今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

アルゼンチンババア 4

2007-03-30 08:32:44 | デッドボール
おおまかに言えば家族崩壊と再生の物語なんだけど、崩壊前の描写が薄すぎたので喪失感も充足感も当然イマイチ伝わってこず、ババアのエキセントリックさばかりが目立ってしょうがなかった。鈴木京香は大好きな女優さんだったけど、なかなかキレイに年をとるのは難しいんやなあ。でもだからってあんな格好せんでもいいやん、「キャッツ」か「しっとるけ」みたいだったもの。
コメント (1)   トラックバック (2)

アンフェアthemovie 3

2007-03-24 13:05:08 | デッドボール
ドラマを嫁さんが誉めていたので見にいったが、ガッカリした。刑事ものとしては浅すぎる犯人の動機と犯行計画。2時間スペシャルと映画はやっぱり別もんでしょ。世の中はアンフェアだらけだそうだが、「あるある」の会社がカネとってこんなの見せる事が一番アンフェアなんちゃう?
コメント

今宵、フィッツジェラルド劇場で 5

2007-03-23 10:18:49 | タイムリーヒット
名匠ロバート・アルトマン監督お得意の群像劇。これが遺作になったからか、妙に評価が高かったけど、俺にはピンとこなかった。30年以上続いて今夜が最終回というラジオのライブ番組が舞台なんだけど、老い先短い自分とラジオを重ねるのもどうかと思ったし、群像劇は舞台側ばかりで、ラジオを構成する重要な要素、リスナーが全く無視されている。亡くなった人に言ってもしゃあないが、ラジオをしらんかったんだろうな。今朝、日本一すごいラジオの公開放送を見て、感激と自分が携われない嫉妬で泣きそうになっただけに余計そう思った。
コメント

ドラえもんのび太の新魔界大冒険 5

2007-03-21 17:46:35 | タイムリーヒット
「え?」チケット売り場の人に聞き直された。「ご覧の作品は?」「だから、ドラえもん」34歳のオッサンしかも一人ですが、何か?
大好きだった大人向け中編シリーズがなくなったのは残念だが、子供向けとはいえしっかり作ってあるなというのが印象。早く息子が理解できる年にならないかな。ただマンネリ感を打破するために毎回入れるゲスト声優はやめた方がいいわ。そりゃ彼女たちの動員力はバカにならんけど、今回の二人はひどかったもん。
コメント   トラックバック (1)

ステップアップ 4

2007-03-20 09:56:12 | デッドボール
最近CDが売れないからか、avexが映画に進出しているけど、ナメんなと言いたい。こんな三流のダンス映画買ってきて、主題歌に無理矢理倖田來未もってきて、エンドロールでダンスコンテスト?猿真似の型を組み合わせただけで、気持ちのこもっていない踊りはスクリーン上だということを差し引いても伝わってくるものがなかった。全くできない俺が言うのもなんだけど、ダンスって魂の発露だと思うんだけどな。
コメント   トラックバック (4)

バッテリー 7

2007-03-19 16:41:11 | 逆転サヨナラHR
野球ってスゴい。素直にそれを実感した。原作を読んでいた頃から主人公は気に入らなかったけど、周りのキャラクターたちが魅力的で好きだった作品だ。はじめは「たかが野球」と考えていた彼らが、巧の天才的な能力を触媒にして野球に魅了され、「野球に成長させてもらって」いく。その姿にはたかが球遊びでは絶対にない「野球のチカラ」が満ちあふれていた。最近いろいろあって、ちょっと野球をキライになりかけていたけど、そんな気持ちは吹っ飛んだ。すごい野球を見たい、見せたい、そして久しぶりにやりたい!
コメント

ラストキングオブスコットランド 6

2007-03-18 10:17:19 | タイムリーヒット
人食い大統領なんて書かれたこともあるウガンダの大統領、アミン。その実像は劇中の医師のセリフひとつに集約されていた「あなたは子供だ」。子供の無邪気さからくる魅力的なキャラクターで人心を掌握、しかし権力を握ると子供ならではの限度を超えた横暴、しかしその根底にあったのは誰も信用できないという子供っぽい不安。その3面を見事に演じ分けていたんだから、オスカーも当たり前だろう。誰かが医師がアミンに追い詰められる後半はホラーのようだなんて書いていたけど、俺にはアミンの寂しさばかりが伝わってきた。孤独なライオンのような脅えた目、独裁者も楽じゃないね。
コメント   トラックバック (2)

松ヶ根乱射事件 6

2007-03-13 12:57:35 | タイムリーヒット
人間の持っている情けない姿を淡々とクスクス笑いに昇華させていく。世間には隠していてもみんなが持っている部分だから、バカにしたりするんじゃなく「ったく、しょうがねぇなぁ」みたいな眼差しで、なんとなく暖かい。一番面白かったのはオープニング。恐れより好奇心、あのツカミは最高だったよな。
コメント   トラックバック (3)

