今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

アーサー・クリスマスの大冒険 7

2011-11-28 21:32:29 | ノーヒットノーラン
これぞCGの正しい使い方!
世界中に20億個のプレゼントを一晩で配らないといけないサンタクロースって、ホントのところどうしてるの?って話。息子たちと見に行ったんだけど、子供以上にココロを掴まれてしまったオヤジ。妖精たちのカッコ良さ、壮大なスケール、そして夢のある感じ。これを並立させるためのフルCGなら大歓迎。某タンタン麺みたいに妙にリアリティあるとかえって嘘臭くなるから、これがベストだ。ストーリーもサンタを信じてる(はずの)ウチの息子たちから、引率のじいちゃんばあちゃんまで、それぞれのレベルでの楽しみ方ができる話。まあ3Dにする意味は全く感じなかったけど。
コメント

怪物くん 3

2011-11-28 21:05:56 | ノーヒットノーラン
なんてクオリティの低い映画ざましょ!
もちろんアニメは毎週みてたけど、ドラマは一切見ずにいての一応チェック。時々映画になるとマシになる作品もあるけど、こりゃヒドい。CGと特殊メイクの無駄遣いをしただけの「スター隠し芸大会」レベルのシナリオと演技。日テレって邦画を食い荒らしてるだけだなぁと実感。これじゃマジメに映画作ってる人たちが気の毒だ。
コメント

アントキノイノチ 4  

2011-11-26 14:06:23 | ノーヒットノーラン
これは…ご不要品。
TBSが若者向けに作った「泣ける映画」。たぶんしっかりしているはずのさだまさしの原作が「おくりびと」と「告白」の上っ面だけマネした三流ラブストーリーになってしまっていた。三流の原因は主役の演技力不足と、ドラマばりのアホ向け演出、泣かせば勝ちという矛盾だらけのシナリオ。途中でやめときゃよかったのに、ラストの何分かは開いた口が塞がらなかった。あれを見て泣ける人たちは幸せ者だなぁ。
コメント

新少林寺/SHAOLIN  7

2011-11-22 23:37:18 | ノーヒットノーラン
よく見とけ!中国人、いや現代人!
私事だが我が家では今、息子たちがカンフーに夢中だ。ジャッキーに始まり、ブルース・リー、最近じゃイップ・マンまでDVD見ちゃ真似している。そんな彼らを連れていこうと思っていたら、まさかのPG12で、オヤジだけ見に来たわけだが納得。リー・リンチェイの溌剌とした演舞が主役だったオリジナル?とは違い、ドラマで魅せるオトナ向け少林寺だ。アンディ・ラウが演じる将軍が失脚して全て失い、逃げ込んだ少林寺で改心して…というまあ王道ストーリーだが、さすがにしっかりしたカンフーあり、人の道を説くセリフに重みありで、充実した時間を過ごせた。なぜ今頃?という疑問もあるかもしれないが、欲望と煩悩にまみれた人の多い今の世の中にこそ、こういう自省を促す1本は必要だと思うよ、もちろん自分にも言い聞かせながら。
コメント

マネーボール 5

2011-11-18 15:00:25 | タイムリーヒット
清武さんなら、どういうんやろ…。
何ともタイムリーなタイミングで公開されている「革新的だったGM」の物語だ。
それまでの常識を打ち破り、低予算で、結果を出したビリー・ビーンの奇跡は当時、原作で読んでいた。
それが10年近くたって映画化ということで、期待していたが…残念。日本や球界だけの話ではないが旧態依然の業界に新しいアイデアで斬り込むというのは、周りの反発も当然あるし、結果がでないと待っているのは悲劇。
だからこそ、そのアイデアの素晴らしさ、心中してもいい根拠がないと説得力がないのにこの映画ではなんの説明もない。
思い込みが強くて、行動が早いGMが気まぐれでオタクを気に入り、映画「メジャーリーグ」ごっこをやったらうまく行ったみたいに見えてしまう。また一応、野球映画のはずなのに野球のシーンがビックリするほど少ないのだ。
野球を知らなかったり、興味がない人には「プロジェクトX」的な楽しみができるのかもしれないが、野球が好きな人間にとっては、あまりにも野球への愛やその深さへの敬意が感じられないのでガッカリ。張本さんなら喝を入れてくれると思うけどなぁ。
コメント

