今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

かもめ食堂 7

2006-03-29 23:34:23 | 逆転サヨナラHR
「ほっこり」この4文字がこの映画の全てを表している。

フィンランドで「かもめ食堂」という定食屋をはじめたおばさん(小林聡美)の周りに集まってきた他の日本人、そしてお客さんたちの「何と言うことはない」日々の話だ。

俺が映画を評価するポイントに「それぞれの登場人物のキャラクター、設定がきちんと描かれているか?」というものがあるが、この映画に限ってはそんなものどうでもよくなってしまった。なんでだろう?人々と雰囲気が抜群に心地いい。それだけでおなか一杯なのだ。

オール・フィンランドロケだけど「海外っ!」て感じの力の入った自然描写もなく、食堂もどこやねん!といった普通のロケーション。美男美女は一切登場しないし、色恋の話もゼロ。メニューにあるのもわけの分からんカタカナ料理でなく、おにぎりにから揚げ、トンカツ、シャケの塩焼き・・・。

映画やドラマに出てくる登場人物って、すごく美人でモテたり賢かったり、↓前項みたいに力強かったり、現実ではなかなか難しい「すごい」女性のケースが多い。でもその反対であんなユルユルだけどシンプルな生活ってのも憧れてしまうんだろうなぁ。忙しい日本人にとっちゃ、ある意味ファンタジーだよな…。

朝一なのに立ち見の劇場で、9割以上を占めた女性客を見ながらそんなことを思いつつ、頭の中で彼らの歌がリフレインしていた。
コメント   トラックバック (3)

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 7

2006-03-28 22:38:12 | 逆転サヨナラHR
これぞメヂカラ。

ナチス政権下のドイツでヒトラーに抵抗しようとした学生組織「白バラ」の紅一点、ゾフィーの逮捕されてから死刑になるまでの日々を追った実話に基づく物語。写真のお兄さんは関係ない(でも、懐かしいでしょ)

ナチスを批判するビラを大学構内で撒いたのを見つかり、ゾフィーは兄と共に即刻逮捕される。反政府活動をするわりには計画はずさんで、はじめはえ~?と思った。

ところがここからが本番だった。厳しいベテラン取調官を前に始めは「ああ言えばこう言う」方式でシラを切りまくり、証拠が出てきてからは開き直って自分の主義を主張しつつ、仲間は守り通す。取調官同様に俺も心を動かされたのは彼女の眼差しの強さのせいだ。相手をまっすぐ見据え、不利な状況でも女性の弱さなど微塵も見せない。そんな美人でもない彼女がとても輝いて見えたのは、そんじょそこらの男じゃ歯が立たないくらいの勇気がその瞳から溢れていたからだと思う。

毎週水曜のレディースデーだけにウジャウジャ湧いてくる「自称映画好きのOL」とかに観て欲しい作品だ。世の中に流されず、たった一人でも自分が正しいと思った棘の道を行く。ゾフィーのような強さが、自分の主張がアナタにありますか?ロハスとかスローフードとか流行りに乗ったぬるいこと言ってるのとは全然ちゃうからな!
コメント   トラックバック (1)

ブロークバック・マウンテン 6

2006-03-25 23:52:17 | タイムリーヒット
そんなスゴいんかな?

アカデミー作品賞こそ逃したものの監督賞は受賞、ヤフーのレビューを見ても「今年のベスト1」「観て絶対後悔しない」など絶賛の嵐…偏見なしに見たつもりだが、「わかるけど…」というのが正直な感想。別にみんなが褒めてるからけなしたくなったわけじゃない。

内容はゲスく女性週刊誌風にタイトルをつけるならば「アメリカの荒涼な自然がはぐくんだカウボーイ2人の同性不倫愛!家族に隠し通した辛く、そして狂おしいほどに愛しい20年の末にあったものは…」みたいな感じやね。

