今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ラフ3

2006-10-04 01:31:26 | 危険球退場
もこみちのどの辺が高校1年?ヒロインが2人の間で揺れて、片方が交通事故。タッチとどこが違うの?中学生なら感動できる映画なもかもしれない。Rアンダー15映画だ。
コメント

立喰師列伝 2

2006-04-13 01:07:12 | 危険球退場
これが好きな人とは友達になりたくないなぁ…。

作品紹介によると「『イノセンス』などで世界中から注目され、常に新しい映像表現を開拓し続ける押井守監督の新感覚アニメーション」だそうだ。まあ、よく出来てはいると思う…素人だったとしたら。

前の文のケツ、初めは「アマチュアだったら」と書こうと思った。でもネットを徘徊していると、アマチュアでもすごくレベルが高くて面白いFlashを作ってる人がたくさんいるからやめておいた。そんな人たちの作品と比べるのは失礼だからだ、こんなオナニー。

「スーパーライヴメーション」とかいう表現だそうだが、実写とアニメを合成した手のかかったヘタウマFlashみたいな映像に何の利用価値があるんや?それで何を見せるかと思ったら、理屈っぽいだけでたいして面白くない食い逃げ野郎たちの戦後史。仲間内のホームページで公開するなら大いに結構だが、金とって90分も修行みたいな時間すごさせるなんてアンタ何様だ?おっさん途中で3人くらい出てったぞ。

カントク様は「今まで誰も見たことがない映像です」とか豪語したらしいけど、そりゃこんなもの作って公開できる観客無視の厚顔無恥な作家がいなかっただけの話だ。これだったら知らない子供の運動会のビデオ5時間見てるほうがずっとマシだ。・・・別に変な意味じゃなくて。
コメント

渋谷物語 3

2005-02-02 19:28:06 | 危険球退場
俺は渋谷が嫌いだ。

渋谷に溢れるファッションそしてエンターテインメント。確かにターゲットは若者だが、作っているのは決して若者でなく、それを食い物にしようとしている企業だ。彼らは新しいもの好きの若者に自分たちが作った流行を提示し、若者の方も「渋谷で流行ってるみたいだから」という理由だけで何も考えずに受け入れて、金を落す。そこには若者特有の活気や想像性、自分の価値判断がない。じゃなきゃ、あんな寺尾聡と山城新伍しか持ってなさそうなサングラス(写真)が流行るワケないやろう!
だから若いヤツが多くても何かダラダラしてるし、感じるパワーは企業発信のものだけ。現代日本の最先端だけど、同時に日本がダメになっていく原因を作っていく街。「田舎モンが若者文化っぽいものを浴びるための街」それが渋谷だ。

長いこと「渋谷」にだけついて書いたが、それはこの渋谷を作った男たちの物語に語るべきところが全くないから。そりゃ何もないところから頑張ったのはわかるけど、その影でどんだけ泣かされた人達がいたのか分かってる?ヤクザが弱者から吸い上げた金で「俺達はすごかった」自叙伝作るのはどうかと思うぞ。

別に30過ぎたからこんな事をいうわけではなく、大学生の頃に渋谷からバイト先のNHKに通っていた時から、どうもしっくりこない街だった。今話題の「悪の巣窟」NHKだが、社員食堂が3つもあってとても重宝したなぁ。

受信料払ってるから食堂で食わせろ!そう思った人はクリックして下さい!(映画風呂具ランキング)
コメント

北の零年 2

2005-01-21 01:57:30 | 危険球退場
皆さん、これ日本映画ちゃいますよ!「東映」映画ですから。注意!

興行成績2位(今日現在)のヒット!という割には金券屋で前売りが800円だったから見に行ったんだけど、期待通り後悔した(日本語ヘンかなぁ?)。

今みたいに機械も何もない時代、人力だけで北の大地を開墾した人々には敬意を払えるし、そこには壮絶なドラマもあったんだろうとは思う。ある意味、ハリウッドでもある開拓もの、先祖万歳的な映画なのにどうして日本で作るとこうどんより薄暗くなっちまうかなぁ。しかもそれを還暦直前のオバハンのプロモーションビデオの背景にするのは祖先にも失礼やろ!

冒頭から近親相姦みたいなキツいキスシーンで客席をひかせたと思ったら、北海道の吹雪よりよっぽど寒いセリフを連発し、キレイ事だらけのデキの悪いミュージカルみたいな展開で3時間…。見てる間に新幹線で東京行けるわ!