恋の罪 7

2011-11-16 21:45:01 | ノーヒットノーラン
ごめんなさい、カンベンしてぇ!
傑作「冷たい熱帯魚」の園子温監督の最新作。東電OL殺人事件がモチーフにはなっているが史実の再現ではなく、そこから膨らまされた壮絶な「業」のぶつかり合いの話だ。「冷たい…」と同じく、はじめは違和感だらけの異常な世界がどんどん染み込んできていつのまにか観客も引きずりこまれる。女優陣のいろいろ剥き出し演技にばかり注目が集まっているが、あくまでセックスはツール。その先に見えるオンナの闇の底知れぬ深さに恐怖と男の小ささを感じた。映画館を出たあとなんか街行く女性が違って見えた。別にセクハラとかそういうんじゃなくて、オトナの女性の意見をとても聞いてみたい。
コメント

密告・者 5

2011-11-15 13:52:05 | タイムリーヒット
切れがあるのにスッキリしない。
ネット上のレビューで高評価だったので、ちょっと無理して見に行った1本。犯罪組織に潜り込んで警察に情報を流す密告者と刑事の話で、普通によくできてるんだけど何か盛り上がらない。どうしてだろうと考えてみると、同じような影を抱えたキャラばかりということ、それぞれを丁寧に描きすぎて誰が主役なんかわからなくなる、要するにメリハリがないのが原因だと気づいた。速球のスピードはあるが、変化球がないので一本調子が続く。それをスタイルといえばスタイルなんだろうが、あれじゃ打ち取れないよね。
コメント

モンスター上司 5

2011-11-10 23:38:25 | ノーヒットノーラン
ちゅーとハンパな!
ムカつく上司を殺してしまえという物騒な悪だくみをする3人のおっちゃんたちのコメディ。ハチャメチャな展開はすごく「ハングオーバー」が被るけど、酔ってましたからの言い訳がきくあちらと違い、素面で結構ちゃんとしたオトナのやることなので却って整合性がとれない。敵にあたる上司はムカつくところはあるが殺すほどじゃない。脇役陣は豪華で伸び伸び演じてるが、それに主役が見劣りしすぎでたってない。下ネタやギャグにしても翻訳が悪いのかもしれないけど、過激でも面白くもない。こんなおもしろい風コメディじゃ、ちゃらんぽらんさんに叱られるぞ。
コメント

カイジ2 4

2011-11-10 23:22:16 | ノーヒットノーラン
機械相手じゃ。
前作は結構好きだったので、ちょっと楽しみだったけど、こりゃアカン。キャラの決まった役者陣は相変わらず濃さだけが目立ってしつこいし、カネカネ言いすぎ。一番あかんのが、ラスボスが人間との知力を尽くした死闘じゃなくて、単なるデカいパチンコ台でしかないこと。何やねん沼って!沼との勝負にしても矛盾がいっぱいだし、そこが気になるということは他の部分でカバーできてないってこと。あんな話でカネより仲間なんていわれてもなぁ。
コメント

1911 辛亥革命 5

2011-11-09 21:29:01 | ノーヒットノーラン
はい、カンペー!
ジャッキー・チェン出演100本目が前にでてるが、アクションはほぼなし。100年前に中国で起こった革命礼賛映画だ。孫文や彼の指揮の元戦った若者たちをカッコよく描いていたけど、日本人の自分にはピンとこない。
どの国のどの時代でも、勝者が自分を英雄にした歴史に書き換えて行くわけで、もちろん彼らの努力の末に現在があるわけだけど、今の中国で本当にいいのか?少しは無私無欲の孫文を見習えよ、中国人。
コメント

