今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

めがね 7

2007-09-29 12:14:54 | 逆転サヨナラHR
俺は得意じゃないけど。
何もない春の南の島にあるのは静かな海と落ち着いた空。娯楽や観光地は何もなく、人々が得意なのは黄昏ること。そんなある意味ファンタジーな世界でさらに、何も起こらない・・・。きままなはずのひとり旅ですら、事前にハードスケジュールを組んでしまう貧乏性の自分としてはあんな世界にひたすら憧れてしまう。
中身じゃなくて空気感を楽しむココロのリゾートみたいな作品だった。理屈はいらない、ただ漂え。
コメント

スキヤキウエスタンジャンゴ 3

2007-09-18 18:12:02 | デッドボール
なぜ?の嵐(吉沢秋絵)
日本一の多作職業カントク、三池さんが東映をうまく騙して?自分のやりたいことをメジャーでやっちゃった怪作。
マカロニウエスタンを日本の役者で、しかもセリフは全部英語、おまけに争うのは源氏と平家。内容は友達が昨夜見た夢の話のよう、支離滅裂で他人にはちっとも面白くない。
おかしかったのは桃井・佐藤の両ベテランや伊勢谷・安藤といった若手も監督の悪ノリに乗っかって楽しんでいるのに、 ひとり融通のきかない感じで浮いている主役の伊藤英明。サブちゃんのテーマソングの方が余程マッチしてたぞ。
コメント (2)

スターダスト 6

2007-09-14 18:57:25 | タイムリーヒット
わかってないなぁ。
美女になって地球に落ちてきた星クズと、彼女を探す人たちが巻き起こす夢と魔法の冒険ファンタジー、ひとことで言うとそんな感じ。見ていて感じたのは、こんな世界を許容し、撮影してしまうイギリスの懐の深さだ。全くの子供向けと言うわけでなく、でも魔法や空中飛行だと恥ずかしげもなく出してくる。株がどうしただとか、てめぇの恋がこうしたとかで一喜一憂、セカセカ生きている日本人にはなかなか作れない世界だ。
向こうの評論家が、宮崎映画の実写みたいだと言ったらしいが、わかっちゃいない。ジブリの主人公は男勝りのすごい少女だけ。綺麗なお姉さんは苦手なのよ。まぁ、デニーロのスゴい隠し芸と押切もえが老けたらどんな風になるのかがわかるだけでも、見る価値あるけど。
コメント

キングダム 4

2007-09-14 15:53:55 | デッドボール
悪を求めて三千里?
アメリカ、いや世界の大半の人が納得する巨悪と戦うためなら、どこまでも行きまっせ!というのがハリウッドのヒーロー。宇宙人とか未来からの侵略者を除くと一番適任?なイスラムのテロリストのホームに乗り込んで、オンドリャア!というのがこの作品。
現地人とのトラブルや交流など、新しい要素は見せてはいるものの、自称世界の警察ぶりは相変わらずだ。
この手の映画を見る度にいつも思うのは、テロリストにも生活があり、悪いことをしようと思っている人はほとんどいない、という事。テロは卑怯だというけど、圧倒的な戦力に立ち向かうには仕方ない話だし、彼らは自分達の家族や世界を守るために必死になっているだけ。カネと利権のために、他人の家に土足で上がり込む連中より、ずっとマシだ。身内をやられたらカタキをとるのが正義なら、世の中に平和なんて訪れるはずがない。あのラストシーンを見る限り、その辺りは分かっている人が作ってるはずなんだけどなぁ。
コメント

