今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

永遠の片想い 6

2004-08-31 12:28:02 | タイムリーヒット
ちょっと胸が痛くなった。今時はありえない話を不自然になることなく見せる環境はバッチリ。行列のできる占い師みたいなもんで、誰にでも心当たりのあるウィークポイントをツンツンされて思い出の世界にひきずりこまれてしまった。さすが切なさの輸出大国、韓国。ヨン様はドーナツ盤時代の話で共感できないけど、こんなレンタルCD時代の話には俺の世代、弱いなぁ。
コメント

キング・アーサー 5

2004-08-28 02:28:44 | タイムリーヒット
チャンバラ好きやねぇ。ボタン一つで世界が滅びるこの時代にあえてこんな戦いを再現する。その努力は認めるけど、意図は残念ながらあまり伝わってこなかった。そりゃ、今世界を滅ぼそうとしているのは神だとか世界のことよりも自分の目先の利益だけを考えてる男たちだよ。確かにアーサーとは180度違う。でもそれを訴えるには例えが遠すぎねえか?地球環境を守るために水着を脱ぎ捨てているヤツ、プロ野球を救おうとガキみたいに署名を集めてるだけのヤツみたいなまどろっこしさを感じた。もっと他にできることあるやろ!
コメント

スクールウォーズ HERO 3

2004-08-27 02:57:51 | デッドボール
白い巨塔、人間の証明、砂の器。しっかりした原作は時を経ても色褪せることがなくて、確かにリバイバルブームだ。ただそれぞれちゃんとリメイクしている。なのに、なのにだ。俺にとって一番大事な名作をスカスカにしやがって!
もともと長いドラマを2時間にまとめること自体無理があるのに、時代設定もそのままというかドラマより原作に忠実にしたもんだから、主要キャラの関西弁は気持ち悪いし、生徒役のイケメンはコントみたいなパンチパーマ。どう見たってSAYAKAは工業高校にいないだろう。
おまけに芥川隆行の味のあるナレーションがあるから見れた同好会レベルの試合シーンを長々とアナウンスなしで見せる。人物を深く描く時間も無く、主人公もあれじゃあ「ただ熱くて涙腺のゆるい単細胞」にしか見えない。せっかく照英がんばってたのに。
ドラマを愛していただけに感じるスカされ感の大きさ。現実が寂しいもんだから”ドラマやスポーツで感動したがり症候群”の人が急激に増えている最近だが「感動といえばこれだ!」と何の工夫もなく企画しちゃうのはどうかなぁ…。
これを見て今は上野でアートネイチャーのヘアサポート研究員みたいなことをしているイソップは何ていうんだろうか?
コメント   トラックバック (6)

ディープブルー 7

2004-08-25 02:46:47 | 逆転サヨナラHR
ディスカバリーチャンネルか万博の地球館みたいな映像を金取って見せるだけあって手間ヒマかかったすごい作品だった。この時期にやり残したガキの自由研究にピッタリ!大人もビックリするシャチの本物の犯行現場をみればファインディング・ニモで騙されてた子供たちもいかに海遊館がキレイごとの世界か実感して、一皮むけるぞ!
コメント

華氏911 6

2004-08-24 02:46:18 | タイムリーヒット
ブッシュがターゲットのプロ野球珍プレー映画。編集とナレーションによるコラージュがメインで、これまでの作品のファンとしては行動しないムーアにはちょっとガッカリ。注目度が上がりすぎてこれまでのノリで動けなくなったのはわかるが、攻撃的でユーモアがなくなっていくのは小林よしのりみたいで押し付けがましさばかりが目立つ。ただ「ペンは剣より強し」じゃないが、映画という武器で世界最大の権力者に歯向かい、これだけ注目を浴びて「出すぎた杭は打たれない」状況に持ってきているのはすごいと思う。あとはこの映画を見た観客がどう動くか?どう考えるか?にかかっている。確かに偏ったプロパガンダ映画だが疑問を持ち、考えはじめるキッカケにはなるはずだ。デートで見てからベッドで語ってもいいし、こういう映画こそテレビでゴールデンタイムにやってほしい。
コメント (1)

