今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

寄生獣 完結編 5

2015-04-30 09:10:53 | ノーヒットノーラン
終わるためだけの物語。
前編はかなり映像的にインパクトがあったけど、それ以上のものはなく、すごいフリっぽかった深津絵里の子どもの展開も大したことなく、予想外がほぼなかったのが残念。実は橋本愛が人間界に適応した寄生生物だったなんてオチがあったら、おおっ!てなったのに。
コメント

海街diary 6

2015-04-28 15:02:58 | ノーヒットノーラン
きれいすぎるねん。
議員とか何とか選手の話ではない。「海街ダイアリー」だ。是枝監督作品、綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずが4姉妹を演じるというから期待値マックスだったのは事実だ。
鎌倉を舞台に全編薄いブルーに包まれたような背景、そこで展開する物語も1カット1カットが少女マンガのコマのようなきれいなバランス。そうなのだ、原作が少女マンガなのだ。姉妹それぞれがいろんな事情を抱えているが、それぞれの事情が軽く、はっきりいって「おもんない」。これまでほとんど監督本人の脚本だっただけに、ファンとしては物語に歯応えがなく、ガワだけきれいだなぁと思ってしまった。唯一良かったのは長澤まさみ。数年前までは綾瀬はるかと同様、ピュア美少女キャラで売っていた彼女が、酒と男にだらしないやさぐれOLを好演していた。綾瀬はるかが相変わらずの優等生キャラだったのと対照的でよかった。ええぞ!ヨゴレまさみ!
コメント

セッション 5

2015-04-20 22:40:20 | ノーヒットノーラン
そこまでか?
海外での評判も試写を見た人のコメントも絶賛の嵐。だからハードルがかなり高かったのは事実だが、正直あまり響かなかった。ストーリーは音楽学校を舞台にしたジャズドラム版巨人の星。才能と野心に溢れた学生と、彼らを尋常でなくいたぶるスパルタ教授の物語なんだけど、単に速いリズムで叩かせたり、血や罵倒でハードさを表現するだけで、緊張感はあるけどあと何?みたいな感じ。だいたいタイトルのセッションって腕のあるミュージシャン同士が、お互いを信頼しながらアドリブっぽい演奏をするものなのに、これには他のミュージシャンは蹴散らすライバルしか登場せず、グルーヴ感なんかゼロ。最後がセッションじゃないかなんて言うかもしれないけど、あんな喧嘩腰でギスギスしたライブ、見てても楽しくないわ。石原裕次郎ちゃうねんから。
コメント

ワイルドスピード スカイミッション 6

2015-04-20 22:26:31 | ノーヒットノーラン
やりきる心地よさ。
子どもの頃ミニカーで遊んだ男子なら必ずやる「ぶ~んと空を飛ばす」遊び。それを予算かけてやっちゃった爽快感。このシリーズ共通してストーリーは所詮添え物。クルマと暴走とケンカと銃撃とちょいエロと地元愛とタイマン、ヤンキー御用達のフルコース。でも最近ちょっとこねくり回しすぎな映画が多かったから、逆に爽快だったかも。あとは日本語版の主題歌だけあの人らだったら、イオンシネマ用映画として満点だったのに。
コメント (1)

ソロモンの偽証 後編・裁判 5

2015-04-18 23:51:07 | ノーヒットノーラン
尻すぼみ…。
前編はここでも書いたけど、さすが宮部みゆきといえる物語の奥深さで早く後編が見たくなる出来、そして煽りまくる予告。期待が高すぎたのかもしれないなぁ。主人公含め、俳優陣は頑張っていたと思う。でも意気込んでやった裁判が、とってもゴッコっぽくて、それに付き合う大人の不自然さもあって、だんだん醒めて来ちゃったのが本音。しかもあの結末。なんか茶番やなぁ…
コメント

バードマン 6

2015-04-14 18:59:56 | ノーヒットノーラン
あ、パーマンの指導者のほうじゃないんで。
昨年度のアカデミー賞を席巻した一本。ヒーローものの映画で当てた俳優がブロードウェイで再起を図ろうとする話。カメラワークしかり、設定しかり、音楽しかり、台本のひねりしかり、攻めてるなぁ~と感じるところがメチャあった。だからカッコいい!とはおもったけど、好きか?面白かったか?と言われるとう~ん。自己主張が激しくてセンスもあるんだけど一緒に飲むのはちょっと…みたいな意識高めな作品でした。
コメント

忘れないと誓った僕がいた 5

2015-04-07 20:03:22 | ノーヒットノーラン
喉の奥がイガイガ。
したのは花粉症のせいだけじゃない。「出会った数時間後に忘れられてしまう少女と彼女に恋した高校生」の切ないラブストーリーだそうだが、その設定を飲み込むハードルが高すぎやしないかい?ファンタジー大賞かなんかだそうだけど、ファンタジーなら何をしても許されるんか?まるっきり異国とか異次元とかなら納得できる不思議も、それ以外は普通の中でだと違和感だけが際立つ。あれ?何の映画の感想だったっけ…。
コメント

エイプリルフールズ 4

2015-04-03 18:19:10 | ノーヒットノーラン
ホンマ、騙されたぁ!
古沢良太脚本の群像コメディということで期待したのが間違いやった。複数のストーリーを後だしジャンケンでつなげ「どや顔」してるようなストーリー。「リーガル・ハイ」風なのかもしれないけど(見たことないから)不必要にデフォルメされたキャラクターもイライラした。悪い意味で今のフジテレビらしい映画だったなぁ。
コメント

イミテーション・ゲーム 6

2015-04-03 09:30:40 | ノーヒットノーラン
オレ、普通の人で良かった。
傑作ドラマ、シャーロックで頭キレる変人キャラをすっかり獲得したカンバーバッチ氏が、まんまその役をやった作品。ドイツ軍の暗号を解いて大戦を終結させた天才の話だが、単なる成功物語ではなく、解いてしまったから起こった苦悩も描かれていて、面白かったし見応えはあった。このキャラは日本人なら誰かなと考えてたけど、暑苦しい藤原竜也しか思い浮かばへん。戦争&実話ベースという共通点はあるけど、アメリカ受けからいって、アカデミーはイーストウッドかなぁ。
コメント

ジュピター 4

2015-04-03 09:30:23 | ノーヒットノーラン
あ、またか。
マトリックスの製作陣によるあれ以来16年ぶりのSFストーリーだそうだ。銃弾のシュルシュル感に感動していた当時より格段にCG技術力は進化し、実際に存在しないものがギュインギュイン動き回るようになった。初めての時は驚いたけど、もうちょっとやそっとじゃ何とも思わない。そこで描く物語があれではなぁ。突然宇宙を司る陛下とか言われて、戸惑う主人公以上に観客がちょちょまうわ!
コメント

ナイトミュージアム エジプト王の秘密 5

2015-04-01 18:38:12 | ノーヒットノーラン
夜になると魔法で博物館の展示物が動き出す…CGの正しい使い方で気に入ってたシリーズだけど、別にこれはいらんやろ。舞台が変わって新しいキャラがちょっと増えただけで、あとはシリーズを閉じるためだけの物語。これならどこかのテーマパークにアトラクション作ってもらったほうがずっといいし、本物の博物館で3Dプロジェクションマッピングみたいなことができたら最高だな。魔法のタブレットの力でロビン・ウィリアムスを蘇らせてほしい!夜だけでもいいから。
コメント