今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ひとよ 7

2019-11-15 18:07:56 | ノーヒットノーラン
母ちゃん…。
家族にひどい暴力を振るう父親から子どもたちを守るため、ダンナを轢き殺した母親。その後刑務所に入り、家族はバラバラに。でも約束どおり15年経って帰ってきた。それぞれ辛い思いをしていろいろあった。でも母ちゃんの本物の愛に全てが呑み込まれていく。ダンナを殺したあと、誇らしく思ったという信念。その強さには誰も敵わない。田中裕子さん、見事でした。
コメント

閉鎖病棟 -それぞれの朝-4

2019-11-06 09:26:23 | ノーヒットノーラン
しっくり来ない。
さまざまな事情で心の病にかかり、精神病院に隔離された人たちが助けあって…という物語。群像劇なのである程度しょうがないけど、それぞれの抱える闇の描写が薄すぎる。あとトラウマ的なものと性能的な疾患がごっちゃになっていて、どこに感情を寄せればいいのか?最後の無責任な前向き感もあわせ、とてもムズムズする作品だった。
コメント

最初の晩餐 6

2019-11-03 18:11:26 | ノーヒットノーラン
食い物の記憶。
お父さんの通夜、仕出しをキャンセルして母親が作りだしたのは、家族の記憶の脇にある料理でした。子どもたちも大人になり、バラバラになっていた家族。でもそれを食べるうちにあの頃のいろんな感情を思い出して…ちょっとあざといところもあるけど、うまい脚本だと思った。自分だったら何なんだろう?出来事や感情とは全然違うところにある舌の記憶。そこにフォーカスしたのは素晴らしい。
コメント

108~海馬五郎の復讐と冒険 6

2019-11-02 15:37:46 | ノーヒットノーラン
羨ましい!
素直にそう思ってしまう作品。松尾スズキさんがおっさんの胸に秘めた妄想をカタチにしてくれている。その体験もそういう映画を作れることも、ただだた羨ましい。ストーリー?知らん!中山美穂のあえぎも、女の海も最高や!1000万を1ヶ月で、溶かしてみたい(笑)
コメント

真実 6

2019-10-27 16:44:19 | ノーヒットノーラン
タイトルに唸らされる。
真実という自伝を出版した大女優のもとに、娘家族が帰省してくる。でも自伝の中身は嘘ばかり。問い詰める娘に「何が悪いの?私は女優なのよ」
前半は苦手なフランス映画の空気感に眠くて仕方なかったが、後半は見事。女優という生き物、母と娘、いろんなところにある虚が真実に変わって行く。さすが是枝監督や。
コメント

ガリーボーイ 5

2019-10-22 21:56:43 | ノーヒットノーラン
期待ハズレ。
インドの貧困層出身の青年が、ラップの作詞の才能を武器に夢を叶えていく物語。メッチャ期待は大きかっただけに、普通でしかも長くて残念。夢や自由の獲得の前に立ちはだかるインドの悪しき慣習。そこを乗り越えるためのドラマが、押さえつけられていた天才というだけではちょっと…。無意味に攻撃的で輩ぶるヒップホップカルチャーに対しての嫌悪感もあるけど。
コメント

スペシャルアクターズ 7

2019-10-18 18:41:05 | ノーヒットノーラン
どんでん返しがあるのが、予測可能。
カメラを止めるな!の上田慎一郎監督の次の作品。せっかくメジャーで撮れたのに、貧乏性なのか、すごく低予算感が出てて笑えた。
主人公は演技をすることでいろんなトラブルを解決する俳優のなんでも屋。彼らが依頼を受けてインチキ宗教をぶっ潰す話。端々に安っぽさはあったけど、アイデアも伏線も見事で上田監督の世界は充分楽しめたし、メチャ笑った。ただ変化球で勝負してくるピッチャーってわかってるから、デビュー戦のカメ止めのような衝撃はないけれど。
コメント

クロール 凶暴領域 5

2019-10-18 18:31:05 | ノーヒットノーラン
ワニワニパニック!
ハリケーンで避難し遅れた親父を探しに実家に戻ったら、家の地下室がワニだらけ!そんなんある?がひたすら楽しい映画。主人公周り以外はエサになるためだけに登場するし、ヒロインの体力半端ないし!細かいことはあまり気にしない、体育会系の作品かな。
コメント

