今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ボラット 8

2007-05-28 22:03:52 | 逆転サヨナラHR
いや、ケツの穴デカイわ。
全ての女性、そして良識ある大人なら顔をしかめ、人によっては訴訟も辞さない悪ふざけと差別の数々。呆気にとられている周囲を尻目に序盤から「くだらねぇ!」連発。メチャ笑わせてもらった。しかもそれをジャッカスみたいに羅列するだけでなく、一つのパロディにしっかりまとめてある作りは見事の一言!テレビが出演者の安全やいろんな圧力団体に気を使って小じんまりしている昨今、この怖いものなさぶり、でもしっかり自称「世界基準」アメリカをおちょくっているあたりは痛快だ。でも、一方でこれを許しているアメリカの懐というか、ケツ穴のデカさも感じさせられた。それじゃ、これから姑とセクシータイム!なんでこのへんで。
コメント

しゃべれどもしゃべれども7

2007-05-27 13:20:11 | 逆転サヨナラHR
今日は快晴。半袖のシャツに着替えて河原を自転車で走る、そんな気分の映画。主役の国分くんからエンドTMのゆずまで、ピタリとハマったキャスティングは見事だった。驚きやキツいメッセージはないけど、無器用な人たちが小さな幸せをつむいでいく話は見ていてホッコリできた。知り合いの噺家ならなんて言うんだろう?
コメント   トラックバック (1)

主人公は僕だった 6

2007-05-19 22:43:10 | タイムリーヒット
ある日、空から自分の行動を説明する声が聞こえる。どうやら自分の人生を誰かが小説に書いているらしい・・・。設定は面白いと思うけど、あとの展開もキャストも地味でもったいないわ。作家が書き間違えたり、書き直したり、原稿が燃えてしまったりして振り回される。もっといろいろ遊んだらいいのになぁ。映画より舞台に向いている作品だと思った。
コメント

サイドカーに犬 7

2007-05-19 21:47:26 | 逆転サヨナラHR
家を出ていった母の代わりに現れた父の愛人?と過ごした夏休みの物語だ。ちょっと悪い事と一緒に世界の広さを教えてくれる年上の同性。タバコは吸わせる必要なかったと思うけど、これは竹内結子につきるわ。カッコよすぎ!シングルマザーの凛々しさを感じた。ああいう大人がいなくなったから、最近子供たちが変な事になってるんだよなぁ。
コメント

クイーン 7

2007-05-18 22:11:14 | 逆転サヨナラHR
世界一有名な君主でありながら、チャールズの母であり、ダイアナの姑であり、そして普通のオバハンでもあるはずの女王の人間っぽさがよく現れていて、そうなんだろうなぁと思ってしまった。ちょっと前に昭和天皇を扱った「太陽」という作品があったけど、作ったのはロシアだったし、人間味という点では比べ物にならんかった。日本の皇室にこんな風に切り込める日は果たしてくるんだろうか?作られた庶民との交流よりずっと親近感わくけどな。
コメント

眉山 5

2007-05-15 23:45:25 | タイムリーヒット
結構スタンダードな作りだけど、宮本信子はさすがにうまいし、徳島の町や阿波踊りは美しかった。ただその中で松嶋奈々子が無駄に存在感ありすぎた感じだ。体も顔も台詞回しもヌボーっと長すぎる。遠目にはいいけど、近くにいたらデカくて持てあましそうだ。
コメント

俺は君のためにこそ死ににいく6

2007-05-14 19:47:20 | タイムリーヒット
せつないなぁ・・・。死にに行く人や死ねなかった人だけでなく、残された家族、そして特攻を命じた上官さえも。誰かが悪いわけじゃない、みんな自分の信念を守っただけだ。今から考えりゃ、死んだら元も子もないと思うし、自分なら逃げることばかり考えてしまうだろう。だから家族のため、見えない未来の国のために自分の精神や肉体を殺すことを躊躇しなかった当時の日本人の美しさには頭が下がる。もちろん戦争は美化されるものじゃないと思うが、こう言う気高さは復活させなければと思った。めっちゃ右っぽいかな
コメント

