今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

アイアンマン 6

2008-09-30 15:03:37 | タイムリーヒット
徹底して男子向け。
カネと才能に恵まれた男がその力を使って「道楽で」正義のヒーローになるという点ではバットマンと同じ。でもこっちの方がメカ要素が強くて、男子なら誰でもワクワクするし、ゲームなんかもすぐ作られるに違いない。ただ今回ラスボスがショボいなぁと思っていたら、エンドロール後を見て納得。そういうことな。
コメント

トロピックサンダー史上最低の作戦 5

2008-09-30 11:52:45 | タイムリーヒット
設定は大成功だったのに…。
落ち目のスター3人を起用して作り始めた戦争映画。さまざまなアクシデントで予算オーバー、監督は最後の手段として何も知らない役者たちをホンモノの戦場へ送り込んだ…面白そうでしょ。3人それぞれのキャラもあるし、期待して見に行ってガッカリ。全然そのあとを生かせてない。
役者を騙してホンモノで撮影という点では三谷さんの「マジックアワー」と同じだが、キッチリひとつひとつの伏線を拾って行った三谷さんと違い、こっちは振りっぱなし。時々コントとかで「設定の勝利」とか
言うけど、映画はそれだけじゃキツいみたいだ。
コメント (1)

ウォンテッド 3

2008-09-29 00:30:51 | デッドボール
予告編だけで充分。
全くもって「なんじゃこりゃあ」。アメリカの大半を占める負け組から、なけなしのチケット代を奪いとりたいのはわかるが、設定も展開も無理がありすぎ。久しぶりに自信もってゴミと言える映画に出会ってしまった。アンジェリーナ・ジョリーも仕事選べよ!
コメント

釣りバカ日誌19 6

2008-09-29 00:26:01 | タイムリーヒット
結局、今日も幸せ。
パンフレットに書いてあった一言が寅さんから引き継がれたこのシリーズの真髄をいい表している。この作品で19本、そろそろスーさんのカラダがヤバくなりそうなだけに、今回のオチはなかなか見事なものだった。唯一残念なのは幸せなはずのふたりの「合体」の結晶、鯉太郎がガッカリするくらい不細工に成長しちゃってるくらいか。
コメント   トラックバック (1)

イントゥ・ザ・ワイルド 6

2008-09-29 00:19:42 | タイムリーヒット
自由って簡単ちゃうわ。
親の言う通りの優等生を演じてきた青年が、大学を卒業して「自分探し」にアラスカに行く実話。カネに支配された生活から脱却するとか言ってお札を燃やしたりするくせに、結局必要になってバイトしたりする。良く言えば「若者ならではの無鉄砲さ」なのかもしれないが、オレには「イキってるわりにうすっぺらい計画」に見えて最後までイマイチ共感できずに終わった。何もかもなげうって「一人荒野へ」確かに誰にでもできることじゃないし、羨ましい部分だってある。でもそんなに世の中甘くないなぁ。
コメント

おくりびと 7

2008-09-26 01:42:01 | 逆転サヨナラHR
若いもんはどう感じるんだろう?
葬儀屋さんの前に遺体を棺に入れる納棺師の話。見てから少し時間をおいた今でも印象に強く残っているのはモッくんの所作の美しさと、チキンを食べてた時のセリフ「うまいんだなぁ、困ったことに」のふたつ。劇場はもうすぐ「おくられびと」の方が多かったけど、こういう作品こそ若いもんが見て「死」との距離について考えてほしいなぁ。
コメント

アメリカン・ティーン 6

2008-09-23 19:38:32 | タイムリーヒット
最近の若いもんも、おんなじだ。
アメリカの高校生の日常を追っかけたドキュメンタリー。よく「最近の若いもんは…」なんていうし、オレも思うことあるけど、こういうの見ると、根本は変わってないなぁって思う。男子は運動能力、女子は見てくれでだいたい決まるクラスでの「イケてるイケてない」。イケてる組だってまるっきり幸せなわけではなく、狭い世界で仲間の評価に一喜一憂しながらムラムラした?毎日を送ってる。
昔の自分のような彼らを見ながら「何でそこでそんなことするかなあ!」みたいな人生のダメ出しをしたい方はどうぞ。
コメント

大決戦!超ウルトラ8 兄弟 5

2008-09-17 15:25:49 | タイムリーヒット
よくこんだけ集めたわ。
3歳の息子にせがまれて行った初日の映画館は満員。今テレビで放送してるわけじゃないのにこの人気、嫁さんが言ってたけど「あの銀色の顔と目の形とかに、男の子だけを惹き付ける何かがある」んだろう。今回集まったのはマン、セブン、ジャック(帰ってきた)、エースのおじ、いやおじいさん方とティガ、ダイナ、ガイア、メビウスの平成組。タロウやレオ、80なんかの行方も気になるけど、いつまでも変わらないウルトラマンと一緒に出ていたヒロインの老け方が気になってしかたなかった。まあ、初代って42年も前だから仕方ないけど。
コメント   トラックバック (1)