世間にもそして自分の中にも存在する同性愛への偏見。それに苦しみながら、それでも愛を貫き通した究極のラブストーリー、みたいに括られてるけど、俺はどうも彼らから「love」をあまり感じ取れなかった。羊以外には人っ子ひとりいない山の中で何ヶ月も2人だけで暮らせば、そりゃ同志愛みたいなものはイヤでも生まれるだろうし、勢いでそうなってしまうこともあるかもしれない。でも山を降り、普通の生活を始めた彼らが本当に求めていたのが「お互いの愛」だったのかはちょっと疑問だ。

街での生活にはあまり馴染めない二人。彼らが街から「あの楽しかった」山に逃避したい願望と、なかなかそうはいかない現実。叶わなければ叶わないほど強くなるその気持ちが、思い出とオーバーラップしたために「お互いを求めている、あれこそ愛だったんだ」と錯覚しているように俺には見えた。

そういう意味でなら情熱の火を燃やし続けたのも納得がいくし、逆に実現しないほど頭の中で美化・強化されていくのは当たり前だと思う。だから苦難を乗り越えて耐えた愛みたいな捉え方にはどうしても違和感を感じる。決して男同士だからということではない。

まあでも、自分の中に秘密を抱えながら生きていくってのは大変だろうなぁってつくづく思った。バレたら大変やろうし…え?写真?全然関係ないですよ!
コメント   トラックバック (3)

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! 7

2006-03-23 22:48:07 | 逆転サヨナラHR
これだよ!これ!

前項↓で子供向け映画のダメな作り方について書いた直後に見たのがこの作品。「子供心はいつまでも忘れていないけどテクニックはいっぱい」な大人たちが丁寧に手間をかけて作っただけあって、比べるのがかわいそうなくらいの出来。さすがとしかいいようがない。

アカデミー賞のアニメーション部門で日本だけ勝手に盛り上がっていた「ハウルの…」を破って受賞したのがこの作品なんだけど、2つを見比べてみると違ったのが目線の高さだった。アニメーションという手段は使っているけど、込められたメッセージは結構高尚で深い「ハウル」に比べ、この作品を見て感じるのは「こんなんカワイイでしょ。で、こんな風に動かせるんだよ!すごいでしょ」くらいなもの。

ちょっと上から子供たちを導こうとする先生目線の大人と、子供たちと一緒に粘土こねて「どーん」とか「ガーン」とか転げまわってる大人。ちょっとイタいかもしれないけど、子供たちに人気があるのは後者に決まってる。(写真はイメージ)

というわけで子供は夢中になって、元・子供は「へぇ、よう出来てんなぁ」と感心しながら楽しめる作品になってるんだけど、唯一残念なのが長さ。子供でも見られるように90分以内ではあるんだけど、長すぎる!

考えてみろよ。あの頃って45分授業すらまともに集中できなかったやろ(今でも大して変わってないけど)長さを求めるんなら45分の2本立てだ。で、間にトイレ休憩挟んで欲しいな。

コメント

子ぎつねへレン 5

2006-03-22 01:18:18 | タイムリーヒット
子供をなめると痛い目にあうぞ。

予告編ではちょっと泣きそうになった。動物&子供という黄金パターンに結末の分かるストーリー。おまけに子供が神木隆之介くんみたいな美少年じゃなくて、中途半端にブサイク(未来少年コナンのジムシィ似)なのも親近感がもててよさげだった。

そんな期待感充分でいったのがまずかったのか、本編の方はイマイチだった。確かにオレみたいなオッさんよりは純真無垢な子供たちに見て欲しい作品なんだろう。でもそれにしちゃ悪い意味で「子供だまし」すぎる。意味のない「こんなこともできるんだぞすごいだろ」CGの濫用や、不必要な空想シーンにキャラクター。
子供ってこっちが考えているよりずっとちゃんと見たり、感じたりしてるから子供向きの映画こそしっかり組み立てて作らないとあかん。なのに登場人物の設定や関係の表現は薄いし、細かいところもアラだらけ。

親とか先生は子供にこういう映画を見せて「へれんはいっしょうけんめいでえらいとおもいました」とか「わたしもへれんのようにがんばってぎゅうにゅうをのもうとおもいます」とかいう感想文を読まされて満足するんやろうな。ホントは大人向けに書いてやってるだけなのに…。

