今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

心が叫びたがってるんだ 5

2015-09-20 21:58:24 | ノーヒットノーラン
反町の歌か!
幼い頃のトラウマで言いたいことが言えない(でもどうやって受験とかしたんかな…。)高校生が主役の青春群像劇。部活、恋愛、文化祭。懐かしいと思える要素は詰め込んであるけど、なんか薄っぺらさを感じてしまうのは自分がオヤジになってしまったからだけなのか?まあファンタジーの細部に目くじら立てても仕方ないけど、あれだけ色々やって「思ってることは言わなきゃ伝わらない」だけって、ねぇ。
コメント

天空の蜂 7

2015-09-15 22:52:23 | ノーヒットノーラン
やるやん、ひろひと。
東野圭吾の20年前の原作を堤幸彦が監督した原発テロミステリー。ヘリ落とさへんの?とか動機が弱すぎるとか、突っ込みどころはいくつかある。でも2時間半弱、飽きずに見れたのは息をつかせない脚本と俳優陣の熱演のおかげ。オヤジと息子の話にはいつもながらウルっときた。また原発の話やドローン的な使い方など今をうまくリミックスしたアレンジも悪くなかったと思う。逆に?だったのが女優。仲間由紀恵もよくわからん役だし、江口のかみさんはおばさんになってもキレイじゃなきゃ!あと脚本が元コサキンの構成作家だったのにビックリした。
コメント

ピクセル 5

2015-09-15 22:33:22 | ノーヒットノーラン
8ビット万歳!
ゲームの世界の中に入っての物語シュガーラッシュの反対、ゲームのキャラクターが現実に現れる話だ。しかもそのキャラクターがパックマンやギャラガ、インベーダーにドンキーゴング…80年代のゲーセンのヒーローたちだったから、かなり期待していた。でもハイスコアが高すぎたかなぁ。宇宙人がメッセージを勘違いしてのくだりや、オタクが世界を救う設定はギャラクシークエストだし、それぞれのキャラの個性が薄すぎる。やっぱりすがやみつる先生をアドバイザーにして、大人になったげーむせんたーあらしとか、一平太を呼んでこないと。
コメント

テッド2 6

2015-09-07 19:52:52 | ノーヒットノーラン
目が慣れてくるわな。
かわいくて最高にゲスいテディベアの第2作。前作が予想外にヒットしたから作ったのがよくわかる作品だ。嫌いではないけど、笑いの作り方は前作から進歩なし。逆に狙ったジョークが際どすぎてひいてしまうところも。新しいキャラ出すとか、テッドの謎にせまるとか、新しい展開がないと厳しい。博多ラーメンで替え玉頼んだら、スープもちゃんといれなくちゃ。
コメント

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE 4

2015-09-04 20:58:32 | ノーヒットノーラン
既視感だらけ。
ドラマ化された時から決まっていた映画化らしいけど、そうならもうちょっとシナリオ練れなかったかなぁ。キャストの無駄な豪華さ、特殊部隊がザッザッザッといく感じ、目的はあやふやなくせにやたら大がかりなテロリスト…いろんなところでよく見る場面のオンパレード。その整合性をつけるために都合の良すぎる粗いシナリオ。手段と目的がひっくり返るとこういう残念な結果になるという見本やわ。
コメント

人生スイッチ 5

2015-09-04 20:58:27 | ノーヒットノーラン
食いもんも違うだろうし。
アルゼンチン発、アンラッキーな人たちのオムニバスブラックコメディ。邦画の「バカヤロー」シリーズみたいな感じだ。ただ
コメント