フライングラビッツ 4

2008-09-17 14:18:00 | デッドボール
東映…また、やっちゃったわ。
JALに実在する実業団バスケチームをモデル?にしたスポーツ青春モノ。恋とバスケと華やかな仕事を全て両立するために頑張るみたいな話だがこりゃ酷い。脚本もシーン作りも試合の見せ方も三流で、なぜか出ていた高田純次さんのセリフを借りると「安っぽい幕の内」みたいな出来だ。何より、少しかじった事があるオレですら、「バスケやりたい」なんて一ミリも感じなかったのがそれを証明している。
コメント

人のセックスを笑うな 5

2008-09-13 02:43:07 | タイムリーヒット
やっぱり、男と女は全然違うわ。
刺激的なタイトルと永作博美に惹かれ、二本立ての三番館まで足を運んだけど、正直期待ハズレだった。ヤリたい盛りの大学生とそんな彼に「触ってみたかった」20歳年上の講師の恋の遊び。永作さんの可愛らしい色っぽさは充分見られたし、直接的なセックスシーンがないことに文句がある訳でもない。でも永作さんや蒼井優ら女性側に比べ、松山ケンイチ側の気持ちの描き方が陳腐で、やっぱり女性監督は男が描けないなぁと実感した。あと、もどかしさや淋しさを表したかったんだろうけど、冗長なシーンが多すぎて途中からイライラした。でもあんな年上のお姉さんと裸でイチャイチャまどろむ…羨ましすぎる!
コメント

ジャージの二人 6

2008-09-08 12:25:23 | タイムリーヒット
今頃、避暑に行きたくなった。
都会でなんとなくうまく行ってない親子二人が、山の上の山荘でボンヤリすごす話。あるのは山と澄んだ空気だけ。レジャー施設もレンタルビデオも携帯の電波もない。二人だけでなく、たまに他の人もやってくるが、ジャージ生活になじめずすぐに帰っていく。暑さだけでなく現実の問題を避けて、でも淡々としている二人がちょっと羨ましく見えた。オヤジと二人は勘弁だけど、なんもない、なんもしない、なんも考えない数日はちょっと過ごしたいなぁ。
コメント

ホームレス中学生 4

2008-09-08 12:15:08 | デッドボール
すべらない話と、感動する話は違う。
ベストセラーになった麒麟田村くんの自伝?を軽く映画化した企画モノ。平成の日本で彼が経験した現実はありえないモノだったし、だからこそテッパンのすべらない話だったわけだが、この映画化は最悪に近い。臭いモノに蓋をし、とってつけたような感動を添加物のように加える。どうみても中坊には見えない甘ったるい主役も酷かったが、あのうすっぺらい「人のあたたかみ」の表現にはなんかムカムカしたわ。
コメント

ハンコック 6

2008-09-08 12:06:02 | タイムリーヒット
こんなヒーローがいてもいいじゃないか!
ありきたりのヒーローに飽きたハリウッドらしい一捻りモノ。確かにだらしない超人がいてもおかしくないし、人々にとっても気持ち悪い部分はあるだろう。せっかくそんな「リアルな」超人ができたんだから、そのへんをもっと見たかったのに、さっさと更正させてしまったところが残念だ。不良超人同士がオンナを巡ってモメたりしたらメチャ面白いのになぁ。
コメント

アクロス・ザ・ユニバース 4

2008-09-04 16:44:52 | デッドボール
歌が強すぎる。
最近お気に入り続きのミュージカル映画で、全編ビートルズの曲を使った作品だと聞き、見に行った。さすがに世界一有名なバンドだけあり、聞いたことのある曲ばかり。でも見てて感じたのはミュージカルが嫌いな頃と同じ違和感ばかり。登場人物が筋と関係なく突然歌いだす。
たいして見たことがない自分が言うのはおかしいかもしれないが、ミュージカルで大事なのは音楽と物語のバランス。やはり物語をつむぐために作られた歌はしっくりくるし、無駄に前に出すぎない。今回はビートルズの曲を繋げるためにでっちあげた物語で、ファン以外にはあの長さは苦痛に違いない。まあ俺も全編おニャン子クラブとかだったら、めっちゃ食い付くだろうけど。
コメント

イキガミ 7

2008-09-04 14:18:24 | 逆転サヨナラHR
設定の勝利。
1000人に一人の確率で国に抹殺される若者に、1日前にそれを伝えにいく役人の話。演技がどうとか役者がどうとか以前にこの舞台を作り上げた段階でこの映画はある程度「勝ち」だ。「明日あなたは死にます、お国のために」そう告げられた人間の様々なリアクションは常に「お前ならどうする?」とナイフをつきつけられているようで、胸がズキズキした。お国のために沢山の若者が命を捧げ、それが当たり前だった戦時中と重ね合わすためや、原作マンガの読者層に合わせるために死ぬのは18~24歳の男ばかりだった。でも他の年代や女性がターゲットだったら全然違う話が出てくるだけに、映画化する時にそっちにも話を広げて欲しかったというのが唯一残念な点。あと1日、あなたならどうする?
コメント