今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

三月のライオン後編 5

2017-04-28 21:58:55 | ノーヒットノーラン
気ぃ使いすぎ?
豪華キャストをちりばめた将棋青春マンガ映画の後編。豪華な脇役にそれぞれ見せ場となるエピソードをしっかり用意していた。でもそれで?が続かない。前後半で4時間半近く使って伝わってくるものの少なさに驚く。絶対半分でよかったはず。
コメント

イップ・マン 継承 6

2017-04-22 23:06:25 | ノーヒットノーラン
やっぱりイップ師匠!
子供の頃見始めたジャッキー、ちょっと戻ってブルース・リー、大人になってジェット・リーといろんなカンフースターに憧れてきたけど、ドニー・イェンの演じるこのイップ・マンが今の自分にはとてもしっくりくる。とてつもなく強いのは当たり前。小さい頃は陽気なジャッキー、華のあるブルース・リーが分かりやすかった。でも成人してからはウォン・フェイ・フォンの誠実な感じにやられ、そして人格者イップ・マンに感服する。どれだけ強くても決して誇らず、おごらず、弱いものに優しい。カッコいいってのはああいうのを言うんだよな。
コメント

レゴバットマン ザムービー 7

2017-04-19 22:13:45 | ノーヒットノーラン
これは拾いもん。
レゴ・ザ・ムービーはしっかり作ってあるなという印象だったけどそこまで。でもこれは画面こそ子供向けだけど、物語やメッセージは大人に響きまくる傑作だ。ヒーローものが抱えるさまざまな矛盾、孤独などにギャグ半分で突っ込む。そのことで気づかされること、大人だから感じることがたくさんあった。クレヨンしんちゃんで時々ある名作に近い感じ。またセガレどもとDVD見よう。
コメント

ムーンライト 4

2017-04-17 21:55:28 | ノーヒットノーラン
?これがアカデミー?
生まれも育ちも恵まれていない黒人青年の成長期。無口なイジメられっこが生きて行くためにどうしたか?生きるためには仕方ないという文脈が全体に感じられて、だからお前の国はあかんねん!と言いたくなる。でも文化の違いだからかな、共感が全然できなくて最後までう~ん。だからこれがラララを抑えてなぜアカデミーを取れたのか、さらにう~ん。
コメント

キングコング 髑髏島の巨神 7

2017-04-16 18:31:33 | ノーヒットノーラン
爽快!
細かいところはいい。人類は最弱。とにかくデカくて怖い怪物とコングの戦いが手に汗握る正しい怪獣映画。ハッキリいってオタクで言い訳がましいシン・ゴジラより数倍オモロい。これが次に繋がるのは楽しみだ。
コメント

はじまりへの旅 7

2017-04-14 20:41:17 | ノーヒットノーラン
子どものためって。
社会から離脱し、自然の中で厳しく子どもを育てたヒッピー?の家族の物語。子どもに本で得られる知識と生き抜く力を教えた父と、彼を心から慕う子供達。当然世の中の「普通の人達」とは圧倒的なズレが。あのお父さんは子供達に一人でも生きていく力は教えたけど、一人でも生きていけないんだよなぁ。家族とか教育とか、色々考えさせられる映画だった。好きだったのは家族で合奏するシーン。ああいうのええわぁ
コメント

ブルーハーツが聴こえる 4

2017-04-12 21:58:37 | ノーヒットノーラン
俺にはちっとも聞こえない。
このタイトルなら行かずにはおられへん。ブルーハーツの名曲をテーマにしたオムニバスとはわかってたけど期待してはいた。ファンだからなのかもしれないけど、真面目に作ってほしいと思った。短編だから、低予算の企画ものだから、新しい解釈だから、いろんな言い訳が聞こえて来そうな中途半端なものを繋げられても正直しんどい。最後の1本だけかな、ちゃんとしてたのは。うちに帰ってピュアにアルバム聞き直したくなった。
コメント