ハラがコレなんで 7

2011-11-09 18:40:55 | ノーヒットノーラン
オケィ!大丈夫。
「あぜ道のダンディー」の石井裕也監督の最新作。仲里依紗演ずるぶっ飛び妊婦の行動基準は唯一「粋かどうか」。半分くらいまでは唐突なキャラや舞台設定に戸惑った。でも中盤以降マヒしてくると、その世界がメチャメチャ楽しくなってきた。
「雲みたいに風に流されてもいいじゃん」「風向きが変わるまで昼寝でもして待とう」「そん時が来たら一気にド~ンと行けばいいさ」しつこいくらい繰り返されるセリフがカラダに染み込んでくる。そう、他人のために体を張る、そんな粋な生き方をしてりゃいいことあるって。
コメント

ミッション:8 ミニッツ 6

2011-11-04 16:38:50 | ノーヒットノーラン
ふっかつのじゅもんをどうぞ。
デビッド・ボウイの息子といつまでも言われちゃう監督が「月に囚われた男」に続いて撮った作品。列車爆発事故のラスト8分に何度も転送されながら、テロリストを見つけ出させられる軍人の話だ。あくまで犠牲者の脳内記憶にアクセスしているだけで、タイムスリップではないというのが建て前だけど、どんどん矛盾が生じてくる。でもええやん、そんなの。何度も出てくる同じ場面に隠されたヒントが、徐々に繋がっていく感じは、データをセーブして何度もやり直すRPGに似て、面白かった。それにしてもこの監督、一人きりで狭い空間に閉じこめるの好きやなぁ。ネットカフェ好きか、母親の胎内から産まれたくなかった系のどっちかやな。
コメント

ステキな金縛り 8

2011-11-02 00:03:53 | ノーヒットノーラン
さすが!のひとこと。
予告でさんざん見た「幽霊が証人の裁判」という設定、必要以上に豪華なキャスト、そして「三谷さんが一番撮りたかった作品」というコピー。ハードルを上げすぎではという心配は杞憂だった。これまでの作品で見えていた映画への挑戦とか笑いへの力みはほぼなく、今まで彼が純粋に愛してきた映画、芝居への素直な気持ちをそのまま形やセリフにしたストーリー。変に勘ぐったり、オトナの計算を見抜こうとするのではなく、こっちも素直に幸せな気持ちになろうと思える「ステキな」1本だった。まあ唯一イヤゴトいうなら、TKO木下さんと小林聡美が被っちゃったかなあ…。これぞエンターテインメント、ホンマすごいわ。
コメント   トラックバック (1)

シャッフル 5

2011-11-01 21:00:07 | ノーヒットノーラン
本末転倒。
舞台を原作にした銀行強盗のアジトでの密室劇。最初ハメてるはずのヤツが、ハメられていて、実はそいつも…みたいなことを繰り返し、かなりヤバい状況に。こういう伏線系は最後に絡んだ糸がスルスルッとほどけるのが気持ちいいのに、この作品は結び過ぎちゃってほどくのに時間かかってしまってる。気持ちいいかわりに、最後にちょっといらっとする、まさに過ぎたるは及ばざるがごとしだわ。
コメント

がんばっぺフラガール 7

2011-11-01 00:03:39 | ノーヒットノーラン
まさに現在進行形。
福島のスパリゾートハワイアンズの今のフラガールたちを追ったドキュメント。半年以上がたち、節電騒ぎもなくなって風化しつつある東京以西とは対称的に、無我夢中の非常時から厳しい日常に戻らねばらない被災地の実態になんとも言えない気分になった。震災関連のドキュメントは何本か見たが、この作品がよかったのはフラダンスと音楽の存在。苦しい現実と真反対にあるのんびりしたフラ。でもそう見える彼女たちの必死な素顔。そこに被さるジェイクシマブクロのメロディー。ウクレレがこんなに切なさを生むなんて、今まで全然知らなかったわ。心に染みる1本だった。
コメント   トラックバック (1)