ナイトミュージアム 7

2007-03-12 16:19:03 | 逆転サヨナラHR
DVDが出たら買って何年か後に子供にみせよっと。
ガキの頃、どこの学校にもあった噂「夜になると音楽室のベートーベンや理科室の人体模型が動きだす」をスケールアップして映像化。こういうCGの使い方は実に楽しいし、正しいと思う。何でも創りだせるからといって、気味のわるい怪物や意味のない超能力者を産むのではなく、子供の頃に妄想した「あんなことがあったらどうなるだろう」それを大人が実現してやる手段がCGなんじゃないだろうか?
蛇足だがベン・スティーラーがやった主人公は、日本人ならユースケ・サンタマリアしかいないと思った。
コメント

パフューム 7

2007-03-10 12:19:00 | 逆転サヨナラHR
俺はデパートの1階が大嫌いだ。香水と化粧のあの臭いで気分が悪くなる。この映画もタイトルから、そんな系統の女子向け映画を想像してたら全然違った。惨めな主人公の幼少期、才能に目覚め、飲み込まれていく中盤、そしてソフトオンデマンドのお株を奪うような前代未聞のクライマックス。見事な大人のための童話ぶりで、ちっとも長く感じなかった。
この映画をみて改めて考え直したのが、嗅覚や聴覚といった視覚以外の感覚のことだ。CGで何でも造れ、疑わしさすら感じる視覚に比べ、まだまだ未開発なのに感情にダイレクトに作用してくるこれらの感覚。究極の香水には全く興味わかないけど、面白さの嗅覚のほうはかなり刺激されたわ。
コメント   トラックバック (3)

ゴーストライダー 3

2007-03-09 09:28:24 | デッドボール
アメコミそのもののペラペラなストーリー、こんなことできるのよ、スゴいでしょ!を見せたいだけのCGの羅列。追い討ちをかけたのが、ゴーストライダーは他のヒーローのような変身でなく、なった途端に元の人格がほとんど消えてしまう憑依なところ。おもいっきり続編作りたげなエンディングだったけど、わざわざヅラかぶってまでやる役なの?ケイジ!
コメント

東京タワー 7

2007-03-08 13:13:50 | 逆転サヨナラHR
だから母親モノには抜群に弱いっていったじゃん。
この映画、オカンのキャスティングで決まったわ。樹木希林て!本当のダンナも超自由人だし、ダイソーならザ・オカンというコーナーに絶対置かれる、あんな顔の人他にはいない。
キトキト!の時にも書いたけど、映画のオカンだけがスーパーマンなわけじゃなく、全ての母親ってスゴい。自分のことはどうでもよくて、子供のためにひたすら生きる。外で働かなくても子供のことを心配するのが仕事、しかも一生。女性には反感買うかもしれないが、男には到底真似のできない女子一生の仕事だと思う。だからそんなスーパーなオカンが衰えていくのを見るのはとても信じられなくて、辛かったのよ。
コメント

ルワンダの涙 8

2007-03-07 10:01:43 | 逆転サヨナラHR
目を覆いたくなる映画だった。虐殺された犠牲者にだけではない。そこに写っている人間の醜い姿にだ。部族間の争いによる集団虐殺。隣の人が突然民兵を名乗り、血まみれのナタを平気で振り回せるようになる集団心理は確かに恐ろしいが、戦争なんだから仕方ない部分もあると思う。もっと印象的だったのは良心のかしゃくと戦いながら、結局自分を守ることしかできなかった白人たちの弱さ、彼らを頼り裏切られた時のツチ族住民の悲しい目、そして信念を貫き通した神父の大きさだ。だいぶスケールは違うけど、自分たちの中にもある弱さをズンズンつつかれたのが、見終わってヘトヘトになった理由みたいだ。
コメント

長州ファイブ 6

2007-03-06 00:05:27 | タイムリーヒット
う~ん、もったいない。
幕末、列強から国を守るために密航してまでイギリスに渡った5人の若者の物語。もちろん2時間ばかりで全てを描くことなんてできないだろうけど、バランスを間違ってしまったんじゃないか。タイトルから長州ファイブなんだから、それぞれのキャラや奮闘をもっとみたかったし、チームワークを見せても面白かっただろう。逆に無理に主役を作りロマンスをねじこむ必要はなかったと思う。ただ、文句は言ってもあの時代の物語にはいつも心踊らされてしまう。決して全貌をみたことがないはず状態で、自分の藩どころか国のことを考え、命すら投げ出す覚悟で行動する。志ってものの大切さを感じ、情けない我が身を省みずにはいられない。
コメント

さくらん 3

2007-03-04 11:10:06 | デッドボール
シャア専用か!
そうツッコミたくなるような画面の赤さと酒やけ声のダイコンしか印象に残らない作品だった。監督は写真家らしいが、一枚一枚の写真は鮮やかでもそれを並べるとあれだけうるさくなる事と、モノ言わぬ写真にイメージをつけるのには有効な強いBGMはストーリーに被せると逆効果にすらなるというのをわかってほしい。役者にしても演技してるのは安藤くんくらい。女郎衆はセリフ言わされてるだけだし、見た目だけで仕草に艶がまるでない。濡れ場がAVみたいでスゴい!っていう女性のレビューがあったけど、AVをナメんなよ!と言いたい・・・あ、舐めてはいるけど。
コメント   トラックバック (3)