釣りバカ日誌15 6

2004-08-23 02:45:48 | タイムリーヒット
前の項で書いたのとは別の意味で日本人でよかったなあと思える作品。面白いとかどうとかより、今年も平和に夏を迎えられましたみたいな安心感を感じられる映画ってある意味、貴重だと思う。テレビで見りゃいいやん!と思うかもしれないが、あのなんてことないストーリーを巨大スクリーンで見る贅沢、そしてCGでは作れないホンモノの海の爽快感。通の楽しみ方やね。
コメント

誰も知らない 9

2004-08-22 02:45:13 | ノーヒットノーラン
Mムーアの映画はアメリカでしか、チャン・イーモウの映画は中国でしか、シティ・オブ・ゴッドはブラジルでしか撮れん作品だ。それを見て外国人の俺は"あの国って大変やなあ、日本人でよかったわ"と思う部分があった。でもこの作品はそれらと同じく日本でしか撮れない映画だ。全体を流れる切ない空気、子供の寂しそうな目。経済的に豊かだから恵まれていると思ってる日本こそが心の貧しい、かわいそうな国だと思い知らされた。絶対一人で行くべき作品だ。話題作だからといってデートなんかで行ったら見た後の気まずさは、誰も知らない。
コメント (1)

マイ・ボディガード 5

2004-08-21 02:44:29 | タイムリーヒット
男の哀しさと無垢な子供。どちらもやらせたらピカイチの役者を起用してるし、いいストーリーなんだけどなあ。ボディガードの怒りの部分と、その源になってる気持ちの暖かさのバランスが悪い。揚げ物と焼き肉たっぷりの弁当にごはんチョッピリみたいな。残酷なシーンの盛り合わせにちょっと胸ヤケ。Dワシントン使うならもっとあっさりできたハズなのに。
コメント   トラックバック (1)

リディック 2

2004-08-20 02:43:59 | 危険球退場
造形を美術さんが物凄くがんばったけど、中身はカラっぽ。オリンピック中継の藤原紀香みたいな映画。オリンピック見過ぎて寝不足でいったら即寝確実!この夏最高の駄作、以上。
コメント (1)

モナリザスマイル 6

2004-08-19 02:43:29 | タイムリーヒット
得点が甘いのは俺の弱点の先生ものだという理由だけでなく、ベタなストーリーの中に考えさせられることが多かったからだ。最近多い"あたしらしく生きればいい"的な映画は嫌いだけど30過ぎて未婚、子供なしは負け犬みたいな風潮も気にいらん。細木数子がテレビで女の幸せは男次第といってたが、俺がどうすれば嫁は幸せなんか?Jロバーツの不必要にデカイ口を眺めながら考えてしまった。ところで下品なブランドもの着てタレントに古い価値観まんまの説教たれるのが仕事になってるあの婆さんは幸せなんだろうか?
コメント

サンダーバード 4

2004-08-11 02:42:58 | デッドボール
男はいつまでたってもガキである。だからいい年こいてガンダムやらラジコンやらにカネを使うオッさんがいて、それをターゲットにしたエロではない「大人の遊び」も商売として成り立っている。だからサンダーバードが実写になると聞いて、スパイダーマンとかシュレックみたいな「ガキ向けの顔をした大人映画」だと思って見に行ったらガラガラ。カッコイイのはオープニングだけ。あとはスパイキッズと何もかわらへん。しかも昭和少年たちがあこがれたメカも平成の世ではイマイチしょぼく見える。あれではガキも大人も入らんやろ。そりゃ、V6呼んで女子も集めたくなるわな。
コメント

機関車先生 4

2004-08-06 02:42:31 | デッドボール
毎年やってくる「とある事情」でメチャ忙しい合間をぬっていった割りには、全く予想通り予想以下の王道先生モノだった。それだけなら結構よかったかもしれんけど、そこに「しゃべれん」という障害者エキスを加えられたもんだから、胸焼けのする文部省映画だった。主演の「世界の荒鷲」Jrは設定上喋らずに表情だけで演技するんだけど、その表情が濃すぎる。意志を伝えられずにオドオドした感じは「和歌山出身の自称ハリウッドスター」Jrの方が適役だったに違いない。
そんな映画でもガキに先生ありがとうなんて言われるシーンでは目頭が熱くなるんだから、もしかして仕事間違えたかな?
コメント