今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ボス・ベイビー 6

2018-03-28 21:51:57 | ノーヒットノーラン
ガキ向けちゃうわ(笑)。
赤ん坊が大人の心を持っているというパターンはベイビー・トークとか、時々ある。今回はそれだけでなくエージェント、さらに兄弟の話に展開しているのが素晴らしい。さすがシュレックのチームだけあって、大人にだけわかる笑いがちりばめてある一方、ベイビーの無敵のかわいさや、子どもでもわかるいい話もしっかり練り込んである。完成度の高いファミリームービーだ。
コメント

ウイスキーと2人の花嫁 6

2018-03-23 13:14:38 | ノーヒットノーラン
ハイボールじゃなくて。
スコットランドの離島で配給のウイスキーがなくなったことで起こる騒動。命の水ウイスキーと、田舎の一体感がいい雰囲気を作ってる。ハイボールで唐揚げも大好きだけど、たまにはナッツとスコッチの水割りが欲しい夜もいいよね。そんな作品。
コメント

去年の冬、きみと別れ 6

2018-03-17 23:01:21 | ノーヒットノーラン
いろんなミスリード。
キャスティングとタイトルからチャラい恋愛モノかと思ったらそうじゃないし、ミステリーとしてもしっかり騙される。ただどうしてなんだろう、韓国のこの手の作品と比べた時の軽さは。犯人にそこまでさせる動機が感じられず、単に病的なキモいヤツになってしまっているのは平和な日本だから?
コメント

リメンバー・ミー 7

2018-03-16 19:07:39 | ノーヒットノーラン
やっぱりうまい…けど。
名作トイストーリー3のスタッフによる新作。日本のお盆みたいなメキシコの「死者の日」の物語。と言ってもさすがメキシコ、底抜けに明るい。死者の国での2度目の死は「生きている人の記憶から自分が消えてしまうこと」というのにグッと来る。自分の祖父母、そして見送ってきた人たち。いろんな人たちのことを思いだした。唯一残念なのは音楽の力の描写が中途半端なところ。もっと音楽がいろんなものを動かして行く展開なら さらに良かったのに。
コメント

blank13 5

2018-03-14 21:54:15 | ノーヒットノーラン
なんとも中途半端かなぁ。
斉藤工カントクのデビュー作品。高橋一生を筆頭にイケてる俳優仲間が集まって…そりゃ絵になるよな。でもシナリオがイマイチだし、ちゃんとフルサイズで作ってないのが…。オレたちって泣かす芝居もできて、笑いのセンスもあるでしょって感じが鼻につくのは考えすぎなんだろうか?その感じはホームパーティーとかお忍びバーくらいだけにしといて欲しい。
コメント

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス 5

2018-03-12 22:28:53 | ノーヒットノーラン
今日じゃなかったらなぁ。
シェイプオブ・ウォーターのおばちゃんが、ここではリュウマチの地味な絵描き。無骨なダンナと小さな幸せを感じて生きる、じわ~っと良さを感じさせてくれる作品なんだろう、本来は。昨日コテコテながら最高のカルビ攻めにあった後だから、ワカメスープだけではやはり物足りなくて。「いまを生きる」のイーサン・ホークが田中邦衛みたいなおっさんになってて驚いた。まあ30年経ってるから仕方ないけど。
コメント

バーフバリ 伝説誕生・王の凱旋 8

2018-03-11 23:26:19 | ノーヒットノーラン
バーフバリ!バーフバリ!
映画ってこれでいいんや。史上最高の興行収入をあげたインドの王道王族もの。悪者をいいものが問答無用でやっつけまくる。ハリウッドの最近のヒーローみたいに悩むことは一切なし。おりゃおりゃおりゃ!そして民衆の全面的なバックアップ。痛快って、このことだ。こねくり回すより、助さん角さんそして紋所のシンプルさか。バーフバリ!バーフバリ!
コメント

15時17分、パリ行き 5

2018-03-10 17:15:37 | ノーヒットノーラン
モノマネ特番ちゃうねんから。
映画の新しい形を試して遊ぶじいさん、クリント・イーストウッド監督が、実際に起きたテロ未遂事件をとりあげたこの作品でやったのは、前代未聞の「本人登場」。エンドロールとかで、本物はこんな人でした写真とかが出るパターンはあるけど、ガッツリ素人3人に自分役を演じさせてる。そのチャレンジもすごいし、実際彼らはヒーローだ。でも実話だけにベースの物語はエンターテイメントとしてはチープ。そりゃ、ごく普通の人が咄嗟の判断でヒーローになったんだから。
コメント

シェイプ・オブ・ウォーター 5

2018-03-06 20:23:08 | ノーヒットノーラン
やっぱりなぁ。
正直、ここ数年のアカデミー賞は自分の好みとしっくりこない。ドロドロした世界を舞台にした、オトナ向けのRexやん?安達祐実がしゃべられへんだけやろ。言葉なしで心が通じて、悪いオトナに狙われて、助け出して…王道のストーリー運び。雰囲気だけでオスカー獲れるんかいな。
コメント

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ 5

2018-03-02 21:53:29 | ノーヒットノーラン
あんまり目覚めんかった。
パキスタン出身のコメディアンが白人女性と恋におちた。でも同胞と見合い結婚するのが当たり前だと思ってる家族、そして突然彼女が原因不明の病気で昏睡状態に…。実話を男のほうは本人が演じているという珍しい作品。だけど最後まで感情をどこに持っていけばいいのかわからなかった。コメディなのかラブストーリーなのか、文化の違いにもの申したいのか?全て中途半端ですっきりしなかった。
コメント