今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

東京原発 7

2004-06-29 02:36:52 | 逆転サヨナラHR
いろんな意味でやられた!会議室の会話中心の低予算であの迫力、そして見る者を引き付ける問題提起。真面目なレポートならあくびがでたろうが、最後までドキドキした。
デイアフタートゥモローは金かけすぎだけど、物語が枯渇してリメイクやマンガもの全盛の今、マイケル・ムーアとは違った切口の社会問題エンタメはありやなあ。
自分を含めた多くの傍観者が、この腐った政府を支えている。いいのか?このままで。
コメント   トラックバック (2)

HERO? 天使に会えたら 2

2004-06-25 02:36:23 | 危険球退場
久しぶりにこんなC級な映画を見た。役者の演技もホンもだけど、効果音の使い方が最悪。バラエティとドラマの区別がついておらず、使えば使うほどドンドン作品が安っぽくなっていた。逆に言えば音次第でだいぶ作品って良くなるワケだ。
わざわざ池袋まで行ってこんな映画を見てる自分が寂しくなったが、アクション俳優宣言しながら、こんな映画でセリフ2言のレフリー役をやっている船木誠勝はもっと寂しいに違いない
コメント

浮気な家族 4

2004-06-24 02:35:49 | デッドボール
非常に微妙な映画。儒教思想の強いと思っていた韓国からこんな奔放な作品が出てきたのにショックだったけど、結局浮気は家庭崩壊のモトという結論でちょっとホッとした。
それにしてもこういう映画って必ず最後は、男がオロオロして女は強く生きていくみたいなラストやねんなあ。ぴあにちょっとエッチな気分って書いてあったから期待してたのに、劇場をでたら微妙な気分だった。
コメント

ほたるの星 7

2004-06-23 02:35:11 | 逆転サヨナラHR
どうも教師モノには弱い。この作品も最後が大げさすぎた以外はよくて、ちょっとウルっときた。こういうのを見る度に教育実習くらいやりたいな、子供を教えたいな!と思ってしまうが、ちがう事に気付いた。人間、大人になるにつれ知恵や知識を持ち、いろんな事に対して責任を持つために小ずるく生きるワザを身に付けていく。でも替わりにいろんな気持ちを忘れてしまってる。
教えるなんておこがましい。それをホンマは教わりたいんや、子供たちから。
コメント

メダリオン 5

2004-06-22 02:34:42 | タイムリーヒット
昔は織田信長によれば人間五十年だった。今はそんなことはないしCGでのごまかしが増えたにせよ、あの年になってあんなに戦えるジャッキーは素直に偉いと思った。50にして無敵になった彼の次の相手はニコニコ筋肉おっさんこと、草野仁しかいない!
コメント

ブラザーフッド 5

2004-06-19 02:34:05 | タイムリーヒット
3つの意味でイタイ作品。1つ目は戦闘シーンでの血の水気を含んだ音、乾いた火薬の爆発音の痛さ、これは見事。2つめは試写会でビデオで挨拶している主演俳優をケータイで撮るアホファンのイタさ。最後は無駄な戦闘シーンが長すぎたのが原因のケツの痛さ。
コメント

海猿 5

2004-06-18 02:33:38 | タイムリーヒット
先制、中押し、ダメ押し、最後は抑えがピシャリ!教科書のようなストーリー。見てて期待通りになるのはお客さんにとって、不確実なスポーツなら気持ちいいけど作り物では物足りない。
いい意味でも悪い意味でも安心して見られるテレビサイズの映画。懐かしのちびノリダーが子役の典型的パターンをやぶっていい役者になりそうなのが、唯一の救い。
コメント

HARUKO 5

2004-06-15 02:33:02 | タイムリーヒット
やはり女は強すぎる。精神的にはもちろん、出産・子育ての苦労は肉体的にも男には耐えられるものじゃないはずだ。
それまで蝶よ花よで育てられ、可愛いさを武器に男と結ばれたはずの娘が、子供を授かった途端になんであんなに強くなれるんだろう?
男の理解を遥かに越えた母性のすさまじさに最敬礼したくなる作品。やっぱりホンモノは迫力がちがう。
実は我が嫁も、最近スーパーサイア人化しつつある、末恐ろしい。
コメント