どっと疲れて劇場出たあと、パンフレットみたら「脚本 那須真知子」。でた!2004年ワーストを飾ったデビルマンと同じ。東映さん、頼むから日本映画の平均点を下げるのはやめて!アニメだけ作ってて(涙)

不眠症の若者にはもってこいのこの映画、サユリスト代表の彼なんかはどういうんだろう?とても気になる。

俺と同じで吉永小百合を見るとアクオスを思い出す人はクリックして下さい!(映画風呂具ランキング)
コメント (2)

シークレット・ウィンドウ 2

2004-10-26 00:16:56 | 危険球退場
(安物のフォークギターでループをかきならし♪)
ハリウッドで「目の下のクマが似合う俳優ランキング」2位に輝く男前、ジョニー・デップが主演しているミステリー、原作のスティーブン・キングは「ホラーの帝王」だっていうじゃない…
…でも、ミステリーで一番大事な結末が一番しょぼいですから!残念!!♪ジャジャン♪

「1800円で妄想つき合わされっぱなし斬り!!」

あんまりうまく作れなかったけど、ギター侍ならこんな風にやるんかなぁ?
ジョニー・デップの顔だけ見せてればええやろって感じの映画。ストーリーは思い出しても陳腐さにハラたってくるので、あんまり多くは語りたくない。
ちなみに最初のランキング、1位はぶっちぎりで彼が選ばれています。
ジョニー・デップが1位だったのは「松崎しげると対極にいる男ランキング」です。

俺と一緒でギター侍、あんまり好きじゃない人はクリックして下さい!(映画風呂具ランキング)
コメント (15)   トラックバック (37)

デビルマン 2

2004-10-14 01:41:05 | 危険球退場
いろんな映画を観ていて生意気にも評価などつけているが、最高ランクの「ノーヒットノーラン」をつけている作品を観た時、必ず感じているのが「やられた!」という気持ちだ。でもこの映画を見た後に感じたのは「やっちゃったよぉ、おい!」だった。
オレは人の会社のことはよくわからない。また野球界のゴタゴタなどを見ていて、いくら下の社員が頑張っても頭の悪い上司の決断で普通考えられない方向に会社が進んでしまうことがあるのもわかる。でも、東映さん。誰か止めるヤツいなかったの?
会社の何十周年かの節目の作品が「北京原人」56歳の紫式部が登場した「千年の恋」そして早くも今年ワーストが確定しそうなコレだ。しかもご丁寧なことに日本の最新映画として世界50カ国で上映してくださるとか…(涙)
何度かここで書いたが、俺は日本人だし邦画が好きだ。実際、ハリウッドと比べたら予算スケールがないなりに「誰も知らない」をはじめとしてミニシアター系の作品には面白い作品が多いと思う。でもそれをぶち壊してるのがメジャー系の会社が作るプログラムピクチャーだ。テレビドラマと同じ有名俳優を集めるだけのキャスティング。ヒットしたドラマやマンガの安易な映画化。代理店がマーケティングして作るトレンドものと季節モンのホラー。
映画って劇場の上映期間を埋めるだけじゃなくて、もっと志があってつくるもんちゃいますの?

穴は散々ネット上で言い尽くされていて、まさにその通りなんで詳しくは書かないけど、唯一笑えたのはデーモン狩りが始まって真っ先に冤罪で殺されるのが鳥肌実なところ。確かに絶対怪しいわなぁ…。

いろいろ書いたが、もし映画作りを志す青年がいたら絶対見るべき歴史的作品だと思う、「やっちゃいけないことを全部やってる」反面教師として。
…あと演技力はこれに出てる役者陣といい勝負だけど、写真の人にも是非見てほしい。

彼が誰も頼んでないのに製作・監督・主演・脚本の全てを勝手に務めた感動の大作を見たことがない人はクリックして下さい!(映画風呂具ランキング)
コメント (9)   トラックバック (1)

リディック 2

2004-08-20 02:43:59 | 危険球退場
造形を美術さんが物凄くがんばったけど、中身はカラっぽ。オリンピック中継の藤原紀香みたいな映画。オリンピック見過ぎて寝不足でいったら即寝確実!この夏最高の駄作、以上。
コメント (1)

HERO? 天使に会えたら 2

2004-06-25 02:36:23 | 危険球退場
久しぶりにこんなC級な映画を見た。役者の演技もホンもだけど、効果音の使い方が最悪。バラエティとドラマの区別がついておらず、使えば使うほどドンドン作品が安っぽくなっていた。逆に言えば音次第でだいぶ作品って良くなるワケだ。
わざわざ池袋まで行ってこんな映画を見てる自分が寂しくなったが、アクション俳優宣言しながら、こんな映画でセリフ2言のレフリー役をやっている船木誠勝はもっと寂しいに違いない
コメント