今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー 5

2018-01-23 22:06:33 | ノーヒットノーラン
中国人ってほんまにランボーやなぁ。
中国で史上No.1ヒット、500億を稼いだ作品というから見に行った。ジェット・リーの後継者っぽいウー・ジンというアクションスターのランボーっぽい物語だった。たしか「踊ってばかりの国」っていうバンドがいたと思うけど、この作品は2時間ちょっとの間「戦ってばかりの映画」。逆にそれ以外何もない。設定もいろいろ無理すぎるし、ラストは中国万歳、エンディングはジャッキー風。まあ10億人ターゲットだとこのくらい大味なのは仕方ないのかな。唯一印象に残ったのは主人公の相棒みたいな軍人役の役者が、元巨人のイ・スンヨプにソックリだったこと。あ、あの人は韓国か。
コメント

5%の奇跡 嘘から始まる素敵な人生 7

2018-01-17 18:51:13 | ノーヒットノーラン
副題は全くいらんけど。
ある日急に普通の5%しか視力が無くなってしまった青年が、ホテルマンになる夢を諦めずに奮闘する話。フィクションならやり過ぎだと思うけど、これが実話ベースだからすごい。厳しい状況での温かい仲間のバックアップ、そして本人の強烈な意思の力と努力。なんとなくで生きている自分が恥ずかしくなる。背筋を伸ばされる作品だった。
コメント

キングスマン ゴールデンサークル 6

2018-01-15 23:14:17 | ノーヒットノーラン
続けてくるな…。
イギリス発のスパイアクション。007がクラシックになっている次の世代を狙っている感がありありの野心作だ。コンピューター制御だらけのスパイ道具に夢を持てない分をガチャガチャしたアクションシーンでカバー。エンターテイメントとしてはこれから設定に深みを足していく感じかな。でもやっぱりイギリスって紳士キャラからは離れられないんやなぁ。
コメント

嘘八百 4

2018-01-15 23:08:35 | ノーヒットノーラン
なんとも中途半端。
大阪・堺のご当地ムービー。中井貴一、佐々木蔵之介のコンビはなかなかの面子だと思う。ただ本が甘い。巨額のカネが動く詐欺の物語としてはいろいろ詰めが甘すぎる。利休も泣くわ。
コメント