コメント   トラックバック (1)

SPIRIT 6

2006-03-21 00:15:19 | タイムリーヒット
引退興行だ…。

現役では一番好きだったアクションスター、ジェット・リーの「アクション俳優」としての最後の作品だそうだ。もうとっくに40歳越してるし仕方ないねんけど、ちょっと寂しい。

今回演じたのはかつてのハマリ役、黄飛鴻と並ぶカンフーの達人、霍元甲。日本ではなじみが薄いけど、中国人にはもうお馴染みの伝説の人。日本で言ったら沢村栄治と写真のオジさんみたいな感じなんだろう(ワンちゃんはまだ元気だけど)

ストーリーは偉人伝だけあって、教科書的な展開で可もなく不可もなくというところなんだけど、やはり感じてしまったのがアクションの衰えだ。といっても決してリーの体が老化したとかそういう話ではない。
かつては彼らのような鍛え抜かれた「超人」にしか不可能だったスピードアクション。観客はそれを期待し、彼らもそれに応えることで映画の主役をはってきた。しかし、ワイヤーアクションの技術がハリウッドに渡り、CGで何でも創り出せるようになった現在、素人でも同じレベルのアクションをやっているように見せることは簡単になってしまった。そうなるとイケメンの俳優や美人女優ですら激しいアクションをホイホイ取り入れるようになるから希少価値はなくなるし、武術だけがメシの種だった彼らにはキツイ話だ。

ちょっと先輩のジャッキーはそれでも人の良さがにじみ出る表情や、コメディ俳優の方向で何とかやっているけど、真面目な田舎の青年という感じのリーは今後どうしていくんだろうか?

俳優人生の集大成となるこの映画に「アクション俳優」という消滅しそうな職業の精神を刻んだといったらカッコよすぎか?
スクリーンから消えてしまうのはジェットのスピードにならないよう、オレは願っている。
コメント   トラックバック (2)

ウォーターズ 5

2006-03-18 23:18:37 | タイムリーヒット
カネカネ言うけど…

テレビでよくやってる「歌舞伎町24時。夜の男たちの華麗で過酷な闘い」みたいな特番が火をつけたホストブームに乗って作られた企画映画。だからストーリーがいくら薄っぺらくてもしょうがない。でも気になったのはホストクラブに来る客の下品さだ。

俺がホストクラブに行ったことがあるわけでもないし、テレビだと取材対象はホストの方なのでお客さんはモザイク。だから全てあんな客だってワケじゃないと思うが、それにしてもヒドい。つかの間のお姫様気分に100万の札束をポンポン投げ、札束で男のほおをはたき、商売男のニセの口説き文句にさえ財布を開く。劇中に「自分のお金なんだからどう使おうが自由じゃない」というセリフがあったけど、ホントにそうだろうか?

そんな金の亡者だけじゃないけど、最近日本人はカネに溺れ、カネにコントロールされて生きているような気がしてならない。身の丈に合わない金額を稼ぐためにカラダを売る若者、少ない給料を元手に血眼で株情報を集めるサラリーマン、年収のみがステータスになり、愛よりカネと豪語する女たち。そのくせ集めた金を何に使うかといえば、プチ優越感のためのブランド品や水商売での浪費、ダラダラするだけの旅行や珍しいだけのプレミア品…刹那的でとても身につく使い方とは思えない。

カネってそもそも欲しいものを買ったり、行きたい所に行くための「手段」じゃなかったろうか?夢を実現するために使う「道具」だったんじゃないだろうか?本来の目的すら見えずに「手段を集めること」が目的になってるという歪んだ現状。
カネで買えるのは一瞬の幸せのみ。それを継続するためにはさらなる投資が必要だし、そうして継続した幸せだってカネが切れた瞬間に消えてなくなってしまうのはホリエモンを見たらわかるはずだ。

「なら、どんな使い方になら価値がある?」という質問に唯一ちゃんと答えているのが、カード屋さんのCMというのが何とも皮肉だなぁ。
…映画からだいぶ離れてしまったけど、そう思った。
コメント

リトル・ランナー 7

2006-03-12 00:24:28 | 逆転サヨナラHR
走れ!アホ中2!