オフサイドガールズ 4

2007-09-14 15:19:15 | デッドボール
むむむ?
美しいかは怪しいけど自由すぎる国ニッポンに生まれ育った自分としては、厳しい戒律の多いイスラムの文化はわからん事だらけ。あの礼拝も「ウンコ中ならどうする?」とか疑問が多いが、一番納得いかないのが、「守ってやる名目」での女性への過剰な差別と、そこに関しては黙ってる田嶋陽子だ。
この作品も自分の国を応援したいのに女だから競技場には入れない、なら男装してやれ!という女の子たちの奮闘記。抑圧されているからこそのパワー爆発をちょっと期待したのに、そのエンタメ度の低さにガッカリした。ドキュメントでない割には劇的な展開はないし、まるで舞台劇のようなワンシチュエーション。女性の肌すら見られない国では刺激的でも、その他の国の人には何とも中途半端なかんじに写るんじゃないかな。
ただ自分も18の時にナゴヤ球場で子供用チケットしか買えなかったので、幼い服装に着替えて中学生のフリをしたのを思い出した。俺たちは逮捕されんかったけど。
コメント

HERO 5

2007-09-12 15:33:56 | タイムリーヒット
彼とおない年ですが、何か?
ドラマは全く見たことがなく、予備知識ゼロで見にいった。オーシャンズなんとかみたいな無駄に豪華なキャストと、踊る・・・と似まくっているけど、しっかりと構成されたスキのない物語。やっぱフジテレビの映画だなぁ、と感心してみていた。
でもはっきり言って面白くない。ドラマでやったのかもしれないけど、チームものの割りにキャラの役立ち度薄いし、全て予測できる展開で、ドキドキも驚きも斬新さもゼロ。木村くん(ジャニーズっぽく)は型破りな検事らしいけど、いつもとどこが違うの?あと何のための韓国ロケ?
不特定多数を喜ばすにはああいう大味なハンバーガーみたいなんがいいんだろうけど、それはテレビでいいんじゃない?わざわざ休み潰して1800円払って、水戸黄門みたかないと思うんだけど。
コメント   トラックバック (2)

ショートバス 4

2007-09-12 00:11:50 | タイムリーヒット
そんな繋がりかたあり?
世の中にはいろんな人がいて、それぞれ人には言えない悩みがあるのはわかった。でもどれひとつ、共感できないのはキツい。イケないセックスカウンセラー、人嫌いの女王様、ゲイの3P・・・。多かれ少なかれ、みんな変態要素は秘めてるんだろうけど、例が極端すぎてひいてしまう。俺があるとしたら、嫁さんをイカせられない頼りないダンナかも、ヤバい!
コメント

釣りバカ日誌18 6

2007-09-09 23:42:03 | タイムリーヒット
幸せの重みって。
こちらは本家の寅さん後継者。タイトルは18だけどスペシャルが2つあったから、20年で20作目だそう。そう考えるといかに寅さんの48作が偉大かが分かる。どう逆立ちしたってスーさんがあと20年には無理があるもの。
まぁそんな事はさておき、このシリーズを見ると毎回、つくづく日本人でよかったなぁと思う。日本各地の美しい海とのどかな風景、そしてそこで必ず起こる人情ドラマとベタベタの騒動。今の日本では寅さんみたいな存在はちょっとありえなくなってしまったけど、みんなが「あんな生活したい!あんなにみんなに愛されたい」と憧れ、そして実際にいてもおかしくないギリギリの位置に、きっと浜ちゃんはいるんだろう。
裕福なくせに貧民街の黒人を真似したり、疲れたと言っちゃ南フランス辺りに癒されに行きたがる連中にも言ってやりたい。「この中にこそ、日本人のホントの幸せが凝縮されてるぞ!」
コメント   トラックバック (1)

ラッシュアワー3 6

2007-09-08 12:48:18 | タイムリーヒット
ところで、さくらは誰だ?
年に1~2度、期待はしないけどとりあえず見に行って、そこそこ楽しめる。いい年して家族はいなく、女性にはシャイで、おまけに諸国まで周りはじめた!昔はワクワクの元だったジャッキー映画が、だんだん寅さんのようになってきたのは、ちょっと寂しいけど嬉しくもある。
物語に変化をつける相棒のウザさ加減も心地よくて、もうカット割りすぎとか、あそこはスタントだとか、細かいところなんか気にならなくなった。そう、元気ならいいんだよ。
まぁある意味、本編より楽しみなエンドロールのNG集が年々ショボくなっているのはちょっと寂しいけれど。
コメント