ライフイズベースボール 5

2007-05-13 12:59:59 | タイムリーヒット
勝てそうでなかなか勝てない、しかも熱狂的。かつての阪神ファンのようなレッドソックスファンの劇作家が主人公の物語。チームの勝ち負けに日々の機嫌が大きく左右され、自分の人生の波とチームの年度成績が連動していると信じている。そんなイタいファン心理は阪神ファンじゃないけど、激しく同意できた。だからこそ前半の無駄に長い設定や必要のない登場人物の野球に関係ない言動に本当にイライラした。もっとシンプルに、そしてファンいやマッドの生活を丁寧に並べていったら大ヒット作品になったハズなのに。小笠原にバントさせるくらいもったいないわ。
コメント

恋しくて 5

2007-05-13 12:33:03 | タイムリーヒット
沖縄大好き中江監督がBEGINの思い出話から作った映画。デビューしてから15年以上、俺が一番好きなバンドだからということもあるかもしれないけど、何か薄っぺらくてガッカリした。ファンの勝手な想像ではあるけど、BEGINはもっと石垣島の自然や文化、大人たちや先輩に包まれて育った事にしてほしかった。あと栄昇以外の2人に手を抜きすぎだ。よくあるバンドのボーカル+その他ではなく、BEGINはあの3人の何とも言い難いバランスがその魅力なんだから。
コメント

バベル 4

2007-05-11 16:27:49 | デッドボール
世界は繋がっている・・・というか繋げてある、でもつまらない。繋いだことで何か新しい意味が産まれればいいが、繋ぐことが目的になってる気がする。マーケット狙いで無理矢理だしたねえちゃんが全裸になっただけでオスカー候補だったらしいが、あれなら井手らっきょさんにこそ、何か賞あげてくれ!
コメント

ハンニバルライジング 5

2007-05-08 14:52:44 | タイムリーヒット
コアなファン向けのコレクターアイテム。男前すぎるレクターはどうかと思ったし、理由づけもそれしかないんだろうなという感じ。一応盛り上げようとはしてるんだけど、振り返りモノの悲しさで、絶対に死なない主人公はやっぱりキビしいよな。
コメント

ラブソングができるまで 7

2007-05-08 13:19:47 | 逆転サヨナラHR
思わぬ拾いもんだった。冒頭の懐かしさいっぱいのPVにガッチリつかまれ、ベタなキャストの王道ラブコメでしっかり楽しんでしまった。あの役、日本ならTMネットワークの宇都宮さんやな絶対。
コメント   トラックバック (1)

スパイダーマン3 7

2007-05-06 19:25:21 | 逆転サヨナラHR
毎回このシリーズに感心させられるのは娯楽としてのバランスの良さ。スパイディー独特の滑空感と悪者を倒す痛快感、またそれだけでなくヒーローでありながら悩みを抱えた人間だという親近感もしっかり見せてあって、お子様ランチを食べるような気持ちになる。納得いかなかったのはヒロインの不細工さと黒ピーターの気持ち悪さ、あと大金かけた割にサンドマンの扱いが軽すぎるところくらいか。あれじゃ怪物くんのフランケンやん。
コメント

神童 6

2007-05-05 22:04:17 | タイムリーヒット
主役2人の演技もピアノもいい。なのに展開がなんかモッチャリしていて残念な作品だった。オヤジの存在とか母親の気持ちとか、サイドのキャラづけをしていかないと、ピアノの独奏みたいに主役が目立つだけで飽きが来る。
ただ演奏はすばらしかった。ああいうのを聞くとピアノが気持ちよさそうだなあ、幸せなんだろうなと思ってしまう。それに比べてウチのキーボードときたら、ホコリかぶって5年くらい鳴いたことすらない。気の毒だ(涙)
コメント