今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ランペイジ 巨獣大乱闘 6

2018-05-23 18:49:22 | ノーヒットノーラン
それで、ええやないか。
予告編で映画の中身がわかってしまう作品が時々あるが、これはその上を行く。タイトルで全てわかる。巨獣が大乱闘する。それ以上でも以下でもない。もはやちょっと頭悪い系の映画には欠かせない存在になったロック様とキングコングの友情物語。設定も展開も超適当だけど、スカッとするからええんちゃうの?
コメント

のみとり侍 4

2018-05-19 07:36:11 | ノーヒットノーラン
ホンマもったいない。
阿部寛とそれに負けない俳優陣、コメディ系時代劇、エッチなシーンも。これだけ魅力的な要素を集めてどうしてここまでダメになる。濡れ場はいいけど、それが物語の面白さに全然絡んでこない。中途半端な人情エピソードやテルマエ・ロマエまんまの演出。濡れ場だけやったあと、馬に蹴られて記憶喪失?そんな展開ゆるしてええんか?
関西のテレビ局が合同出資して作る意味が全くわからない。企画書、予告編がピークの製作委員会弊害映画だわ。期待してただけに残念。
コメント

ミッドナイトサン 4

2018-05-19 07:26:13 | ノーヒットノーラン
ハリウッドにもあるんだ、こういうの。
アーティストのYuiが主演したオリジナルを見たのは調べたら12年も前。ベタな難病ものだけど、彼女の歌に力がとてもあったので印象には残っている。で、今回。シュワルツェネッガーの息子がどんなんかを見るために行ったのが半分。シュッとした青年だったけど、映画はペラッペラ。日本で見るのを避けるタイプの作品に引っ掛かっちまったわ。
コメント

孤狼の血 5

2018-05-16 16:32:02 | ノーヒットノーラン
そりゃ作れるだろうけど。
東映が「仁義なき戦い」風のヤツを作りたくて作った映画。役所広司も松坂桃李もよかったけど、なぜ今、こんな映画作るのかは全く理解できない。あとやるならあのヤクザより悪い刑事の、「実は…描写」をもっとしっかりするべきだわ。死に方もあっさりすぎる。あと仁義なき…と比べると、どなり散らすばかりでヤクザが全然ヒリヒリしてないんだよなぁ。
コメント

フロリダプロジェクト 真夏の魔法 7

2018-05-16 16:24:53 | ノーヒットノーラン
子どもにはなんの罪もないねん。
夢と魔法の王国、ディズニーワールド。そのすぐ側にある安モーテルに住み着いている親子たちの厳しい現実。カリフォルニアのまぶしい太陽、徒党を組んでイタズラする子どもたちの姿がまぶしい一方、毎日を打算的に生き、そこから抜け出そうとする意欲も力もない大人たちの先行きの暗さ。そのコントラストがとても印象的な作品だった。
コメント

そろそろ音楽をやめようと思う 6

2018-05-15 08:58:09 | ノーヒットノーラン
じわっと染みる。
劇場通いをしているもんで、周りにいろんな表現者がいる。芸人、ミュージシャン、役者。売れている人はほんの一部で、たいがいはバイトしながらけっこういい年になっても夢を追っている。そんな人たちに感じる葛藤をダイレクトに表現してた。編集や撮影は雑だったけど、なんか伝わってきたのは主演のダイナマイトナオキさんがホンモノだから。頑張って!
コメント

モリーズゲーム 5

2018-05-11 23:30:21 | ノーヒットノーラン
前の作品とは一転、上の上のほうのアメリカの話。
オリンピック出場直前でその夢は途絶えたものの、その後の見事な転身。できるヤツはなにやってもうまく行く。ただ脚本含めその賢さがお客さん置いてきぼりなくらい鼻についたのと、勝負しかしてこなかった彼女の人生に何ひとつ羨ましさを感じなかった。ポーカーのゲームとしての面白さは否定しないけど、彼らがやってるのはまるで違うものだし、そんなことでしか達成感を感じられないのは不幸以外のなにものではない。よかった、庶民で。
コメント

アイ、トーニャ 5

2018-05-11 15:27:24 | ノーヒットノーラン
バカばっか!
オリンピック出場をかけたライバルを襲撃したことで当時世界のワイドショー(あるんかな?)を独占したトーニャ・ハーディングの事実に基づく物語。自分はアメリカという国に対して、ものすごくリスペクトする部分と、クソやなと思う部分があるけど、後者しか出てこない。 カラダと力ばかり大きくて知能が子ども以下、ただ彼らを生み出してるのは実は一部のエリートが甘い汁を吸うのに最適な狡猾なシステム。教育とか環境って大事だなぁと痛感した。
コメント

犯罪都市 6

2018-05-07 00:10:11 | ノーヒットノーラン
なんやそのタイトル!
俺は怖いからみてないけど韓国のゾンビ映画「新感染」で素手でゾンビをなぎ倒して注目されたマ・ドンソク主演の韓国「仁義なき戦い」。川田利明そっくりのごついオヤジ刑事が、掌底・サッカーボールキック・のどわ落としといった全日全盛期を彷彿させる技でヤクザをなぎ倒す。全くチャカが出てこないところも、アニキが人情深いのも、ところどころ入る笑いのバランスもよく、かなりいい作品だった。でも邦題に工夫なすぎやろ、これは。
コメント

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱 4

2018-05-06 12:47:12 | ノーヒットノーラン
ぷにぷに~!
まあクレヨンしんちゃんにそんな期待したらあかんわな。子どもらは喜んでたのでまあGWのつなぎとしては及第点かも。心を柔らかくして、ブラックパンダラーメンを食べに行きます。
コメント

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 5

2018-05-01 22:07:15 | ノーヒットノーラン
ひとつずつでいいや。
ご存知マーベルのオールスター映画。アイアンマン、キャプテンアメリカ、ソー、スパイダーマンどころか20人近いヒーローがバンバン出てくる。それぞれが単独でも映画が作れる単体ヒーローだから、画面がごちゃごちゃ。しかもそれぞれの能力を立てる場面も必要だから、舞台も設定も敵も素人にはワケわからん状態に。AVならいいのかもしれないけど、ヒーローの全部のせは胸焼けがした。
しかも2時間半やって、フリだけとは。ヒーローファン、気が長すぎるやろ。
コメント