今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

インビクタス 7

2010-01-27 23:31:40 | ノーヒットノーラン
高ゲタでちょっと足くじいた?
グラン・トリノのイーストウッド監督が俺の大好きなラグビーの映画を撮った。事前情報だけでオムライスにトンカツが載ったトルコライス並の期待度があった作品だ。もちろん感動的な話だったし、ゾクッとする場面は何度もあった。でもストーリーが史実をなぞることに一生懸命になりすぎだし、試合シーンに力強さはあってもスピードや継続感がない。あれはアメフトの撮り方なんだよなぁ。ラグビーファンじゃなきゃ、もう少し楽しめたかな。
コメント   トラックバック (2)

サヨナライツカ 4

2010-01-25 21:16:30 | ノーヒットノーラン
イツカなんて言わず、ずっと消えて。
簡単に説明すると赴任先のタイで性悪女に引っ掛かって骨抜きにされちゃった兄ちゃんの未練たらしい話。確かに12年ぶりでもツジ先生のかみさんはきれいだったけど、カラミも予告以上はないし色気のベクトルがワンパターンなもんだから30分で飽きちゃった。その後延々続く山も驚きもほとんどない冗長な話に付き合わされるこっちは全然マイペンライ(大丈夫)ちゃうわ!唯一驚いたのは一応一途なラブストーリーのはずなのに、25年後のメイクがまるでコントみたいだったところ。志村かと思ったもの。
コメント

すべては海になる 5

2010-01-24 19:27:08 | ノーヒットノーラン
なんだかな…。
どういう経緯でできたかしらないけど、最近では珍しい女性監督のオリジナル脚本。野郎にはイマイチ共感しにくい、体温低めの物語が淡々と進行していく。主人公は愛を求める元サセコの書店員と家庭に問題を抱える考えすぎの童貞くん。社会的責任がないからキープできる純情なまっすぐさで、悩んだり世間を軽蔑したりする姿は懐かしく羨ましいような気もするけど、題名通り何かふわふわしてシックリこないのは何故?乳はでかいけど飛び切りの美人でもないサトエリと悩める思春期以外演じれそうにないヤグラくんのイケテナさは親近感につながるような気がするんだけどなぁ。
コメント

板尾創路の脱獄王 6

2010-01-22 23:26:02 | ノーヒットノーラン
蛙の子は…。
ダウンタウンも認める奇才、板尾さんが初監督されるということでかなり期待して見に行った。物語は昭和初期の脱獄王と看守の話。当然カラー作品ながら、画面も展開もモノクロな感じで進んでいく。そう、全てはあの一言のために…。
笑いとは緊張と弛緩の間にあるものだそうだが、この作品での二つの落差ったらない。ただこれを劇場で公開する意味ある?
コメント

今度は愛妻家 6

2010-01-19 21:21:38 | ノーヒットノーラン
言いたい時には…ってヤツで。
陳腐な表現を使えば、妻を失った男の喪失と再生の物語か。狙いは大人向けの感動モノなんだろうけど、泣かせに入った後半より、序盤のどこにでもあるちょっとしたケンカの方がとてもリアルで共感できた。俺もかみさんにちゃんと感謝しなきゃ…その前にまっすぐ家帰れってか?
コメント

サロゲート 7

2010-01-13 23:06:44 | ノーヒットノーラン
あなたならどうする?
近未来、人間は自分の脳と連動したロボットを外界に送ることで全ての社会生活を送るようになって…というSF。アバターとウォーリーの合わさったような世界を想像してたけどもっと深い話だった。映画の世界ではそれぞれの意識がサロゲートを動かし、現実では生の身体を動かしているという違いだけ。人間のココロってどこにある?何を求め何を目的に存在しているのか考えさせられる内容だった。それにダイハード並のアクションを加えて、腰の痛くならない90分に納めてるんだから、奥さんこれはお買い得だよ!
コメント

交渉人ザ・ムービー 4

2010-01-13 09:19:48 | ノーヒットノーラン
はい、よくできました。
プロデューサーによると「映画のようなドラマを作ろう」と作ったドラマの映画版、なんのこっちゃ。
だからあの映画のあそこをやりたいんだろうなと感じるパチもんハリウッドシーンが満載。でもシーンの迫力とか俳優の見せ場を強引に並べただけだから、シナリオはアラだらけだし、ミステリーとしても腑に落ちない。だいたい交渉人の割にはあんまり交渉してないし、頭脳戦はいつまでたってもでてこない。やたら目をひんむいて体を張るヒロインの決して美しくない顔だけが印象に残った。
コメント

アバター 6

2010-01-05 21:40:56 | ノーヒットノーラン
飛びます!飛びます(次郎風で)
いまだにタイタニックの監督と言われてしまうジェームス・キャメロンが長いこと温めてた作品。初めて映画館で3Dを見たけど、そりゃもう飛翔感はすげぇ!かった。(ただ目は疲れた)あれを映画でやられちゃうと安易な仕掛けでお客を集めようとするテーマパークは商売あがったりだろう。ただCGの力でジブリみたいな気持ちよさをいくら表現しても、中身がダンスウィズウルブスのまんまやん。劇場でのみ見る価値がある作品かな。
コメント (1)

釣りバカ日誌20 6

2010-01-05 17:55:38 | ノーヒットノーラン
お疲れさまでした。
大学1年だから19年前、ちょっと気になってた女の子が好きでみはじめたシリーズも今回が最後。最近はマンネリを感じてたとはいえ寅さん亡き後、正月の映画館を暖かい笑いに包んでくれる年中行事だっただけに非常に寂しい。若者だけに受けるなんたらザムービーと、なんたら小百合がでたり介護やリタイヤがテーマのシルバームービーに2極化している邦画界だが、こういう家族誰でもそこそこ楽しめるおにぎりみたいな映画をまた作って欲しいと切望する。
コメント   トラックバック (1)