愛がなんだ 7

2019-10-15 21:51:16 | ノーヒットノーラン
ちょっと何言ってるのか分かんないんですけど。
サンドウィッチマンのネタみたいなことが、恋のさなかには起こる。周りから見たり聞いたりすると異常なことが、それでも好き!のパワーに飲み込まれる。恋に不器用で依存している登場人物のダメなところに、観客が心の中でこっそり自己投影するから共感を得たんだろう。おっさんやし、恋愛がどうこうな歳ちゃうけど、なんか見ながらほっこりした。
誰だって、そんなうまく行ってるわけじゃないもの。
コメント

イエスタデイ 6

2019-10-15 17:39:00 | ノーヒットノーラン
出落ちというか、設定オチ。
もし自分以外の世界全員がビートルズの曲を知らなかったら…。稀代の名曲を自分の曲として次々に発表してスターに。なんて面白そうなんだ!しかもダニー・ボイルだし。そう思ってた。でもそこからの伸びしろがあまりにも少なかった。いろいろ思い浮かんだ不明点も拾わないままだし。
まあ、それでもビートルズの曲ってすごいなぁって改めて思ったから、それでいいのかもしれないけど。
コメント

蜂蜜と遠雷 4

2019-10-10 19:01:49 | ノーヒットノーラン
地味だけならまだしも。
コンテストに挑むピアニストたちの物語。地味な展開なのは覚悟していた。辛かったのは音楽より、コンテストの比重が大きかったから。辛そうな顔をして高い技術を追い求める参加者たち。見ていてM-1グランプリを思い出した。なんのために弾くのか?音を楽しめているのか?世界に一人になってもピアノを弾きたいという台詞に個人的に共感できなかった。まあ、自分はあちら側には逆立ちしても行けない人種だってわかってるけど。
コメント

ジョーカー 6

2019-10-05 18:51:38 | ノーヒットノーラン
可哀相ではあるけど、でも。
バットマンの好敵手 ジョーカーの前日譚。精神的な病気を抱え、コメディアンになろうとするがうまく行かず…ゴッサム・シティはごく一部に富が集中して不満が鬱積していた。病気のくだりはともかく、これって今のアメリカのあちこちにある課題やろ。みんな多かれ少なかれ、ジョーカーの要素をもってるってこと?共感は得られるのかもしれないけど、曲解するアホがでないことを祈る。だってあそこの大統領の中にジョーカー入ってるし、2枚も。
コメント

宮本から君へ 6

2019-10-03 10:02:54 | ノーヒットノーラン
二郎系マシマシみたいな。
池松壮亮と蒼井優の絶叫合戦。不器用で非力な男が女を守るためになりふりかまわず闘う。最近ありがちなイケメンと美少女が運命だかなんだかと薄っぺらい恋愛をする映画の対局にある作品だ。確かにセリフに説得力があり、刺さるところも多い。ただ2時間ほぼ叫びっぱなしで、メリハリがないから疲れる。エレカシだって、2時間あの調子だったらしんどいやろ。あと、もちろんあの二人は演技のうまい役者だけど、ああいう振り切った系の芝居は技術のいらんものなので、あれを名演とはいわないから。
コメント

任侠学園 6

2019-10-01 19:22:41 | ノーヒットノーラン
普通におもろいんだけど。
ヤクザが潰れかけの私立高校の再建に奮闘。組員わずか6人、組の掟は「カタギには手をださない、勝負は堂々と、出されたものは残さない」これだけ反社へのプレッシャーがキツい昨今、こんな人らならいてほしいと思いたくなるある意味ファンタジーなのかもしれない。何ヶ所も笑えるし、テンポもいい。でもなんだ?この安っぽさ、月曜ドラマランド感は。1800円払えるかと言われるとデカい疑問符が浮かぶ。
コメント

ホテルムンバイ 6

2019-09-30 22:34:26 | ノーヒットノーラン
自分ならどうするのか?
インドのムンバイにある高級ホテルを襲ったイスラム過激派テロ。ジハードだと信じ、機関銃を乱射するテロリストから、お客さんをどう守れるか?実在の事件を映画化した作品。なので、たまたま休暇で居合わせた元CIAとかニューヨーク市警の凄腕はいない。わずか4人のほぼ子ども相手に逃げ回るしかない。カタルシスには欠けるけど、自分が従業員ならどうするか?何ができたのか?家族のために裏口から逃げた同僚はどんな気持ちだったか?刃を突きつけられる作品だった。
コメント