主人公ラルフはカナダの私立学校に通う14歳。要領のよい方ではないし、先生にも目をつけられっぱなしだ。でも父を亡くし、重病で入院中の母には優しい心を持っていた。でもある日、母親が昏睡状態に陥る。「彼女が再び目を覚ますためには、『奇蹟』でも起こらないと難しい」医者の言葉を聞いたラルフは自分が起こせるかもしれない唯一の『奇蹟』、ボストンマラソン優勝に向け走り始める…。

設定だけ聞くと「ピュアなスポ根感動物語」が展開されそうだが、そうじゃない。ラルフは思春期まっさかり!煩悩が制服を着て歩いているような中2だ。頭の中はエロとイキリでいっぱい、元・男子ならたいがい思い当たるような失敗をしまくる。決して特別な少年ではなく、どこにでもいるバカにされる方のヤツだ。

でも彼が唯一違ったのは「信じる心」を強く持っていて、決して捨てなかったところ。優勝目指して練習に打ち込むひたむきな姿だけだったら、大して胸には響かなかったと思うが、バカにしていた彼の愚かな行動に少しずつ心を動かされていく周囲を見て、写真のオッさんの有名な言葉を思い出さずにはいられなかった。

「信は力なり」
ワケの分からん殺人事件が続出し、どんどん人を信じられなくなっている時代だからこそ、その意味がじんわり身にしみた。
コメント (1)   トラックバック (2)

ナイト・オブ・ザ・スカイ 4

2006-03-10 23:33:38 | デッドボール
男子なら、気持ちはわかるんだろうけど。

ウォーっすげぇ!空軍が全面協力したという実写映像は迫力満点。CGでスクリーンの中になら何でも産み出せる昨今、たいがいのモノを見ても驚かないが、空中戦シーンだけは一見の価値がある作品だ。

でも、それだけ。火曜サスペンスじゃないけど顔見ただけで「あ、コイツ悪者だな」と思ったら絶対そうだし、国家機密をどうこう言う割にはテロリストに簡単に警備を破られすぎ。もうちょっと警備と脚本にお金かけようや。
「TAXi」もそうだったけど、この監督はすげぇメカがギュイ~ンって走ったり飛んだりするだけでお腹いっぱい、あとどうでもよくなっちゃうみたいだ。オモチャのパトカー(写真)をブゥ~ンって走らせた後は、ほったからかしで帰ってくるウチの息子とたいして変わりない。

フランス映画って何で「愛がどうだこうだ」いう小難しい作品と、こういうバカバカだけなんだろ。中庸はないのか?
コメント   トラックバック (1)

力道山 7

2006-03-09 19:45:26 | 逆転サヨナラHR
光のウラには必ず影があるんや。

戦後の日本人に勇気を与えた英雄、力道山。プロレスラーというより、歴史の教科書にでてきそうなイメージがある。その半生を事実を元に映画化した作品だが、偉人伝ではない。伝記にありがちな「彼はすごかった・偉かった」ではなく、描かれていたのはヒーローの孤独感、焦燥感だった。

朝鮮人という出自から相撲での成功が叶わなかった力道山が選んだのは、世界の共通言語、プロレス。しかしアメリカから凱旋帰国した彼が背負ったのは、皮肉にも自分を差別した日本人代表として外国人をなぎ倒す役目だった。
瞬く間に成功をおさめたものの、続いて課せられたのは「負けられない」というプレッシャー。全ての国民の夢を受けて、スポットライトを浴び続けなくてはいけないヒーロー。その裏で彼が感じていた「誰にも頼れない」「誰も信じられない」孤独感を知り、つくづく気の毒になった。今だと、イチローなんかもこんな気持ち味わっているんだろうか?

