今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ファインディング・ドリー 4

2016-07-30 19:04:55 | ノーヒットノーラン
2003年公開のファインディング・ニモの続編?スピンオフ?13年経ってピクサーのCG技術力は大いに進化してるみたいだけど、シナリオは進歩なし?
ドリーの弱点「忘れっぽい」はニモのパートナーとしてのキャラづけならいい感じだけど、主役でここまでゴリ押しされるとうっとおしい。しかも都合のいいことは忘れず、不自然な展開ばかり。ニモかわいい!しか感想のない人たちにはええのかもしれないけど、大人にはキツいなぁ。ズートピアが良かっただけに落差に愕然とした。
コメント

シング・ストリート 7

2016-07-23 18:55:02 | ノーヒットノーラン
どうして青春と恋とバンドはこんなに相性がええんやろ?
ひとことでいうと「ダブリン版青春デンデケデケデケ」。時代も国も全然違うけど、共感できるところ満載なのはどっちも同じだ。
さらによかったのは曲とアニキ。曲は洋楽に興味がなかった俺でも知ってるナンバーでライブシーンは体が動いた。あと自分はうまく行ってないけど、センパイとして弟の人生をしっかり見守り、導いてやる兄貴がたまらんかった。ああいうオトナっていいよな。
でもこの話、もっと面白くなったはず。学校でのエピソードやバンド結成のすったもんだ、メンバーそれぞれのストーリーもいれたらもっとよくなったのに…。
コメント

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ 8

2016-07-10 22:46:54 | ノーヒットノーラン
うらやましい!
クドカンがやりきった脚本、監督作品。今までの作品は現実世界とクドカンワールドのギャップをどうしても感じてしまって、気持ちはわかるし、おもろいんだけど、乗り切れない部分をいつも感じていた。でも今回は何があってもOKな地獄!造形も表現もイキイキしてるし、現実世界でのリビドーにまみれた細かいネタもいい。さらに地獄の大きなうねりのもとになっているロックの曲も一流ミュージシャンを集めて本気で遊んでる。気分爽快なロックミュージカルとして、舞台でも見たいなぁ。今年ここまで一番の快作だ。
コメント

インディペンデンス・デイ リサージェンス 5

2016-07-10 21:04:12 | ノーヒットノーラン
限度あるやろ。
20年前、ID4はその圧倒的な敵の巨大さと、言いにくいタイトルが印象に残っている。20年たってなぜか作った続編は、敵が巨大すぎてピンとこない凡作。宇宙船の直径が1.6キロて、梅田から本町くらいまで全部円盤よ。怖いとかじゃなくてイメージできない。最後は中途半端な女王蜂みたいなのをいじめ抜いただけだし、なんで作ったんかなぁ?
コメント