今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

オーシャンズ13 4

2007-08-30 15:09:11 | デッドボール
ファンの集いはヨソでやってくれ。
やたら名前だけ豪華な連中の「集団ルパンごっこ」も3作目。はじめの頃はちゃんとあったキャラ説明も、もう改めてはされなくて、彼らの関係が初見では全く理解できない不親切な作りになっている。
それでも展開で見せてくれればまだマシなんだけど、スターで魅せるだけが目的なもんだから、やたらオーシャンズばかり華麗で、うまく行きすぎ。ノーミスのヒーローなんてファンは喜んでも他の人には面白くもなんともない。やっぱりルパンだって、銭形のとっつぁんにギリギリまで追い詰められるから魅力的なんだよなぁ。不二子ちゃ~ん!
コメント

遠くの空に消えた 5

2007-08-28 23:33:27 | タイムリーヒット
会わなきゃ、よかったのに。
原作モノ映画でヒットを飛ばして売れっ子になったカントクが、自分の企画・脚本を形にした。さすがにブランドがあるから、役者も予算も贅沢だったけど、構想を長いこと暖めすぎて腐らせちゃったような作品だ。やりたかったことは多分、ちょっとわかる。ジブリのようなペンギン村のようなトンマッコルのようなロスト・チルドレンのような、どこかで起こるファンタジー。でもリアルと幻想が混じりすぎて、どちらにもいれ込めない状況になってる。また登場人物に無駄なフリが多すぎて、まとまりきらんもんだから、イライラする。昔好きだった人は、長い間会わないうちにどんどん頭の中で美化されて、同窓会でガッカリなんてことはよくありがちだけど、映画にも妄想が現実を越えちゃうパターンってあるんだなぁ。
コメント

シッコ 6

2007-08-27 23:49:44 | タイムリーヒット
セクキャバみたいや。
ドキュメンタリーは我々に今まで知らなかった世界の様子や、思いもよらない視点を与えてくれる。でも社会問題を取り上げることが多いので、切口が堅くなりがちだ。そんな中、マイケル・ムーアの作品は鋭い批判だけじゃなく、そこに無茶で下らないアプローチがあるから好きだった。
今回取り上げたのはアメリカの医療保険の問題。確かに知らなかったし、酷い話だ。でもムーアはいつものように本丸に攻めこまずに、お堀の外で殿様の悪口をいうばかり。おまけに続けて出てくるのは他の国の恵まれた人たちばかり。不満やイライラは募るが、いつまでたってもいつもの「助さんや格さん」がやってこない。と思っていたら流れ出すエンドロール。銃社会やブッシュに歯向かえて、なぜ保険会社にはそんな弱腰なんや!盛り上げるだけ盛り上げといて。頼むから俺をイカせてくれい!
コメント

Life天国で君と逢えたら 5

2007-08-27 18:35:15 | タイムリーヒット
なぜだ?
実話ベースのお父さん難病もの、美しいハワイの海、気持ちいいレースシーン、さすがにマッチしている桑田メロディー。泣き映画の構成要素としては完璧だ。だけど胸にちっとも響かない。伊東美咲の大根演技?いつものこと。ベタな展開?それも覚悟の上。じゃあ、なんでや?
親としての感情がリアルじゃないからだ。子供が4人もいて、10年以上夫婦でいて、あんなに自分のことばかり考えないだろう、愛情の対象がお互いばかりに向かないだろう。一応家族や周りの人たちも描いているが、うすっぺらくてオマケ程度。若い連中にもわかるようにしたんだろうけど、亡くなった飯島さんにとっての家族の存在や想いはあんなものじゃなかったと、俺は思うわ。
コメント

河童のクゥと夏休み 7

2007-08-25 12:51:36 | 逆転サヨナラHR
あ~夏休み!
チューブじゃないが、叫びたくなるような「染みる」作品だった。展開的にはE.T.とかと変わらないが、サイドに散りばめられた子供たちのリアルが、ひとつひとつオトナの心に突き刺さる。少年をグンと成長させる、あんな夏休み。今さら自分でというのは図々しいので、息子にたくさん経験させてやりたい。
コメント

天然コケッコー 6

2007-08-17 22:44:19 | タイムリーヒット
あった、あったわ。
嗚呼!1ヶ月ぶりの映画館。自分はチューブ並の季節労働者なので、この8月もくそ暑い中仕事に追いまくられた。だからその隙をぬって飛びこんだあの空間の快適さは、ベタだけど風呂あがりのビールを凌駕していたかもしれない。
そこで見たのがこの田舎の分校の中学生に、なんも起こらん話だ。でもそれは大人から見たらであって、彼女たちにとったらものすごくスリルと苦悩の毎日なハズ。見ながら頭に浮かんだキーワードは「小さな大問題」だ。なんかまとまってないけど、みんなそれに悩んで、時間が解決してくれて、大きくなってるんだぜ!
コメント