今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

西遊記~はじまりのはじまり~ 5

2014-11-28 09:16:12 | ノーヒットノーラン
バトンタッチ?
少林サッカーで衝撃を受けたチャウ・シンチーの新作だから期待していた。誰でも知ってる西遊記のその前をバリバリCGで描いた作品だ。でも、見る前から心配してたことがそのまま出てしまっていた。不可能を可能にするために先人たちが作り上げてきた香港映画の工夫が、クリックだけで何でもできるCGという妖怪に完全に呑み込まれてしまっていた。カメラを通して撮るとなると猛烈な手間と予算がかかるオールドファンタジーをコンピューターのモニターの中で現実化。まさにチャイニーズ「ロード・オブ・ザ・リング」。やりたいことはわかるけど、自分は見たくない。
コメント

マダム・マロリーと魔法のスパイス 7

2014-11-23 14:54:58 | ノーヒットノーラン
カレーと納豆もあうよ!
このタイトルでディズニー映画、でもメガネの少年も空飛ぶホウキも出てきません。フランスの伝統ある1つ星レストランの目の前にできたインドからの移民家族の料理店。はじめは反目していたけど…というパターンではあるけど、ロミオとジュリエットみたいな関係があったり、映画的にうまいなぁという描写も多くて、飽きない。争うと言っても殺しあいでなく、料理バトル。空腹時には堪えるけど、見ていて幸せになる話でほっこりした。イメージ的に真逆なもの同士だけど、意外とイケる組み合わせってあるんやな。先入観で決めたらあかん。
コメント

紙の月 7

2014-11-19 18:57:49 | ノーヒットノーラン
あ~れ~!
宮沢りえ演じる平凡な銀行員が若い男と出逢い、男のために銀行のカネに手をつけたことから堕ちていく物語。悪党でなく普通の人だから感じる葛藤、夢のような世界での陶酔、横領を隠す工作のドキドキ、嘘を塗り重ね歯止めがきかなくなる感じ…人生のジェットコースターに乗って、やったらあかんことをちょっと疑似体験するアトラクションムービーかもしれない。まあ、この映画のライドには乗りたくないけど。
コメント

ショート・ターム 6

2014-11-19 09:09:19 | ノーヒットノーラン
人間だもの。
問題を抱えるティーンの短期保護施設を舞台にしたヒューマンドラマ。こういう設定で、さまざまな傷を抱えた子どもたちが人の暖かさに触れて癒され…というのはよくあるが、これが違うのは世話をする側のドラマをきちんと描いているところ。もちろん、そんなしんどい仕事を志すんだから、立派な人が多いと思うよ。でも神様じゃないもの。自分の子どもの抱える問題がシンクロして起こる新しい展開。きっと本当の現場でもあるんじゃないかな。
コメント

福福荘の福ちゃん 6

2014-11-13 15:00:01 | ノーヒットノーラン
ダンナはどう思うんかな?
森三中・大島のおっさんコントから発想したという究極のあてがき映画。性格はいいが外見にコンプレックスかあり、女性にも奥手で32年間モテたことがないおっさん。それが貴女にピッタリです!と言われて映画祭で賞までもらった大島、すこいけど微妙ちゃうかな。あの代役できるのは男では塚地くんなんだろうけど、リビドーのない感じはなかなか男では出せないかもな。ストーリーは単純明快、欲を言えばエンドロールで写真集の中身を見たかったなあ。
コメント

トワイライト ささらさや 6

2014-11-10 21:50:08 | ノーヒットノーラン
バカだよなぁ。
大泉洋とガッキー主演のファンタジー。交通事故で亡くなったダンナが残された家族のために、いろんな人に一時的に乗り移って…よくあるパターン。だから序盤は泣かしにかかってるシーンでもちっともこなかった。でも大泉のオヤジ役、石橋凌が出てきたらもうダメ!個人的にこのタイミングにこんなの見たらやられるに決まってるわ。バカ野郎!順番が違うわ!
コメント

小野寺の弟・小野寺の姉 7

2014-11-07 21:56:11 | ノーヒットノーラン
なんか、いいね!
初めは全く見る気がなかった。人気絶頂の向井理が恋愛に奥手な青年て!という設定から狙いがミエミエ。でも知り合いに薦められて行ったら、意外と拾い物。弟のお荷物になっている「嫁に行けない姉」が片桐はいりというのはやり過ぎなキャスティングだけども、それぞれの不器用な恋愛だけでなく、反発しながらもなんだかんだお互いを思いやる感じが軸になっている。感動してウルウルとかじゃないけど、ちょっと笑えてほっこりするその力加減が心地良かった。薦めてくれた知人なら「良き」じゃなくて絶対「佳き」って書くんやろなぁ。
コメント

ヘラクレス 5

2014-11-05 16:30:08 | ノーヒットノーラン
おっしゃあ!だけ。
アメリカのプロレス団体WWF(今はWWE)を生で見たくてカナダのトロントまで行ったのはたしか2000年の夏。人気絶頂の当時、その中でもトップを張ってたロックことドウェイン・ジョンソン主演のマッチョ合戦ムービー。たぶんステロイドも入ってるムキムキの身体が好きな人はいいと思うけど、それ以外にはあんまり魅力なかったなぁ。ヘラクレスだけじゃなくて、あのチームプレーの物語に重点を置いたら面白くなったかもしれないのに。
コメント

ベイブルース 25歳と364日 6

2014-11-01 00:45:29 | ノーヒットノーラン
編集不可能。
1年以上前からイベントの打ち上げでお話を聞いていた高山さん原作・監督の映画。原作も読んだし、監督やその周囲の人たちからいろいろ聞いてたから、河本さんの凄さはなんとなくイメージしていた。作品はというと編集がなぁ…。監督が原作者であり当事者、推薦コメントを寄せる芸人たちも近しい人たちばかりで、河本さんに関しての知識レベルが高すぎ。普通のお客さんに対し説明不足だわ。あと自分で自分を描いてるから照れが入ったのかベイブルースの凄さを描ききれていない。でもいろんな角度で高山さんの優しさが滲んでくる1本だった。
コメント