒットノーラン
ズドーン!なのかズシン!なのか。
胸に突き刺さる1本だ。1942年に起こったパリでのユダヤ人一斉摘発とその後の物語。ユダヤ人を狩っているのがドイツに制圧されたフランス兵という以外は他の映画とあまり変わった展開はない、というかそれだけ同じような悲劇が繰り返されていたわけだ。ただこの映画が違うのはタイトル通り子供たちを中心に描かれていたところだ。今まで普通に遊んでいたフランス人の友達と引き離され、明日もわからない収容所へ。悲嘆にくれる大人とは違い、そんな環境でも遊ぼうとする子供たちの姿にかえって胸が痛んだ。一番効いたのは子供たちが将来の夢を語るシーンでの「でもボク、大人になれるのかな」という一言。大人にはいろんな理想があって、それを実現するためには争わなくてはいけないこともあるかもしれない。でもそれがたとえ敵方であっても、子供にそんな不安を与えなくちゃならない争いは間違ってるし、たとえ勝っても絶対そんな理想は立ち行かないに決まってる!
コメント

行け!男子校演劇部 5

2011-08-08 21:17:27 | ノーヒットノーラン
タケちゃんマンや!
中村蒼主演の学園コメディ。題名から予想がつきすぎる内容で、途中まではえ?中身軽視のイケメン顔見世映画ゴッコ?とヤバい雰囲気。でも最後のオチというか演劇部の公演でかなり取り戻した。「最後の一葉」のパロディだけど、まさに「ひょうきん族」であの2人がやってた王道を持ってくるとは!脚本はやっぱり同年代の池田鉄洋さん。ブッチー武者さんが最後にニッコリ丸をだしたかな。
コメント

マジでガチなボランティア 7

2011-08-02 23:07:26 | ノーヒットノーラン
負けてたまるかぃ!
茶髪、クラブ、ギャル男、俺が日本で最も敬遠したいタイプの兄ちゃんたちが、クラブイベントの収益でカンボジアに小学校や診療所を建てたドキュメント。インタビューでのしゃべり方や、歓迎してくれた子供をみてヤベェ!としか言えないリアクションなど、腹立たしい面はたくさんあった。でも彼らは「やった」のだ。リスクを背負って実行し、継続している。劇中に流れているブルーハーツの「青空」じゃないが、髪の色やチャラい雰囲気で彼らの全てを判断しちゃあかん。おっさんも文句ばかり言わんと、「動かなきゃ!」「続けていかなきゃ!」と突き動かされる作品だった。代表の子が言ってたように、日本中の若者が「自分のため」じゃなく、「人のため」に自分から動いて何かやる充実感を体験してくれたら、日本はもっとマシな国になるのに。
コメント

トランスフォーマーダークサイドムーン 5

2011-08-02 20:34:15 | ノーヒットノーラン
コラ!後片付けしなさい!
おっきな子供の壮大なロボット戦いゴッコも、もう3作目。はじめは喜んで見てたけど、もうトランスフォームにもワクワクしないし、そもそも話はロボットごっこのレベルだから飽きてくる。今回はシカゴの街をずいぶん散らかしまくっていたけれど、そろそろやめて宿題しないと母ちゃんにしかられんで!
コメント