今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

GANTZ 6

2011-01-31 21:54:14 | ノーヒットノーラン
ベルマークちゃうねんから。
ヤンジャンの原作は未読。全く事前情報入れずにいったから、あの皮スーツから宇宙系の話だと思ってた。そしたら舞台はガッツリ東京でビックリ。バトルロワイヤルと逃走中を足して、巨大ロボが割ったような話だった。「生きてるか死んでるかわからないような」若者が人生をオモチャにされ、自分の存在価値を見つけていくという、皮肉の効いた設定はなかなかだと思うけど、何でも不可解なことを「ゲームのルールだから」にして整合性をつける感じは安直だし、生理的にもモヤモヤが残る部分だ。でも次を見に行かないわけにはいかないんだろうなぁ。
最後によかったのは、若い奴らには元ネタがわからないであろう田中星人の爽やかさとあのスーツ。子供の練習に付き合って身体中パンパンの中年オヤジにもちょっと貸してほしいなぁ。
コメント

ハーモニー 8

2011-01-26 21:14:25 | ノーヒットノーラン
ただただ、号泣。
舞台は韓国の女子刑務所。そこにいる囚人たちが合唱団を結成して…という話だ。もちろん囚人なんだから犯罪は犯しているんだけどそれぞれに事情があり、愛していても一緒にいられない家族がいる。そのあたりのドラマを前半しっかり描き、後半は切なさの波状攻撃。久しぶりに劇場で声をあげて泣いてしまった。正攻法で泣かされたくやしさと、気持ちよさが同居した作品だった。
コメント

ナルニア国物語アスラン王と魔法の島 4

2011-01-25 21:26:11 | ノーヒットノーラン
飛び出すな!
ハリー・ポッターの向こうを張って映画化されてる児童文学の第3弾。流行りに乗って3Dの撮影だがこれがダメ。フルCGで描かれた魔法の世界はすばらしいが、そこに意味のない立体感を加えることでかえって邪魔になってるし、まず飛び出す意味がまるでない。さらにガキ向けのストーリーそのまんまだから退屈で、霧の前に眠気に襲われっぱなしだった。魔法の剣を集めるため、不思議な島々を巡る海の大冒険…ゲームの設定までだよなぁ。
コメント

僕が結婚を決めたワケ 6

2011-01-25 21:03:56 | ノーヒットノーラン
邦題に偽りあり!
親友でビジネスパートナーのカミさんが浮気してる現場を見ちゃった男。大事な仕事を目前にして動揺させたくないし、プロポーズ目前の自分の彼女は彼ら夫婦を理想のカップルだと信じてる。ことを荒立てるとロクなことになりそうにないけど、黙ってるのも気が引ける。原題は「ジレンマ」でまさにその通りの話。どちらかと言えば男にとって考えさせられる作品なのにどうしてこういう婚期に焦るバカ女を釣るようなタイトルつけるかなぁ。俺がつけるなら「オトナの事情」…これもイマイチか。
コメント

アンストッパブル 5

2011-01-20 21:02:30 | ノーヒットノーラン
まっすぐすぎかな。
無人で走り出した暴走機関車をベテランと若手の機関士が頑張って止めるアクション映画。列車は途中で大きなカーブに差し掛かるけど、物語には何のヒネリもない。100キロ以上出てるはずなのにイマイチスピード感がないし、脱線したら街ひとつぶっ飛ぶ可燃物を積んでる割には警察・消防も避難するはずの住民もマスコミも近くにいすぎ。実話がベースだそうで、彼ら2人が頑張ったのは認めるけど、その前に軍やらSWATやら、もうちょっと他の手があったのではと思った。列車の上を歩いていくデンゼルを見て、ファミコンの「チャレンジャー」を思い出したわ。
コメント   トラックバック (1)