大先輩へのリスペクトを込め、武藤・小橋・秋山ら現役に加え、故・橋本慎也も出演、迫力のある試合を見せてくれていたが、気になったのは技の新しさ。確かに力道山の空手チョップとボディスラムじゃ絵にならんけど、ラリアートにブレーンバスター、メキシコばりの空中戦まで入れるのは、熱演とはいえ時代考証が滅茶苦茶だ。

日本語が最後まで怪しすぎたとはいえ、主演のソル・ギョングの演技は見事だったけど、「シルミド」の時は大杉漣だった顔が、今回はマッチョな鳥越俊太郎に見えて仕方なかった。鳥越 対 草野「史上最強キャスター決定戦」も見てみたい。
コメント   トラックバック (1)

映画ドラえもん のび太の恐竜2006 6

2006-03-08 19:47:51 | タイムリーヒット
君がいるから、頑張らねば。

最初の公開は俺が7歳の時。劇場では見たことがなかったけど、テレビで見たのかコロコロで読んだのか、ストーリーはほぼ覚えている名作のリメイクだ。

とはいえ映画版は1年のブランクがあり、声優陣も全員変わったので最初は違和感があった。キャラの雰囲気も慣れ親しんだのとは違うし、妙にギャグを入れるのも映画版にはなかった演出のため、何だかなぁと思っていた。でものび太一行がタイムマシンに乗った瞬間、彼らは白亜紀へ、俺は子供時代へタイムスリップしてしまった。

のび太と恐竜ピースケの関係は親と子の関係。冒険部分は子供気分でワクワクしながら、ピースケに接する時ののび太に対して抱く感情は明らかに昔と違う。愛するがゆえに突き放す、ピースケのためなら普段やれないことも全然平気、「わかるよ!のび太」そう思いながらウルウルしてしまう場面が何度もあった。

来場者にプレゼントされたドラえもんの人形を1歳の息子に渡すと、妙に気に入ってしばらく握り締めたり、舐めたりしていた。今は青い色と丸い頭が珍しいくらいのもんだろう。

でも何年か先、一緒に映画館行こうな。そん時にオヤジが隣で号泣してても笑うなよ。

追記:写真はピースケの干物。フタバスズキリュウって鈴木君っていう高校生が発見したんやって!そのまんまやん。まあ、フタバノビリュウとかフタバゴウダリュウよりましか。
コメント (2)   トラックバック (2)

クラッシュ 7

2006-03-05 15:28:21 | 逆転サヨナラHR
感動?何か違う・・・でも。

「人は誰かとつながっていたい」「あたたかい涙」感動ばやりの世の中だからなのか、宣伝文句には甘ったるい言葉が並んでいた。でも、そのつもりで見に行ったらちょっと違和感を感じた。

ロサンゼルスのある一夜とその前日の出来事。一件の交通事故からスタートしたストーリーはそれぞれの人物の物語へ別れていき、そしてまた交叉しながら集まってくる・・・。それぞれの味付けも、つなぎ方も見事な群像劇だ。

いい意味でも悪い意味でも人と人のつながりが濃い田舎と違い、都会で生活していると「自分と家族、その周りの人々」だけで生きているような錯覚を持ちがちになる。でももちろんそんなことはなくて、無意識のうちにいろんな人と「ぶつかって」、いろんな人の「おかげで」生活している。そこにアメリカが抱えるさまざまな問題をちりばめて描いたのがこの映画だと思う。「つながっていたい」のではない。「ぶつかっちまう」のだ。

登場人物たちがそうだったように、人間は誰かと「クラッシュ」した時、状況や事情によって善にも悪にもなり得る。だからここに出てくる人種差別の問題を部外者の我々が道徳的観念だけから「あかん」というのはちょっと違うと思う。

でも、こういう映画が政府や企業、あと写真の男とかが企んでそうな「巨悪」だけじゃなくて、自分たちの中にもある「小さな悪」についても考えるキッカケになったらいいのにな。
コメント   トラックバック (3)

シリアナ 4

2006-03-04 17:43:42 | デッドボール
聞いただけだったらビックリするタイトルだけど、くれぐれも彼が好きな方のアナではない。not ASSHOLE!