シルミド 7

2004-06-14 02:32:34 | 逆転サヨナラHR
実話を元に作られた国に翻弄された男たちの悲劇。主役の2人が大杉漣と佐々木大魔人に似てるのもあったけど、最後まで飽きずに見れた。命をかけた本気の男たちの姿を見てると、ぬるぬるの日本との違いをひしひし感じる。日本も徴兵制をひくべきかな?俺が対象年齢以上になってから。
コメント

スキャンダル 4

2004-06-13 02:32:03 | デッドボール
オバハン向けエロ映画。彼女たちにとってアッチ方面を楽しむ為には言い訳が必要なわけで、それにうってつけだからか、午前中から満員。映像やヨン様がキレイとか言ったってやっぱり色っぽいシーンが見たいねんで!
スクリーンの明かりで照らされた薄白いオバハンの群れはそんじょそこらのホラーよりよっぽど納涼気分満点。ちょっとニヤケ気味だし。
コメント

天国の本屋 恋火 3

2004-06-12 02:31:27 | デッドボール
これは逆にやられた。薄めすぎたカルピスのような中途半端な物語。キャラの設定が不十分すぎて感情移入できないまま、想いだとか永遠とかいわれても、他人事のまま終ってしまった。どうしたんだ篠原カントク、仕事で撮らされた映画が多くて芸風荒れてるぞ。
コメント

下妻物語 7

2004-06-11 02:30:54 | 逆転サヨナラHR
ちょっとやられた。人はみかけで判断したらあかんというが、映画もそうらしい。
ロリとヤンキーの茨城ストーリー、確かにキャラ先行のマンガ映画(アニメではない)だがそれに慣れてしまうと、なかなかどうして良質のバディムービーだ。腹へって、何となく入った食堂が安くてうまい穴場だったくらいの小さなヒット。
いまや絶滅寸前のヤンキーの律儀さ、真っ直ぐさが泣かせる。一緒に歩くのは恥ずかしいけど、あんなツレならちょっと欲しい!
コメント

キッチンストーリー 5

2004-06-10 02:30:19 | タイムリーヒット
仕事先の人、お客さん、近所の人。大人になると、知り合いはメチャ増える。もちろん中には気の合う人もいるだろうが、なかなか学生時代の友達のようにはなれないような気がする。接する時間も短いし、何らかの形で利害関係があったりするからだ。だからこそ、調査員と対象だった2人のジイさんが、友達になっていくというこの物語が暖かい"ファンタジー"として成立するんやろな。
見た後で、大学の先輩と飲みに行った。久しぶりだったがお互いあい変わらずくだらなかった。人脈なんて言葉とかけはなれたこういう関係こそ、大事にしたい。
コメント

バイブレータ 5

2004-06-09 02:29:36 | タイムリーヒット
30過ぎた不思議ちゃんが、ゆきずりのトラッカーとヤって癒される映画。でもイヤしというよりイヤらしい所がいい。登場する2人のどちらにも感情移入できないが、最後まで見られたのはロードムービーだからか?
先に何があるか分からない状況で本能のまま、ヤって、食って、吐いて。南の島でなぜか都合よく現地の男前とくっつくより、意外とこういうのがホントの癒しの旅なのかも。
コメント

21g 4

2004-06-08 02:29:00 | デッドボール
俺は好きじゃない。泥臭い役者が泥臭い世界の中にどっぷりつかった澱んだ空気が全編に漂い、救いがない。まるで喫煙所だ。
演技派と言われる役者がおしつけがましい演技を見せるが、なんかいつもワンパターンな気がする。ショーン・ペンは陰のある奴しかできないし、デルトロ
はでかい小倉久寛。くやしかったら爽やか青春モノでもヤってみろってんだ!
コメント