ソーシャル・ネットワーク 7

2011-01-18 21:25:04 | ノーヒットノーラン
そんなに曝したいかなぁ…?
世界一のSNS、フェイスブックの物語。偉人伝ではなく、いいアイディアと実現する技術を併せ持っていただけで(まあ、それで充分凄いが)、人間的には未熟な普通の兄ちゃんの話だ。見ていて考えてしまったのは「幸せってなんなんだろう」ということ。目ん玉飛びでるような金を持ってるマークをちっとも羨ましいと思えないし、世界中に薄い知り合いが何百人もいる人もそういう人が身近にいれば便利だなと思うくらい。日常をこまめにさらし、誰かからそのリアクションを受けとることで自分の存在感を確認し続けることってそんなに楽しいことなんだろうか?閉じた社会の中のネットワークって、バブルの時期の学生サークルとか異業種交流パーティーを思いだした。あの頃の人脈、今活用できてますか?
コメント   トラックバック (2)

僕と妻の1778 の物語 3

2011-01-17 21:09:29 | ノーヒットノーラン
これは夢じゃないんだよね、残念なことに。
草なぎくんは確かに稀有な役者だと思う。30代半ばでもまだ「くん」づけできる子供っぽさ、そしてあの生命力の弱い感じ。草食系の不器用な青年をやらせたらある意味どハマりだ。でもそれにしたってこの脚本はひどい。夢見がちで生活力がなく、それでも理解ある美人の奥さんのおかげで暮らしているSF作家て!本来はフィクションのような「余命少ない妻を喜ばすための1778の小説」が実話なことが感動を生むはずなのに、このキャラ設定が現実離れしすぎで全く感情移入できない。さらに追い討ちをかけるのがベタベタな演出。「ここでこれをやったらあかんこと」を全部踏んでいく展開が辛すぎて、何度腕時計を見たことか。やっぱり「もっともっと特別なオンリーワン」って難しいんだなぁ。
コメント

漫才ギャング 7

2011-01-13 22:05:13 | ノーヒットノーラン
整いました~!
品川庄司の品川くんの監督による2作目。ドロップもそうだったけど、巧い!でも…ってのが全体の印象だ。配役、構成、展開…さすがM-1ファイナリストで不動の雛壇エースだけあって見事だ。ただ残念なのはサービス精神が旺盛過ぎて、分かりやすく直接的すぎるところ。J-POPの歌詞じゃないねんから、もう少し映像とか演技とかで伝える腕を磨いてほしい。でも充分面白かった。分かりにくいことばかり求めているあの先輩より、監督の才能あると思うなぁ。
コメント

デュー・デイト 5

2011-01-12 20:36:19 | ノーヒットノーラン
ドジョウは1匹?
前作「ハングオーバー」は結婚式前夜に記憶飛ばすまで大暴れしちゃったアホな話で、バカバかしくもその巧みな仕込みに笑わせてもらった。でもその成功でメジャーになって作られたこの作品は、ただのハチャメチャロードムービーだ。俳優もスケールもでかくなったけど、ストーリーにヒネリが無くなっちゃってガッカリ。細かい伏線とかいくらでも仕込める設定だったのに、やってるのは知的レベルどうなん?と思ってしまうような下ネタとバカネタ。汚いリビングのケーブルテレビでビックリするような大きさと色のジュース飲みながらガキが見てる絵が浮かぶ作品になっちゃってた。残念。
コメント

ばかもの 7

2011-01-04 21:08:21 | ノーヒットノーラン
タイトルが、いいわ。
関西弁の「アホ!」でも東京弁の「バカ野郎!」でもない、ちょっとゆったり目の「ばかもの、」。人間誰もが持っている、何かに溺れてしまう弱さを主演の2人がうまく演じていたと思う。時間内に納めるための急展開や説明不足は多々あった。でも「ばかもの」に迷惑をかけられながら愛を持って見守る周りの人たちの暖かさを見ていたら、何か今回は見逃してやるか…みたいな気分になったから不思議だ。オレは酒や女にあんなボロボロになったことはない。でもちょっとわかるんだよな、あの気持ち。
コメント