今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

連合艦隊司令長官 山本五十六 5

2011-12-28 22:00:28 | ノーヒットノーラン
準備が足りない!
開戦から70年。戦争を知る世代も少なくなった今、それでも名前くらいは知っている名指揮官の本当の姿を描いた作品。役所広司の演技もよかったし、真珠湾攻撃の司令官が講和論者だったという事実も驚いた。ただそんな常識をひっくり返した物語なのに「なぜ?」の説明がほとんどないのが残念。五十六がどんな育ちで、どう成長し、誰に影響され、なぜその考えに至ったのか?脚本家や監督は資料を読み込んで知っているかもしれないが、観客はポカーンだ。素晴らしい事実を羅列されて、顔だけで演技されても、さすがにそこまで察しろってのは無理だ。いくら巧妙なトリックでも、犯人に動機がないとサスペンスは盛り上がりに欠けるのと同じ。人物を描くならちゃんと土台からやらなあかん。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ニューイヤーズ・イブ 6 | トップ | 宇宙人ポール 8 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考書 (通りすがり)
2011-12-29 01:55:07
#[ノンフィクション]「山本五十六の生涯」/工藤美代子 著(幻冬舎より再販,初版8年位前)

#[伝記]「人間 山本五十六」/反町栄一 著(光和堂より再販,初版は昭和25年頃に恒文社より出版)
※山本氏の存命中、実際に親しかった人。写真や手紙、関係者への取材で構成され、祖父母からの生い立ちから記されている。


以上、よろしければどうぞ。

コメントを投稿

ノーヒットノーラン」カテゴリの最新記事