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 5

2007-09-08 01:21:06 | タイムリーヒット
コムロちゃうねんから!
観に行ったのは水曜日の朝イチ、なのに劇場は立ち見。あぁレディースデーだから…イヤ対象者はほぼゼロ。「夏のおわりなのに日焼けゼロ」系の皆さんが、なんか沢山いらしてました。
一応断っておくが、俺はエヴァ自体はすばらしい作品だと思っている。まだ入社2年目くらいの頃、ビデオを借りてだけどTV版は2晩ぐらいで一気に見たし、劇場版も観に行った(それはちと後悔)。ロボットのドンパチだけじゃなく、思春期の不安な精神状態の描写やその後の展開は今までになく「久しぶりに見たけどアニメでも良く出来たヤツってあるんだなぁ」と感心した。
しかし、何で12年も経って唐突にリメイクするんだろう?次回以降はどうなるのかわからんけど、今回のは説明不十分で、粗く編集してちょこっと映像と音をいじっただけの「あくまでファン向け」の作品だし。あと改めて見直すと、キレたり、親に存在を認めて欲しかったりといった精神面の描写はリアルなのに、ミサトさんと同じ部屋に住んで全く欲情しないというのは中坊として肉体的に不健康だよな…とか思ったりもした。
まぁそれでも前述のように客は喜んでるみたいだからいいのかもしれないけど、人気のあったものの焼きなおしで、ファンからカツアゲするのはコムロとかエイベックスだけの専売特許にしてほしいもんだ。
コメント

トランスフォーマー 7

2007-09-04 23:02:13 | 逆転サヨナラHR
女どもにはわかるまい!
予告がたいそうだった割にいい評判を聞かなかったので期待していなかったけど、こりゃ面白いやん!
冴えない主人公が宇宙から来たヤツと友達になって、地球を救ってついでに彼女ゲット!というのはいつもと同じというか確信犯だわ、あれ。でもそんなの関係ねぇ!
だって昔あそんだ超合金みたいなロボットがかっちょよく変形して、しかもギュインギュイン飛びまわるんだぜ。これで胸ときめかない「元男子」とは、仲良くやれそうにはないや。
ムスコを連れていった我々30代のオヤジ直撃の「大人買い」ムービーだ。
コメント

夕凪の街桜の国 8

2007-09-03 19:48:18 | 逆転サヨナラHR
まだ続いてるんだ。
太平洋戦争や原爆のことはこれまでいろいろな形で知ってきた。大人になって誰がいいか悪いかとか、単純な問題ではないと感じるようにはなったけど、でも戦争は過去の出来事で、そこから何を学ぶかというのがポイントだったと思う。
でもこの作品をみて、過去ではなく現在進行形な事に気付かされ、正直驚いた。だって50年だぞ。終戦の時、赤ん坊だったウチの親父はすっかり孫にデレデレのじいさんだ。(あんま関係ないけど)謝ったはずの問題をいつまでもほじくり返して、謝罪にカネよこせ!という連中にはウンザリだったが、まだ歴史の教科書に収める問題じゃないんだなぁ。
その良さを支えたのは何といっても麻生久美子の好演!現代劇?では何か体温低そうで違和感があったが、今回はハマり役。色の薄い存在感がバッチリだった。夕凪の国パートはジーンときたなぁ。
コメント

リトル・チルドレン 5

2007-09-02 19:52:46 | タイムリーヒット
嫁さんとは絶対見たくないわぁ。
タイトルは大人になりきれない大人という意味だそうだ。自分のやりたいことと現実のギャップに違和感を持つ俺と同世代の連中が、自分を新しくしてくれる出会いを経て・・・という話。序盤は体験系エロマンガみたいな展開にドキドキ、途中からは女のカンにドキドキ!どこにでもありそうな話だけに投影しやすかったけど、オチはガッカリした。
でも憧れるよなぁ!あの展開。まあ憧れだけで実際はないから、エンターテインメントなのかもしれないけど。
コメント