今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

恋の渦 7

2013-08-31 22:54:27 | ノーヒットノーラン
ってゆうかぁ、ヤバいっしょこれ!
「モテキ」の大根仁カントクがワークショップの企画で撮った作品。当然予算はないし、役者も有名な人は皆無。撮影も音声もプロの仕事ではない。でもおもろい脚本と編集センスがあればこんな作品が作れるんだ!ビックリした。もともとはポツドールという劇団の作品で、ある部屋コンに集まった男女9人の群像劇。この9人が見た瞬間100%ムリな感じのチャラチャラ感で、初めは嫌悪感しかない。でも彼らが住む4部屋のアパートでの下心満載のやりとりを見ていくうちに、自分の一部と共通項を見つけてしまう。男女のイヤ~な部分を凝縮して割り振ってあるキャラたちが、自分と自分が知ってる誰かに似ている気がしてくる。脱法ハーブよりヤバいっすよ。
コメント

スタートレックイントゥダークネス 6

2013-08-24 17:54:53 | ノーヒットノーラン
前があるだけに。
急な予定変更で見た今日の2本目。テレビシリーズにもこれまでの作品にもこれといって思い入れはないが、さっきのヤツと比べるとスケールも精巧さも桁が違って、おおスゲー!って感じにはなった。ただSFものにしては走り回りすぎの艦長とちょっとテンション低いヤツレベルのスポック。悪役で出てたシャーロックの兄ちゃんのほうが、ずっと存在感あったなぁ。え、話?どうでもいいのよ、こういうのは。
コメント

ガッチャマン 3

2013-08-24 17:20:15 | ノーヒットノーラン
みんな、ヒドイ!
トーリとゴーリキ出演のガッチャマン。試写を逃したのでスルーするつもりだった。でも公開数日、ヤフーのユーザーレビューを見るとまさかの1.48点!近来まれに見る低評価に逆に興味がわいて見に行ってしまった。原作のイメージはなんとなくあるけど、オタクでもないので、そこに忠実かどうかはどうでもいい。世界の半分が滅ぼされても呑気な組織や、光石研なのに外人名前の博士も我慢しよう。顔の造りだけでなくキャラも薄っぺらいガッチャマンたちやネプリーグみたいな安いCGも想定の範囲内だ。アクションヒーローものを見に行ったはずなのに、いつの間にかドジっ子キャラのゴーリキのちゃちいラブコメにも付き合わされるし…でも1.52点くらいはあるって、これ!
コメント

キス我慢選手権ザ・ムービー 7

2013-08-17 09:27:45 | ノーヒットノーラン
サイテーで、最高やんか。
噂は聞いていたが、テレビも見たことがないのでスルーしていた映画を知人の強力な勧めでギリで見に行った。正解だった。記憶喪失の殺し屋という設定から、笑いをとりつつストーリーを壊さない劇団ひとりも素晴らしいが、アドリブの面白さに頼ることなくしっかりした環境と筋書き、それを追えるカメラを準備したスタッフと、ひとりをしっかり転がした脇の役者陣の熱演が見事だった。芸人に頼りきりで「あと面白くお願いします!」的なケースが多い中、しっかり芸人の才能と勝負し、芸人も楽しんで勝負してる。素晴らしい現場なんだろうなと嫉妬さえ感じた。
コメント

終戦のエンペラー 5

2013-08-14 22:30:03 | ノーヒットノーラン
アメリカ人にはわかるまい!
明日で68年を迎える終戦記念日。日本のネ申として戦争責任を問われた昭和天皇が、いかにして残されたかを描いた作品。ドキュメンタリーでもなく、証拠もない話ではあるが、やっぱり天皇家って時の権力者にうまく使われざるをえない、御輿の人形だったんじゃないかなって思う。でも今、北の某国を見ていても感じる教育や刷り込みの恐ろしさが、当時の日本にあつたのは紛れもない事実。日本人の美点でもあり欠点であるイワシ型思考、あんまり先があるとは思えないけどなあ。
コメント

ムービー43 6

2013-08-11 18:26:35 | ノーヒットノーラン
ノット ドン引き!
ハリウッドの監督やスターが集まって、下品極まりない映画を作ろうという悪ふざけ。オムニバスになってるんだけど、ネタがウンコチンコに差別動物虐待。「いい大人」が見たら間違いなく顔をしかめる…ということは身体にはガタが出始めてるくせに精神年齢だけ低いおっさんにはストライク!シーンとした劇場で爆笑してしまった。一番よかったのが最初のエピソード。金持ちの2枚目が結婚できない理由がくだらなすぎて(涙)。見終わったあとなんか頭スッキリ!アレ終わりのような爽快感を感じた。
コメント

パシフィックリム 4

2013-08-09 21:43:03 | ノーヒットノーラン
もう、わかったからさぁ!
スペイン人のオタク監督が、ハリウッドで大金とCGをふんだんに使って撮った怪獣vsロボット映画。監督のリスペクトや愛情はしつこいくらい感じるけど、デザインも設定も既視感のあるもののミックスなので、はるか昔にその手のものを卒業したおっちゃんには、2時間戦いっぱなしはしんどいわ。大きなお友だちがマクドナルドで「あのシーンのもとネタはあれですよ、きづきました?○○氏」とかいうのには事欠かん作品なんだろう。あ、旨くも美人でもない菊池凛子や、うまいかもしれないけど美人ではない芦田愛菜を使ってるのも、マーケティングとか媚びにしか見えない。その手に乗るかっての!
コメント

最後のマイウェイ 5

2013-08-07 21:23:19 | ノーヒットノーラン
知らんかったわぁ。
フランク・シナトラの名曲マイウェイは、フランスのスーパースターのカヴァーだった。そこはメッチャ、へぇ~!!だった。ただそれ以外は野心家で、神経質で、嫉妬深いスターの伝記でしかなく、彼の存在すら知らなかった日本人には2時間半はしんどいわ。 日本でいうと沢田研二みたいな雰囲気の彼は、誰もが羨む存在のはずたけど、孤独と売れなくなる不安にいつも囚われてる。オンナもカネも名声だって好き放題、でも幸せってのはまた違うところにあるみたいだわ。
コメント