たしか予告編で見たキャッチコピーは「知っても恐ろしい、知らないともっと恐ろしい現実」とかそんな感じだった。
中東にいつまでたっても平和が訪れない原因、石油利権に関わる陰謀。普段は頼まれもしないのに揉めてる地域に派兵して「世界の警察」みたいな顔をしておきながら、実は自分たちの利益のためにこれだけ汚いことやってまっせという「黒いアメリカ」の姿を伝えたい映画だと思う。

でも、それならややこしくしすぎだ。複数の登場人物の行動を並列する割には「こいつらがどういう人物でどういう関係なのか」という説明が希薄すぎ。登場人物に感情移入もできないし、え?コイツはどういう立場でいい者?悪者?そんなことを考えているうちにストーリーがどんどん進み、最後まで???で終わってしまった。

ハリウッドではたくさんの俳優が出演を熱望したらしいし、インテリには大人気の監督・脚本らしい。でも、こういう事を本当に知らないといけないのは大多数を占める「こんな難しい映画は理解できない」民衆だと思う。そんな意味でこの映画は観客おいてけぼり感だけでなく、作り手のオナニー感満載で不快だった。

しかも、絶対ケツに何かつっこみながらだぞ。
コメント (1)   トラックバック (3)

燃ゆるとき 6

2006-03-03 17:06:29 | タイムリーヒット
♪風の中のすばるぅ~♪砂の中の銀河ぁ~

アメリカに進出した日本のインスタントラーメンメーカー。他のアジア系企業との競争や、さまざまな国から来た労働者のコントロール、合理主義のアメリカ系企業の妨害など海外ならではのトラブルを克服しながら躍進して行く。その原動力となったのは会社と家族を愛する企業戦士たちだった・・・。

もうここまで書けば、あの番組を思い出さずにはいられないだろう。劇場を見回してみても、熱心な視聴者だったはずの夫婦50割引とかシニア割引の適用者ばかり。「ナルニア国物語」が子供のためのファンタジーなら、この作品は高度成長期を支えてきた彼ら世代のためのファンタジーだ。

ドキュメントじゃなくてあくまでファンタジーだなと思ったのは、社内がいい奴ばかりすぎるからだ。
彼らの何分の一かの経験でしかないが、会社で働いていて感じるのは「敵は内にあり」ということ。新しい企画を立ち上げる時に一番やっかいなのは、前例にない事を面倒くさがったり、失敗した時に自分に振りかかるかもしれない責任を恐れる身内。その説得に苦労したり挫折したり、本末転倒な話だがそっちばかりに神経をすり減らしているような気がする。

まあそんな理由で閉塞気味の日本経済に活力をって意図なんだろうし、いい物語ではあると思う。でも、それならもうちょっと若者にも見てもらえるキャスティングにしてもよかったんでは?

今時、七三分けの人が主役の映画ってなかなかないぞ。


コメント

三年身籠る 5

2006-03-02 16:03:13 | タイムリーヒット
設定はオモロいねんけど・・・。

主人公はオセロの黒い方。妊娠したがなかなか赤ん坊が出てこない。帝王切開ではなく自然分娩を望むが、1年たってもその気配すらなく腹は膨らむばかり・・・。その設定、タイトルに惹かれて見に行った。

見てて「あぁ、女子の作った作品だなぁ」とつくづく感じた。すごくコミックチックな設定なのに物語や俳優たちの演技も淡々としたもの。シュールといえなくもないし、ハマる人もいるのかもしれない。でも笑わしにかかっているところなどは狙っている感バリバリで素人っぽいし、展開の仕方はイマイチ。結局面白い設定を生かしきれず、自分の気持ちいい空間を並べているだけにしか見えなかった。女心に鈍感な俺だから伝わってこんのだろうか?

でもそんな中、印象的だったのはオセロ中島の表情だ。妊娠はもちろん、演技経験もたいしてないはずの彼女だが、おなかが大きくなっていくにつれどんどん「母の優しい目」になっていったのは見事だった。

思い出してみると、ウチの嫁さんも妊娠中はあんな優しい目してたなぁ・・・。産んだ後はたちまちオニになるんだけど。

追記:写真の人は全然身籠ってません。もし身籠ったらどうなるんだろう・・・。



コメント   トラックバック (1)